とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/04(火) 09:25:37.17 ID:CAP_USER9
    【球界平成裏面史・GW特別版】歴史に「もしも…」はつきもので、球界にもいろいろな「もし」がある。浮上しては消えるトレード話や、FA移籍、監督人事などの去就話がその最たる例だが、そんな中でも「もし、これが実現していたら…」と思わずにいられないのが、あの清原和博氏が阪神入団を非公式に打診していたという衝撃情報。取材した番記者が当時を振り返った。

     阪神の平成17年(2005年)は、岡田彰布監督が就任2年目のシーズンで、2年ぶり9度目のリーグ優勝を果たした。当時は金本知憲、今岡誠ら自慢の強力打線に広島からアンディ・シーツが新加入、投手陣では藤川球児がシーズン80試合登板の日本記録を樹立するなど大活躍し、最強救援トリオ「JFK」を結成した。開幕早々の4月こそ3位だったものの、5月からシーズン終了までの月間成績で首位を維持。87勝54敗5分けで、落合監督率いる中日に10ゲーム差をつけセ・リーグの頂点に立った。

     前年4位に沈み、何かと星野仙一前監督と比較されてきた岡田監督にすればやり返した、との思いも強かった。9月29日に優勝を決めてからは、酒席でも「そらそうよ」「そんなんも知らんの」など得意満面の“絶口調”ぶりが続いていたが、その中で聞き捨てならなかったのがこの年、巨人を解雇された超大物・清原和博が関係者を通じて阪神に「売り込み」をかけてきた――というものだった。

     岡田監督と球団幹部からその話を聞いたのは日本シリーズ前の10月。甲子園球場近くの当時、阪神OBがやっていた鉄板焼き店でのことだ。清原サイドは「最後に阪神で、甲子園で野球をやりたい。お願いできますか」などと申し入れてきたという。清原は平成9年(1997年)から巨人でプレー。松井秀喜とともに主軸として活躍する一方、左ヒザなど多くの故障に泣かされてきた。巨人9年目となったこの年は96試合に出場し、22本塁打を放つも打率は自己ワーストの2割1分2厘。堀内監督との確執も本塁打を放った後の“ハイタッチ拒否事件”で表面化し、シーズン終了を待たずに戦力外通告を受けていた。

     巨人を“お払い箱”になった清原にとって同じセ・リーグで宿敵関係にある阪神はリベンジするには格好の球団だ。高校時代から「怪物」と騒がれ、慣れ親しんできた甲子園には根強い清原ファンは多い。また、阪神ナインにも金本ら「信者」もいる。最後の新天地を阪神に求めたのもそういった理由だからだろう。

     それにしても、この「売り込み」が単なる探りや“秋波”ではなく、本気ならものすごい話である。阪神にとって清原はまさに長年の「恋人」だったからだ。清原が西武からFA宣言した平成8年(96年)オフに当時の吉田義男監督が「タテジマをヨコジマに変えても欲しい」と名文句を吐いてまで獲得に乗り出したが、フラれている。平成16年(04年)オフ、巨人で清原の去就問題が勃発した際にも清原獲りを協議。当時の野崎球団社長は「年俸面で大きくダウンできるなら検討に値する」と関心を寄せていた。しかし、清原が最終的に巨人残留を選択し、断念した経緯がある。

     だが、今回は違う。あの清原が非公式ながら、頭を下げる形で阪神のユニホームを着たいと言ってきているのだ。「野球界で本当にすごいと思うのは清原さんだけ。周囲はもう終わったかのように言うけど、まだやれる。足を引きずりながらでも結果を出してきたから。信じてるよ」と言ってはばからないほど仲のいい金本なら、そんな情報は知っていたかもしれない。人気球団の阪神で、金本、清原の“KKコンビ”結成なら興行的にも最高であることは明らか。ついに「阪神・清原」誕生か…と当時はアホみたいに色めき立った。

