とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任し、デイリースポーツで評論家を務める岡田彰布氏(63)が、自身の見識を基に球界の話題を深掘りする「岡田辞典」-。今回はコロナ禍により、2月のキャンプに参加できない可能性が浮上している新外国人選手について解説する。開幕まで調整の時間が削られる事で「慣れ」と「調整」に苦労する選手が出るのではと推測した岡田氏。現場を預かる指導者として考えるべき事は「我慢」と説いた。

      ◇  ◇

     年が明けたんやけど、コロナ禍は収まるどころか猛威を振るってるよな。プロ野球界にとってはキャンプとか気になるところはいっぱいあるんやけど、その中で外国人選手の来日が微妙な状況になっているよな。

     特に新外国人選手に関しては就労ビザを取得する関係もあって、キャンプに参加できない可能性もあるんよな。これは現場を預かる首脳陣、そして本人たちにとっても痛い話やと思うよ。現場からしたら去年に足りない部分を考えて補強しているわけやから。新しい選手はやっぱりキャンプで見て力量を判断したいし、どんなプラスアルファを生んでくれるかも考えるわな。

     一方で選手目線から言っても、キャンプに参加できないとなれば調整が遅れるだけでなく、日本の野球に慣れるチャンスも無くなる。この両方を克服するのはなかなか難しいんよ。シーズン中に補強する外国人選手に関しては、日本の野球をまったく知らなくても、アメリカで試合をしていたわけやから体はできている。だからまだ「慣れ」だけで済むんよな。

     異国の地で「慣れ」も「調整」も遅れるとなれば、これは選手も大変よ。開幕までどういうスケジュールになっていくかは不透明やけど、とにかく首脳陣は“我慢”が必要になるんちゃうかな。明らかに調整不足のまま無理に使おうとすると故障の原因にもなるし、結果を出せないリスクも大きくなる。

     だから「使いたい」という気持ちを抑え、現有戦力で迎えるキャンプで、いかに新外国人選手に頼らないチーム作りを進められるか。その下地さえ作っておけば、新外国人が合流した時点で「もうけもの」という扱いにすることができる。結果が出ればシーズンを戦う上で起爆剤になるし、戦力の上積みにもなる。そういう準備も今季を占う上で一つのキーポイントになるよ。




    たしかに…。 岡田彰布氏、監督は我慢することも必要…キャンプに参加できない外国人の起用法  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/01/13/0014001749.shtml  #スマートニュース



    監督にも我慢が求められるのです。 岡田彰布氏、監督は我慢することも必要…キャンプに参加できない外国人の起用法/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/01/13/0014001749.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は今季も悲願の優勝には手が届かなかった。チーム成績は2位ながら、巨人には8勝16敗と大きく負け越し、7・5ゲーム差の独走Vを許した。宿敵を上回るには、どこに課題があるのか。優勝へのカギは何か。監督経験者らレジェンドOBが分析する。まずは2005年の優勝監督・岡田彰布氏(63)の声を3回連載で。

      ◇  ◇

     今年、ほとんどの試合で4番を務めた大山がセ・リーグ2冠を争う働きを見せ、1番で打線を引っ張った近本は2年連続で盗塁王に輝いた。2人の活躍がなければ、開幕直後の低迷期から脱出できなかったかもしれない。それほど今の阪神にとって軸となる存在だ。

     しかし、戦いをひもとけば大山は開幕戦でベンチスタート。近本も2番に座っていた。開幕オーダーというのは1年間を戦う上で、ベンチがベストな布陣と考えて組むものだ。そして春のキャンプからオープン戦にかけて、戦い方や得点パターンなどをチーム内に浸透させていく。

     特にトップバッターと中軸は核となる部分。故障などの不確定要素はあるが、選手の適性を含めた見極めのプロセスはしっかりできていたのか-。これは来季に向けてきちんと検証すべき課題であり、“使って良かったら使う”では、強い戦う集団にはなりきれないと思う。

     チームとして戦う以上、選手個々には役割が求められる。例えば出塁を最優先に考える選手がいたり、走者をかえす選手がいたり。状況判断に優れたつなぎ役、ここぞの場面でスタートを切れる代走など-。おのおのが果たすべき役割をきっちり果たすことでチーム力は上がる。

     しかし大幅に打順を変更したり、コロコロと選手を入れ替えると、課されるべき役割は不透明になる。守備位置にしてもそうだ。プロだからどこでも守れるようにという考え方は大きな間違い。プロだからこそ、そのポジションのスペシャリストにならなければいけない。

     1軍ベンチ入り選手の中で、どこでも守れるユーティリティープレーヤーは3人程度でいい。複数ポジションで競争させることでチーム力を活性化させるという見方はあるかもしれないが、一方で選手たちが“ドングリの背比べ”状態になる。同じレベルで延々と競争させることで、真のレギュラーとして突き抜ける選手が少ない環境に陥ってしまう。

