とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    西純矢

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    来季1軍定着を目指す阪神西純矢投手がゲームの世界で球界の頂点に立った。

    モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」を使用したプロ野球選手による大会「プロスピAプロ野球選手チャンピオンシップ」に出場。巨人高橋、ヤクルト田口ら12球団から代表選手が出場する中で、初代王者に輝いた。西純は「自分の作り上げたオーダーでやりました。梅野さん、輝さんは使わしていただきました。楽しかったです」と激闘を振り返った。




    🏆プロチャン優勝しました🏆 pic.twitter.com/eQN9wY8O0b



    @Nishi_Junya_15 おめでとうございます!!



    @Nishi_Junya_15 おめでとうございます🎊 ずっと見てましたー セ・リーグ組レベル高すぎ笑笑


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の西勇輝と西純也が、京都市の「ハピネスこども食堂」を訪問。子どもたちと初交流した。

     18年から寄付活動を継続して行っている西勇輝は、「子どもたちと触れ合い、現場のスタッフさん達とお会いする事でやっとその輪の中に入れた気がしました。そして改めてこうした活動の継続の大切さを実感しました」。初めての機会となった西純也は「ちょっとずつでもいいので、そういう事に対して貢献をやっていきたい」とコメントした。

     日本財団が取り組む「子ども第三の居場所」は、ひとり親世代や共働きによる孤立や孤食など困難に直面している子どもたちを中心に、放課後に安心して過ごせる居場所を提供し、生き抜く力を育むことを目的としており、現在全国65カ所開設され、25年までに全国500拠点の設置を目指している。



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の矢野燿大監督(52)が26日、若手の台頭に大きな期待を寄せた。熱戦が続く日本シリーズでは、ヤクルト・奥川、オリックス・宮城など両軍ともに若い力が躍動。その2人と同世代にあたる西純、及川の奮起を促すとともに、ライバルとして切磋琢磨(せっさたくま)することで、先発陣の競争激化につながることを期待した。

     熱戦が続く日本シリーズで躍動する若い力がうらやましい。ヤクルトでは奥川がエースとして奮闘。オリックスでも宮城が好投し、紅林が不動の遊撃レギュラーとして存在感を示している。

     「そういう周りの年が近い選手たちが頑張っているっていうのも本人たちの励みになると思う」。矢野監督が来季の台頭を期待するのが、前記3人と同じ高卒2年目、2001年生まれの世代に当たる西純、及川だ。

     奥川、ロッテの佐々木朗と並び高校時代は「BIG4」として注目を浴びた2人も今季、そろってプロ初勝利をマークした。それでも一気に輝きを放ち始めたライバルとは、まだまだ差を開けられている状況だ。

     それだけに指揮官はチーム内での切磋琢磨(せっさたくま)による“覚醒”を期待する。「2人にライバル意識というのは持ってもらいたい。来季はスタートは及川も先発でいく。そういうところでは純矢のライバルになる。そういうところが出てくるというのは大歓迎」とうなずく。

     今季は中継ぎで39試合に登板し、2勝3敗、10ホールドの成績を残した及川の先発再挑戦は決定済み。本人もそれを喜び、意気に感じながら鍛錬を続けている。1軍では2度の先発で1勝1敗に終わった西純も、25日の契約更改で来季の10勝を目標に掲げた。

     「若い力って、やっぱり勢いをつけてくれるところがあるんで。脅かすっていうか、そうなるとベテラン、中堅も発奮してくれる。チーム内の競争も激しくなるし、全体の底上げにもつながる」と相乗効果を期待する。

     矢野監督は「先発だけじゃなく、やっぱり中継ぎも何人か出てきてほしい」と注文をつけた。イキのいい若手出てこいや~!!




    若虎🐯は、これけらが見せ所⚾ 来年、先発で観たいな🏟 阪神・矢野監督 西純、及川に先発の座「ライバル意識持って」 奥川、宮城が存在感(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/b46c7ba42dcb1cd4488cd9f784e862f4dbb61e27 



    🔽阪神・矢野監督 西純、及川に先発の座「ライバル意識持って」 奥川、宮城が存在感(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 今年活躍した奥川&宮城&佐々木世代のこの2人。 来年、2人が台頭してくれたら阪神先発陣の台所事情は一気に明るくなるね😊  https://news.yahoo.co.jp/articles/b46c7ba42dcb1cd4488cd9f784e862f4dbb61e27 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神西純矢投手(20)が25日、西宮市内の球団施設で契約更改に臨み、50万円増の1250万円でサインした。

    「『今年は初勝利をすることができてよかったな』と言ってもらいました」。プロ2年目の今年は、5月19日ヤクルト戦(甲子園)で5回無失点で、プロ初登板&初先発で初勝利をつかんだ。6月6日ソフトバンク戦(甲子園)では先発予定だったガンケルが体調不良で回避し、代役として緊急先発をするも3回3失点で黒星。1軍登板はその2試合にとどまった。

    「1軍に定着することができずに、シーズン後半の優勝争いをしているところでチームに貢献することができなかった。勝つことはできたんですけど、悔しいシーズンだったなと思います」。プロ初勝利の思い出よりも、悔しさが勝る1年だった。3年目を迎える来季へ「来年は1軍に定着して10勝を挙げられるような活躍ができたらいいなと思います」と力強く誓った。

    (金額は推定)




    先発ローテに食い込め! 阪神・西純矢「来年は1軍に定着して10勝」50万円アップで更改― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/25/kiji/20211125s00001173370000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・西純は4スタンス理論で「B2」タイプであることを再確認した。創志学園時代から理論の存在を知り、基礎知識はあったという。

     「僕の場合はB2タイプと知っていた。かかと外側。改めてチェックしたら、やっぱりB2。福原さん(1軍投手コーチ)や安藤さん(2軍投手コーチ)と同じでした」。かつての猛虎の主戦投手たちと同タイプと知ったことも収穫。球界では楽天・田中将もこれに当てはまる。

     「お尻とか外旋の力が強いので、首の付け根を軸として意識すれば、後ろもつながってボールも安定するという話だった」。藤井康コーチの講義ではモデル役も務めた。ヤクルト・奥川、オリックス・宮城の同学年投手たちのシリーズでの活躍にも刺激を受け、3年目の飛躍を誓った。




    続きを読む

    このページのトップヘ