とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    真弓明信

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-0広島>◇14日◇甲子園

    元阪神監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)は広島森下攻略の立役者としてドラフト6位中野拓夢内野手(24=三菱自動車岡崎)を挙げた。2回2死一、二塁の先制機。内寄り高め速球に振り負けず、右前に先制適時打を放っていた。難攻不落の好調右腕にとって今季初失点。真弓氏は「今日、森下を攻略できたのは、あのヒットですよ。阪神打線は、なかなか点を取れていなかった。真っすぐにかなり自信を持ってきていた。その真っすぐを打たれたことで、森下のリズムが崩れた。力みが出てきたからね」と評した。

    コンパクトで力強い。遊撃でスタメン出場を重ねる中野の打撃を「真っすぐを打てる打者は構えたところからミートするところまでバットが最短で出ていく。たとえ、バットスイングが速い打者でも遠回りすると真っすぐに弱いよね」と解説した。

    中野は3試合連続先発でプレーし、4戦連続安打に伸ばした。今季は21打数10安打、打率4割7分6厘と好調を維持する。「1回でもこういう、いい時期を見せておくことは大事だ。1軍にいられる時期が長くなるし、スタメンのチャンスも多くなる。レギュラーを取っていく者の通る道だね」。この日は佐藤輝とともにルーキーコンビが活躍。真弓氏ははつらつさに目を細めていた。【酒井俊作】




    真弓さんも絶賛! 元阪神1888安打の真弓明信氏が広島森下攻略のルーキー中野を絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104140001214.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    さすが電電九州の真弓… 元阪神1888安打の真弓明信氏が広島森下攻略のルーキー中野を絶賛  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104140001214.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 17:59:21.42 ID:CAP_USER9
    <阪神1-0中日>◇3日◇京セラドーム大阪

    阪神が9回にサヨナラ勝ちしたが、注目のドラフト1位佐藤輝明内野手(22)は3打数無安打に終わった。1日の広島戦で2号ソロを放った後は、8打席連続ノーヒットで、打率1割3分3厘とバットは湿っている。日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)が現状を解説した。

    ◇  ◇  ◇

    佐藤輝の状態は、あまり悪くないと見ているが、ひとつだけ気になるのは、「かかと」に重心がある点だ。公式戦に入り、内角を攻められ、遅いボールでタイミングを外されて、空振りしている。引きつけて打つことを意識するために、そうなっている可能性があるが、受け身になってしまっている。

    「かかと」に重心があることで、うまく下半身が使えていない。腰が引けているように見える。ボールを待つのはいいが、腰を入れて、フットワークを使う打撃をしたほうがタイミングは合いやすい。ホームランも出やすくなる。彼は反応のいい打者だから、下半身を使って、打つ準備を整えることだけを気にすればいい。上体でタイミングを合わせにいくと、狙ったボールしか打てない。

    いい時の佐藤輝は、下半身でタイミングを合わせながら、上体は我慢できていたので、ボールの変化に対して、自由に動ける余裕があった。そこを思い出せばいい。

    4/3(土) 17:45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210403-34030745-nksports-base

    20: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 18:30:31.55 ID:pyaY0nDB0
    >>1
    片岡コーチがいたら、完全に流し打ち指令が出てただろうな。
    どれだけのスラッガー候補が片岡の指導で消えて行ったか。

    とりあえず片岡の退任後の入団でよかったな。

    29: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/04/03(土) 18:54:24.64 ID:su9XgIK90
    >>1
    ええの捕ったで!

    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1617440361/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    26日に開幕するプロ野球。日刊スポーツ評論家、総勢25人が順位予想をしました。真弓明信氏のセ・リーグ予想は以下の通り。

        ◇    ◇    ◇  

    今年は阪神が優勝するだろう。毎年1位で挙げていたが、「4番の外国人が打てば」といった条件付きの部分があり、なかなか満たされなかった。今年は投打で、プラス材料が多い。打線では大山が独り立ちした。佐藤輝をどう使うかが大山の活躍につながることも考えられる。4番で軸になる選手だから他の選手は関係ない、という見方もあるが、やはり阪神という球団の環境を考えれば、佐藤輝が打てば、大山も楽になるだろうし、その逆も言える。

    昨年開幕から不調だった近本の状態もいい。オープン戦では打線全体で本塁打の数が増えたが、佐藤輝という若い選手が打てば、相乗効果が働く。得点を取るという課題が解消できれば、優勝争いできる。復調の兆しを見せている藤浪ら投手も先発、リリーフともに厚みが他球団よりも違う。各球団で外国人の来日が遅れているが、マルテ、サンズが順調というのも大きい。

    巨人が補強にも力を入れたが、新外国人がまだ合流できていない。昨年は阪神が優勝に貢献した部分もあるので、それがなくなれば貯金も減る。広島は優勝経験者も残っているし、地力のあるチーム。ヤクルトは村上を中心に若い選手が育っている。投手次第で上位をうかがえるだろう。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:阪神1-4DeNA>◇23日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

