とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    井上広大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今春の阪神1軍キャンプでは右翼争いに挑む4年目・井上が新型バットで、レギュラー獲りに照準を合わせた。年明けからは2年連続で参加した巨人・岡本和らとの合同自主トレからバットを振り込んでいる。

     「感触は全然悪くない。キャンプにはいろんなタイプのバットを10本くらい持って行く。今のところは(ヘッドを)くりぬかないのが一番いい感じ」とヘッドの形状、グリップの太さ、そして重さが違う複数のタイプを用意し、体の状態に合わせて、ベストスイングができるバットを使うプランだ。

     「長さもそんなに長くなくていい。(34インチ=約86センチから)と少し(33.5インチ=約85センチに)短くした。疲れたりしたときに、いろんな引き出しがあれば」とスタートから快音を響かせる決意だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/611ce2913a2dd508bb62a49589f49d7245c13b38


    【阪神・井上広大、定位置獲りへ今オフからローリングス社の用具を使用 新相棒&鈴木誠也グラブ】 >シーズン終了後、昨年10月の秋季練習から、ローリングス社の用具を使用 #道具からみるプロ野球  https://www.sanspo.com/article/20230125-5J43B7SULVNPPI7WQNVS6F7CTQ/?outputType=amp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神井上広大外野手(21)が尊敬するスラッガーの金言をアーチにつなげる。巨人岡本和の自主トレに2年連続で参加。前日20日に打ち上げ、この日は鳴尾浜でロングティーなどを行った。右の大砲として期待のかかる高卒4年目は、理想の打撃を目指し、ボールの捉え方を吸収。「点で捉えないと(岡本和は)言っていた。線で捉える感じを教えてもらった」と、侍ジャパンの一員でもある師匠からの言葉を明かした。

     昨季は1軍で5打数無安打と悔しさも残ったが、ウエスタン・リーグでは11本塁打と自身初の2桁アーチに到達。「自分がホームランバッターになりたいか、なりたくないかで、打ち方が変わる(と教わった)。自分が目指しているところもそこ」。今季5年連続の30本塁打を放った岡本和も、初の30本達成は高卒4年目の18年。師匠の背中を追い、飛躍の1年にする。

     昨秋11月安芸キャンプの打撃には岡田監督も絶賛。今春キャンプも1軍スタートが決まっており、森下、前川らとの開幕右翼争いが予想される。「やってきたことを継続してできれば。しっかりと出せるように準備していきたい」。どっしり構え、定位置取りへ猛アピールする。【波部俊之介】

     ○…育成ドラフト1位の野口恭佑外野手(22=九産大)が、井上のロングティーの打球を見て目を丸くした。「やっぱり体格も大きいですし、軽く打ってあそこまで飛ぶので、やっぱりすごい」と1つ下だが、プロで3年やってきた右の大砲の実力を見せつけられた。さっそく、本人を直撃し「うまく力まず打つ、軽く打ってみたいな感じで飛ばしてという練習」とコツを聞き出していた。

     ○…島田海吏外野手(26)が体重増で外野の定位置を狙う。昨季は自己最多123試合、スタメン68試合に出場し、チーム3位の21盗塁をマークした。だが「あんまり注目されていない」と右翼、左翼争いでは新外国人や若手の名前ばかりが挙がっている。「打たないとレギュラーにはなれない」と、昨年12月からウエートトレーニングで体重を3キロ増やした。力強さを増した打球で安打を増やし、道を開く。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73e2b0f2e809e1388ffc9f459aefac103505f14c


    新人選手たちの前でロングティーに励む #井上広大 選手。すっかり先輩の貫禄が漂いますね。 pic.twitter.com/JirObWlngP


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は19日、兵庫県西宮市内でスタッフ会議を開き、春季キャンプの1、2軍メンバーの振り分けを発表した。岡田彰布監督(65)は阪神の指揮官として15年ぶりの春季キャンプに向けて「『いよいよだな』という感じ。2月1日にどういう姿でグラウンドに来るかっていうのは楽しみ」と心待ちにした。

     1軍スタートとなった前川、井上らについて「抜てきじゃなしに、もう普通に入れただけ。全然抜てきしたわけじゃないです。(昨年)11月の安芸のキャンプの時に『なんか、これはいけそう』という感じは持っていた」と大きな期待と寄せた。

