とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、阪神・大山悠輔内野手(26)と対談した。共に右打者で虎の4番に座った経験を持つ2人のトークは、岡田氏がバットを手に大山のクセを指摘するなど白熱。05年以来16年ぶりの優勝には右打者の活躍が重要と指摘し、大山自身も「優勝キャプテン」になることを誓った。その2。

      ◇  ◇

     岡田「一昨年、4番を変わった時期があったやんか。それどんな気持ちやったん?」

     大山「いや、悔しかったですね。成績もよくなかったですし…」

     岡田「ホームランも何本くらい?」

     大山「12本くらいですかね」

     岡田「当然、悔しいわな?」

     大山「そうですね」

     岡田「去年、4番を取り返しに行って実績を残してというシーズンやったけど、スタートはベンチやった。4番という意識は無くなってた?」

     大山「いや、自分は開幕からスタメンで一番打つという気持ちでやっていたんですけど」

     岡田「そら、当然やわな」

     大山「オープン戦で首位打者を獲れて、これで行けるという気持ちの中で延期、延期となってしまって…」

     岡田「それでおかしくなったんや?」

     大山「自粛明けの練習試合でも、結果を残せなくて。それでもうマルテというふうになってしまいました」

     岡田「でもマルテがサードを守ってたやんか。前の年は4番で。そら相当の悔しさがあったはずよな?」

     大山「そうですね。やっぱり。マルテがケガしたことで4番に入ったんですけど、悔しさはありました」

     岡田「でも昨季途中で打ち方を変えたよな?かち上げるというかな。バットのヘッドをだいぶ、(投手側に)倒してるよな?」

     大山「自分のクセと言うか、どうしても突っ込んでしまう部分があるので。トップを作っても、そこから前に行ってしまって、もったいなくなっている部分があったので。どうやったら(トップ時の)割れができるかなというのを考えて。ヘッドを倒すことによってですね」

     岡田「言い方の違いはあるけど、悪く言えば遠心力を使って飛距離を出そうという考え方。一方ではインサイドからバットを出そうという意識があるよな。グリップから出て、インサイドからヘッドが出てくる。それが遠くに飛ばせるスイングよな。去年の途中からフォローが上に向き出したやろ?」

     大山「はい」

     岡田「去年の途中から打ち方を変えたなと思ったよ。それでホームラン増えたよな?」

     大山「そうですね。自分の中でヘッドを倒したらダメだと言われたんですけど、それをイメージしたらよかったんで」

     岡田「でもちょっと今年のキャンプでは(バットのヘッドを)入れすぎちゃうか?緩いボールはええけど、ゲームの中では差されるやろ?」

     大山「そうですね。キャンプ序盤はそういう感覚でしたね」

     岡田「それは自分で調整せなあかんよ。去年のいい時のころと比べて、ボール半分くらい差し込まれてるよな?」

     大山「そうですね。はい」

     岡田「差されると、力が伝わらへんからな。やっぱり自分のポイントで打たんとな」

     -昨年、4番を務め上げたことで見つけた新たな発見はある?

     大山「どうですかね。去年、結果が出たと言っても、危機感というのはしっかり持っているので。そこはしっかり持たないといけないかなと考えています」

     岡田「でも強いチームというのは、だいたい右のええバッターが多いんよ。勝っているチームはね。だからそういうことよ」

     -岡田氏から見て、今年の大山に期待することは?

