とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の超大物ルーキー、佐藤輝明(21)が在阪マスコミの話題を席捲している。タイガースの“機関紙”と言われるデイリースポーツは、キャンプ初日から佐藤の活躍を伝える「佐藤輝ダイアリー」を設けるほどの力の入れよう。当初は活躍した時に不定期で掲載する予定だったというが、ほぼ毎日連載の人気コーナーになっている。

     当初は外野での起用が有力で、2年連続盗塁王の近本光司(26・センター)、韓国で二冠王の新外国人ロハス(30・レフト)が当確と見られるなかで、残るライトを糸井嘉男(39)、高山俊(27)、陽川尚将(29)、井上広大(19)らと争う熾烈な戦いと見られていたが、主砲・大山悠輔(26)が背中の痛みで別メニューになると、近大時代に守っていたサードで起用された。これで大山をファーストにコンバートすれば、当初ファースト起用が検討されていた昨年19本塁打のサンズ(33)をレフト争いに回すことも可能だ。

     虎党の夢は広がるばかりだが、キャンプやオープン戦で活躍した新人が、シーズンに入ると沈黙するのはプロ野球の常。特に阪神のような人気球団の場合、本番で打てなかった時のプレッシャーも批判も痛烈だ。プロの世界では、そこでショックを与えて活躍を阻もうと、オープン戦ではわざと打たせて調子づかせるといった高等戦術さえ当たり前なのである。

     専門家はどう見るのか。元阪神監督の岡田彰布氏は「大丈夫」と評価する。

    「佐藤はええなあ。あの子は使い続けたら打つよ。今の状態を見ていたら、オレは3番くらいで使ってもええんちゃうかな、と思う。ルーキーだからと配慮する選手やない。なにしろ、すでにプロの体つきになっとる。特に下半身の大きさがええ。もちろん、まだ気になる点はあるが、絶対にいじったらアカン。おかしくなってまう」

     懸念される守備はどうか。大山が別メニューになったこともあるが、もともとサードの佐藤を外野で起用しようとしたのは、プロのレベルではサードは難しいのではないかという見方もあったからだ。

    「守備も悪くないよ。オレはサードで起用すべきやと思う。外野のスローイングに比べても、サードのほうがむちゃくちゃええからな。大山とサードで競わせたらええ。大山だってああやってケガするんやからな。だいたい空振りして背中を傷めとるんやから、どうしようもないわ」(岡田氏)

     最後は主砲への厳しい言葉で締めて、佐藤がすでに大山とレギュラーを争うレベルだと印象付けた。佐藤を指導した臨時コーチの川相昌弘氏も、守備には問題ないと話す。

    「佐藤選手のサード守備は実戦派ですね。器用さが必要なプレーは自分でもできると感じていると思います。センスもいい。スローイングは自信を持っていると思いますし、グラブさばきもいいですよ。これから練習を積んでいけば楽しみな選手だと思います」

     ついには「和製バース」という重い称号までマスコミでは使われ始めた。阪神では、左打ちの新外国人は必ずといっていいほど「バースの再来」と称して騒ぎ、その話題先行もあって活躍できずにチームを去るケースは枚挙にいとまがない。佐藤の場合、バースと誕生日(3月13日)が同じという“根拠”もあっての命名だが、本人には重圧になる可能性もある。

    「大学時代の佐藤はふてぶてしかった。攻守交替でサード守備につく時も、ベンチから最後の最後に出てくるのが佐藤でした」(近代関係者)という図太さに期待したい。




    岡田彰布元監督が断言「佐藤輝明は『3番サード』で使ったらええ」(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース 佐藤が大物なのは、そりゃ間違いない。 ただ、大山貶しすぎやろ。 やっと出てきた、生え抜きの「本物の4番」やぞ?  https://news.yahoo.co.jp/articles/f5bf35d92b4371a0a13e26c40512683ee8ba0c0d 