     一方で負傷のため2軍スタートとなったドラフト1位の森下については「この時期に無理してもしょうがない。慌てるっていうかね、全然(練習が)できないわけじゃないんで、2月半ばくらいに合流できたらとは思っています」と語った。

     2月11、12日には1、2軍合同の紅白戦を実施予定。「選手は当然分かってると思うんで。2軍スタートのもんも、そこでアピールして、そこで何人かは入れ替えるつもりでいるんで、選手もね、その気になってやるんじゃないですか」と生き残りに向けた切磋琢磨を期待した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1601c3326e993b5edb96a74f37d6ff9528ba781c


    よーしよしよし!! 前川くんよし! 井上くんよし! 高山くんよし! 糸原くんよし!!!!



    楽しみなのは、井上くんと前川くんとミエセスかな❓😁 早く猛虎キャンプリポートが視たいわ😍 #阪神タイガース  https://www.daily.co.jp/tigers/2023/01/19/0015977720.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2020年高卒入団の“黄金世代”が23年に4年目を迎える。投手はロッテ・佐々木朗希投手、ヤクルト・奥川恭伸投手、オリックス・宮城大弥投手らがすでに1軍で成績を残した。野手でも22年に最多安打を獲得した中日・岡林勇希外野手のほか石川昂弥内野手、ヤクルト・長岡秀樹内野手らがいる。阪神の主砲候補・井上広大外野手も飛躍が待たれる。

     高卒野手はじっくりと数年間鍛えられてから1軍でチャンスをつかむ例が多い。特にスラッガーとして名を残す選手は4年目に飛躍の足がかりをつかみ、その後チームの主軸に成長している。

     以下は近年、球界を代表する打者に成長した選手たちの高卒4年目の成績だ。

     打者名(出身校、球団とドラフト順)と4年目成績。

     池山隆寛(市尼崎・ヤクルト83年度2位) 87年 127試合13本塁打46打点、打率・250

     中村紀洋(渋谷・近鉄91年度4位) 95年 129試合20本塁打64打点、打率・228

     岩村明憲(宇和島東・ヤクルト96年度2位) 00年 130試合18本塁打66打点、打率・278

     中島裕之(伊丹北・西武00年度5位) 04年 133試合27本塁打90打点、打率・287

     中村剛也(大阪桐蔭・西武01年度2巡) 05年 80試合22本塁打57打点、打率・262

     中田翔(大阪桐蔭・日本ハム07年度1巡) 11年 143試合18本塁打91打点、打率・237

     山田哲人(履正社・ヤクルト10年度1位) 14年 143試合29本塁打89打点、打率・324

     近藤健介(横浜・日本ハム11年度4位) 15年 129試合8本塁打60打点、打率・326

     岡本和真(智弁学園・巨人14年度1位) 18年 143試合33本塁打100打点、打率・309

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a80eee0dfa37d2bf7f96b8e14192c536800e82b8


    阪神・井上広大は23年を飛躍の契機にできるか 高卒4年目にブレークした強打者たち(デイリースポーツ) ドラフト前の彼は意外なほどスカウトの評価が低かったな… 明らかに長距離打者なんだけど 走れないとかイロイロ言われてたみたい 大変ね(´ω`)  https://news.yahoo.co.jp/articles/a80eee0dfa37d2bf7f96b8e14192c536800e82b8 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神井上広大外野手が巨人岡本和から打席の極意を学んでいく。オフは昨年に続き、2度目の合同自主トレを行う予定。秋季キャンプでつかんだ収穫や課題を大砲と意見をすり合わせる。

     「打てない時、どういう考えで打席に立っているのかは大事になると思う」と積極的に質問していく。3日は東大阪市内で行われた選手会イベントの「キャッチボールクラシック2022全国大会」に参加。多くの少年少女とふれあい「自分の時より、上手なんじゃないかなと」と笑顔だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e3ef38c88642ed012e019af4701ba751086166


    #キャッチボールクラッシック <東日本大震災の影響により外で野球ができない福島県の子どもたちのため、日本プロ野球選手会が考案した競技> 知りませんでしたいい取り組みですね。井上広大くんや池田陵真くん、たくさんの選手が駆けつけ⚾️  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202212030000690.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    来年は井上広大くんに1軍でガンガン打ってほしいな〜!💪🏻


    続きを読む

    このページのトップヘ