とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     開幕から各球団約20試合を消化した今年のペナントレース。シーズンはまだまだ始まったばかりだが、上位と下位の差は徐々に開きつつある。特にセ・リーグでは阪神と巨人の2球団が頭一つ抜けているという印象が強い。この両チームのここまでの戦い方から見えてきた強みと、リーグ優勝に向けてのポイント、キーマンなどを探ってみたいと思う。(※文中の成績などは全て4月18日終了時点)


     快調に首位を走る阪神の最大の強みは投手陣だ。開幕してから、これまでに一軍登録を抹消された投手が一人もいないのは12球団で阪神だけであり、ピッチングスタッフがいかに充実しているかがよく分かるだろう。これまでも投手力が持ち味のチームだったが、特に大きいのが昨年から成績を伸ばしている選手が多い点だ。先発では藤浪晋太郎とガンケルが早くも前年を上回る勝利数を記録し、ルーキーの伊藤将司もプロ初勝利をマークしている。

     西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳はコントロールが武器の投手だけに、ここに速いボールで押せる藤浪とガンケルが加わったことで、ローテーションに緩急が生まれて、相手打者の対策が難しくなっていることは間違いないだろう。リリーフでは新加入の加治屋蓮、ルーキーの石井大智は失点する場面が目立っているものの、昨シーズン途中にオリックスから移籍した小林慶祐がここまでほぼ完璧な投球を見せている。4月16日のヤクルト戦で今シーズン初ホールドをマークしたが、今後は勝ちパターンでの登板機会も増えていくことになりそうだ。

     打線は投手陣ほど好調な選手が多いわけではないが、大技と小技のバランスの良さが目立つ。盗塁数18、犠打数16はいずれもセ・リーグトップの数字であり、しっかり走者を進めることができている。その進めたランナーを大山悠輔、サンズの中軸2人がしっかり返しており、ルーキーの佐藤輝明も打率は低いもののチームトップタイのホームラン(5本)を放つなど長打力で貢献している。もう1人のルーキー中野拓夢もレギュラーを奪う勢いだ。大山、近本光司の2人が復調してくれば、更に得点力のアップが期待できるだろう。


    ▼記事全文はこちら




    開幕前に解説者達が「今年の阪神は強い!セ・リーグは巨人と阪神の一騎打ち」と言ってるのを聞いて「はいはい忖度忖度」と思ってたけど阪神が普通に強かった



    セ・リーグ2強4弱 どうやら巨人と阪神の一騎打ちのようだな



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の阪神と巨人が15日、両球団で2016年から相互展開しているプロジェクト「伝統の一戦~THE CLASSIC SAERIES~」の共通ビジュアルを発表した。

     両球団の発表によると、今年は「両球団でより一層手を取り合い、ファンの方々に大きな夢・感動を届けられるよう、プロモーション活動を中心に展開していく予定です」としている。

     その上で、コロナ禍にある時代を鑑み「タイガースとジャイアンツが『伝統の一戦』で闘う姿を通じてファンの皆様と気持ちを一つにし、共に野球で日本を熱くしたい、この状況を乗り越えていきたい、そんな想いをビジュアルデザインに込めました」と説明している。

     タイガースバージョン、ジャイアンツバージョンの2種類があり、タイガースバージョンは藤浪投手が、ジャイアンツバージョンは菅野投手がそれぞれ先頭に立った構図になっている。




    2016年シーズンより阪神タイガース・読売ジャイアンツ 両球団で相互展開しているプロジェクト「伝統の一戦~ THE CLASSIC SERIES ~」を今年も実施いたします。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7389.html  pic.twitter.com/zywZjMTogE



    @TigersDreamlink 藤浪がセンターに来てるのなんか嬉しいな😊



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ここまで6勝3敗で首位の阪神は、6日から甲子園で巨人との3連戦を戦う。巨人は4勝2敗3分けで順位は2位。今季初の「伝統の一戦」となるが、ここではシーズン最初の甲子園での両チームの対戦に着目。1950年からの対戦成績は、ホームの阪神から見ると31勝38敗2分けと負け越している。

     昨年は開幕カードが伝統の一戦となり、阪神は3連敗を喫したが、これは東京ドームでのこと。甲子園でのシーズン最初の対戦はボーアの2ランで2-1で勝利したわけだが、実は15年から19年までは阪神が5連敗中だった。ただ、その5連敗を喫するまでの10年から14年までは、逆に阪神が5連勝していた。

     過去10年というくくりでいくと、5勝5敗という五分の成績。ちなみに3月14日の甲子園でのオープン戦での対戦では、阪神がドラフト1位・佐藤輝のソロ弾で1-0で勝利していた。

