とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「阪神4-12巨人」(19日、甲子園球場)

     平成最後の「伝統の一戦」で、令和のヒーローの予感漂うルーキーが躍動した。完敗を喫した中、阪神ドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が七回、巨人・菅野から右越えにプロ初本塁打となる1号3ラン。前日のヤクルト戦では全力疾走を怠って途中交代を命じられただけに、汚名返上の一発となった。

     昨日のミスが、明日への希望に変わる。何度も天高く突き上げた拳。木浪が意地を見せる。反撃の3ランは、球界のエース・菅野からだった。「素直にうれしかった」。敗戦の中に見えた光。プロ初本塁打に、笑顔でダイヤモンドを一周した。

     信頼を取り返す。その一心だった。6点ビハインド。悲鳴、ため息が響き渡る本拠地は、明らかに劣勢ムード。それでも、なんとか挽回したい男が、闘志を燃やし続けていた。一振りで変えた球場の雰囲気。見せ場は七回だった。2死一、三塁の好機に、木浪が打席へと向かった。

     チャンステーマが響き渡る。高まる押せ押せムード。だが、木浪は一人冷静だった。静かに息を吐く。そして1ストライクからの2球目だった。内角のスライダーを強振。打球は大歓声に後押しされるかのように、右翼ポール際へと吸い込まれていった。

     汚名返上となる3ランアーチ。感情は自然と爆発した。「ヒットになってくれればいいって。菅野さんから打てたのは誇りです」。試合には敗れた、だからこそ試合後は口元をきゅっと結ぶ。あの一瞬だけの喜びに、浸ることはない。それでも空気を変える一発に、球場にいる全ての人が勇気づけられた。

     取り返したかった。18日・ヤクルト戦での“ミス”を。先発出場した木浪だったが、2打席目に代打を送られた。初回、ワンバウンドした球に空振り三振後、一塁へ全力疾走していなかったプレーで、途中交代となった。「諦めるような選手は使いたくない」と指揮官の逆鱗に触れ、木浪は「自分が悪い」と声を絞り出していた。

     懸命に前を向く、いや向こうとした。この日はベンチスタート。試合前練習では元気のない木浪に、筒井外野守備走塁コーチも声をかけた。「元気か?気持ちで負けてるぞ」。自らを奮い立たせた。菅野の投球をじっと見つめ、何度も、何度もタイミングをとった。

     強い思いが白球に乗った一撃。九回にも適時二塁打を放ち、この日は全得点をたたき出した。「結果も少し残せたので。今日使ってくれた監督に感謝したい」。その思いには、まだ続きがある。勝ってこそ輝く、次なる一打を放つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000011-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2019年4月19日 甲子園)

     ルーキーの木浪が巨人の絶対的エース・菅野をマウンドから引きずりおろした。

     6点劣勢の7回。1死から梅野が三塁線を破る二塁打で出塁。2死から代打・近本が左前打で一、三塁と好機を広げた。このチャンスに燃えたのがドラフト3位の木浪だ。2球目の内角スライダーを強振。右翼ポール際へプロ第1号となる3ランを放り込んだ。

     「打ったのはスライダー。チャンスで回ってきた打席だったので、がむしゃらに思いきってスイングしていきました。なんとか試合をひっくり返せるように頑張ります」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000202-spnannex-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/19(金) 06:14:19.59 ID:ZKJv6mqRM
    3回に4点リードでも動いた。1死一、三塁でヤクルトは左腕中沢に継投。指揮官はベンチを出て木浪に代打上本を告げた。
    用兵は的中し、左犠飛で得点差をさらに広げた。

    まだ序盤だ。早々に動いた理由を明かす。
    「俺、やることやらん選手とか、あきらめるような選手を使いたくない。あそこで(木浪が)前の打席に三振しても走らない。
    俺としては、あのチャンスで『それやったら上本』と。というところで代えた」。
    1回、木浪はワンバウンドのフォークに空振り三振した際、捕手は捕り損ねたが、一塁に走らなかった。