     くしくも記者は巨人担当時代に清原を取材している。“近寄るなオーラ全開”の清原には苦労させられたが、それでも「東スポはムチャ書くから腹立つこと多いけど、嫌いやないで。ちょうちん記事ばかりのスポーツ紙よりは楽しんで読んでるわ」と突如、多弁になる時もあり、やはりそこは魅力的なスター選手だった。

     
    5/4(火) 9:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9da4fc9197a3542b639df8caa1c992b4a5a4765d

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/04(火) 09:25:45.35 ID:XkKUNsgv0
    その清原が阪神入り…となると取材魂も再び盛り上がる。しかし…。鉄板焼き店で衝撃情報を明かした岡田監督は、こう続けた。「清原の話は何回か聞いたけど、結局は断った。今さらウチで…と言われてもなあ。何ともできんやろ。編成上、守るとこもないしな」。過去に2度、フラれているかつての恋人の申し出を事実上の“門前払い”したという。

     確かに平成17年の阪神は一塁手・シーツが攻守に活躍し、4番の金本だけでなく今岡が打点王になるなど打線は強力だった。代打でも浜中治らが控え、力が落ちた清原の出番がないのも明白だった。阪神としてもこの年は球団創立70周年で、目玉となる補強ももくろんではいたが、電鉄本社の幹部は後日、清原について「オフに左ヒザの手術をしたのもあるし、やはり体が来年どこまでやれるかわからないから」と情報不足も理由に獲得を見送ったと明かしている。

     球団内からは清原の「売り込み」を惜しむ一方「断って大正解。ただでさえ、ウチはベテラン、中堅は多い。(清原が入れば)若い選手のチャンスもなくなる。チームづくりにも逆行する」と岡田監督らが下した結論を支持する向きも少なくなかった。「清原が入りたいと思えるような球団になったということ」と妙な自信を持つ声も出たほどだった。

     渦中の清原は、最終的にはオリックスに入団を決めた。しかし、もしも「阪神・清原」が誕生していたら後の人生も変わっていたのではないか。阪神も伝統球団ならではのしがらみが何かとあるが、巨人ほど外様に対する排他的なところはない。「もし、清原さんがウチに来たら喜んで4番を譲るよ」と何度も話していた金本もいたし、藤川とは名勝負を展開した。「あいつの球は火の玉ストレート」と命名したことで、後に藤川から「今の自分があるのは清原さんのおかげ」と感謝されている。

     グチを聞いてくれる相手としてはPL学園の後輩、片岡篤史ほどの適任者はいない。現場以外でも親交のある川藤幸三OB会長は、度重なる死球を受けて対立していた藪恵壹との和解を取り持つなど頼りになっている。よほどのことがない限り、孤立することはなかったとみている。

     まして清原は大阪・岸和田市の出身で「巨人は嫌いでも清原は別」というファンは大勢、甲子園に押しかけている。打っても打たなくても、愛されての引退を迎えられたのではないか。そしてその後も…。

     タラレバばかりを言ってもダメだが、現在、自身のユーチューブ等で活躍している姿を見ると、幻の「阪神・清原」が惜しまれて仕方がない。

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/04(火) 09:34:00.55 ID:Us5eq3LO0
    これは岡田好判断だろ



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1620087937/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神7-5DeNA>◇25日◇甲子園

    首位阪神のドラフト1位佐藤輝明内野手(22)がDeNA戦で、エンゼルス大谷もびっくりの飛距離139メートルの6号2ランを放った。2回無死一塁から甲子園の右中間最深部へ。浜風に負けない強い打球で8戦ぶりのアーチで先制した。月間5本目で、球団新人では80年5月の岡田彰布以来41年ぶりの快挙となった。

       ◇   ◇   ◇

    強烈な破壊音を残し、打球は甲子園の浜風に負けず右中間最深部へ消えていった。2回先制の2ラン。虎党がメガホンを打ち鳴らし歓声に包まれ、佐藤輝は8戦ぶりのZポーズ(大好きなアイドルももいろクローバーZの決めポーズ)を決めた。前日24日は浜風に泣かされて中堅フェンス直撃だっただけに「今日は風と仲良くなれました。打席中は風の意識はなかったんですけど」。追い込まれていたが、先発右腕阪口のカーブに体をグッと残してとらえた。

