とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    及川雅貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神高卒3年目の及川雅貴投手が甲子園での先発勝利に意欲を見せた。昨季は中継ぎでプロ初勝利をマーク。今季は先発で勝ち星を挙げ、本拠地初お立ち台を狙う。

    鳴尾浜で自主トレ中の左腕は「今年は先発でスタートさせてもらうので、シーズン中もそのまま投げられるなら、(お立ち台に立つ)確率も上がってくると思う。まずは(先発で)初勝利して甲子園のお立ち台に立てるように、しっかり気持ちを持ってやっていきたい」と意気込んだ。




    阪神・及川、先発勝利で甲子園お立ち台必ず! 本拠地では未経験もファンの「頑張れという声に応えたい」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/17/kiji/20220117s00001173069000c.html  どん底から這い上がった及川くんは強い✨きっと輝けるっ😊 及川くんも誰かのヒーローだよ〜🦸‍♂️✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・及川雅貴投手(20)が13日、年明け後初めて鳴尾浜での自主トレを行った。昨季、中継ぎで39試合に登板し2勝3敗10ホールドとブレークした若虎は今季から先発に挑戦。飛躍し、横浜高野球部の先輩、タレントで歌手の上地雄輔(42)に登場曲を歌ってもらうことを目指す。

    「それに見合う結果を出さないといけない。難しいことだけど一年一年しっかりやった結果で、そうなればうれしいなと思います」

    母校へは年末にあいさつに出向き、上地には年始にあいさつのメッセージを送った。昨季も登場曲には遊助(上地のアーティスト名)の「ひまわり」を使用したが、結びつきが強いことで知られる同校の先輩後輩の仲だけに、及川は一気の飛躍でオリジナル曲の〝おねだり〟を狙う。

    阪神では秋山が親交があった「EXILE」のATSUSHIと2桁勝利で登場曲を作ってもらう公約を結び、昨季それを達成した前例もある。 キャッチボール、ランニング、ウエートトレなどで汗を流した左腕は「今年は先発に挑戦させてもらえるので、2桁勝利を目指していきたい」と力強く意気込んだ。(長友孝輔)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神及川雅貴投手(20)が9日、地元の千葉・匝瑳(そうさ)市で行われた成人式に出席し、「オトナのの誓い」を立てた。「先発をやらせてもらえるとしたら、やるからには2桁勝利。貯金もしっかり残していきたい」。昨季はプロ初勝利を挙げるなど、39試合に登板して救援陣の一角を担った。今季は矢野監督が先発起用の方針を明言しており、3年目左腕も開幕ローテーション入りに気合十分だ。

    先発として長いイニングを投げ切るために、「省エネ」がテーマとなる。2段モーションのダイナミックな投球フォームは、足を上げた際に体を大きくねじるため、エネルギー消費が激しい。「もうちょっとフォームをコンパクトに。ねじりの幅を(少なくなるよう)意識しています」。

    さらに、試合の要所でギアを一気に上げるため、力配分にも気を配る。「(昨季)序盤は(常に)100%でしたけど、終盤は力感を抜いて投げたりとか意識していました」。救援での経験を生かし、がむしゃらに投げるだけではない「大人の投球」へのモデルチェンジを目指す。

    今年の漢字1字は「挑」を選んだ。「やっぱり継続していかないとダメだと思う。今年も来年もという気持ちで、もう1回挑戦という意味で『挑』。一からアピールが始まるので」。年明けに千葉・香取神宮で引いたおみくじは大吉だった。ドラフト同期で昨年大ブレークしたヤクルト奥川やロッテ佐々木朗、オリックス宮城らにも負けられない。愛称「オヨヨ」の22年シーズン、飛躍への視界は良好だ。【中野椋】

    ○…匝瑳市の成人式は「及川フィーバー」になった。260人の新成人が出席した式典では、及川のプロフィルが読み上げられ、今季の活躍を期待される異例の演出。式後はツーショットを求める友人らが殺到した。太田安規市長(77)は「彼は匝瑳市の星。匝瑳市は難読地名なので、ぜひ匝瑳市が全国版になるように頑張っていただきたい」と期待。成人式を終えた及川は「本当に何不自由なく、育ててくれて感謝しています」と両親に感謝した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/02(日) 06:03:40.25 ID:CAP_USER9
    1/2(日) 5:15配信
    東スポWeb

    左から阪神・伊藤将司と及川雅貴(東スポWeb)

    「平成の怪物」松坂大輔投手(41)が現役生活に別れを告げた2021年。世代交代を象徴するかのように、2人の〝ハマの左腕〟が矢野阪神で頭角を現した。

     昨年のドラフト会議で2位指名された伊藤将司投手(25)は球団新人としては13年の藤浪以来となる2桁勝利に到達。もう一人が貴重な中継ぎ左腕として急成長を遂げた及川雅貴投手(20)だ。主力中継ぎ投手たちが相次いで不振に陥る中、リリーバーとして抜てきされた若武者は39試合に登板し、防御率3・69、10ホールドの活躍で虎ブルペンの救世主的な存在に。150キロ台の快速球で打者の内角を鋭く突く強気な投球で自身の真価を証明した。来季は先発に挑戦することが既に決まっている。

     両者ともに出身は神奈川・横浜高。2人に共通するテークバックが小さく球の出どころが見えにくい投球フォームは、この名門校で「勝てる投手」になるべくたたき込まれたものだ。長く監督として同校を率いた名将・渡辺元智氏も21年の虎党を支えた2人の教え子に「伊藤将はプロの舞台に入ってすぐに結果を出してくれた。阪神とのいいご縁があったからこそ。及川も結果がでない悔しい時期もあったかもしれないが、首脳陣の方たちにチャンスを頂くことができた」と目を細める。「松坂以降の生徒たちは皆、彼に憧れて横浜高校に入学してくれた。伊藤将も及川も先輩たちが築いてくれたものを継承すべく頑張ってくれている。頼もしいですね」。

     松坂、成瀬、涌井など数多くの名投手をプロの舞台へ送り出してきた横浜高。平成の怪物の遺伝子は、令和と元号を変えた現在も脈々と続いている。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b995d0e5f05551c7da7a6fb419621916a755111

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/02(日) 06:18:53.92 ID:g3diPYqh0
    二人とも現役期間長そうなフォームしてやがんだよなあ



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1641071020/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・及川は先発転向を見据え、今オフはチェンジアップを磨き上げる。「前からチェンジアップは投げているんですけど、どうしても習得しきれない部分があった。選択肢として(序列は)最後なんですけど、やっぱり先発となったら緩急というか、そういうのが大事になってくると思う」。21日は鳴尾浜球場で自主トレ。伊藤将からも助言を受けるなど、今後も試行錯誤を続けていく。






    大きな武器となってくれるはず。 阪神及川雅貴「なんとかしたい」チェンジアップ改善へ 伊藤将司に教わる  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112200000856.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

    このページのトップヘ