    振り逃げを試みず、前に向かわない。鬼采配で厳しさを突きつけた。

    真綿で首を絞めるタクトを振り、敵を追い込んでいった。5点差をつけた4回は無死二塁で北條にバントのサインを出す。手堅く三塁に進め、糸井の中犠飛で追加点。指揮官は「チームとしてはしっかりとした形で点を取ることの方が大事。走者が三塁にいけば内野も前に来る。得点をどんどんできる状況になっていく。まだ序盤やし、しっかりした野球をやりたい」と説明。救援陣を温存したい思惑もあり、必死に得点を重ねた。

    この日は開幕から先発出場を続けていたベテラン福留が休養で欠場。若手が躍動した。19日からは甲子園で巨人戦。4月初旬に3連敗した屈辱がある。指揮官は「チャレンジしていくしかない。(菅野は)いい投手。どんどん向かっていって、バットを振っていって、しっかり走って」と語気を強めた。【酒井俊作】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04181064-nksports-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1555622059/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    <ヤクルト9-5阪神>◇16日◇松山

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手が4戦連続安打で気を吐いた。2-5の2回に先頭で左翼へ二塁打。12日の中日戦でプロ初安打を放ってから毎試合安打を重ね、本来の調子を取り戻しつつある。

    「引き続き頑張るしかない。反省もあったので、克服出来るようにやっていきたい」と気を引き締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-04161097-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     阪神は16日、愛媛県松山市の坊ちゃんスタジアムでヤクルトと対戦する。キーマンとなるのは調子を上げてきたドラフト3位・木浪聖也内野手(24=Honda)と同1位・近本光司外野手(24=大阪ガス)の「キナチカ」コンビ。ともに社会人、大学生時代に愛媛県で春季キャンプ経験を持つ。チームも同地でのヤクルト戦は5連勝中でフレッシュな力で首位を粉砕する。

     借金3の猛虎にナイスタイミングで相性抜群の球場での1戦が巡って来た。近年、ヤクルトが主催試合を行っている坊ちゃんスタジアムではこのカード5連勝中(6戦5勝1敗)。今回は愛媛県に縁を持つ2人のルーキーが、勝利の立役者となるべく闘志を秘めて松山入りした。

     「Hondaのキャンプで2年間、来ていました。今は少ないチャンスで試合に出ているし、まだやることはたくさんある。1本出たのは大きいと思うけど、1本で満足しているようじゃダメなんで、チームが勝てるようにやるだけです」

     出発前の伊丹空港で言葉に力を込めたのは木浪だ。オープン戦で12球団最多の22安打を放ちながら、開幕後は快音がピタリ。3月29日からのヤクルトとの開幕3連戦も9打数無安打に終わった。その後は先発落ちする試合が続いたが、12日の中日戦で18打席目にしてプロ初安打をマーク。13、14日の同戦で2試合連続適時打を放ち、完全にトンネルを抜けた。動き慣れた坊ちゃんスタジアムでさらに加速する構えだ。

     ドラフト1位も負けてはいない。近本は甲子園6連戦で5試合に出場し16打数8安打2本塁打3打点、打率・500と大暴れした。関学大時代に愛媛県の西条市で春季キャンプを行っており「(四国アイランドリーグplusの)愛媛マンダリンパイレーツにも同級生や後輩がいます」となじみのある地だ。開幕カードでは2番打者だったが、ヤクルトとの2度目の対戦となる今回は1番を任される可能性も高く、冷静に自己分析した。

     「今までは打順を意識していなかったけど、プロで2番になった時に自分が思っている以上に考えてしまうことがわかった。ただ、2番でしか感じることができないこともあったと思うし、経験できたのはよかった」

     ともに社会人出身らしく地に足が着いている一方で、持ち味の積極性も発揮中だ。チームのヤクルト戦は松山のみならず、過去10年間の地方球場では11戦10勝1敗、8連勝中と圧倒。心強いデータを追い風に、若虎たちが首位・ツバメ退治に挑む。(山添 晴治)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000072-spnannex-base

    続きを読む

    このページのトップヘ