とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    谷川昌希

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神ー広島」(2日、甲子園球場)

     2番手で登板した谷川昌希投手(27)は、五回から登板して1回無安打無失点。ただ、2四球を与えてピンチを招いたところを反省した。

     「四球を2つ出してしまい、前回の紅白戦と同じようなことをしてしまったことが反省点です」

     青柳に代わって五回のマウンドに上がると、先頭の野間にストレートの四球を与え、さらに2死を挟んで菊池にも四球で出塁を許した。2死一、二塁のピンチで迎えたピレラを右飛に抑えて無失点で切り抜けたが、課題は残った。5月31日の紅白戦では四球が絡んで1失点。この日は失点こそ防いだものの、四球を出してしまったところが悔やまれる結果となった。

     「次回は後がないというくらいの気持ちで投げたいですし、オープン戦で良かった時のフォームをもう一度見つめ直して修正したいです」と話していた。




    矢野監督によると谷川は春良かったのでもう一度上げてきてくれればいい、小川も球は良い とのこと 結果だけじゃなく内容、プロセスもしっかり評価していて投手はやりやすそうだな 阪神の監督は金本といいなぜか野手なのに投手評価の方がしっかりしているイメージがあるなw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     無失点のまま突っ走る!甲子園球場での自主練習後にオンライン取材に応じた阪神・谷川が、レベルアップを誓った。今年は春季キャンプから存在感を発揮。開幕1軍も視界に捉える中継ぎ候補が決意を新たにした。

     「順調には来てますし、調子を落とさずに、もっともっとレベルアップできるようにやっていってる。オープン戦のことは自分の中では気にしてないというか。今までよりもレベルアップした自分を見せられたらと思って練習はしている」

     先行きが見えない状況でも、練習に対する目的意識は明確だった。今春のマウンドでは猛アピールに成功。初の対外試合となった2月8日の中日戦から、1軍での実戦では9試合に登板して8回1/3無失点を誇っていた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期に次ぐ延期。コロナ禍に水を差されたが、準備は怠らない。

     「いつ開幕しても良いように自分の中では開幕した時のシミュレーションだったり、イメージはしてます」

     前向きな姿勢の裏には、レジェンドの一言があった。今春。臨時コーチを務めた山本昌氏から「1軍の群れから外れないように頑張れよ」と背中を押してもらった。「モチベーションはすごく上がりましたね」。零封更新を狙う若き右腕。初の開幕1軍をかけて、日々成長を目指す。(山本 浩之)




    谷やんもしっかり昌やんからエールをもらっていたのね 「いろいろ状態が良かったので、どうにか1軍にしがみつくように『1軍の群れから外れないように頑張れよ』という言葉をかけてもらいました」by谷川昌希 #日刊スポーツ pic.twitter.com/49LpJuzCGo



    今日の おは朝は谷川さんのオンラインインタビュー(愛の不時着の話)と かっこいい!懐かしい🥺良太コーチのヒーローインタビュー😆 #阪神タイガース #谷川昌希 #新井良太 https://t.co/Ytqd9Lsd2T


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の谷川昌希投手(27)が23日、甲子園で行われた自主練習に参加。ウエートトレーニングやキャッチボール、内野ノックなどで約2時間30分体を動かし、練習終了後に球団広報を通じて取材に応じた。

     今春の対外試合では9試合で計9回1/3を無失点に抑えるなど好調を維持していた。現在の状態については「また時間ができたので、体力面、精神面共に一から見つめ直すくらいの気持ちで今は練習しています。その中でも状態は悪くないと思います」と順調に調整を進めている。開幕に向けて先が見えない状況が続くが「今後も定期的にブルペンに入り、自分のフォームを固めていきたいです」と投球フォームの完成度を追い求めていく。




    阪神・谷川昌希「体力面、精神面共に1から見つめ直す」開幕へフォーム固め(デイリースポーツ)愛梨ちゃん🙂 #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00000135-dal-base 



