とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    小野寺暖

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小野寺暖外野手(23)は、外野のレギュラー奪取へ大山を“コピー”中だ。大山、梅野らとの沖縄県内での自主トレに、プロ3年目で初参加。昨年のウエスタン・リーグ首位打者は「積極的に質問をして、たくさん(知識、情報を)得ようと思う」と貪欲だ。

    打撃練習での飛距離の伸ばし方や、ウエートトレーニングなど、技術面のスキルアップだけでなく、戦闘ボディーの作り方にも目を向けている。「薬局とかに一緒に買い物に行ったりして」主砲の買い物カゴの中身を観察。ストレッチ用の器具や体作りのための食品を買い込む姿も参考にしている。「こんなところまで気を使って生活されているんだ、というのはあらためて実感しました」。さっそくヨーグルト食品や脂肪燃焼に役立つサプリなどを買い込んだ。

    ただし、大山のグラウンド内外の姿勢を見習っても“完コピ”はしない。「昨年は大山さんと同じ型のバットを使ってたんですけど、今年はちょっとだけ細くして自分なりに変えてみました」。アレンジを加えた上で、大山から「もうちょっとくり抜いたりしたらいいのでは」と助言をもらったという。一緒に過ごす時間から、定位置獲得への準備を整える。【堀まどか】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2021 supported by リポビタンD」が15日、都内で開かれファーム部門の第一部では阪神の小野寺暖外野手(23)が努力賞、殊勲賞、ウエスタン・リーグ首位打者賞(・315)、最高出塁率者賞(・391)の4冠に輝いた。

     授賞式にはVTRで出演し「今年1年やり切った形がこうしていろんな賞をいただき、光栄に思います。何度か1軍と2軍を行き来したのですがモチベーションを落とすことなく1年間やり切れたことがこの結果につながったと思います」と感謝の言葉を述べた。

     首位打者、最高出塁率と打者部門2冠も「今年始まるときに2軍では一番打つという目標を立てて支配下になるためにやってきたので、1年間終わってこうして一番打てたことは良かったなと思います」と振り返った。

     4月には念願の支配下登録を勝ち取り「初出場の時にたくさんの方から“待っていたよ”と声をかけていただいた。もっとたくさんのファンの方の期待に応えられるようにやらないといけないなと思いました。来年は2軍でなく1軍で活躍ができるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と誓った。




    ファームアワードは小野寺、村上という阪神劇場やな。楽しみすぎる👏



    村上頌樹9冠 小野寺暖4冠 2人で13冠


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・小野寺暖外野手(23)が12日、奈良・広陵町の広陵中学校で行われた「プロ野球・奈良県人会」の野球教室に参加した。奈良県内の約90人の野球少年、少女らに身ぶり手ぶりで打撃指導。ティー打撃でプロのスイング(?)を披露すると「すごい」と歓声があがった。この後、質疑応答などのイベントで親交を深めた。

    小野寺は奈良市出身。2年目の今季、育成から支配下登録され、優勝争いを演じたシーズン終盤にスタメン出場も果たした。1軍では34試合に出場して打率・179、1本塁打、2打点。ウエスタン・リーグで首位打者となった。

    野球教室には奈良県出身のDeNA・三浦監督やヤクルト・西浦、阪神やロッテなどで活躍し、現在は独立リーグ、兵庫ブレイバーズに所属する久保、元阪神の関本健太郎氏(現野球評論家)が参加した。




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小野寺暖外野手(23)が25日、兵庫・西宮市内の球団施設で契約更改に臨み、230万円増の650万円でサインした。

    プロ2年目の今年は4月に支配下登録を勝ち取ると、1軍で34試合に出場。67打数12安打、打率1割7分9厘の成績で、9月30日広島戦(甲子園)では、プロ初本塁打もマークした。「支配下にもなって、うれしいことも多いシーズンでしたけど、やっぱり悔しい方が多かったシーズンでしたね」。ファームでは打率3割1分5厘で首位打者となり、確かな成長を見せているが、満足しない。

    来季へ向けて捕手の原口が外野に挑戦し、秋季練習では内野手の大山も外野練習に取り組んだ。競争はさらに激しくなりそうだが、育成からはい上がった苦労人は「一番はレギュラーを取りにいきたいと思います」と力を込めた。(金額は推定)




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小野寺暖外野手が22日、ヤクルト高橋奎二投手の日本シリーズ完封劇に気合を入れ直した。

    高校時代には京都翔英の主砲として龍谷大平安のエースから3ラン。今季は6年ぶりの再戦で適時打を放った。

    「3年間(高橋)ケイジから打つことだけを考えて高校野球をやっていた。またいい目標、倒す相手が出てきて毎日必死に練習に取り組めている。今年一番速いと思ったのがケイジ。打ち返せるように冬でレベルアップしたい」と腕ぶした。



    続きを読む

    このページのトップヘ