     岡田「ゆっくり走ることよな。そして打席の中に長いことおること。テレビに映ってな(笑)。俺らの時は前のバッターがよう打つんよ。スタンドがにぎやかなんよ。だから初球なんか集中できひんから、絶対に打たんかった。そういう気持ちを持ってれば楽よ」

    (続けて)

     岡田「ファーストストライクも、ワンストライクも、追い込まれてからもストライクゾーンは一緒なんよな。そう考えてほしい。4番にいたら初球の方が怖いんよ。相手ピッチャーが5種類の球種を持っているとするなら、初球にフォークという可能性が4番にはあるんよ。それ絞れるか?でもツーストライク以降ならチャンスの場面で5種類の球種が2、3種類になる。そっちの方が打てるよ」

     大山「はい」

     岡田「追い込まれてもストライクゾーンは変わらへんから。バットはストライクゾーンの広さよりも長い。ましてや腕の長さもある。追い込まれても怖がる必要はないし、三振を怖がらなくてもいい。今年の目標はどこに置く?」

     大山「優勝ですね。今年はキャプテンという立場もあるので。優勝とチームのこと。もちろん自分のこともありますけど、チームとして考えることも多くなるので。優勝キャプテンになりたいので、優勝したいなと思っています。もちろん4番ということもありますけど、実際、試合になったら何番でも関係ないと思いますし。その場面、場面で選手たちが力を発揮できるように、チームを引っ張って行けるように頑張っていきたいと思います」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神8-5日本ハム」(9日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が9日、宜野座で行われた阪神と日本ハムの練習試合を視察。実戦初アーチを含む3安打3打点の活躍を見せたドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=の全5打席をチェックした。その上でポイントに挙げたのは左腕・福田との対戦となった第5打席。左のスライダーを克服することが、1軍で活躍するための一つの要因と指摘した。

      ◇  ◇

     佐藤輝については5打席見たが、140キロ台中盤の投手にはしっかりと対応できるということが分かった。第3打席の本塁打は追い込まれてコンパクトになっても、あれだけの飛距離を保てる。続く第4打席は144キロの直球を右翼線に引っ張り込んだ。

     その上で一番興味深く見させてもらったのは、八回の第5打席だ。日本ハムの投手は左腕・福田。紅白戦から通じて実戦では初の左投手ということで、どういう対応をするかに着目した。

     結果は2球目の直球を捉えきれず、最後は低めの変化球に対して空振り三振に終わった。しかし結果を気にする必要はない。これから実戦の中でどんどん打席に立ち、左投手への対応の仕方を学んでいけばいい。ただ注意してほしいのが、左腕が投じるスライダーに対してのスイングの仕方。決して引き付けて、しっかり振り切ろうと考えない方がいいと思う。

     左打者が左投手に苦労するパターンとして、外角に逃げるスライダーを引き付けようと意識し過ぎると、今度はストレートに差し込まれる。これが繰り返し続くと、打撃のポイントが崩れてしまい、捉えられていたはずのボールまでミスショットしてしまう。

     そして基本的に打った打者が走るのは一塁方向。左打者からすれば背中側となるため、無意識に右肩や体全体が開きやすい傾向がある。一方で右打者は体の前方にスタートを切る。だから右投手VS右打者の場合は体の開きを心配する必要はあまりないが、左投手が投じる外角へのスライダーに左打者は手を焼いてしまう。

     佐藤輝に対しても、シーズンに入れば相手バッテリーはそういう配球パターンで攻めてくる可能性がある。その対策として言えるのは、左投手のスライダーには崩されて、泳ぎながら右手一本で打つイメージでいいということ。あのパワーがあれば飛距離も出すことができる。すべての球種に対して同じ打ち方をする必要はない。

     佐藤輝が結果を残していく中で、仮に左投手が苦手だというイメージを持たれれば、相手は間違いなくゲーム終盤に左腕をぶつけてくる。そこを乗り越えられるかどうかが、一つの分岐点になるだろう。

     こうやって経験を積みながら、一つ一つ課題を克服して階段を上っていく。今はそれで十分だと思う。これからもどんどん打席に立って、経験を基に考え、工夫を重ねながら成長していってほしい。




    岡田彰布氏 阪神・佐藤輝の左腕対策は?「左のスライダーには泳ぐことよ」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e2b4886530bb4fe2011b0805f0a0e2d951e5b3d5  雰囲気から顔つきから大物感を感じます。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神、オリックスで監督を歴任し、デイリースポーツ評論家を務める岡田彰布氏(63)が8日、阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(21)=近大=の現状を解析した。第2クール初日からの3日間で黄金ルーキーの動きをチェックし、現状で「プロの球に慣れれば打てる」と分析。トップを作った際のグリップ位置などに改善ポイントはあるものの、それは実戦の打席に立っていけば自然と解消されるものと指摘した。