    出た(///.///)!!!魔性・谷川昌希 pic.twitter.com/Uw9PjoIXnk


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     デイリースポーツ評論家が独自の目線で“推しメン”を紹介する「It’s 勝笑 Time! オレが推す」(随時掲載)がスタート。第1回に登場した狩野恵輔氏(37)は、阪神の谷川昌希投手(27)の大ブレークを予言。春季キャンプ中の“ある投球”に覚悟を感じ、決め球のシュートを武器とした巨人・大竹寛投手(36)ばりの強気な投球で、リリーフの一角として期待した。

      ◇  ◇

     谷川のブレークを予感したのは、2月4日のキャンプ練習中だ。初めてのシート打撃。江越との対戦をバックネット裏から見たが、内角を狙ったシュートが左腕付近への死球になった。味方チームを相手にした投球。これだけでも度胸を感じるのだが、驚いたのは続く北條との対戦だった。

     初球、再びシュートで胸元を突いた。死球を当てても、次の打者に内角球を投げる。しかも、それが味方チームを相手にした投球。「この子はすごいな」と思った。社会人出身の27歳。ここでやらなければ…という気持ちなのだろう。強い覚悟を感じた。

     そんなシーンを見ながら、昔の記憶が脳裏に浮かんだ。矢野監督の現役時代。とある一戦で死球を当てて一触即発の乱闘ムードになった。それでも次の打者に、平然と内角球を要求した。似ているところがあるなと思っていたら、実際に話してみても興味深い。

     ブルペンでは、ほとんどシュートを投げない。「強い真っすぐをインコースにしっかり投げたい」という。直球がシュート回転するのが嫌なのだろう。巨人の大竹に通ずるところがある。昨秋のプレミア12でも活躍したように、球が速くなくても内角を突くシュートがあれば通用する。

     実際、「大竹みたいになれればいいね」と声を掛けたのだが、球児さんも同じ考えだったようだ。「大竹みたいに、球が速くなくてもしっかり内を攻めることができたら中継ぎで十分にやっていけるよ」と声を掛けられたという。決して目立つタイプではないが、面白い存在になるのではないか。

     活躍するかしないかは別。すぐにうまく出てこられるかは、まだ分からない選手だと思う。でも、ブルペンで投げる姿を見ていても、すごく気持ちが伝わってくる投手。三振を取るタイプではないが、ゲッツーでアウトを取ってほしい場面や、ゴロアウトが欲しい場面のワンポイントも面白い。

     先発としての経験もあるし、ロングリリーフとしても使えそう。いろんな可能性を秘めた投手だと思う。もちろん球児さんにも頑張ってほしいし、岩崎には抑えを奪うくらいの気持ちで飛躍の1年にしてもらいたい。みんな頑張れと思う中で、1人を挙げるとすれば谷川。今年は年間を通して活躍して、結果を残してもらいたい。




    #谷川昌希 投手、応援しています! 狩野さんの予感当たって欲しいな😄 狩野恵輔氏 阪神・谷川エグい!内角シュート連発 春季Cでブレーク予感  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/11/0013262682.shtml 



    谷やんの内角シュートね😊 狩野恵輔氏 阪神・谷川エグい!内角シュート連発 春季Cでブレーク予感/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/11/0013262682.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA0-0阪神>◇25日◇横浜

    阪神谷川昌希投手はDeNA戦で2連投し、沖縄キャンプから続く実戦無失点を9試合、8回1/3に伸ばした。

    8回に登板。2死から四球と二塁打で二、三塁とされたが、最後は中井を三ゴロに仕留めた。「2アウトから四球を出してしまった。そこを反省して修正したい」。開幕1軍へ油断せずに前進していく。




    去年は島本、守屋 今年は谷川 阪神の中継ぎ陣安泰すぎん?



    阪神谷川9戦連続無失点 2死からの四球は「反省」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003250001099.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  四球はたしかに反省点です。 しかし、9戦連続無失点! やはり谷川君は変わった! 今年こそ一軍での登板で結果を残そうぜ😁🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