とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    小幡竜平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【トラとら虎】

    阪神・小幡竜平内野手(22)は近づく宜野座キャンプに、遊撃の定位置獲得を懸けることを宣言している。昨年までの正遊撃手、中野が二塁コンバートされるため、もっかこのポジションは空席になっている。「こんなチャンスは滅多にない。何としてもものにしたい」。固い決意は、沖縄の自主トレ中での軽快な動きにも表れる。

    昨秋から急にメディアに登場する機会は多くなった。岡田監督が就任直後から「守りの野球」を掲げ、「ショートは守備優先。強肩が第一条件」と、小幡を連想させる構想を明らかにしたからである。なぜ指揮官は肩の強さにこだわるのか。甲子園は土のグラウンド。打球が変化しやすく、体勢が崩れてもアウトにするには、強肩が絶対条件になるというわけだ。

    出身は大分県。2019年に延岡学園高からドラフト2位で阪神入団。2年目から1軍に登場するも、打力不足で中野に抜かれ控えの域を出なかった。来季も中野が厚い壁になると覚悟していたところ、監督交代で鉄砲肩の存在価値は高まった。俄然、やる気が増すのは当然だろう。

    年が明け、阪神球団のスペシャルアンバサダー(SA)を務めることが決まったОBの糸井嘉男氏も、キャンプでの一番の注目選手に小幡を挙げる。「何よりの魅力はメジャー級の肩の強さ。スーパーショートになる素材」と話す。超人にここまで評価されれば、レギュラー獲りに拍車がかかるのではないか。

    一方、本人も気にする打率は20年から順に・220、・261、・188。弱点は内角球をなかなか克服できないところにあるが、岡田監督は「2割ちょっとなら許容範囲」と、あくまでも守備最優先の布陣をしく方針を崩していない。打力の弱さにはある程度目をつむり、常時起用を続けるうち上達した例が過去に結構あるからである。小幡はそこに甘えるつもりはないが、守、攻の順序を変えず、落ち着き払って定位置獲得に取り組むことはできる。 (スポーツライター・西本忠成)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c60918fba3b0547c8730ee001e5e602f1b47173f


    阪神・小幡竜平「こんなチャンス滅多にない」 空席の遊撃手獲りに追い風(夕刊フジ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c60918fba3b0547c8730ee001e5e602f1b47173f  小幡の記事〜☆*´∀`)ノ *


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・小幡竜平内野手(22)に、うれしいサプライズだ。梅野らと合同自主トレ中の沖縄県宜野座村を、3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」のMOCAが訪問。20年から使用する登場曲「NO rain,NO rainbow」をアレンジした「OBATA Remix」バージョンを新たな登場曲としてプレゼントされた。原曲のメロディーはそのままに、改変されたサビの歌詞が目標に掲げる遊撃レギュラー奪取へと背中を押してくれた。

     自らの名前、そしてチームの合言葉「アレ」もちりばめられた楽曲を直に聴き、感激した。MOCAは同じ延岡学園(宮崎)の野球部出身。歌い終わりの先輩に敬意を表し、感謝の言葉とともに水を手渡した。

     MOCAは「僕個人の10年前につくった曲を使ってくれていて。ありがたいなという思いと、より激励したい思いで今年つくらせていただいた」と説明し、「もし(登場曲で)使ってくれたとしたら、来年のキーワードやみんなのテーマを入れてつくりたい」と早くも来年以降のオリジナルソング提供の継続も約束した。

     ヤクルトとの昨季開幕戦ではベリーグッドマンが開幕セレモニーとして特別ライブを開催。今季も同じ京セラドームでDeNAとの開幕戦(3月31日)を予定し、今度は小幡が初の開幕スタメンを勝ち取って登場曲が鳴り響くことを願った。「躍動の1年へ、微力ながら力になれたら。僕たちが想像もできないプロの世界で戦って5年、今年は飛躍の1年にしてほしいなと思っています!」。岡田監督からの期待も大きい高卒5年目。飛躍を遂げ、本拠に「虹」をかけるときが来た。(阪井 日向)

     ▽ベリーグッドマン 13年結成の3人組音楽グループ。メンバーのMOCAは延岡学園野球部でプレーしていたことで野球界との縁が深く、多くのプロ野球選手が楽曲を登場曲に採用。甲子園球場100周年記念事業アンバサダー(アーティスト)に就任し、23年11月18日には甲子園球場で初の単独ライブを予定する。結成10周年を記念する大舞台でもあり、MOCAは「毎年(甲子園で)やらせていただく、TUBEさんのようなアーティストになりたい。甲子園といえばベリーグッドマンとファンの皆さま、甲子園側にも言っていただけるように」と熱い思いを語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/37d7fdc19748a2031687d0f4b41774ff61fb636e


    素晴らしい友情ですね。 阪神・小幡 ベリーグッドマンから登場曲サプライズプレゼント 延岡学園の先輩・MOCAが宜野座訪問― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/01/24/kiji/20230124s00001173115000c.html 



    小幡リミックス楽しみ😆 阪神・小幡 ベリーグッドマンから登場曲サプライズプレゼント 延岡学園の先輩・MOCAが宜野座訪問― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/01/24/kiji/20230124s00001173115000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ5年目を迎える阪神・小幡竜平内野手(22)が15日、沖縄・宜野座村で自主トレを公開した。

