とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が20日、佐藤輝明内野手(22)ら虎のルーキーたちに中断期間の過ごし方を説いた。例年とは違うシーズンで、データ分析と頭の整理を“夏休みの宿題”にすべきと提言した岡田氏。しっかりと自己診断した上で学習することが、後半戦の活躍につながると分析した。

      ◇  ◇

     プロ野球は五輪中断期間に入ったんやけど、後半戦再開までにどう過ごしていくか-。こういうシーズンは今までになかったことやから、誰も対処法は分からんのやけどな…。ただ阪神で言えば佐藤輝は、この期間で分析をやり直した方がええと思うな。

     ここまで12球団ワーストの121三振か。ある程度、前半戦で打ち取られた攻め方、三振してしまった配球というのはデータとして出ているはずよ。そこをスコアラーと一緒に見つめ直し、後半戦に向けて頭を整理していく。佐藤輝に関して言えば三振数を減らすために、まず自分ができることとして「ボール球を振らない」こと。そしてどう攻められて三振したかを理解することやろな。

     何でもそうやけど、まず自分のことを分かっていなければ、対策の立てようがないやろ?ゲームが続いていく例年であれば、なかなか途中で頭を整理する時間は取れんわな。でも今年はこうやって冷静に見つめ直す時間を作ることができる。実戦もあるけど、セ・リーグとパ・リーグでは配球パターンも違うわけやから、試合の結果どうこうではなく、どう頭の中を整理して後半戦に臨むかを考えたらええんちゃうかな。

     一方で体を追い込むとかは、今の暑さを考えたらそうはできひんよ。ゲームもあるわけやし、場所も甲子園やんか。アマチュア時代は1年間フルで試合をやるわけやないから、秋のリーグ戦前に合宿をやるんやけど、夏場は涼しいところでやるからな。一緒にしたらアカンと思う。

     監督時代にルーキーの能見がある時期にガタッと調子を落としたことがあって、調べてみたら、大阪ガスではこの時期、走り込みと投げ込みばっかりやってましたと言ってたんよな。プロとアマでは戦う試合数も違うし、リズムも違う。だから体を追い込むとか、作り直すというよりは、実戦を消化しながらデータの分析、頭の整理をした方が、後半戦につながるんちゃうかなと思うよ。

     ◆共同通信デジタルを基に佐藤輝の前半戦をひもとくと、規定打席到達者の中でボールゾーンスイング数350、同スイング率43・5%はいずれもトップの数字。25分割のゾーン表を見ていくと、ストライクゾーンに来た低めの変化球を得意としているが、ボールゾーンの変化球にも手を出して凡退していることが分かる。これは一般的にローボールヒッターの典型的な特徴とされており、紙一重のところで見極めができるかどうかがポイントになりそうだ。




    ちょっ、ストライクゾーンの打率 えぐない!?Σ(゚ロ゚;) こんなチャートみたら ストライク投げるやつおらんのでは Σ(;゚∀゚)ノ 岡田彰布氏が提言「佐藤輝は頭の整理と自己分析を」 三振数を減らすため中断期間中すべきこと(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/df8f8bac5ec334f7e3e92d9dbfddf68637fd866f 



    ほぼボール球でアウトやん。課題が明確すぎて、サトテルの将来が怖い。吉田正尚ばりの選球眼になったら三冠王待ったなしやん! 【岡田彰布氏の眼】阪神・佐藤輝は頭の整理と自己分析を 三振数を減らすため中断期間中すべきこと/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/21/0014520047.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が14日、本紙の解説を務めた。阪神は終盤の追い上げも1点及ばず敗れたが、前半戦で貯金15を積み上げたことに「評価していいと思うよ」と分析した。

     前半戦最後のゲームは「ガンケルが良くなかったよな。2度、下位打線にチャンスを作られての失点やから。力関係を考えて上位打線に打たれるのはまだ仕方ないけど、下位打線にチャンスを作られると流れが重くなるよな」と評した岡田氏。ただチームは2位・巨人に2ゲーム差をつけ、貯金15で五輪中断期間に入る。

     「最後に負けが込んだことよりも、これだけ前半戦で貯金ができたというふうに捉えるべきやし、ここでいったんリセットして、また後半戦からという考え方でええんちゃうかな」と総括。例年とは違う日程だけに「この1カ月間をどうするかやろな。過去に前例がないだけにな。各球団、どういう調整になるか。ちょっと読めんわな」と語っていた。




    岡田彰布氏が阪神の前半戦貯金15に「評価していいと思うよ」不確定要素は長い中断(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bc9a98aff69da10a3664bb7d2c6ef9cdbb5f190a  なんだかんだで貯金15はデカイよw むしろ、交流戦後のあの貧弱打線でよくここまで耐えてるなってイメージの方が強いwww