     だから首脳陣が責任を持って選手の力量を見極め、中心となれるプレーヤーを作っていかないといけない。それが来季の優勝だけでなく、未来のタイガースへとつながっていく。




    大山の使い方を来季は固定してもらいたいところだけど、少なくとも外野で使うのだけはやめてほしい。 岡田彰布氏 阪神は選手の見極めできていたのか “使って良かったら使う”では×(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201206-00000021-dal-base 



    ホンマにこれ! 岡田彰布氏 阪神は選手の見極めできていたのか “使って良かったら使う”では×(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201206-00000021-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は今季も悲願の優勝には手が届かなかった。チーム成績は2位ながら、巨人には8勝16敗と大きく負け越し、7・5ゲーム差の独走Vを許した。宿敵を上回るには、どこに課題があるのか。優勝へのカギは何か。監督経験者らレジェンドOBが分析する。まずは2005年の優勝監督・岡田彰布氏(63)の声を3回連載で。

      ◇  ◇

     今年のシーズンを振り返ってみると、やっぱり目についたのが“とんでもないプレー”が出てしまうこと。例えば7月12日のDeNA戦で八回2死二塁からベンチは代打・福留を告げた。しかし二塁走者の大山が初球、三盗を狙って憤死。福留は1球もバットを振ることなく、1日が終わってしまった。

     その他にも一、二塁間を抜かれたらいけない場面で、スチールの際に二塁ベースカバーへセカンドが入ったり、確実にアウトを一つ取らなければいけない場面でゲッツーを狙って悪送球など…。セオリーでは考えられないようなプレーが出て、試合の流れを失ってしまう。全体的に見ても、ミスが起因となって接戦で痛い星を落とすことが多々、あったと感じる。

     なぜそういうプレーが出てしまうのか。原因として考えられるのは、状況判断ができていないこと。そして「基本」という大切な部分が抜け落ちてしまっているからだろう。プロ野球は“当たり前のことを当たり前のようにやる”のが大前提であって、そこをおろそかにして派手なプレー、奇抜なプレーをしようとする意識が浸透してしまっているように見える。

     優勝を目指すために「10」がゴールラインとすれば、基本に忠実なプレーやゲームをすることで「7」の位置まで持って行くことができる。残りの「3」は応用を加味したプラスアルファ。だからいかに状況判断が大切か、そして基本が大切かというのを来季に向けて学ばないといけない。

     今年、現役を引退した藤川はその判断に優れていた。1点リードを守りきるために、やってはいけないことは何か-。一発を食らう危険性があるのであれば、あえて四球で歩かせて次打者と勝負することなども選択肢に入れていた。だから信頼して勝ち試合の最終回を託すことができた。

     基本をおろそかにすれば、とんでもないミスや、致命的な失敗を起こす確率が非常に高くなる。そして基本ができていなければ、応用はできない。その事実をきちんと認識することが、第一歩だと感じる。




    巨人を含めたセ・リーグは根本的な力の差に、目を背けてはならない/岡田彰布コラム(週刊ベースボールONLINE)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201205-00000002-baseballo-base  巨人が強くなきゃセリーグのレベルは上がらないけど、反対に巨人だけが強すぎても、絶対にセリーグのレベルは下がりますよ。



    やっぱり😅😅 やり返すしか!!ないです😎 #showup1242 巨人を含めたセ・リーグは根本的な力の差に、目を背けてはならない/岡田彰布コラム(週刊ベースボールONLINE) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc0341e8c050fe5c1cb3ff30007f848fa77ed41 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神0-4巨人(2020年11月10日 甲子園)

     元阪神監督の岡田彰布氏(62)が10日、阪神・藤川球児投手(40)の引退セレモニーに登場し、花束を贈呈して労をねぎらった。

     岡田氏は1999年から阪神の2軍監督に就任。同年に高知商から入団した藤川の能力を高く評価していた。特に直球の威力を認め、先発から中継ぎ投手への転向を勧めたり、阪神球団には他球団へトレードをしないように忠告したこともある恩師の一人だ。その後、2004年に1軍監督に就任した岡田氏は、ジェフ・ウィリアムス(J)、藤川球児(F)、久保田智之(K)を7回以降に起用する「JFK」必勝リレーで翌2005年に阪神を2年ぶりの優勝に導き、“JFK生みの親”としても知られている。




    球児の挨拶よかったですね 清原がコメントVTRに出てきたのは 阪神球団素晴らしい 岡田が出てきたところも



    思い出のために 球児へ花束贈呈 誰よりも傍でずっと応援し支え続けた御家族 曲で球児の心を奮い立たせファンの心をひとつにし続けた渡瀬マキさん そして、球児の適性を見出した岡田さん #ありがとう藤川球児 pic.twitter.com/rtacHi7Myq


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/21(水) 10:50:22.65 ID:CAP_USER9
    「いろんなアクシデントがあるが、その時その時の『セカンドベスト』を貫いている」

     先日、阪神矢野監督の来季続投を示唆した藤原崇起オーナー(68)は、その手腕についてこう言った。セカンドベストとは「次善」。「最善が得られなければ次善」と言ったのは、幕末から明治にかけて活躍した政治家の大久保利通だが、矢野監督は最初から最善とは思えない策を連発、むしろチームをボロボロにしていると言わざるを得ない。

