とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    星野仙一

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     全国の野球ファンが突然の悲報に驚いたのは2018年の年明けだった。中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一さん(享年70)が亡くなってから4日で3年。明大の後輩で、2002年から2年間、監督付広報として星野さんをサポートした阪神・平田勝男2軍監督(61)が取材に応じ「今年こそは、チームが一丸となって、天国にいる星野さんに優勝報告がしたい」と語った。

     星野さんが逝去してから3度目の正月を迎えた。2003年に監督付広報として18年ぶりのリーグ制覇をそばで見守った平田2軍監督の星野さんへの尊敬と感謝の気持ちは、今も変わらない。

     「いつも元日に背筋を伸ばして、ハワイに滞在している星野さんに新年のあいさつの電話をするのが日課だったから、改めて寂しさを感じるね。きょう(4日)は、手を合わせて『今年こそは絶対に優勝しますから。天国から見ていてください』と言ったよ」

     星野さんの誕生日だった昨年1月22日、夫人とともに、星野さんが住んでいた芦屋市内の自宅を訪れ、仏壇に手を合わせた。「2軍監督で、矢野監督をサポートしてリーグ制覇、日本一をアシストできるように頑張ります」と誓ったが…。開幕ダッシュに失敗し、首位巨人から7・5ゲーム差の2位。優勝を報告することはできなかった。

     「いろいろあったシーズンだったが、小幡や馬場、陽川ら若手を矢野監督は積極的に使ってくれた。今年の(1軍)キャンプには西純、井上ら将来は虎を背負って立つ選手が参加する。フロントも外国人選手をたくさん獲ってくれた。チーム一丸で戦えば大きく負け越した巨人には負けない」

     昨季限りで藤川が引退し、星野監督時代に在籍した現役選手はいなくなった。藤川の足跡を伝えるためテレビでは03年の映像が流れ、それを見る度に改めてVへの思いは強くなった。05年に岡田監督がセの頂点に導いて以来、チームは15年も優勝から遠ざかっている。

     「昨年は巨人と大差の2位だったが、出だし(開幕)でつまずいてから貯金7まで戻した。よくやったと思うし、その経験が生きると信じている。でも、(優勝しても)星野さんから『お前ら、何年かかったんや』と怒られそうだけどね(笑)」

     闘将の命日-。平田2軍監督は03年のV捕手だった矢野監督とともに、今秋、恩師の仏前に朗報を届けることを誓った。(三木建次)




    阪神・平田2軍監督「星野さんに優勝報告したい」
    亡くなって3年… 闘将命日に誓った
    (サンケイスポーツ)

    ✨優勝したい‼️✨ 👊🤨🔥⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210105-00000516-sanspo-base 



    @chiene0007 生前、星野さんの夢は「阪神🆚楽天」の日本シリーズが見たがってるからね✨
    今は天国で祈るしかないか🙏🙏🙏


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球殿堂博物館の競技者表彰のエキスパート部門で今年、野球殿堂入りした田淵幸一さん(73)の表彰式が18日、東京都内で行われた。

     現役時代は阪神と西武で歴代11位の通算474本塁打を記録した田淵さんは「家族の前でこのような賞をいただき、もう何も言うことはない」と感無量の表情。式には法大の同期生で、昨年ぼうこうがんと肺がんの手術を受けた山本浩二さん(元広島)も駆けつけて、祝辞と花束を贈った。

     親友の山本さん、故星野仙一さんに続く殿堂入りに「ここに星野がいたらと感じている。彼が亡くなってまだ2年。今でも彼とキャッチボールしたり、試合をしている夢を見る」と田淵さん。今後については「残った浩二と2人で野球界に貢献していく。今日も斉藤惇コミッショナーに『私ができることは何でもする』と言った」と言葉に力を込めた。




    19日の日刊スポーツ大阪版1面。阪神、西武で通算474本塁打を放った田淵幸一氏(73)の野球殿堂入り表彰式が18日、都内で行われた。03年星野阪神のチーフ打撃コーチとして18年ぶりのリーグ優勝に尽力した同氏は「一致団結してわたしが生きてる間に優勝をお願いします」と古巣にゲキ pic.twitter.com/KB1Sx2jAtP



    #ラジオ深夜便 4時台 【スポーツ明日への伝言】 ONを止めたホームランアーティスト 野球評論家 田淵幸一 通算474本塁打、野球殿堂入り 東京六大学時代 明治大学の星野仙一さんと… pic.twitter.com/eEQZLsMwMX


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 11:59:00.44 ID:TpikPTEG9
    【球界平成裏面史(17)・中日落合舌禍事件(2)】
    平成元年(1989年)1月17日に長野県・昼神温泉で起きた“落合舌禍事件”。
    その地での自主トレ初日終了後に、中日・落合博満内野手は、キャンプインまでにベスト体重にならないと1キロにつき、罰金10万円との首脳陣の方針に
    「なんでかね…。俺は体重計には乗らないよ」と不満をぶち上げ、さらに「昔、早くから動いていなかった人ほど、指導者になって早くからやれっていう」など、星野仙一監督批判と受け取れるコメントを口にした。