    岡田彰布氏が阪神の前半戦貯金15に「評価していいと思うよ」不確定要素は長い中断(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/bc9a98aff69da10a3664bb7d2c6ef9cdbb5f190a  オリンピック休みで充電してさらに強くなることを祈ろう。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が11日、甲子園で行われた阪神-巨人戦でスカイAの解説を務めた。本紙の解説には「やるべきことをやらんと負けたら、ものすごく悔いが残るんよ」と指摘した。

     岡田氏がポイントに挙げたのは八回表の守備。無死二塁から北村を打席に迎えた。だが阪神サイドはバントシフトを敷かず、通常の構えからバントしに行った北村にあっさりと初球を投前に転がされ、走者を三塁へ進められた。

     「梅野もバントシフトのサインを出してなかったもんな。北村もバントの構えやなかったから、色んな可能性が考えられる場面よ。1球、けん制球を入れたり、ボールから入って相手の出方をうかがうとか。これが序盤なら別に送らせて1点OKでもええけど、0-0の八回やからな。試合展開から見ても、簡単に送らせる場面ではないんよ」

     さらに1死三塁となったところで、大城にはカウント0-2から外角低めの変化球を捉えられ、三遊間を破られた。直前に三塁走者の増田大がゴロゴー、ギャンブルスタートの動きを見せていた。追い込まれた大城も必死に食らいついてくる状況だった。

     「初球のファウルを見た時の、増田大のリードの取り方(三塁ファウルゾーンからライン上へ動く)よ。完全にギャンブルしてくる動きやった。バットって根元の方が細いやろ?芯の方に向かって太くなるということは、それだけ当たる面積が増えるんよ。当てさせたらアカン場面。まだボール球を三つ投げられたわけやから。時間をかけて内で勝負でも良かったし、色んな選択肢があったわな」

     これで2位・巨人には1・5ゲーム差へ迫られた。2・5差で首位に立っていた阪神からすれば、引き分けでも勝ちに等しいドローだっただけに「九回はスアレスがおるんやから。だから八回を死にもの狂いで抑えにいかんと。バントの場面にしても、大城のところにしても、やるべきことをやらんと負けたら、ものすごく悔いが残るんよ。阪神からすれば引き分けでOKなんやから、きょうの負けはめちゃくちゃ痛い」と振り返っていた。




    どんでん(岡田彰布さん)ぶちギレ(不満爆発) https://t.co/FVcsZiWbCL



    本日の岡田彰布指摘事項 ①西はたまたま抑えてるだけやで ②初球から振りすぎや ③北村バントや。顔に出てるで ④大城当てにくるでえゴロゴーや ⑤小林抑え捕手の配球してくるで 全部当たってます!



    ⑥9月3日は間違いなく高橋やな それに合わしてローテ組むで


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神0-1巨人」(11日、甲子園球場)

     こういう負けは悔いが残るんよ-。阪神はわずか1安打完封負けで、2位・巨人に1・5ゲーム差と迫られた。バックネット裏からこの一戦を見届けたデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)は、八回の攻防が勝敗を分けたと分析。前半戦残り3試合、そして後半戦に向けて「相手ベンチに考えさせる」重要性を説いた。

     わずか1安打の完封負けに、聖地は大きなため息に包まれた。9回1失点完投の西勇を見殺しにし、宿敵に1・5ゲーム差へ迫られた一戦。バックネット裏から見守った岡田氏は、八回の攻防を焦点に挙げつつ「もっと巨人ベンチに考えささんと」と語気を強める。

     「1点を取られた後の八回よな。何で代打を出さんかったのか。長打がある陽川を昇格させて、ロハスもいて、糸井もいる。極端に言えば昨日、佐藤輝を途中交代させてるんやったら、左の大江が来た時点で佐藤輝に代打でも良かったと思う」

     岡田氏がポイントに挙げた八回裏は大江に対し、佐藤輝が三振、梅野は遊飛、中野も三振に倒れた。九回もビエイラの前にあっけなく三者凡退。巨人側からすればさらなる継投も視野に入れていた中、阪神が代打で起用したのはロハスのみで、原口らを含めベンチに打てる駒を残したまま敗れた。

     「もし佐藤輝に代打を出したら相手ベンチも考えるよ。そういう野球をやってくるんやなと。手を打つことできょうみたいなゲームを動かせるし、今後に向けて伏線を張ることもできる。巨人は継投でそういうことをやってきたやんか」

     6月20日の巨人戦、代打・北條の打席でカウント2-2から高梨に代えて鍵谷を投入し、ピンチを脱した。予想外の一手を打って成功すれば、そのイメージは今後の戦いに植え付けられる。

