とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    江夏豊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-0巨人>◇14日◇甲子園

     阪神が連日の主砲離脱にもくじけず、チーム今季12度目の完封勝ちで2位巨人に1・5ゲーム差まで迫った。

     先発の伊藤将司投手(26)が5月22日巨人戦以来となる今季2度目の完封勝利を飾り、自身5連勝で6勝目(2敗)を手にした。阪神投手の巨人戦2試合連続完封は85年ゲイル以来、37年ぶり。左投手では69年江夏豊以来、実に53年ぶりの快挙となった。

     1回裏、先頭打者からいきなり3者連続安打で先制した。前日4安打の1番中野拓夢内野手(26)が二塁内野安打。2番島田海吏外野手(26)も中前打で続いた。無死一、二塁となり、今度は3番近本光司外野手(27)が三遊間を抜く適時打。重苦しくなりそうな雰囲気を一気に明るくした。

     4回には三振ゲッツーで2死無走者となった直後、8番梅野隆太郎捕手(31)が右翼ポール際に2号ソロを運んだ。4月3日巨人戦以来102日ぶりの1発を決め、試合の流れをさらにグッと引き寄せた。2点リードの7回には7番メル・ロハス・ジュニア外野手(32)が4号右越えソロ。終始ゲームを優位に進めた。

     チームは苦境に立たされていた。前日13日、大山悠輔内野手(27)が近親者の新型コロナウイルス陽性判定で濃厚接触者となり、特例2022の対象選手として出場選手登録を抹消。この日は前夜49日ぶりに1軍戦出場したばかりのジェフリー・マルテ内野手(31)が、右脚の張りで出場選手登録を再抹消されていた。

     さらに前夜先発マスクで2点二塁打を放った坂本誠志郎捕手(28)も、近親者の新型コロナ陽性の濃厚接触者となって出場選手登録を抹消。前日プロ617試合目で初めて一塁守備に就いた糸原健斗内野手(29)が、618試合目で初めて一塁スタメン出場した一戦だった。

     それでも投打がガッチリかみ合って2連勝。上位浮上が見えてきた。




    53年ぶりかよ・・・ そしてとらほー~! 阪神 伊藤将が虎左腕では53年ぶりの巨人戦2試合連続完封! 江夏以来の快挙(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/4c878703c836b02b365a8103b929f107a99edaf0 



    阪神 伊藤将が虎左腕では53年ぶりの巨人戦2試合連続完封! 江夏以来の快挙(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/4c878703c836b02b365a8103b929f107a99edaf0  江夏以来かよ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    日本プロ野球OBクラブは18日から6回に渡り、公式YouTubeチャンネル「セノンプレゼンツ BaseBallPedia」で阪神の黄金バッテリー、江夏豊氏と田淵幸一氏の対談を配信する。

    第1回は「江夏豊『プロなんて嫌だった』、田淵幸一『阪神は嫌だった』。阪神に行くのが嫌だった2人がなぜ阪神に? そして出会いは?」と題し、プロ入りの経緯などを語る。

    第2回は19日からの配信で「田淵幸一が語る江夏豊の本当のすごさ」、20日から配信の第3回は「黄金バッテリーのみぞ知る、天才・王貞治、長嶋茂雄」。また22日からの第4回は「2人で思い出す9連続奪三振の裏話」、23日からの第5回は「レジェンドが語る2021年阪神。矢野監督が育てた○力は本当にほめたい」、24日からの第6回は「大事なのは○○」と題し、日本ハム新庄監督や中日立浪監督について語る。




    これは見なくちゃ ↓ 田淵幸一氏「阪神は嫌だった」江夏豊氏と阪神黄金バッテリー対談を配信  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111170000575.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、南海、広島などで通算206勝をマークした江夏豊氏(72)が5日、広島-阪神(マツダ)のテレビ解説を務め、6日の阪神-巨人(甲子園)で巨人が0-11の八回途中に野手の増田大を登板させたことについて言及した。

     「(ファンに)失礼ですよ。あれが原監督の手腕という人もいるが、素晴らしいとは思わない」

     投手出身らしく、マウンド論を展開。「勝ち抜いてきて、マウンドに上がるもの。(タイトな日程という理由について)これがプロの姿か」と話した。




    江夏豊さんは 巨人の増田のリリーフ起用 を批判



    テレビ大阪といえば江夏豊よね~


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    開幕カードは打ち勝て! 猛虎のレジェンド・江夏豊氏(71=野球解説者)が19日、宜野座キャンプを視察。1カ月後に迫った神宮球場での開幕カードについて「打線が引っ張れ」とゲキを飛ばした。

    阪神で最多タイとなる6度の開幕投手を勤めた江夏氏。今季の開幕投手が西勇に決まったと聞くと、レジェンドならではの視点で語り出した。

    「彼はオリックスで経験してるんだから、舞い上がるようなことはないでしょ。神宮球場か。ヤクルトは石川か誰か? 打線が援護してくれるんじゃないのか。それならプレッシャーはかからないからね」。

    投手は相手の投手次第と言うのが持論だ。「相手投手との力関係を見て、この投手だったらここで点を取られても大丈夫…という考えで投げるからね」。

    現役時代、例えば巨人戦では「出てくるのはホリ(堀内恒夫)か一三(高橋一三)さんやし。一三さんが出てきたら、もう味方は2点取ってくれるかな? という、そんな中での投球だった」。

    その意味で阪神打線の得点力に期待する。特に名前を出したのは“キナチカ”、そして大山だ。「木浪くん、近本くんの2人がどれだけ頑張れるか。そして和製大砲、大山くんがクリーンアップを打って、生え抜きの主力選手になってもらいたい。出足は大事。いいスタートを切ってもらいたいな」。レジェンドも猛虎の15年ぶり優勝を期待している。【編集委員・高原寿夫】




    スタートダッシュが肝心! 江夏豊氏「出足は大事」阪神開幕カードは打線に期待  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002190000730.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神春季キャンプ」(19日、宜野座)

     阪神・能見篤史投手が、OB江夏豊氏の激励に感謝した。

     ブルペンではレジェンドの熱視線を浴びながら89球の熱投。「気迫のこもったいい球を投げていた。投手陣にとっては藤川同様絶対に必要」という言葉を報道陣から伝え聞くと「最後まで見ていただいてありがたかった。元気な姿を見せられて良かったです」と話していた。

     プロ16年目の能見は、5月に41歳となる。昨年はリリーフ投手として51試合に登板した。今季も戦力としてはもちろん精神的支柱としてチームに欠かせない存在として期待されている。




    阪神・能見、江夏氏の前で力投 5月で41歳 #エキスプレススポーツニュース  https://expsportsnews.tokyo/40590.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