     ◇ ◇

     第2クールから宜野座キャンプを視察しているが、やはりドラフト1位の佐藤輝は目を見張る存在だ。最初に着目したのが体つき。下半身の大きさ、上半身とのバランスなど、1年目ながら“プロの体つき”になっていると思う。

     守備に関してもキャンプ前にはまず三塁で勝負させてみてはと言ったが、シートノックを見る限り、外野よりも三塁の方でいいスローイングをしている。大学時代の佐藤輝を見たことはあるが、守備面については正直、これといった印象はなかった。ただ実際にノックを見ていると、内野の方がコンパクトに腕をたたんでスローイングできている。強さもあり、コントロールのブレも少ない。

     そしてバッティングに関しては、やはりあれだけ打球を飛ばせるのは魅力だ。フリー打撃だけでなく、紅白戦の打席を見ていると、どの球種に対してもしっかりと自分のタイミング、間合いで振ることができていた。

     あえて気になるポイントを挙げるとすれば、構えからトップを作っていく際にグリップの位置がヘルメット付近にあるところ。一般的に“上段の構え”と言われるが、187センチと身長が高い打者がこの構え方をすると、始動からインパクトするポイントまで距離が出すぎてしまう。

     この距離が長ければ長くなるほど、ミスショットの確率は増す。フリー打撃や実戦の打席を見ても、打ち損じや差し込まれて逆方向への打球が多いのは、ここに原因があるかと思われる。ただこれはプロの一線級と対戦を重ねていけば自然と修正されていくものだ。

     プロの速い球に対応しようとすれば、おのずとコンパクトになってくる。グリップを肩のラインに置き、インパクトまで最短距離で持って行く方が、ストレートに打ち負けないと感じるかもしれない。そこは打席に立ち、本人が考えていく“慣れ”の部分。現状、どの球種に対しても自分の間合い、タイミングでスイングができている。そしてあれだけの飛距離を持つ選手だけに、結果が出なくても絶対に首脳陣が打撃フォームをいじってはいけない。

     仮にトップの位置を含め、全体的にコンパクトになったとしても、十分にスタンドへ運べるだけの飛距離は維持できるだろう。今は結果が出なくても気にする必要はない。1打席でも多くプロの投手と対戦し、慣れていけば打てるようになると感じささせるスイングだと思う。




    藤浪の例もあるし。いじらんでいいもんはいじらんでいい。 岡田彰布氏が分析 阪神ドラ1・佐藤輝のスイングは首脳陣がイジってはダメ(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/694c81ee84cc61fd760336272c8c59bc73fc40ce 



    はい、その通りだと思います。よろしくお願いします。 岡田彰布氏が分析 阪神ドラ1・佐藤輝のスイングは首脳陣がイジってはダメ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/09/0014066406.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神紅白戦、白組7-3紅組」(7日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(63)が、宜野座で行われた阪神の紅白戦を視察。2失策に加え、不安定なプレーが多かった守備面について「ちょっと不安になるよな」と指摘した。昨季、首位・巨人を独走させてしまう要因となったディフェンス面の破綻。改善が進んでない現状が“実戦”であらわになった。

      ◇  ◇

     紅白戦を見ていく中で、やはり気になったのは守備面だ。ここ数年、ミスがらみの失点が勝敗を分けてきた。特に昨季は優勝した巨人との差が顕著に露呈した部分と言えるだろう。

     昨年の巨人(自責点394、防御率3.34)と阪神(自責点393、防御率3.35)の防御率を比較しても差はない。しかし失点は巨人(421失点)と阪神(460失点)で実に39点の開きがある。いかにエラーが失点につながっているかを証明している。