    岡田彰布元監督が断言「佐藤輝明は『3番サード』で使ったらええ」(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース 3.4年おって初めての怪我でしかも軽傷やのにそんな言うか?  https://news.yahoo.co.jp/articles/f5bf35d92b4371a0a13e26c40512683ee8ba0c0d 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/26(金) 10:44:18.91 ID:7zrnrNuY0
    no title

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/02/26(金) 10:45:00.12 ID:+3SjONqVd
    2番木浪って

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614303858/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、阪神・大山悠輔内野手(26)と対談した。共に右打者で虎の4番に座った経験を持つ2人のトークは、岡田氏がバットを手に大山のクセを指摘するなど白熱。05年以来16年ぶりの優勝には右打者の活躍が重要と指摘し、大山自身も「優勝キャプテン」になることを誓った。その1。

      ◇  ◇

     岡田彰布氏(以下、岡田)「去年のキャンプとは気持ちも違うやろ?」

     大山悠輔内野手(以下、大山)「はい。全然、違います」

     岡田「右の大山が4番に入るというのは、みんなが理想として思ってるわけやから。オープン戦で少し打って、存在感だけ見せておけばええから。でも佐藤輝もええからな。ファースト、サードで、2人でというふうになってほしいんやけどな。外国人抜きでな。今年はどういう意識で4番に座る?」

     大山「打てば本当に勝ちますし、打てなければ負ける。そういう意識というのはずっと持っていますので。本当にそういう責任感というのはずっと持っているので。自分がしっかりしないといけないなというのは思っています」

     岡田「でもひとつ、打席の中にもっと長くいてほしいんよ。初球ばっかり打たずに、もっと打席の中で自分の姿を見せてもらいたいんよな。あと、打ってから早く走り過ぎやと思うんやけど?クリーンアップの選手はそんな必要はない。自分でも思わへんか?」

     大山「そうですね。ゴロになったら内野安打を狙いに行くくらいの気持ちでいましたが…」

     岡田「そんなん、4番に内野安打なんかいらへんよ。4番は二塁打かホームランよ」

     大山「はい(笑)」

     岡田「もっと4番らしく、余韻を楽しんでほしい。打ったらすぐ走るのは7番か、8番バッターなんよ。4番とかクリーンアップは、打った後に『これは抜けたかな?』とか、余韻を楽しまんとあかんよ。全力疾走はせなあかんけど、余韻を楽しんでほしいんよ」

     大山「余韻というか、クセになってしまってるんですよね」

     岡田「1年目からよな?」

     大山「そうです。打ったらすぐ走るというか。去年、少し感触がよければ打球を見るという感覚ができていたんですけど」

     岡田「バットを投げないやろ?バットを(ホームベース付近に)置いてまうやろ?」

     大山「投げれないんですよ。三遊間を抜く時とかはあるんですけど、きれいに打てたときほど投げれないんですよ」

     岡田「リストターンでバットを投げてみたらええと思うんやけど…」

     (ここで岡田氏の実演が始まる。大山が持っていたバットを手にとってスイングし、バットを三塁側に放り投げながら一塁に走る動作を実践)

     岡田「右バッターは一塁へ走るんやから、こう(バットを振り切ってから)いかなあかんやんか」

     大山「はい」

     岡田「速すぎるんよ。バットを投げてから、その余韻を持って走り出さんと。バット振ってすぐ走り出すのは7番バッターなんよ。リストターンでボールを運んで、その行方を見ながら走り出す。それが4番なんよ。それくらいの余裕を持ってほしいな。誰も文句、言わへんよ!」

     大山「はい(笑)」




    阪神 右の4番論「もっと余韻を楽しんで」岡田彰布氏 バットを手に大山のクセ指摘 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e8801dd7b9ba105e0e1d6c795fcb41b94cda3979/images/000  この写真だいすき



    阪神 右の4番論「もっと余韻を楽しんで」岡田彰布氏 バットを手に大山のクセ指摘(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/e8801dd7b9ba105e0e1d6c795fcb41b94cda3979  岡田の現役時代のバット捨ては大好きだったな。左手を離れたバットがそのまま宙をクルクル回るの


