とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    平田勝男

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、ロッテ3-2阪神」(22日、SOKKENスタジアム)

     阪神はロッテに惜敗した。

     先発の佐藤蓮は制球が定まらず、8四球を与えた。打線は高山がチーム唯一のマルチ安打。サンズは1安打1四球と結果を残した。

     平田2軍監督の一問一答は以下の通り。

     -佐藤蓮は制球に苦しんだ。

     「まあ、まだまだ制球力というところでは、悪いなりの(投球)というかね。もうちょっと変化球を使えば、ストライク入るんだけど。こっち(ベンチ)からストライク入らんから、『変化球をいけ』って言ったら、ストライクになる。だから、ピッチングを覚えていかないと。真っ直ぐストライク入らんのに、真っ直ぐばっかり投げたってさ。課題があってってレベルじゃないから、まだね。その辺をわかってないねん。まずは、ゲームを作る。今良くなってる感覚を、その辺は勉強だから。ストライクを取れる球種を自分で見つける。ダメだったらベンチに座ってるんじゃなくて、『ブルペンで投げて来い』って言ってさ。イニングの間も感触を早くどうやったら(できるか)。2アウトになって、ベンチの前で投げてる場合じゃないねん。そういうところをさ、今日はちょっとヒントを(与えた)。どうやったら、自分が立ち直れるかっていうところで。イニングの間の調整も含めてね。いい勉強になったと思うよ」

     -監督も自らマウンドへ。

     「首ばっかり捻ってね、悪いイメージしか(ない)。おかしいなおかしいなばっかりやん。こっち(左打者の外角)ばっかり抜けてるんだったら、キャッチャーももっとこっち(左打者の内角)に寄ってやればいいのにね。ただ、一生懸命投げてるだけだから。(藤田は)一生懸命、捕ってるだけだから。その辺をやっていけばいいねん。だから、首捻ってんじゃないやん。『自分で悪いイメージ作っちゃダメだよ』って言って。自分でいいイメージで、ストライクを取る。リリースとかそういうのを、首ばっかり捻ったっていい結果出ないんだから。そういうことを、ちょっと言ったんだけど」

     -ロッテは安田、藤原、山口など1軍メンバーも多かった。

     「そう。だからそれでちょっと力も入ったと思う。その辺がまだまだ、レベル的に(足りない)。でも、頑張ったやん、2点で抑えて。そういうことも、後をしっかり抑えれば、そうやって少ない点数で頑張れるということを、今日学んでくれりゃいいんだけど」

     -高山が2安打。

     「ずっといいんだよ。ティー(打撃)でも取り組んでるし。ずっとそういった意味では、凡打の内容もいいし。このフェニックスに来て、今までシーズンは一本打てば、ちょっとってとこやったのが、複数安打がずっと出てるんでね。非常にそういうところでは、いい兆しが出てきたな」

     -好守もあった。

     「いやいや、守備も、江越かと思ったんだよ(笑)。『江越ナイスプレー』って言ったら、あ、高山やんってぐらいの。守備も真剣に取り組むのも彼のアレだからね。課題だから。あえて、センターを(守らせてる)。勝負させるように、近本とかさ」

     -サンズにも安打が出た。

     「ボール集めもちゃんとしてんねん。いいやつやねん、ナイスガイやねん。一生懸命やるしね、若いやつにもアドバイスしてくれるし」

     -サンズはCSに向けて、今後もフェニックスに帯同。

     「それはそうやん。だから、出してるんじゃない。CSもあるし。マルテがどうなるか、ロハスがどうなるか、それはわからんから。サンズは出しとかないと、いけないやん。彼もまだ意欲的だもん。普通10日間で、東京ドームぐらいから(1軍へ)上がれるから、モチベーションガタ落ちするかなと思ったら、全然、一生懸命やる。すごいよ」




    阪神・平田2軍監督「いいやつやねん。ナイスガイやねん」サンズの姿勢を評価(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース いつかのオマリー思い出す  https://news.yahoo.co.jp/articles/4da36bfc5f9324d752f6d66c039642a4172b85ec 



    阪神・平田2軍監督「いいやつやねん。ナイスガイやねん」サンズの姿勢を評価(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4da36bfc5f9324d752f6d66c039642a4172b85ec  最高の二軍監督や!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <2軍練習試合:オリックス0-9阪神>◇3日◇オセアンBS

    阪神2軍が、9日にロッテと戦うファーム日本選手権(ひなたサンマリンスタジアム宮崎)前最後の実戦で9得点で快勝し、はずみをつけた。

    3番板山祐太郎内野手(27)、4番陽川尚将内野手(30)、5番高山俊外野手(28)の3人で計5安打3打点。途中出場のルーキー栄枝裕貴捕手(23)は2安打、育成の奥山皓太外野手(24)も途中出場から適時打を放ち、存在感を示した。