     この反省を踏まえた上で、甲子園を本拠地とするチームが優勝を目指すためには、まずディフェンス面を改善する必要がある。

     しかしゲームを見れば初回、糸原の遊ゴロを処理した小幡がいきなり一塁へワンバウンド送球。ファーストがきれいに処理したことで大事には至らなかったが…以降も内野手のワンバウンド送球が非常に目についた。決して狙って投げたわけではなく、引っかけたり、握れなかったりというもの。これは守備の基本となるキャッチボールがきちんとできていない証拠だ。

     三回も1死一、二塁から大山の三ゴロで併殺を奪えるチャンスがあったが、一塁への“悪送球”で走者を残してしまった。失点にこそつながらなかったが、記録に残らないミス。こういう走者の残した方はゲームの流れを変えやすい。七回には普通にゴロを処理すれば本塁でアウトにできる状況でファンブルし、走者を生還させてしまう場面もあった。取れるアウトを確実に取れないという昨年までの課題は、現段階で解消されていない。

     そしてプレーだけでなく、内野手の動き方も気になった。紅組が4点を追う七回、2死一塁の状況で走者は原口だったが、一塁手はベースから離れて守っていた。現代の野球では4、5点差であれば追うチームはスタートを切ってくる。

     実際に守備位置を見た原口は悠々とスタートを切り、小野寺とランエンドヒットの形になって一、三塁と傷口を広げた。中野の2点三塁打で失点につながっただけでなく、その直前、2死一、三塁という状況では、捕手が投手へ返球する際、二塁手が投手の後方までバックアップすることを怠っていた。

     万が一、捕手が悪送球をしたら…。二遊間2人のカバーがいなければ失点につながる可能性は高くなる。少年野球のころから指導され、本来なら“習慣”になっていなければならない動作-。昨季から評論でも書いてきたが、細かいことの積み重ねができていない、当たり前のことが当たり前にできていないことに不安が生じる。

     紅白戦は自軍同士の戦い。やはり打った、打てなかった、抑えた、抑えられなかったではなく、そういう部分に目が行く。実戦を“練習のための練習”にしてはいけない。緊張感を持ち、あらゆるゲーム展開を想定して動くのが実戦形式だ。まだキャンプは第2クール。これから開幕までに課題の守備面を改善していってほしい。




    岡田彰布氏の視点「守備の課題が解消されていない」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d9ddf0551ac31723e79f055a37f07d90220d49a7  守備はすぐにはうまくならない だが、連携やフォーメーションは練習が物を言う ビッグプレーより、エラー数より 阪神にずっと前から必要なところ



    岡田彰布氏の視点「守備の課題が解消されていない」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d9ddf0551ac31723e79f055a37f07d90220d49a7  これはしっかり受け止める必要があると思います🙄🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ドラフト1位・佐藤輝明(近大)を岡田彰布元監督が「間違いなく打ちます」と絶賛した。6日、沖縄・宜野座キャンプでスカイAの中継にゲスト出演した岡田氏は、佐藤輝に注目。「いいですね。ボールの見逃し方、打席での雰囲気が非常にいい。間違いなくいいのは分かる」と高く評価した。その上で「すぐということじゃないけど、間違いなく打つ選手」と断言した。

     佐藤輝はこの日、ワンデーキャプテンも務め、練習前には円陣で「野球はバッティングもピッチングも初球が大事。キャンプも一緒。アップの一歩目から集中して、このクールも最高なものにしていきましょう」と声出し。言葉通りに疲れを見せることなく、先頭で動いていた。




    どん様が言うなら間違いない! 阪神「間違いなく打つ」と岡田元監督がドラ1佐藤輝を絶賛(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/165d8d8a2a71d984ff61f772acae196ee5e041b3 



    どんでんがこんなに絶賛してるの珍しい 阪神 「間違いなく打つ」と岡田元監督がドラ1佐藤輝を絶賛(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/165d8d8a2a71d984ff61f772acae196ee5e041b3 


    続きを読む

    このページのトップヘ