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、阪神・大山悠輔内野手(26)と対談した。共に右打者で虎の4番に座った経験を持つ2人のトークは、岡田氏がバットを手に大山のクセを指摘するなど白熱。05年以来16年ぶりの優勝には右打者の活躍が重要と指摘し、大山自身も「優勝キャプテン」になることを誓った。その2。

      ◇  ◇

     岡田「一昨年、4番を変わった時期があったやんか。それどんな気持ちやったん?」

     大山「いや、悔しかったですね。成績もよくなかったですし…」

     岡田「ホームランも何本くらい?」

     大山「12本くらいですかね」

     岡田「当然、悔しいわな?」

     大山「そうですね」

     岡田「去年、4番を取り返しに行って実績を残してというシーズンやったけど、スタートはベンチやった。4番という意識は無くなってた?」

     大山「いや、自分は開幕からスタメンで一番打つという気持ちでやっていたんですけど」

     岡田「そら、当然やわな」

     大山「オープン戦で首位打者を獲れて、これで行けるという気持ちの中で延期、延期となってしまって…」

     岡田「それでおかしくなったんや?」

     大山「自粛明けの練習試合でも、結果を残せなくて。それでもうマルテというふうになってしまいました」

     岡田「でもマルテがサードを守ってたやんか。前の年は4番で。そら相当の悔しさがあったはずよな?」

     大山「そうですね。やっぱり。マルテがケガしたことで4番に入ったんですけど、悔しさはありました」

     岡田「でも昨季途中で打ち方を変えたよな?かち上げるというかな。バットのヘッドをだいぶ、(投手側に)倒してるよな?」

     大山「自分のクセと言うか、どうしても突っ込んでしまう部分があるので。トップを作っても、そこから前に行ってしまって、もったいなくなっている部分があったので。どうやったら(トップ時の)割れができるかなというのを考えて。ヘッドを倒すことによってですね」

     岡田「言い方の違いはあるけど、悪く言えば遠心力を使って飛距離を出そうという考え方。一方ではインサイドからバットを出そうという意識があるよな。グリップから出て、インサイドからヘッドが出てくる。それが遠くに飛ばせるスイングよな。去年の途中からフォローが上に向き出したやろ?」

     大山「はい」

     岡田「去年の途中から打ち方を変えたなと思ったよ。それでホームラン増えたよな?」

     大山「そうですね。自分の中でヘッドを倒したらダメだと言われたんですけど、それをイメージしたらよかったんで」

     岡田「でもちょっと今年のキャンプでは(バットのヘッドを)入れすぎちゃうか?緩いボールはええけど、ゲームの中では差されるやろ?」

     大山「そうですね。キャンプ序盤はそういう感覚でしたね」

     岡田「それは自分で調整せなあかんよ。去年のいい時のころと比べて、ボール半分くらい差し込まれてるよな?」

     大山「そうですね。はい」

     岡田「差されると、力が伝わらへんからな。やっぱり自分のポイントで打たんとな」

     -昨年、4番を務め上げたことで見つけた新たな発見はある?

     大山「どうですかね。去年、結果が出たと言っても、危機感というのはしっかり持っているので。そこはしっかり持たないといけないかなと考えています」

     岡田「でも強いチームというのは、だいたい右のええバッターが多いんよ。勝っているチームはね。だからそういうことよ」

     -岡田氏から見て、今年の大山に期待することは?