    先発のドラフト3位佐藤蓮投手(23)は5回無四球無失点の完璧な投球で、平田勝男2軍監督(62)は「また楽しみが増えちゃったね…!」とホクホク顔だった。

    平田2軍監督の試合後の一問一答は以下の通り。

        ◇    ◇    ◇   

    -先発佐藤蓮が5回無四球無失点

    平田2軍監督 いや~これまた。反省はあのピッチャーゴロをはじいたの。四球もないし、(カウント)3-2からも粘りが出ているし。また楽しみが増えちゃったね…、う~ん。もともとスライダーはね、いいんだけど、今日はストライク先行でね。そこはシーズン中は課題としてあったけど、バランスもいいし、スピードもあったし、151キロかな? マックス。非常に安定感があってフェニックスがまた楽しみだな。

    -後続の投手は安打を許さず

    平田2軍監督 (佐藤蓮が許した)2安打だけでしょ? シーズンと変わらず、ずっと競争してくれているんで。今、ユキヤ(斎藤)にあえて初球からフォークを。ただ抑えるだけじゃなく、尾仲にしてもそうなんだけどさ。ユキヤなんかは、3人目のバッターなんかには、初球からフォーク投げてどんな反応するかというところも含めて、投げさせているんだけどね。普通に投げさせて抑えるだけじゃ、しょうがない。なんか精度を上げるとか、フォークでもストライクを初球からパッと取れるとか。カウント取れるフォーク、決め球にするフォーク。ね、それだけでも2種類。ボールにするフォークとかさ、2種類も3種類もできんねん、1つの球種でね。そういうところも勉強してくれればと思って。やらせてるんだけど。

    -ファーム日本選手権前に9得点

    平田2軍監督 得点は別にして、(オリックス先発)本田に打てんやん。そういうところじゃないの? 本田とかのひと回り上の相手、そういうところを目指して頑張る。反省も忘れちゃいかんのよ。課題も含めてなんとかレベルアップして、個人のレベルを上げることなんだよ。ただ、集中力。9回までしっかり持ってやってくれているんで、そのへんは評価していいところだよな。

    -試合前に板山のロングティーを手伝っていた

    平田2軍監督 祐太郎が自分から言ってきて。そうやって短く(バットを)持って、近本が短く持っているところのヘッドの使い方とかも、近本に聞いたりして。どういう風に自分のバッティングがさらに良くなるかというところで「ロングティーちょっといいですか」って。高山にしてもそう。江越にしても何か進化しなきゃというところが練習から感じられる。




    佐藤蓮が5回二安打無四球か

    制球難もドラ3に繰り上げ獲得したロマン枠

    個人的に小林樹斗(智弁和歌山→ドラ4広島) めちゃくちゃ欲しかったんで頑張ってもらわんと🤨



    マジかよドラ3佐藤蓮くん、制球あげればって素材よ
    モノにしたか?
    及川といい制球課題の選手の育成上手く行ってるの凄いな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神7-4オリックス>◇26日◇甲子園

    3年ぶり17度目のウエスタン・リーグ優勝を決めている阪神が、今季の2軍最終戦を白星で締めた。最後はマウンド付近で、平田2軍監督を中心に一列に並び、ファンの声援に一礼で感謝した。

    今季は全106試合を戦い、65勝34敗7分け。10月9日に宮崎でロッテとのファーム日本選手権に臨む。

    阪神平田勝男2軍監督(62)の一問一答は以下の通り

    -今季を象徴する試合だった

    平田監督 「ほんと、選手たちの粘りというかさ、そういうところを最後まで集中力を切らさずに、やってくれたと思うわね。意識を高く持って最後までやってくれたというのは、ほめてあげていいんじゃないかな」

    -先発した西純は高卒2年目で初めて規定投球回に到達した

    平田監督 「規定投球回にね。中4日やったけど、2回1/3で達成するということで、投げさせたけどな。まあ、まだまだやな。3回で5安打か? 中4日とはいえ、しっかり捉えられとる。このへんはまだ課題ができて良かったんじゃない。やっぱりランナーが出たり、セットポジションになると、細かいコントロールだとか、球威も含めて、ちょっと精度が落ちるよね。ちょっとずつこれからまた、克服していけばいい」

    -高卒2年目の遠藤は「2番遊撃」で出場。5回に同点適時打を打つなど打席では粘っていた

    平田監督 「ここのところずっとね。今日はショート守らせたり、2番を打たせたりというところで、(カウント)3-2からもしっかり粘ったりもしていたし、ヒットも出てるしね。それは成長してきていると思うよ」