     「だから巨人ベンチからすれば楽やったと思うよ。簡単に1-0の終盤が流れてな。阪神もそのゲーム(6月20日の試合)で中野に代打・北條を出したわけやから。そう決めたのであれば、ここでも出さんと。采配の意図が見えず、一貫性が無くなってしまう」

     八回の守備でも無死二塁から北村に1球で送りバントを決められ、続く大城にはカウント0-2から外角低めの変化球で勝負し、三遊間を破られた。

     「あそこも簡単に送らせる場面やない。梅野からバントシフトのサインも出ず、ボールで入って相手の出方を見る慎重さもなかった。0-0の八回よ。大城の場面も、三塁走者がギャンブルスタートのしぐさを見せとった。まだボールを3つ投げられるし、バットの形状は根元の方が細いやろ?前に飛ばさせないために、時間をかけて最後に内を突くとか選択肢はあったよな」

     この試合まで貯金17、巨人と2・5ゲーム差で首位の阪神からすれば、引き分けでも“勝ちに等しいドロー”だった。「だからめちゃくちゃ痛いし、やるべきことをやってない負けは悔いが残るんよ」-。前半戦は残り3試合、そしてGとのV争いは後半戦へ続く。「相手に考えさせる。それが長丁場の戦い、ペナントレースでモノを言う。これだけ貯金があるんやから。思い切ったことをやれる状況なんやから」と説いた。




    どん様 ボヤくのは聞いてられんけど😅 これは賛同よ 3戦ずっと巨人めんどくさい感じのまま 相手にめんどくさい球団と思わせな 岡田彰布氏が提言 阪神は佐藤輝に代打でも良かった もっと巨人ベンチに考えささんと(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0734bb47547ec642d762ab7b62d9fdf328778955 



    【ブレないデイリー】今日の一面 見出し 阪神 佐藤輝に代打でも良かった もっと巨人ベンチに考えささんと 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2021/07/12/0014493452.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/RS878IDika


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-8巨人」(10日、甲子園球場)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が10日、解説を務めた。連勝中ながら4番に大山を戻すなど打順を組み替えて臨んだ一戦だったが、得点はサンズの16号ソロによる1点のみで敗戦。岡田氏は「残り4試合、この打順で戦わないといけない」と指摘した。

      ◇   ◇   

     阪神は大幅に打線を入れ替えてこの一戦に臨んだ。9日の第1戦でつながりが戻ってきていたこと、そして連勝中だったことを考えれば正直、驚いた。4番に戻した大山の状態も完全に復調したとは言いがたく、いい流れで来ていた中での組み替えだからだ。

     おそらくベンチの考えとしては開幕序盤に勝っていた並びに戻して、前半戦の残り5試合を戦っていくということだろう。そう決めたのであれば、残り試合をきっちりこのメンバーで戦った上で、五輪中断期間に入らなければならない。この日の敗戦を受けてまた組み替えるとなれば、後半戦に向けてチームの形がおかしくなってしまう。

     そして勝敗を左右したポイントは、初回がすべてだろう。伊藤将にとっては珍しいと言えるほど、コントロールが悪かった。あれだけストライク、ボールがはっきりしていては厳しい投球になる。

     初回無死満塁から岡本和を三振に仕留めたところで行けるかなと思わせたが、ウィーラーの適時打は内角を狙った直球が甘く入った。梶谷の押し出し死球も懐を突こうとした1球が抜けてしまった。

     この日の投球を見ていると、本人の中でボールが行かないという意識があったのではないだろうか。だからより強く腕を振ることで球威を戻そうと考えたのだろうが、自分のイメージ以上に力感を出そうとすれば、おのずと制球は乱れてしまう。

     これは蓄積疲労が要因だと考えられる。ルーキーが1年間、先発ローテを守っていくというのはやはり難しい。これで5勝5敗となったが、伊藤将にとっては前半戦最後のマウンド。ここから約1カ月の五輪中断期間で調整を重ね、本来の投球を取り戻してほしい。




    伊藤の突然の変調の原因は何なのか疑問だったが、岡田元監督の指摘は腑に落ちた。結局、みんな疲れている。そこを察知し、手当てするのが監督の仕事。 阪神「敗れたからと言って残り4試合、打順を変えてはいけない」 岡田彰布氏が指摘(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c1bdc5db2a5d613dc55ec55e6e93bb8084cad616 



    阪神「敗れたからと言って残り4試合、打順を変えてはいけない」 岡田彰布氏が指摘(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c1bdc5db2a5d613dc55ec55e6e93bb8084cad616  3番マルテ4番大山5番サンズ6番佐藤輝 優勝決まるまで固定でいいと思う。故障したら変えな仕方ないけど…


    続きを読む

    このページのトップヘ