     もっとも、落合はその取材対応の中で「星野監督」の名前を一切、出していない。
    すべては、暗に指揮官に対してのものだろうと、報道陣が解釈してのことだった。
    だからだったのだろうか。あの時、落合は記者にも「俺が言ったことをそのまま書けばいいんだよ」と穏やかな表情で、諭すように話した。
    でも、その時は腹をくくっているようにしか見えなかった。
    各社が「星野批判」と大きく報道するのは十分に想像できる状況だっただけに…。

     実は記者がそう思った理由は、もうひとつあった。
    完全な内輪話ながら、当時の記者は88年11月中旬から、ある記事が原因で星野監督に取材拒否を食らっていた。
    それは89年2月のオーストラリアキャンプ初日に解除となったのだが、この昼神温泉での“舌禍事件”の時は、そういう状況で、記者は落合に「今、星野監督に取材を拒否されているんですよ」と打ち明けた。
    これにオレ流は「選手は(マスコミに)話さなくてもいいけど、監督はちゃんと話をしないとダメ」ときっぱり。
    そして、また笑みを浮かべながら「あんなヤツ、無視しろ!」と言ったのだ。

     この時も落合は「星野監督」の名前は出していなかったが、質問した記者は「星野監督」の名前をはっきりと口にした。
    そんな中でのこの反応に、記者は、落合と星野監督の不穏な関係を感じずにはいられなかった。
    自主トレ初日を終えた後の過激な発言は、やはり指揮官への不満があってのことと記者が判断した瞬間でもあった。

     そして騒動は拡大した。翌1月18日、スポーツ紙はどこも大きく報道。これを受け、岡山での野球教室に姿を見せた星野監督は報道陣に「落合があくまで自己流でやりたいというのなら、
    スタッフと話し合って決めればいいことだ。アイツにはアイツなりの考え方、やり方があるのだろうから」とコメントした。表面上は…。

     中日球団サイドも黙っていなかった。中山了球団社長は「もっか伊藤(濶夫球団)代表に、その日の落合の言動を調べてもらっている」と言い、スポーツ紙などをすべてチェック、ニュアンスの違いなども細かく分析した。
    その上で「大打者だからといって、言っていいことではない」と処分を検討しはじめた。

     球団に対して落合は「一般論を話しただけ」と反論したそうだが、中山球団社長が「一般論としては言い過ぎだ。自分自身の問題と一般論をごちゃまぜにしている」と発言するなど、オレ流の立場は悪くなるばかりだった。

    だが、落合も引かなかった。自主トレ先の昼神温泉での“籠城”が始まった。

     =続く=

    5/8(金) 11:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01841733-tospoweb-base

    no title

    no title

    no title

    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 12:02:44.40 ID:69f661380
    キャンプ初日に紅白戦やります

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 12:04:12.68 ID:CbIFCSHT0
    見るからに合わなそうだもんな

    12: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/08(金) 12:09:30.17 ID:FyrQY10W0
    >>5
    「体罰大好き」と「体罰大嫌い」だからな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588905768/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2




    アリアスです。ウィルスでみんなの暮らしが脅かされているよね。僕のビジネスも今回の影響を大きく受けているよ。こんな時、僕のメンターの星野監督の言葉を思い出すんだ。”Never Never Surrender”、決して諦めない、屈しないってことだ。#BeatCOVID19 #阪神タイガース #オリックス #巨人 #JRFPA https://t.co/pmCjaR26IA



    アリアス太ったなぁ



    わぁん!😭アリアス!好きだった! ネバーネバーネバーサレンダーや😭


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    昨秋キャンプ、今春キャンプと阪神の臨時コーチを務めていた山本昌氏が2月16日、予定されていた日程を終えた。

    同氏は「初めてプロの選手にコーチという肩書でやらせてもらいましたけど、僕自身が勉強する機会が多かった。1人1人が成果が出るとうれしいな」と笑顔でキャンプ地の沖縄・宜野座を後にした。帰りの車に乗り込む際には藤浪、望月らが並んで一礼。感謝の気持ちを示した。

    初めての“コーチ”が阪神…? 中日一筋32年の山本昌氏が阪神の臨時コーチに就任することは確かに驚きだった。だが、恩師の言葉がレジェンドの背中を押したのではと、勝手ながら想像する。通算219勝を挙げて50歳までマウンドに立った球界のレジェンドは、15年10月の引退会見でこんなことを言った。

    「星野(仙一)さんが『一生野球のことを考えて終われ』と激励してくださった。遊んでたら叱られちゃいますよ」。中日時代から続く矢野監督との縁があって実現した「山本昌臨時コーチ」。加えて、阪神を指揮した恩師の言葉も影響したのではと思う。2年前に天国へと旅立った星野さんは「マサ、ありがとうな」と笑顔を浮かべているに違いない。【桝井聡】




    昌さん、本当にありがとう!きっと影から縁を繋いでいただいたであろう星野監督にもお礼を言いたいです。恩を返すために日本一になります。 #阪神タイガース  https://twitter.com/yamamoto34masa/status/1229066146659201024 



    阪神「山本昌臨時コーチ」は星野さんの言葉が後押し  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202002160001137.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  昌コーチありがとうございました😭 臨時はずしてもよかったのに...。


    続きを読む

    このページのトップヘ