    ビジョンには弾道測定器トラックマンによる測定値で打球速度175キロ、打球角度23度、飛距離139メートルと表示された。速度、飛距離とも今季甲子園で阪神の選手が打った10本でトップ。ちなみにエンゼルス大谷が4日ホワイトソックス戦で放った2号がメジャーでの自身最長137・4メートルで、単純比較できないものの数値では大谷を“超えた”格好だ。試合前練習では2日続けてロングティーを行った。「感じが良かったので今日もやりました」。前日はプロ初の猛打賞で、この日も本塁打と状態を上げ、DeNAドラフト2位牧と6号で並んだ。「本塁打だけは負けたくない」とライバル心ものぞかせた。

    近大4年だった1年前は1度目の緊急事態宣言で、野球部も活動を休止。兵庫・西宮市の実家でオンライン授業を受ける日々を過ごした。「どう切り替えて、今できることをするか」。自宅では家族が投げて不規則に飛んでくるバドミントンのシャトル打ちを行い、この日の本塁打のように体勢を崩されても捉える対応力を磨いた。6月中旬に練習が再開されるまでは、筋力トレーニングに読書と自分を高めた。

    3度目の緊急事態宣言が政府から発令され、甲子園での有観客はこの日でいったん最後。5月11日までの4試合は無観客となる。昨年はステイホームで野球ができなかった。今年はテレビ、ラジオ、動画配信の向こうで応援してくれる虎党、プロ野球ファンを、想像もできないような打球で勇気づける。【石橋隆雄】

    ▼佐藤輝が4月に5本塁打。阪神の新人の月間5本塁打以上は、岡田彰布が80年5月に5本塁打して以来41年ぶり4人目、5度目。2リーグ分立後の球団新人ではほかに、田淵幸一が69年5月5本、10月7本、望月充が72年5月6本。なおセ・リーグ新人最多は、村田修一(横浜)が03年9月に放った10本塁打。




    #日刊野球⚾】 阪神佐藤輝明選手がエンゼルス大谷選手をも超える今季チーム最長となる139㍍弾⚾️ さて今季の甲子園飛距離ランキング上位はわかりますか? 2位はなんと野手でなく…。 球団ルーキーの月間5本は岡田彰布選手以来41年ぶりの快挙⚾️ #阪神優勝 #阪神 #佐藤輝明 #藤浪晋太郎 #阪神タイガース pic.twitter.com/lEmM3lfzIH



    同じホームランでもサンズの方が目一杯振ってるように見えて、しかし速度も飛距離も佐藤の方が上だった。虎党でもドン引くわ(^o^;)。#阪神タイガース #hanshin  https://twitter.com/nikkansports/status/1386299665734246402 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が22日、東京ドーム内のレジェンドシートで解説を務めた。勝負の明暗を分けたと指摘したのは初回の4番の打席-。大山は1死二、三塁から空振り三振に倒れ、岡本和は先制の2点二塁打を放った。ここに阪神にとっては8連勝が止まった悪い流れを引きずる展開になってしまったと分析し、“流れ”の重要性を説いた。

      ◇  ◇

     ゲームの明暗を分けたのは、初回の4番の打席だ。大山は1死二、三塁から空振り三振に倒れた。この場面、巨人の内野陣は前進守備を敷かず「1点はOK」の布陣だった。内野ゴロでも1点という状況で、三振だけはしてはいけない。そこまで言うのも、前日に8連勝が止まった流れがあるからだ。

     こういう大型連勝が止まった次の試合は、どうしても悪い流れでゲームに入っていくことになる。それを断ち切るためにも先取点が必要。だから試合前のポイントとして、阪神はいかに先取点を奪えるかがカギになると踏んでいた。

     もし初回の第1打席で大山が三塁走者を生還させるために、“最低限”のバッティングができていれば…。試合展開は大きく違った形になっていたと思う。逆に前日からの流れを生かしたのが巨人。1死一、三塁から4番・岡本和が秋山の初球をたたいて、左中間を破った。2者が生還し、以降は一気に右腕を攻略してみせた。