     その試合後、阪神・矢野監督は巨人への意識について問われると「もちろんなくはないけど、今はシーズンに向けての準備の段階やし、勝って気分悪くないんでね。シーズンに入ってから、去年やられた部分もあるし、優勝チームでもあるんでね。そこは意識していくけど、意識し過ぎないのも必要かなと思っています」と話していた。

     シーズン通しての対戦成績では、阪神は08年から昨年まで13年連続で勝ち越し無しとなっている。阪神からすれば今年こそはという意気込みが強く、それを迎え撃つ王者・巨人という位置付けでの戦い。まずはその第一ラウンドに注目が集まる。




    巨人阪神の伝統の一戦、甲子園球場で開幕っていうのがたまらん



    そう、本当に、今年こそ・・・!! 今年はどうなる?シーズン最初の甲子園での伝統の一戦 過去の対戦成績とは/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/04/05/0014215248.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     リーグ3連覇を目指す巨人につけ入るスキはあるのか。この疑問に「大いにある」と断言するのがデイリースポーツウェブ評論家の高代延博氏だ。「丸や坂本はやや下降気味。もはや圧倒的な強さはない」と言い切った。

     去年の巨人は投打に安定した力を見せてセ・リーグを制覇した。投手では菅野、打者では岡本が軸になり勝っていったが、圧倒的な力までは感じなかった。一度打線が湿り出すと、何イニングも連続して得点できないような貧打傾向が見られた。3割打者が意外に少なく、個人の打撃成績からは、かつてのような迫力は感じられない。主力の丸や坂本の力はやや下降気味に映るし1、2番の松原や吉川をうまく抑えることができれば、他球団も十分に戦えると思う。

     (では対抗馬はどの球団か。真っ先に名前が挙がったのは昨年2位の阪神だった)

     阪神は投手で能見、藤川、野手で福留が抜けてかなり若返ったが、こういうチームは勢いに乗ると強い。残ったメンバーを見ても戦力ダウンという印象はなく、投手は結構そろっている。西勇、秋山、高橋、青柳、藤浪、新加入のチェン…と簡単に先発の名前が浮かぶ。後ろにはスアレスが残ったのが大きい。岩崎もいる。投手力では巨人を上回るかもしれない。

     (作シーズン、巨人はチーム打率・255、防御率3・34。阪神はチーム打率・246、防御率3・35。打力の差は認められるが、投手力は互角。しかし、直接対決では阪神の8勝16敗で完敗だった)

     去年の阪神は守りを含めた総合力で巨人よりも劣っていたように思う。ただセンターラインがしっかり固まってくれば、全体的に安定してくるはずだ。具体的に言うと、二遊間と捕手。

     まず二遊間。ショートの木浪はレギュラーに近い存在だが、コンビを組みそうな糸原は昨年、故障などでブランクをつくった。小幡や北條らもポジションを狙えるし、新戦力らも控えており、まだ完全なレギュラーと呼べる選手はいない。

     二遊間は古い表現になるが、「キーストーン・コンビ」と言って、野球の守りで重要な役割を担うポジション。キーとなるストーン、つまり要の石。欠かすことのできない重要な位置を意味するのだから固定化されるのが望ましい。バント処理だけでなく、内野と外野のつなぎの役目も果たし、全体を見渡して動き声をかける。すべてのプレーに絡む難しいポジションだ。

     そして捕手。成績的に正捕手に最も近いのは梅野だろうが、まだ矢野監督の信頼を勝ち取っていないのか、先発マスクをリードのいい坂本に譲る試合もある。昨年は開幕の巨人戦で3試合とも先発捕手が代わったように、決めかねているのが実情だろう。しかし、捕手は扇の要。これも固定化されれば、チーム力はさらに安定する。

     まだキャンプが始まったばかりだが、すでに阪神には巨人に対抗し得るだけの戦力は整っていると感じる。その上で、センターラインが明確になれば、もう一段レベルが上がるはず。過剰に意識せず、持てる力を出し切ることだけを考えれば、倒せる可能性は十分あるとみている。




    阪神が巨人を倒す!「丸、坂本の力はやや下降気味。圧倒的な力はない」と元名参謀(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/be6b92a8f9204d1a0a35cb579ef64c27d11909bb  坂本君と丸君の力下降気味かどうかはともかく.. しっかり守って 確実に点を取る野球をすれば 対抗出来るだけの戦力は整ってるよ🤔🐯



    @Taka87395102 打倒巨人なくして優勝なし。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    hakyo


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/10/23(金)22:10:12 ID:JYy
    今だけ阪神みたいな風潮あるが巨人も大概よな

    ちな、どっちのファンでもない

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 20/10/23(金)22:12:53 ID:JYy
    FAで獲得多い分、巨人だと思うがね

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603458612/

    続きを読む

    このページのトップヘ