とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が、自身の見識を基に球界の話題を深掘りする「岡田辞典」-。287回目はプロ2年目を迎える阪神の伊藤将司投手(25)、中野拓夢内野手(25)、佐藤輝明内野手(22)3選手それぞれの心構えと調整法を説いた。

      ◇  ◇

     年が明けて、キャンプインまでもう3週間やなあ。昨季は新人特別賞に選ばれた伊藤将、中野、佐藤輝は2度目のキャンプになる。今季は主力として期待されるだけに自主トレ、キャンプでの調整は重要やな。

     中野は昨季途中から最後までショートで出たからポジションは決まってるし、伊藤将も今年も先発でという形でスタートできるやろう。俺も1年目は途中から5番を打って新人王になって、2年目は二塁で5番というキャンプの入り方やった。ええ意味での余裕があったし、2人も同じ感じで入れると思う。

     だけど、佐藤輝だけは立場が違うよな。昨季は失速する形で終わって、立場が決まってへん。ポジションも右翼が有力みたいやけど、キャンプは三塁の練習もやるみたいやしな。そういう状況でキャンプを迎えるわけやから、そら本人には不安もあるやろう。

     でも、痛めていた左膝は順調に回復しているみたいやし、打撃練習を再開したら、とにかく打つことに専念せなあかん。はっきり言うて。「どこのポジションを守る」とか考えながらじゃなくてな。

     新人だった去年と同じような気持ちで準備して、しっかりと打てるスイングを作って、キャンプでも打つことに重きを置くべきやろう。首脳陣に外せないと思わせるぐらい打てれば、ポジションは首脳陣があとから決めるという感じになるやろうな。

     中野と伊藤将は自主トレ、キャンプと自分の課題に取り組むと思う。2人はシーズンに入って結果が出なかったら、周囲から「2年目のジンクス」と言われるかもしれへん。でも、そういう声が聞こえても気にする必要はないんよ。だって、投げるにしても打つにしても、ストライクゾーンは決まった大きさしかないんやから。シンプルに考えてプレーした方がええ。

     打てへんようになったら「去年とちょっと違うな」と思うかもしれんけど、それは結局は毎年、一緒なんよ。一年一年、相手が進化しても、自分も慣れて経験を積んで、進化しているわけやから。とにかく開幕までは余裕を持って、自分のやるべきことをやってほしいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りでの現役引退を表明したロッテ・鳥谷敬内野手(40)の引退会見が行われたZOZマリンスタジアムには3日、球界関係者から多くの花が届いた。

     05年にリーグ優勝を飾った当時の恩師、岡田彰布元監督からは「現役生活お疲れさまでした」と言葉が添えられ、阪神時代のチームメートでオリックスの能見篤史投手からは「18年間お疲れさまでした」とメッセージが添えられた大きな花が贈られた。

     会見では「いろんな人の支えと、いろんな人への感謝で16年間(18年間)できた」とロッテ時代を含め、人との出会いに感謝していた鳥谷。多くの人々に親しまれ、球場内正面は、多数の花で埋めつくされた。




    岡田が再登板すれば鳥谷をコーチで招聘出来るかもな そん時は赤星、球児も... ええやんかぁ! #阪神タイガース #矢野辞めろ ロッテで引退する鳥谷敬に阪神復帰の目は? 2019年“ケンカ別れ”で残るシコリ(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/812fb8a2d0127de494da8afd992efabe214b7389 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-8中日」(8月31日、甲子園球場)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が、甲子園で行われた阪神-中日戦で本紙の解説を務めた。外国人3人をクリーンアップに並べたオーダーの“弊害”を指摘しつつ、開幕オーダーが理想と分析。さらにペナントレースも終盤を迎えた中で、七回の継投も勝敗を分けたポイントに挙げた。

      ◇    ◇  

     正直、この敗戦はめちゃくちゃ痛い。一つは外国人選手3人をクリーンアップに並べたオーダーだ。これは下位チームが何としてでも巻き返すためにやることであって、阪神はまだ2桁の貯金がある。首位から落ちたとは言え、まだ差はない。本拠地の甲子園に戻って仕切り直しとなる一戦は、開幕オーダーで戦うべきだったのではないだろうか。

     まずこのチームはどうやって勝ってきたのか-。最も貯金を積み上げたのは開幕のメンバーだったはずだ。全体のバランスや守備力も含めて考えれば、マルテがいて、サンズがいて、大山、佐藤輝が並ぶのが理想だろう。

     だからマルテが1軍に戻り、1カ月半ぶりに甲子園へ戻ってきたタイミングで最も勝っていたオーダーに戻せば、チームに仕切り直しの意識を持たせることができた。逆に新たに外国人3人を中軸に置いて負けてしまうと、ものすごくダメージが残る。ベンチが慌てているように映るし、切羽詰まった印象すら受けてしまう。

     そして大山と佐藤輝はこの日、ともに代打の1打席で三振に終わった。これでは復調のきっかけはつかめないし、またスタメンに戻すタイミングが非常に難しくなってしまう。チームとして残り43試合、どう戦っていくかが不透明になってしまうように感じる。

     またもう一つのポイントとなったのは継投だ。同点で終盤を迎えた中で、岩崎、スアレスを使わずに負けた。ゲーム展開を見れば5点差を追いついただけに、引き分けでOKの試合。出し惜しみせず、どう無失点で残り3イニングを乗り切るかを勘案すると、1番から始まる七回は及川ではなく岩崎を投入すべきだったと考える。

