とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    小川一平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神紅白戦、白組-紅組」(4日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神の2番手で登板した小野と小川が精彩を欠いた。両者とも三回から2イニング投げた。

     白組の小野は2回3安打3失点。1イニング目は無失点に抑えたが、四回は四球と守備の乱れからピンチを招き、北條、栄枝にタイムリーを浴びた。

     紅組の小川は三回、中野にプロ初安打を打たれ、坂本、山本に右越えのタイムリーを浴びた。続く四回も制球が定まらず、1点を失い、結局2回4安打3失点だった。




    阪神 2番手の小野、小川が精彩欠く(デイリースポーツ) 相変わらず小野は制球難かー 馬場は先発転向らしいけど中継ぎ継続の方がいいような気がするなー 先発枠には入れないと思うけどなー ローテの谷間で中田や岩田使うよりは齋藤に期待 #小野 #阪神タイガース #紅白戦  https://news.yahoo.co.jp/articles/f844b8e05d3e2f24f0fb867753743f4b978d0eff 



    @furufu0214 小野は好不調の波が大きく使いづらいです。 番組で藤川が馬場は考え方さえ変われば凄いみたいな事を言ってました。今年は幸いにも控えも含め先発は数がいるんですよね。1軍行きたいなら中継ぎがいいと思われるんですけどね。 斎藤は今年期待しています!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の1軍キャンプで導入されているワンデーキャプテンの3日目は野手が木浪、投手は2年目の小川が務め、ピンクユニホームでチームを引っ張った。北條、小幡、そしてルーキー中野らと遊撃定位置を争う木浪は川相臨時コーチとも積極的にコミュニケーションを取り、充実したキャンプのスタートを切っている。初の1軍キャンプとなった小川はキャプテン指名に少し緊張の面持ちで、盛んに声を出していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09377443e546649227d20ed5f1d7ea1d4d8b3fc8




    今日のワンデーキャプテンは小川投手と木浪選手⚾️ pic.twitter.com/GChuKMYZMj



    今日のピンクユニは木浪と小川一平か!  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1356749264764903425 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神2年目の小川一平投手は1軍沖縄キャンプで縦変化をモノにする。

    26日に続き、鳴尾浜でブルペン投球。習得中のフォークを試し続けている。人さし指をボールの縫い目にかける新球の仕上がりは「まだまだ」と言うが、昨季2軍降格中に岩崎から「試合で使っていかないと」とアドバイスされたこともあり、今キャンプの実戦では積極的に試す予定。「接戦で投げて頼りにされる投手になりたい」と気合十分だ。







    去年は一軍Cに呼ばれなかった小川一平、期待してる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神2年目の小川一平投手が藤浪に助言を求める。

    今オフはフォークの習得を目指しており、現在も感覚をつかむためにさまざまな投手に極意を“取材中”。初の1軍キャンプで「藤浪さんにも聞いてみたいです」と話した。

    ルーキーはライバルになる即戦力投手が多いが、目指すは勝ちパターン入り。キャンプでは「いつ投げてもいいようには準備をしています」と、実戦で猛アピールする意気込みだ。







    去年は一軍Cに呼ばれなかった小川一平、期待してる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小川一平投手は40試合登板が目標だ。プロ1年目の昨季は21試合で防御率4・71。現役最終年となった藤川球児氏からフォークも教わり、2年目に向けて「倍の40試合は投げたい。防御率も3点台とかに入って、どんどんいい位置で投げられたら」。

    競争相手には横須賀工時代にも神奈川で切磋琢磨(せっさたくま)した同学年の望月を挙げ「どんどんライバル視していきたい」と力を込めた。

    続きを読む

    このページのトップヘ