     継投失敗などの采配ベタはもちろん、チーム72失策は12球団ワーストで、ザル守備が改善する兆しは見えない。チームは首位巨人に12ゲームの大差をつけられ、Aクラス入りも危うくなってきたのが現状だ。

     グラウンド外では、3月の藤浪らのコロナ合コンを皮切りにゴタゴタ続きで、揚げ句は矢野監督自身も会食騒動を引き起こした。球団トップの揚塩球団社長は一連のゴタゴタの責任を取って今季限りで身を引くが、現場トップの矢野監督の責任も大。内規違反の会食をするなど選手のタガは緩みっぱなしの上に、球団から“許可”を得たとはいえ、大人数で会食するなど脇の甘さを露呈。その求心力も低下しているという。

    参加者が矢野監督を批判

    親会社の阪神電鉄と球団は、矢野監督を守ることに必死で、揚塩社長に責任を取らせて幕引きを図ろうとしているが、阪神OBは「藤原オーナーとて、矢野監督をかばうにも限度がある」と、こう続ける。

    「仮に矢野監督が優勝するなど卓越した手腕を発揮しているならまだしも開幕直後に2勝10敗と低迷した際には、親会社の電鉄本社内で後任候補の名前が挙がったくらい。度重なるゴタゴタで矢野監督に対するファンの支持も揺らぐ中、前年(69勝68敗6分けの貯金1で3位)の成績を下回り、Bクラスで終わるようなことがあれば一層、矢野批判は増す。藤原オーナーは2018年、チームが最下位に低迷し、新たに3年契約を結んだ1年目の金本監督を解任している。阪神の監督の任期はあってないようなもの。監督交代へと舵を切る可能性は十分にあります」

     実際、矢野監督の手腕を疑問視する声は、ゴタゴタが続く阪神を「けじめが必要」と一喝した阪急阪神ホールディングス(HD)トップの角会長兼CEOの耳にも入っているという。関西の事情通の話。

    「7月31日、角会長は財界人や有識者を招待し、甲子園で行われた阪神対DeNA戦を観戦。試合は、梅野の先制3ランで有利に進めながら、継投失敗などもあり、引き分けに終わった。後日、角会長は甲子園に招待した人たちとともにゴルフをしています。そのラウンド中、信頼を寄せる参加者から『矢野さんの采配はどうなってますのや』と、現状を嘆く声を聞いたそうです」


     そんな折に、チームはゴタゴタが続き、矢野監督自ら、会食騒動を起こした。角会長はスポーツ紙の取材に「矢野監督の責任は不問」と答えたものの、阪急の企業体質は非常にシビアだという。コロナ禍における矢野監督の行動は、いくら球団が許可をしていたとはいっても、褒められたものではない。マイナス評価は避けられないだろう。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7545a9b84f36062c8189dcefd6a3cbbc9ae2c734
    10/21(水) 8:56配信


    https://www.youtube.com/watch?v=uBbhkybIVyg


    阪神1992ハイライト㉝復活4番岡田彰布

    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/21(水) 10:50:31.70 ID:5hsgz/0r0
    続投と言いつつ…最終的に“忖度”か

    「阪急阪神HDやその周辺では、元監督の岡田彰布氏の再登板を推す声が出ています」とは、前出の阪神OB。

    「タガが緩むチームを再建するには、2005年に優勝経験がある実務派の岡田氏が最適だというのです。岡田氏には、2000年代に原巨人と渡り合ったイメージも強い。金本、矢野と外様監督が2代続いたこともあり、OBとしても生え抜きの岡田氏の監督就任に異論はないでしょう。球団内には岡田氏とたびたび接触している関係者がいて、ブレーン的な存在になっているそうですから、スムーズな政権移譲も可能です。しかも、角会長は岡田氏と同じ早大卒でかねて親交がある。まさにうってつけの人物なのです」

     阪急阪神HDは、阪神の監督やフロント人事について、阪神電鉄に一任しているといわれるが、阪神の揚塩球団社長の辞任は角会長の“鶴の一声”が契機となった。前出の事情通が続ける。

    「阪急と阪神が合併した際、オーナー会議で親会社変更による新規加盟料の問題が浮上。『球団経営は阪神電鉄に委ねる』との誓約書を提出するなどして、30億円の加盟料は免除された。阪急阪神HDが直接、監督人事に関与することはないでしょうが、ただでさえ矢野監督の評価が高くない上に、来季、矢野監督で優勝できる根拠は乏しい。しかも、阪急阪神HDやその周辺から、岡田再登板を推す声が出ている。藤原オーナーら阪神側が阪急側に“忖度”し、矢野解任、岡田再登板に踏み切る可能性はある。すでに矢野監督の去就については、続投か解任か、成績によって一定のラインを引いているとの話もあるほどです」

     表向きは「矢野続投」と言いつつ、「最善策」はすでに用意されているというのだ。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603245022/

    続きを読む

    このページのトップヘ