     中日打線は1番から左が並び、右は4番・ビシエドだけ。ここで力のある岩崎を投入して上位の左3枚を切れれば、失点のリスクは減らせたはずだ。

     起用した及川はここ数試合、不安定な投球内容が続いていた。まだ高卒2年目。疲労からボールの強さが落ちるのは仕方ない。臨機応変に七回を岩崎に任せ、打順が下位に向かっていく八回をリリーフ総動員で抑える方がゼロに抑える確率は高かったと言える。

     またマルテに代わってアルカンタラを抹消したことで、救援陣のテコ入れも容易ではなくなった。ガンケルが先発するケースなどチーム状況を考えれば、やはり野手2枚がベスト。これらのことを含めて考えても、開幕オーダーに戻すべきタイミングだったのではないだろうか。




    今のおーやま&さとてるは、短打はあっても打ち続けるイメージが湧かないんよなあ。    岡田彰布氏が提言「開幕オーダーに戻すべきだったのでは」外国人3人中軸に疑問(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/3bab55d26939829ea31c52b968d2f37c73f9e722 



    難しいけど、パンドラの箱を開いて下位チームに打ち負けた昨日の試合のダメージはでかいと思う。 ある意味阪神らしくなってきたといえばそうだけど…笑 岡田彰布氏が提言「開幕オーダーに戻すべきだったのでは」外国人3人中軸に疑問(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/3bab55d26939829ea31c52b968d2f37c73f9e722 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日6-2阪神」(21日、バンテリンドーム)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が中日-阪神戦でデイリースポーツの解説を務めた。チームは中盤までの失点が響いて3連敗。岡田氏は先発ローテの組み方を指摘した上で、打線の現状を考えれば先発投手の踏ん張りが打開策になると分析した。

      ◇  ◇  

     これで阪神は3連敗となってしまったが、やはり先発投手が踏ん張らないと厳しい試合展開になってしまう。二保は前回登板も京セラドームで見たが、空振りを奪えるボールがないと厳しい。そして先発ローテを組む上で、各投手のタイプというのを考えなければいけない。

     初戦に登板した西勇は140キロ台中盤のストレートがあった上で、スライダー、ツーシームを両コーナーに投げ分けて組み立てるタイプ。二保も同様だ。前日に一挙5点を奪って西勇を攻略した中日打線からすれば、同じイメージで第2戦に臨むことができる。

     だから初戦で西勇が攻略されると、次戦の二保は厳しい立場からのスタートになってしまう。同じ投球スタイルだけに、前日の流れを断ち切ることも難しい。西勇、二保と来て22日の第3戦も技巧派の右腕・秋山。週末の3連戦となる9月3日からの巨人戦に向け、一考の余地はあるのではないだろうか。

     そして現状の打開策として言えるのは、打線の状態をきちんと認識すること。前半戦で活発な時期もあったが、これが本来の力と考えて、どう勝ちゲームへ持って行くかを考えなければならない。

     そこで大前提となるのが先発投手の踏ん張りだ。とにかく先制点をやらない、仮に失点しても最少失点で切り抜ける。序盤から打線が追いかけていくような展開を作らないことが、最優先課題になるだろう。




    先発陣がどれだけ踏ん張ってゲームを作れるか。 【岡田彰布氏の眼】「同タイプが並ぶ先発ローテは一考の余地あり」打開策は先発の踏ん張り/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/08/22/0014611930.shtml  @Daily_Onlineより



    同じタイプを並べるのはとどんでん。 西くんが攻略されれば同じタイプ二保も当然やられると。 矢野さんも先発は再考すると言ってます。 【岡田彰布氏の眼】「同タイプが並ぶ先発ローテは一考の余地あり」打開策は先発の踏ん張り/阪神タイガース https://www.daily.co.jp/tigers/2021/08/22/0014611930.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日6-2阪神」(21日、バンテリンドーム)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が中日-阪神戦でデイリースポーツの解説を務めた。初戦に続き、中盤までの5失点で試合を決められ、3連敗を喫した阪神。「打開策は先発が踏ん張ることよ」と語った。

     初回に二保が自身のけん制悪送球も絡んで2失点。1点差に詰め寄った直後の二回は2死二塁から京田に右前適時打を浴びた。

     さらに四回は「代打がうまくはまって1点差に詰め寄ったんやけど」と二保の代打・島田が再び1点差に詰め寄るタイムリー。しかしその直後、2番手・馬場が代わりばなに連打を浴び、代打・福田に3連打となる左中間2点二塁打を許して突き放された。

     「1点差に迫った直後やったからな」と岡田氏は勝負の分岐点に挙げつつも「じゃあ馬場以外で誰が良かったかというのは結果論になってまうからな。そんないい投手を序盤から準備させられへんよ。そんな想定なんか、しとったらアカンしな」。その上で「だから打開策は先発が踏ん張ることよ。先制点をやらない、失点しても最少失点で切り抜けていく。とにかく打線に追いかけさせない展開にすることやろうな」と分析していた。




    阪神3連敗 岡田彰布氏は「打開策は先発が踏ん張ることよ」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/08/21/0014611018.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    阪神3連敗 岡田彰布氏は「打開策は先発が踏ん張ることよ」  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/08/21/0014611018.shtml  そらそうよ


    続きを読む

    このページのトップヘ