     巨人の各打者を見ていると、積極的にカウント球を狙ってきていた。非常に仕掛けが早いと感じさせた。これも前日に苦しい試合をものにし、初回のピンチをしっかりとしのいだ流れがあるからだろう。そんな相手の勢いを止めるためにも先取点が必要だったし、初回の攻防がゲームのすう勢を決定づけたと言えるゆえんだ。

     長いペナントレースを戦って行く上で、やはり“流れ”というものは非常に怖い。先に1点でも取っていれば…。そう感じずにはいられないゲームになってしまった。




    昨日もしかり、一昨日も無死三塁で3、4、5番が凡退して無得点だったしそこから流れが読売に行ってたわね。結果論だけど← 岡田彰布氏「初回の4番の打席が明暗を分けた」悪い流れを断ちきれなかった阪神・大山(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d67eaaa4a8c959afc4d2103dd213dd430721d653 



    岡田彰布氏「初回の4番の打席が明暗を分けた」悪い流れを断ちきれなかった阪神・大山(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d67eaaa4a8c959afc4d2103dd213dd430721d653  初回大山の三振で「今日は負けた」 と思ったね俺も


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人8-3阪神」(22日、東京ドーム)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、東京ドーム内のレジェンドシートで解説を務めた。開幕前に阪神と巨人のマッチレースになると予想した中、伝統の一戦は2カードを終えて3勝3敗。「やっぱり巨人に勝っていかんとな」と語った。

     理由の一つに挙げたのが巨人とのゲーム差だ。「阪神が8連勝していたけど、巨人との差はそんなに開かんかったやろ」と指摘。阪神は開幕から先制した試合は16連勝、7年ぶりの8連勝と記録的な快進撃を続けてきた一方で巨人も白星を伸ばしていた。

     今3連戦を終え、両チームの差は2ゲーム。「逆に巨人は戦力が落ちている中で、これだけ勝ってきた。逆に阪神はほぼフルメンバーで戦ってきてるからな。そこが今後、どう出てくるか」と分析。開幕前の順位予想でも、岡田氏は他球団の戦力を踏まえた上で、巨人との直接対決がペナントを制すポイントになると語っていた。

     セ・リーグは開幕から1カ月を迎えようとしている中、阪神、巨人の2チームが抜け出す様相を呈している。いかに直接対決で巨人に勝っていくか-。次回の伝統の一戦は5月14日から東京ドームで行われる予定だ。




    今回、巨人に“青柳”“秋山”って、完全に戦略ミスやね😅 そりゃ〜、狭いドームではホームランも打たれるわ😅今年も負け越すなぁ😭 岡田彰布氏は「やっぱり巨人に勝っていかんと」セは予想通りマッチレースの様相に(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/9fa9351ac3fd1be5608b5de0b08637e1c1dc89fc 



    巨人に勝たないと優勝は見えてこないからねぇ どうしたものか 打者はまぁ打てるから心配はしてないけど 問題はピッチャーよね 特に西、青柳、秋山は打たせて取るピッチャーやから 東京ドームとは相性が悪い 甲子園とかなら 広いからフライアウトも取れるけどね #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     吉本新喜劇座員であるチャーリー浜さんが4月18日、呼吸不全、誤嚥性肺炎のため、78歳で大阪市内の病院で死去したと所属の吉本興業が発表したことを受け、プロ野球阪神の元監督・岡田彰布氏(63)は「よくゴルフも一緒にラウンドして、本当にテレビで見たままというか、裏表がない人やったと思います。ここ2年は新型コロナウイルスの影響でお会いできていませんでしたが、心よりご冥福をお祈りします」と追悼した。

     吉本新喜劇と阪神。関西を地盤とする人気集団同士、交流は長かったようで、「チャーリーさんとはもう古い付き合いになる。現役時代から関係は続いていて、指導者になってからも関係は変わりませんでした」と振り返った。





    続きを読む

    このページのトップヘ