とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    井上広大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     11月19日に右足首を捻挫し、一時は松葉づえ生活だった阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=が、約1週間前からフリー打撃を再開していることが25日、分かった。右足首は慎重な調整にならざるを得ない箇所で、プレー再開まで時間が掛かると見られていたが、驚異的な回復を見せている。

     井上は学校のグラウンドで練習に励んでおり、フリー打撃ではフルスイングではないが、力強い打球を飛ばしているという。ノックでゴロ捕球も行い、ジョギングも再開。まだ患部に強い負荷は掛けられない中で、順調に調整を進めている。

     24日には年内の自主トレを打ち上げた。年末年始は治療しながら、来年1月の新人合同自主トレに備える。

     井上は11月19日の下校中、大阪府内の駅の下り階段で利用客と接触。後ろから押されるような形で体勢を崩し、右足首をひねった。骨には異常がなかったが、球団は「軽くはない」と説明。12月1日に行われた球団の体力測定では一部のメニューしか参加せず、体幹を中心としたトレーニングに取り組んでいることを明かしていた。

     来年1月の新人合同自主トレは別メニューになる見込みだが、春季キャンプ中には通常メニューをこなす姿が見られるかもしれない。




    🐯ドラ2井上... 驚異的な回復力! 1週間前からフリー打撃再開!👍 #阪神タイガース #井上広大 記事デイリーさん pic.twitter.com/s8svqIToX0



    @yakyuragu ええ? 無理しなくていいよ(・・;)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎の4番から侍の4番へはばたく!ドラフト2位の井上広大外野手(18=履正社)が14日に大阪市内のホテルで東大阪リトルシニアの激励会に参加し、現役中学生や父兄約160人の前で飛躍を誓った。「是非、阪神タイガースの4番になって!」と声が飛ぶ中、期待の長距離砲は将来的な日本代表の4番奪取へ意気込んだ。

     「これだけ大勢の方が自分のことを祝ってくれたので、とてもビックリした気持ちです。周りの方からの期待を感じるので、皆さんの期待に応えられるように、一日一日頑張っていきたいです」

     六甲おろしの音楽とともにさっそうと姿を現すと、大歓声に包まれた。集まる視線、寄せられる期待の大きさをヒシヒシと感じると、背筋をピンと伸ばした。「小中高と主軸という形で3番や4番を打たせてもらってきたので、プロでも4番バッターを目指して頑張りたいです」。中軸の理想像に挙げるのが履正社の先輩でもあるヤクルト・山田哲だ。

     11月に開催されたプレミア12。韓国との決勝戦で世界一へ導く決勝3ランを放った勇姿がまぶしかった。「期待されている場面で結果を残されたので、やはり一流の選手だと感じましたし、自分も一打で試合を決められるような選手になりたい」。昨年12月末には茨木市内の履正社グラウンドで激励も受けた。「大きいな。プロでも通用するから頑張れよ」――。そのひと言は今も支えだ。

     「高校時代はU18に選ばれなかったので、日本代表としてプレーすることがまだできていません。何としても、何年先になるか分からないですけど、自分の力を十分発揮できる時に日の丸を背負って世界一に輝きたい」

     いずれは虎の4番、そして侍の4番へ。大志を抱いてプロの荒波へ飛び込む。(吉仲 博幸)




    見上げらてるのめちゃかわええ 阪神ドラ2・井上 虎の4番から侍4番へ!履正社先輩の山田哲から刺激「日の丸背負って世界一に」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/15/kiji/20191215s00001173042000c.html 



    井上デカすぎ。ここ数年は東大阪シニアのクリーンアップが履正社に流れている気がする。 阪神ドラ2・井上 虎の4番から侍4番へ!履正社先輩の山田哲から刺激「日の丸背負って世界一に」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/15/kiji/20191215s00001173042000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/11(水) 14:09:59.94 ID:EkyAeSWaa
    流石や

    ソースはインタビューや入団会見



    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/11(水) 14:11:00.43 ID:EkyAeSWaa





    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/11(水) 14:11:55.12 ID:EkyAeSWaa
    意識高いなあ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1576040999/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    阪神が2日、大阪市内のホテルで今秋ドラフト指名選手の新入団発表を行った。ドラフト2位、履正社・井上広大内野手(18)の背番号は「32」に決まった。