     チームの先輩・梅野隆太郎捕手(31)がリーダーを務める「チーム梅野」の自主トレに初参加。「バッティングでも一緒にやったりして、その中でキャッチャー目線であったり、梅野さん自身のバッター目線であったり」と先輩捕手から助言をもとに、課題である打撃の向上に汗を流している。

     一方で岡田新監督からは、守備力を買われて遊撃のレギュラー候補に名を挙げられている。「今年はすごくチャンスがある年だと思う。スタートから一気に飛び出せるようにやっていきたい」とキッパリ。

    「1年間、レギュラーとしてアレ(優勝)ができるように」と指揮官の期待に〝結果〟で答えるつもりだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3469334ed8f96bc97150819031e3a170c8050628


    スタメン奪取へ、待ったなし。 【阪神】小幡竜平「スタートから一気に飛び出せるように」 岡田監督からは遊撃レギュラー候補指名|東スポWEB  https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/251122 



    小幡竜平よ全てに終止符を打て。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球解説者の高木豊氏が11日、自身のユーチューブチャンネルを更新し、阪神の開幕スタメンを予想。遊撃には「育ちきったら、向こう10年困らない。それだけの能力はある」とし、小幡竜平内野手を推奨した。

     1番・中堅 近本

     2番・二塁 中野

     3番・三塁 佐藤輝

     4番・一塁 大山

     5番・左翼 ノイジー

     6番・右翼 森下

     7番・遊撃 小幡

     8番・捕手 梅野

     9番・投手 青柳

     高木氏は今季から三塁に専念する佐藤輝に関して「専念できるので、それをバッティングに生かしてほしい」と要望。また、右翼にドラフト1位の森下を予想したことについては「(DeNAの)牧の(中大の)後輩。似てる部分があるんだよな」とし、続けて「岡田監督は自分がルーキーの時に、あれだけの選手なのに監督が途中で交代するまで使われなかった。そういう経験を自分がしてるから、使ってくるんじゃないかと思う」と予想した。

     18年ぶりのリーグ優勝へのキーマンに新外国人のノイジーを挙げ、「ちゃんと5番にいてくれたら、阪神の得点能力は上がる」と語っていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/00410f4c42a71dc2c87eac9acf78c310dd0e429c

     

    動画情報

    【最速オーダー予想】阪神は佐藤・大山を中心の打線に新外国人が加わる!ルーキー森下の起用は??日本ハムの1番は”矢澤を起用!”その理由は??2023年開幕オーダーについて語ります!

    高木 豊 Takagi Yutaka より
    https://www.youtube.com/@takagiyutaka4045
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     岡田新体制の新たな“顔”となりそうなのが、阪神・小幡竜平内野手(22)だ。来季、5年目を迎えるショート。守備力を重視する指揮官もセンスを高く評価しており、そのチャンスをつかむことができるかに注目が集まっている。

     なんといっても最大の特長はスローイングだろう。遊撃手には一番、求められる条件で入団直後から小幡はチーム屈指の地肩の強さを見せていた。捕球時に体勢が崩れても、一塁に矢のような送球を放つ。小幡も「アピールポイントは肩」と、自信を持っている。

     その肩を生かすために、ある選手の足さばきを参考にしている。それは、来季から二塁にコンバートされ、共に二遊間を組む可能性が高い中野拓夢内野手(26)だ。

     「中野さんの足さばきを見ていて、すごいボールまで向かうのが速いですし、それができると一塁までの距離が縮まってすごいスローイングもだいぶ疲労の軽減にもつながると思うので。しっかり鍛え直してやりたいなと思います」

     正遊撃手争いは木浪との“一騎討ち”となる可能性が高い。小幡同様、岡田監督は木浪の名前を挙げ「新しい発見というか、あんなに肩強いとは思わなかった」と評価していた。非凡な打撃センスを持つ背番号0に勝つためには、打撃でもアピールしなければならない。

     だからこそ、1月に沖縄で合同自主トレを行うチーム梅野で己を磨くことに意味がある。今回が初参加。「梅野さんに関してはずっと1軍でレギュラー張っていますし。キャッチャーはバッターから一番近いところで見ているので、どういうバッターが嫌なのか、どういうバッターが投げにくいのか。そういったところを聞きながらうまく良いモノを取り入れていけたらなと考えています」と意見を取り入れていく。

     湯浅や桐敷も帯同することで、実戦形式の練習として打席に入る可能性が高い。生きた球を見ることが難しい時期に、大きなアドバンテージだ。4年目の今季は49試合に出場し、打率・188。「スタメンで出る回数も少なかったですし、物足りない。悔しかったので、来年は悔しさを晴らしたい」と話した。

     来季、思い描く姿は?と質問してみた。小幡は即答だった。「まずは100試合以上。去年も掲げた中でできなかった数字なので、しっかり達成できるように。レギュラーを取って良い成績を残します」。有言実行するためにも、このオフの取り組みが重要となる。(デイリースポーツ・関谷文哉)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/14fb72c61fad8966f4b7c4bda8dd459a37ba9112


    正遊撃手奪取最大のチャンスへ「レギュラーを取る」と阪神・小幡が勝負の冬を迎える(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/14fb72c61fad8966f4b7c4bda8dd459a37ba9112  この2人なら私は地元出身の小幡を推したい



    小幡レギュラー奪取目指して頑張れー!🔥 正遊撃手奪取最大のチャンスへ「レギュラーを取る」と阪神・小幡が勝負の冬を迎える(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/14fb72c61fad8966f4b7c4bda8dd459a37ba9112 


    続きを読む

    このページのトップヘ