    -山本は7回に走者一掃の二塁打

    平田監督 「(山本)ヤスはずっと、何番打者打たせても問題ないね。どこ守らせてもレベルが違うからね。打順でもチャンスメーク、送る、かえす、全て兼ね備えているんでね、非常にありがたい選手や」

    -山本など成績残している選手は、今後1軍の力になれる

    平田監督 「上が勝ってるから、それは難しいところだよね。1軍が決めることなんで、今はどういう選手が必要か、それはなんとも言えない。1軍に上がっていく選手らは、小野寺とか首位打者取ってるそういう選手なんで、それは自然と出てくること」

    -石井将がつくった8回無死満塁のピンチを尾仲が救った

    平田監督 「石井(将)が昨日フォアボールで、今日は安藤コーチがもう1回投げさせてくださいって言うからね、ちょっと、石井(将)は残念だな。その後の尾仲はあのぐらい投げられるよ。不思議でもなんでもないよ」




    圧倒的な強さでシーズンを駆け抜けた選手に、阪神・平田2軍監督の賛辞「褒めてあげて良いんじゃないか」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/388586d9edf8d74dd8633eec8a8f625335d6d818 



    ここにきて、平田2軍監督の8時間しか眠れない発言は矢野1軍監督へのメッセージのようにも感じてきたな 緊張なんてしなくていい、俺も矢野監督の苦労を受け止めるみたいな感じで #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    (ウエスタン・リーグ、阪神5-3オリックス、24日、甲子園)

    3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を成し遂げた阪神・平田勝男2軍監督(62)が試合後、甲子園に詰めかけた1216人の観衆に感謝の思いを伝えた。優勝スピーチ全文は以下の通り。

    「タイガースファンのみなさん、本日は観戦していただき、ありがとうございました。こうやってファームの選手たちのひたむきなプレー、どうでしたでしょうか。今年はですね、ファーム18連勝、そしてファーム優勝ということで本当に選手たちが一生懸命、努力した結果だと思います。でも、ここにいる選手たちは誰一人、いまのこの状態に満足している選手はいません。1軍はきょうかジャイアンツ戦、残り26試合を残しています。必ず、きょう皆さんがごらんになった選手たちが1軍の戦力となって優勝に貢献することを私は確信しております。どうかみなさん、ここにいる選手たちをほめてやってください。そして、もっともっと応援してやってください。ありがとうございます。やっぱりこうやって、ファンの皆さんが拍手してくれるのはうれしいもんですね。ありがとうございます。

    そして最後になりますが、おい俊介、俊介どこいった?(俊介が隣に) クワ(桑原)は? きょうはいないか。あした10分くらいすると思いますけど、あした俊介と桑原が引退試合。本当にタイガースで命をかけて頑張ってくれた俊介です。そして桑原です。残念ながらチケットは完売。俊介の人気やな。そういうところで明日は俊介と桑原が最後のタイガースのユニホームを着て、プレーしますので楽しみにしていただきたいと思います。スピーチは明日に残しておきますので。本当にみなさん、きょうはありがとうございました。ありがとー!」



    ▼平田2軍監督のスピーチ(Twitterより)

    ㊗️阪神優勝🏆 なお胴上げは無し 平田さんのスピーチのみ #阪神タイガース #hanshin #tigers #ウエスタンリーグ #阪神優勝 https://t.co/Ro7nLUb7mN



    ウエスタンL 阪神5ー3オリックス(24日・甲子園) 試合後、平田2軍監督が優勝スピーチ。「選手たちが一生懸命やった結果。でも、ここにいる選手たちは誰一人、満足していません。1軍は残り26試合。必ず1軍の戦力になって優勝に貢献することを確信しています」と熱く語りました。 #tigers pic.twitter.com/WvzAS3pjsu


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    「ウエスタン、阪神-オリックス」(24日、甲子園球場)

     阪神がウエスタン・リーグで3年ぶり17度目の優勝を決めた。平田2軍監督にとっては、10年以来、11年ぶりのウエスタン・リーグ優勝となった。

     先制したのはオリックス。二回に先発・中田が3点を失った。それでも、すぐに反撃するのが、阪神2軍の真骨頂。その裏、江越の2点適時打、山本の同点打で追いつくと、投手の暴投で勝ち越しに成功した。

     四回には板山の適時打で追加点。中継ぎ陣は岩田稔-守屋-小野-斎藤-伊藤和と小刻みな継投でスコアボードに「0」を並べた。最終回は湯浅が締めて、試合終了。スタンドからは大きな拍手が送られた。

     10月9日のファーム日本選手権ではイースタン覇者のロッテと対戦する。18年には巨人との一戦を制し、ファーム日本一に輝いている。





    続きを読む

    このページのトップヘ