     会見では、タイガースのユニホームに袖を通した。人生初めての縦じまだといい「自分に似合っているか不安なんですけど、やっとプロ野球選手になったという気持ちで引き締まっています」と笑顔を見せた。

    セールスポイントには「長打力」を挙げ「積極的に振っていくフルスイングを見て欲しい」。目標とする選手には勝負強い打撃の福留を挙げた。

    目標とするタイトルを聞かれると「ホームラン王です」と迷わず答えた。同タイトルを取るためにに「40本」と目標を設定する井上に矢野監督は「40本と言わず、50本、60本と」と、さらなる大きな期待の言葉をかけた。その言葉に井上は「最終的には『60本』を目指して頑張りたいと思います」と、笑顔で目標を修正していた。

    決まった背番号「32」については「まさかこんないい背番号を付けさせてもらえると思っていなかった」。同背番号には、来季から昇格する新井良太1軍打撃コーチの印象があるという。「しっかり、この『32番』にふさわしいような選手になれうように頑張りたいと思います」と気持ちを新たにした。

    和製大砲として、将来の4番とし期待がかかる。「自分はずっと、高校からホームランにこだわってきている」。阪神のホームラン王となれば86年バース(47本)までさかのぼり、生え抜き選手となれば84年掛布(37本)が最後。「タイガースに入っても、誰も60本以上というのは打っていないと思う。それを目指して、誰にも負けないように」と、力を込めた。




    阪神2位 井上の夢は本塁打王 「60本を」背番号32 (日刊スポーツ) 打ちまくれーっ!!🤨👌⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-12020398-nksports-base 



    みんな初々しくて可愛いいなぁ~(*´ェ`*) にやにやしちゃうわw みんな縦じま似合ってるよ~( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡ 井上くん年間60本?! でHR王期待してるで!!!w  https://twitter.com/toratele/status/1201356843307560961 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社高=が1日、バックスクリーン3連発の再現を誓った。他の新入団7選手と甲子園歴史館を見学し、85年の伝説シーンに感激。「自分が一番最後の打者だったらいいな…」と、当時の大トリの岡田彰布氏(62)のように劇弾を放つ姿をイメージした。

     「もう一度、プロ野球選手になって打ちたい」。今夏の甲子園は決勝戦で星陵を下し、ヤクルトのドラフト1位・奥川からバックスクリーンへ特大アーチ。偉大な先輩がまた、心を沸き立たせてくれた。バース、掛布、岡田。「僕もホームランバッターを目指してやってきているので」と熱い気持ちを隠さなかった。

     球団地元の大阪出身で30発をクリアしたのは、85年の岡田(35本)だけ。近未来の主軸候補にかかる期待は絶大だ。高校通算49本塁打、187センチ、97キロ。館内には自身が甲子園で使用したバットが展示されており「1日でも早く活躍して飾られたい」とプロでも歴史に名を残すつもりだ。

     右足首捻挫の影響でこの日の体力測定は一部見送り、当面は体幹強化が中心になりそう。「タイガースに入っても年齢は一番下。焦ることなく、しっかりと準備していきたい」とメンタルも頑丈だ。大阪生まれの右の大砲。「岡田2世」の襲名権は、十分すぎるほど持っている。(長田 亨)

     ◆バックスクリーン3連発 1985年4月17日の巨人戦(甲子園)。1―3の7回2死一、二塁からバースが逆転3ラン。掛布、岡田も続き、クリーンアップが3者連続で槙原から中越え本塁打を放った。球団史上唯一の日本一に輝いた85年の象徴的なシーンとして、阪神ファンの伝説となっている。




    「もう1度、プロ野球選手になって、バックスクリーンにホームランを打ちたい」by井上広大 #日刊スポーツ 広大くんはしっかり育てて4番を打てる選手に育ててもらいたい! 勝男ちゃん!頼むよ!🙏 pic.twitter.com/ml96Obgdwv



    阪神2位井上広大、甲子園で「もう1度」ホームラン  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912010000920.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  ドラフト2位の履正社・井上広大外野手(18)は甲子園歴史館で展示された「バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発」に刺激を受けた。


    続きを読む

    このページのトップヘ