    23日のDeNA戦で気になることがあった。試合前のシートノックをチェックしたが、外野手の守備に不安を覚えた。外野というポジションはフライを捕る以外にも、やるべきことはいろいろとある。捕球してからのスローイングはつきもので、余裕があれば、ステップをしっかり踏んで、強い球を投げる。バックホームでは、ダッシュしながら素早く投げて、正確に強い球を投げなければならない。

    そういうことをキャンプで練習する必要があるが、阪神の外野手は全体的に内野への送球が弱く、正確性にも欠けていた。練習すれば、対処できることだ。内外野の連係でミスが出れば、1つ先の塁を相手に与え、失点につながる。やはり今年もエラーが多い、となりかねない。

    この試合では、守備がうまいとは言えない高山を右翼に就かせ、肩や脚力のある佐藤輝を左翼で起用した。来日が遅れている新外国人ロハスをどの位置で起用するか、といった意図があるなら納得できるが、この日の配置には疑問を感じた。大山が三塁のレギュラーである以上、私は佐藤輝を一塁で起用すべきだと考えている。守れる一塁手がいれば、格段に内野の守備は向上するからだ。外野で使うならば、若いうちはやはり右翼で徹底的に鍛えるべきだ。(日刊スポーツ評論家)




    阪神今季も失策多い?外野手の動きに不安/真弓明信(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0d0439a3fc76ae0220139016b01ae8279f774d6a  新庄がボロクソ言うてたもんね、外野の動き



    阪神今季も失策多い?外野手の動きに不安/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202102230001139.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  ぐうの音も出ない正論


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神元監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)が1日から始まる虎の春季キャンプの展望を語った。新助っ人の来日遅れの影響や課題の拙守克服はどうなるのか。自身の85年コンバート秘話を明かしながら、解説した。(取材・構成=田口真一郎)

      ◇   ◇   ◇

    キャンプにおいて、監督の重要な役割は、1、2軍メンバーの振り分けでどういうメッセージを込めるかにある。その中で、どの選手をどこに守らせるか。このポジションは、誰と誰をつけてとライバル視させて練習させるのは監督の考え次第になる。ロハスやアルカンタラという新戦力の合流が遅れるのは、チームにとってマイナスに間違いないが、外国人は必ずしも1年間働いてくれるとは限らない。そのポジションにどういう日本人の選手を置くか、まずは助っ人抜きでベストの陣形を考える必要がある。

    例えばサンズが一塁の練習も行う予定だが、どれぐらい守れるかは未知数だ。外野は近本、糸井、佐藤輝、井上、中谷、高山、陽川と多くの名前が挙がる。ロハスの合流時期は不透明だが、調整がうまくいけば、間違いなく、いい数字を残すと思う。となれば、外野でここまで競争させる必要があるのか。逆に一塁はサンズ、マルテがいるが、そこまで盤石だろうか。何度か提言しているが、ルーキーの佐藤輝は大学で内野の経験があるので、外野で起用するのはもったいない。一塁ならば、20年近く守ってくれるだろう。ラジオ番組で陽川に直接言ったことがある。「キャンプでは黙って、ずっと一塁を守れよ。チャンスはある」と。

    守備の強化がここ数年の課題にあるが、やはりポジションはここと定めて鍛えたほうがいい。私の考えでは、守備は右と左に分けていい。同じ外野でも試合の途中でレフトからライトに移ると、非常に難しい。打球判断が鈍り、1歩目が遅くなるし、打球を遠回りで追うこともある。ショートとセカンド、サードとファーストも同じだ。打球の切れ方が全然違う。二塁、一塁は併殺プレーなど逆方向への送球が多くなる。それだけキャンプで数多くやらせる必要がある。守備位置を決めないと、練習が身につかない。

    日本一になった85年に右翼にコンバートした。自分の中では膝も悪くなったし、二つ返事だったが、吉田監督、守備走塁コーチの一枝さんに呼ばれた時に、条件を出した。「内野でケガ人が出たから戻れと言われても、すぐに戻れませんよ。1カ月はかかる。そういう覚悟でなければ、行きたくない」。それだけポジションが変わるのは難しいということだ。ステップの踏める外野はボールの縫い目に合わせて投げないと、遠投で失速してしまうが、内野では、そんな時間はない。ボールの握り方ひとつとっても、違うんだ。

    遊撃候補はいろいろいるが、木浪と小幡ははっきりと競争させたほうがいい。二塁は糸原がレギュラーだが、足と守備力のある植田をぶつける。打てるようになれば、完全に抜けるよ。ダメなら、2軍で試合経験を積ませる。そういう争いが見られたら、おもしろい。一番自信のある場所で勝負させたほうがいい。




    本人が望むポジションで勝負させる、というのも一つの考え方ですね。

    阪神1位佐藤輝明の外野起用もったいない/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202101310000479.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神1位佐藤輝明の外野起用もったいない/真弓明信(日刊スポーツ)
    #Yahooニュース
     https://news.yahoo.co.jp/articles/666f1a83dd74548fe11450053467a77cd37884e7 
    ふっふっふ(^^♪︎
    そうなのよ!
    観てみたいのよ佐藤君の内野手をw

    ...どうなるこれ?

    続く〜/(^o^)\


    続きを読む

    このページのトップヘ