とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    及川雅貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    237: 名無しさん@\(^o^)/ 19/12/03(火)14:09:20 ID:7m.pg.L1
    阪神ドラ3及川のインタビュー記事
    https://www.yaruki-lab.jp/person/oyokawamasaki/

    高橋遥人について
    自分が目指しているのは球団のエースになること、球界を代表する投手になることですから、現時点ではまったくかなわない方たちですけど、「抜かさないといけない」と強い気持ちを持つようにしています。




    249: 名無しさん@\(^o^)/ 19/12/03(火)15:56:40 ID:KQ.k6.L22
    >>237
    183センチ74キロってガリガリすぎやろ
    これで体デカくしたらどんな球投げるんやろ

    250: 名無しさん@\(^o^)/ 19/12/03(火)16:03:57 ID:iC.s6.L2
    >>249
    寮の飯食いまくってもらわなあかんな

    251: 名無しさん@\(^o^)/ 19/12/03(火)16:07:06 ID:Yi.s2.L8
    >>249
    この体型で153放ってるんだから楽しみやわ

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575203000/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     平田さんとまた勝負したい――阪神ドラフト3位の及川雅貴(およかわ・まさき)投手(18、横浜高、183センチ、74キロ、左投げ左打ち)が2日、大阪市内のホテルで開かれた新人選手入団発表会で、中日の主砲・平田良介外野手に挑戦状を突きつけた。

     対戦したい打者を問われると、大阪桐蔭高OBらの名前を挙げた。平田と森友哉捕手だ。中学3年生のとき、テレビ番組で対戦経験があるからだ。

     「中学生でプロと対戦できるという、めったにない貴重な経験ができた。平田さんからは空振り三振が取れた。森さんには追い込んでからスライダーが甘いところへいって、逃さずセンター前へヒットを打たれました」

     3年前の思い出だ。当時は侍ジャパンU―15の代表に選ばれるほどの左腕だった。平田は138キロのストレートで空振り三振。西武の秋山翔吾外野手も含めて挙げた3人との対戦に夢をはせるのだ。

     まずは体づくりから。「プロ野球選手から見れば、僕はまだまだ体が細い。下半身を鍛えて土台をしっかりつくれば、安定感も出て、ボールにしっかりと力が伝わるようになると思う」と及川。成長した姿を近い将来、平田らに見せつけるつもりだ。




    あれから3年か… 早いなぁ😅 阪神3位・及川「平田さんと“また”勝負!」中3のとき、中日の強打者と対決「空振り三振取れた」(中日スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010024-chuspo-base 



    そういえば平田と及川対戦してたな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神が2日、大阪市内のホテルで今秋ドラフト指名選手の新入団発表を行い、ドラフト3位、横浜・及川雅貴投手(18)の背番号は「37」に決まった。

    タテジマユニホームに初めて袖を通し「今まではユニホームを見ている側だったけど、今度は見られる側になった。ワクワクしています」。同期入団選手の中では最多の3度甲子園に出場したが「悔しい思い出が多い。悔しさを晴らしたい」と意気込んだ。

    中学生の時はテレビの企画で西武森、中日平田ら強打者と対決。当時は森に中前打を打たれ「1軍の舞台でリベンジしたい」と再戦を熱望した。

    目標はマリナーズ・菊池雄星投手で「同じ左投手。世界で活躍できるように頑張ります」。高校時代までは変化球で三振を取ることが多かったが「(プロでは)ストレートで三振が取れる投手になりたい。まずは2桁勝利」と大きな目標を掲げた。

    ◆及川雅貴(およかわ・まさき)2001年(平13)4月18日生まれ、千葉県出身。須賀スポーツ少年団で野球を始め、八日市場二中では匝瑳(そうさ)リトルシニアに在籍。横浜に進み、甲子園には1年夏、2年夏、3年春と出場した。直球の最速は153キロで、鋭いスライダーも武器とする左腕。50メートル走6秒0、遠投110メートル。183センチ、74キロ。左投げ左打ち。




    【阪神タイガース新人選手入団会見】 阪神からドラフト3巡目で指名を受けた横浜・及川雅貴と4巡目の東海大相模・遠藤成が同期入団の選手らと共に大阪市内で入団会見に臨み、真新しいタテジマのユニフォームに袖を通した。背番号は及川が37、遠藤が45に決まった。#横浜高校 #東海大相模 #阪神タイガース pic.twitter.com/geiw4zzl6A



    及川雅貴投手、背番号37でスタート。素直で誠実で、目上の人をたてられる好青年。弱肉強食の世界とはいえ、マジメに努力すれば成功できることを世に示してほしいです。目指せ200勝!と願いつつ、「2番ライト及川」でも一流になれそうな予感大(私見です)。#hanshintigers  https://twitter.com/nikkannaruohama/status/1201370390229991425 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    60: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/01(日) 19:49:01.31 ID:c0DWiJEC0
    午前中に体力測定を行ない、垂直跳びと30メートル走で、及川は8人中トップの成績を記録した。30メートルでは3秒91をたたきだし、4秒を切る好結果に。
    見守った阪神の球団トレーナーも、「4秒を切るのは、近本や江越、植田くらい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000140-dal-base 

    身体能力は及川が現時点NO1

    70: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/01(日) 19:55:48.86 ID:wd0Vx1Kx0
    >>60
    まあ江越も身体能力はいいからな

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1575193629/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


     視線の先には将来的にライバルになるであろう、自身と同じ左腕がいた。16日に高知・安芸の秋季キャンプを見学に訪れた阪神ドラフト3位指名の横浜・及川は、ブルペンで高橋遥の投球に見入っていると、近づいてきた矢野監督に「高橋遥人に勝てるか?」と聞かれ「勝てます!」と即答。投手として必要な強気な一面を見せ「頼もしいなと」と指揮官を感心させ、自身の愛称で落語家・桂文枝のギャグでもある“オヨヨ”と言わしめた。

     「球の質が違うというのは後ろから見ても伝わってきました。自分もそういった高い質の球を投げられるように試行錯誤していきたい」

     レベルの差を感じながらも自身の課題と重ね合わせて見ていたという。「チェンジアップが得意ではないので(高橋遥には)そういったところは教わっていけたら。球の質、投げ方も似ているところがあったので学んでいけたら」。盗めるところはどんどん盗む――。高橋遥の横で投球していた藤浪にも触れ「藤浪投手は別格だった。それを見られただけでも、いい経験ができたなと思います。自分がいいと思ったことは取り入れて、聞けたら聞いていきたい」と充実の時間を振り返った。

     現在は、球質向上へ手首を柔らかく使って投球するなど工夫を凝らしているという。左右の大器を自身の目で見たことで、今後の練習への大きな励みになると同時に参考にもなる。一足早い“挑戦状”は己の気持ちを高めるためのもの。左腕エースになるという確かなビジョンが見えた一日だった。(長谷川 凡記)




    及川くんが高橋遥人から教わる! 高橋遥人が人に教える! そんなことできるんか… えーっと、あのーここをこーして… えーっと… これで終わる 阪神 ドラ3及川 矢野監督の「高橋遥人に勝てるか?」に即答「勝てます!」 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/17/kiji/20191117s00001173149000c.html 



    いいところをたくさん吸収して欲しいね☺️☺️ およよ頑張れ〜💪💪💪 阪神 ドラ3及川 矢野監督の「高橋遥人に勝てるか?」に即答「勝てます!」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000074-spnannex-base 


    続きを読む

    このページのトップヘ