     岡田「ゆっくり走ることよな。そして打席の中に長いことおること。テレビに映ってな(笑)。俺らの時は前のバッターがよう打つんよ。スタンドがにぎやかなんよ。だから初球なんか集中できひんから、絶対に打たんかった。そういう気持ちを持ってれば楽よ」

    (続けて)

     岡田「ファーストストライクも、ワンストライクも、追い込まれてからもストライクゾーンは一緒なんよな。そう考えてほしい。4番にいたら初球の方が怖いんよ。相手ピッチャーが5種類の球種を持っているとするなら、初球にフォークという可能性が4番にはあるんよ。それ絞れるか?でもツーストライク以降ならチャンスの場面で5種類の球種が2、3種類になる。そっちの方が打てるよ」

     大山「はい」

     岡田「追い込まれてもストライクゾーンは変わらへんから。バットはストライクゾーンの広さよりも長い。ましてや腕の長さもある。追い込まれても怖がる必要はないし、三振を怖がらなくてもいい。今年の目標はどこに置く?」

     大山「優勝ですね。今年はキャプテンという立場もあるので。優勝とチームのこと。もちろん自分のこともありますけど、チームとして考えることも多くなるので。優勝キャプテンになりたいので、優勝したいなと思っています。もちろん4番ということもありますけど、実際、試合になったら何番でも関係ないと思いますし。その場面、場面で選手たちが力を発揮できるように、チームを引っ張って行けるように頑張っていきたいと思います」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神8-5日本ハム」(9日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が9日、宜野座で行われた阪神と日本ハムの練習試合を視察。実戦初アーチを含む3安打3打点の活躍を見せたドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=の全5打席をチェックした。その上でポイントに挙げたのは左腕・福田との対戦となった第5打席。左のスライダーを克服することが、1軍で活躍するための一つの要因と指摘した。

      ◇  ◇

     佐藤輝については5打席見たが、140キロ台中盤の投手にはしっかりと対応できるということが分かった。第3打席の本塁打は追い込まれてコンパクトになっても、あれだけの飛距離を保てる。続く第4打席は144キロの直球を右翼線に引っ張り込んだ。

     その上で一番興味深く見させてもらったのは、八回の第5打席だ。日本ハムの投手は左腕・福田。紅白戦から通じて実戦では初の左投手ということで、どういう対応をするかに着目した。

     結果は2球目の直球を捉えきれず、最後は低めの変化球に対して空振り三振に終わった。しかし結果を気にする必要はない。これから実戦の中でどんどん打席に立ち、左投手への対応の仕方を学んでいけばいい。ただ注意してほしいのが、左腕が投じるスライダーに対してのスイングの仕方。決して引き付けて、しっかり振り切ろうと考えない方がいいと思う。

     左打者が左投手に苦労するパターンとして、外角に逃げるスライダーを引き付けようと意識し過ぎると、今度はストレートに差し込まれる。これが繰り返し続くと、打撃のポイントが崩れてしまい、捉えられていたはずのボールまでミスショットしてしまう。

     そして基本的に打った打者が走るのは一塁方向。左打者からすれば背中側となるため、無意識に右肩や体全体が開きやすい傾向がある。一方で右打者は体の前方にスタートを切る。だから右投手VS右打者の場合は体の開きを心配する必要はあまりないが、左投手が投じる外角へのスライダーに左打者は手を焼いてしまう。

     佐藤輝に対しても、シーズンに入れば相手バッテリーはそういう配球パターンで攻めてくる可能性がある。その対策として言えるのは、左投手のスライダーには崩されて、泳ぎながら右手一本で打つイメージでいいということ。あのパワーがあれば飛距離も出すことができる。すべての球種に対して同じ打ち方をする必要はない。

     佐藤輝が結果を残していく中で、仮に左投手が苦手だというイメージを持たれれば、相手は間違いなくゲーム終盤に左腕をぶつけてくる。そこを乗り越えられるかどうかが、一つの分岐点になるだろう。

     こうやって経験を積みながら、一つ一つ課題を克服して階段を上っていく。今はそれで十分だと思う。これからもどんどん打席に立って、経験を基に考え、工夫を重ねながら成長していってほしい。




    岡田彰布氏 阪神・佐藤輝の左腕対策は?「左のスライダーには泳ぐことよ」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e2b4886530bb4fe2011b0805f0a0e2d951e5b3d5  雰囲気から顔つきから大物感を感じます。


    続きを読む

    このページのトップヘ