とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    井上一樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)

     天狗(てんぐ)になるなよ!阪神の井上一樹ヘッドコーチ(49)が10日、ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=に「打てるやんって思ってほしくない」と“愛のゲキ”を飛ばした。9日の日本ハムとの練習試合で“プロ初本塁打”を放ち、11日の練習試合・日本ハム戦(名護)での4番起用もある黄金ルーキーが“慢心”する可能性を戒めた。

     普段は陽気な井上ヘッドコーチが表情を変え、佐藤輝に対して語気を強めた。「ある意味、打てるやんって思ってほしくない」。今は怪物級のパワーで圧倒的な存在感を示しているが、この世界は甘くない。指導者であり、厳しいプロの道を生き抜いてきた“先輩”からのメッセージだ。

     今年の対外試合初戦となった9日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)。黄金新人は「2番・左翼」でフル出場し、右翼ポール際への実戦1号を含む3安打3打点と大暴れした。破壊力抜群の野人スイングに加え、変化球を捉える技も兼ね備える背番号8。井上ヘッドは「大したもんだよ」と舌を巻くが、現状に甘んじてほしくない。

     「これから(キャンプ)後半になって一流どころが投げてきたら、そら簡単に打てないことは分かっている」

     自身は鹿児島商から投手として1989年度ドラフト2位で中日に入団。4年目シーズンの途中から野手に転向し、力強い打撃を武器に20年間のプロ野球人生を駆け抜けた。酸いも甘いも経験してきたからこそ、伝えられることがある。天狗になるなよ-。

     11日は対外試合2戦目となる日本ハム戦(名護)。大山ら主力組は宜野座に残留する予定で、佐藤輝が4番で起用される可能性もある。「いろいろ対戦していく中で右(投手)ならこう、左ならこうと判断する材料になってくる」と矢野監督。相手の先発は左腕・加藤。9日も左腕・福田の前に空振り三振を喫しており、左投手への対応力が問われる場となる。

     佐藤輝の1年目の目標は「30本塁打と新人王」。高みを目指す21歳の姿は、周りの虎戦士の成長も促す。井上ヘッドコーチは「他の先輩たちの意地もあるだろうし、メラメラくるものを俺は期待したい」と佐藤輝がもたらす相乗効果に思いを寄せた。




    もちろん、本人もまだこんなところで油断する気などさらさらないでしょう。 【阪神】ドラ1佐藤輝明に“テング厳禁”指令…9日1号&猛打で井上コーチ「『打てるやん』と思ってほしくない」 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20210210-OHT1T50229.html 



    【阪神】ドラ1佐藤輝明に“テング厳禁”指令…9日1号&猛打で井上コーチ「『打てるやん』と思ってほしくない」(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/64dffd445a139c2c5e2ccd68e836bf8762356e40  下で粘って拾えるのは既にプロのレベルにある証拠やんね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の沖縄・宜野座キャンプで8日、ワンデーキャプテンに任命された2年目の井上が、練習前の円陣で、年長の井上ヘッドにドッキリを仕掛けた。

     声出しで「あいうえお作文」に挑戦すると宣言し、「まずはヘッドに仕返しします。井上という家族なので、先にお願いします」と堂々のむちゃぶり。「オレがやるのか!」と絶句しながら、名前の一樹から「か 格好よくみんなで  ず ずっとみんなで  き きばっていこうぜ」と決めると、井上も「こ このような大変な状況ですが  う 運を味方にして た タイガースファンを井上広大19歳が喜ばせるように頑張ります」とアピールし、場を盛り上げていた。

     また投手陣のワンデーキャプテンは青柳が務めた。




    🐯今日の「1Dayキャプテン」 #阪神タイガース #青柳晃洋 #井上広大 Repost pic.twitter.com/9Ru9OU54gb



    井上広大だー^^あと、青柳さん  https://twitter.com/hagakuretora/status/1358597547602833408 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神井上一樹ヘッドコーチが今年もユニークメニューでキャンプを味付けする。「グラウンドで厳しさと楽しさじゃないけど、メリハリをつけたメニューをね」。野手を投手の練習に参加させる、投手を外野手、内野手のノックに入れて練習させるなどのプランを明かした。

    昨年も球場BGMに布袋寅泰の「スリル」が流れると、大山らが1箱100球ティーを行うアイデアで盛り上げた。練習のマンネリ化を防ぎ、無観客で静かなグラウンドを熱くする。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が10月29日に甲子園での秋季練習を打ち上げた。最終日には大山がチームキャプテンに就任すると発表された。シーズン終了後から矢野監督が掲げるように来季は「1番近本、4番大山」が打線の中心となりそうだ。

     来季オーダーで注目されるのが、この2人をつなぐ3番打者だ。今季はシーズン序盤から固定できず、チーム最多52試合3番で先発した糸井を筆頭に、9人がスタメンに名前を連ねた。終盤には故障から1軍復帰したマルテが座っている。

     【今季の3番打者】

     糸井52試合

     サンズ28試合

     マルテ17試合

     糸原9試合

     陽川6試合

     近本3試合

     福留2試合

     大山 2試合

     中谷 1試合

     この秋、1軍打撃部門からヘッドに昇格した井上コーチは「確かに今季は3番には苦労しました」と来季への課題を口にする。

     「できることなら、例えばオーダーを組んだ時に、2021年は『1番近本、4番大山、そして3番に誰々』と言うように、1、3、4番というところはスターティングメンバーの名前を書くところに印刷されているくらいの選手をこちら側も作っていかないといけないし、そういったものをできるようになれば、またグッとチーム力が上がるような気がします」

     今季はチーム打率こそ昨季・251から・246に下がったが、得点数はリーグ最下位から4位に浮上。本塁打数も120試合ながら、94本から120本に上積みされ、攻撃力アップがシーズン2位浮上の要因となった。

     さらなる得点力アップへ、井上ヘッドは3番打者育成と同時に、戦力の底上げを狙う。来春キャンプでは第1クールから実戦形式の練習が予定されており、競争の中で見極めていくことになる。ベテラン糸井、サンズら外国人選手、今季経験を積んだ陽川、それとも急成長を遂げる選手が現れるか…。矢野阪神の命運を握りそうだ。

    (デイリースポーツ 杉原史恭)




    阪神、来季は3番固定方針 井上ヘッド「チーム力が上がる」今季は9人起用(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e9fec2c8e34770703a9f83f25081086201297690  3番いればそらありがたいけど個人的には5番作る方が強くなると思う



    3番固定と言いながら、出てくる名前が1年固定無理だろというのばかり。 どうせなら、「来年は怪我しない限り3番井上で行きます」ぐらい言ってほしい。 阪神、来季は3番固定方針 井上ヘッド「チーム力が上がる」今季は9人起用(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e9fec2c8e34770703a9f83f25081086201297690 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「脱・勝負弱い男」へ、〝ガン見〟されながら1球勝負――。阪神秋季練習の終盤、今秋からヘッドコーチに昇格した井上一樹コーチ(49)発案で、ナインの執着心をあおるユニークな打撃メニューを行っている。

    〝テコ入れ〟されたのは野手の全体練習最後に行った「ロングティー」。通常は内野グラウンドのマウンド後方付近から左翼席へ目がけ、ボールケース1かご分打ち込む。振り込みに主眼を置いたメニューだ。これに井上ヘッドは「大きな箱を100球、200球は惰性にもなりやすい。でも『この1球しかない』となれば誰だって緊張感は出るし、みんなが見ている中で決められるか」と、最後のひと振りにアクセントをつけた。

     全員が自分のノルマであるケース分を打ち終えた後、複数箇所で行っていたナインを1か所に集め、全員が「1球勝負」でスタンド・インできるかをチャレンジ。それも矢野燿大監督(51)や首脳陣をはじめ、裏方スタッフ、他のナインが打席の選手を取り囲むようにした〝衆人環視〟の中で振らせる形式。「集中力や、決定力というのは、ウチの課題としている部分でもある。この1球しかないぞ、という中で決めれるか? 決められないか? みんなが見てて、ゾクゾクワクワクする中で」と勝負強さをとことん追求したという。

     身内からのシーズン中以上?のプレッシャーを感じてミスショットする選手も出たが、今季リーグ2位の28本塁打の大山悠輔内野手(28)は見事、スタンドインの一撃。伸るか反るかの〝ひと振り勝負〟に虎ナインも大盛り上がりとなっていた。




    井上ヘッドと北川コーチは楽しそうやんなwww 最初はなにヘラヘラしてるんやって選手も含めて思ってたけど、 一週間見ていて、上手く選手をやる気にさせて練習させてるなと。 メリハリはある。 笑顔の中にもみんなライバルだらけだし、緊張感が漂ってるね。


    続きを読む

    このページのトップヘ