とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ロベルト・スアレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【トラとら虎】

     阪神のセーブ王、ロベルト・スアレス投手(29)の残留が昨年末に決定した。一時はメジャー移籍が濃厚とみられていたから、巻き返しが功を奏したことになる。矢野監督は吉報が届いたとき、「これは大きい。勝ちパターンでしっかり勝ちきることによって、チームの安定感は増す」と手放しで喜んだ。

     残留の決め手は、やはりマネーゲームを制したことに尽きる。2020年の年俸8000万円(以下金額は全て推定)から、3倍超えの2億6000万円。しかも2年契約。フロント幹部は「矢野監督のラブコールがかなり効いた」と指揮官を持ち上げたが、お金以外にプロの世界の誠意は何があろう。

     昨年はどの球団もコロナ禍の影響を受けて大幅な減収だった。阪神の場合、観客動員数一つを取っても、前年より8割以上減少している。通常なら人件費も極力抑えたいところだが、スアレスに限り破格の条件を提示した。

     この背景に昨オフの高額プレーヤーの処遇が絡むのは明らかである。一例が藤川球児投手の引退で年俸2億円が浮くことに。さらに福留孝介外野手、能見篤史投手の解雇で、それぞれ1億3000万円、9000万円をカットできたうえ、不振の糸井嘉男外野手の年俸大幅ダウンによって実質2億1500万円の余剰金。これに1億7000万円のガルシア投手、2億7000万円のボーア内野手の解雇を加えると、軽く10億円を超える人件費の削減を達成したことになる。

     「このなかから糸井のダウン額がそっくりスアレスに回ったと思えば話は早い。まあ、弱肉強食の世界ではこれが普通だけど」と球団OBのひとりは受け止める。

     目下、ベネズエラに帰国中のスアレスは当然ご機嫌で、「またタイガースの一員として戦えることをうれしく思う。優勝するために貢献したい」と、これまた当然のメッセージを送ってきた。 (スポーツライター・西本忠成)




    出所には納得したが
    むしろ去年の阪神のお金の使い方の悪さがすごすぎる ともいえる

    メジャー移籍濃厚から一転… 守護神・スアレス“残留マネー”の出所は?(夕刊フジ)
    #Yahooニュース
     https://news.yahoo.co.jp/articles/00ea786f2dd4fe943a270f2c8afd127037c46709 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は24日、今季25セーブでセ・リーグのセーブ王に輝いたロベルト・スアレス投手(29)と来季の契約を結んだと発表した。今季の年俸8000万円から3倍以上となる250万ドル(約2億5900万円、推定)の2年契約とみられる。球団を通じて来季への意気込みを口にした。

     「またタイガースの一員として戦えることをうれしく思います。来季こそはチームメートたちとファンのみなさんと一緒に優勝することができるように、勝利に多く貢献できるように頑張ります」

     ソフトバンクから加入1年目だった今季は中継ぎ陣の一角としてスタート。7月12日のDeNA戦から不振の藤川に代わってクローザーを任されると、抜群の適性を見せた。最速161キロをマークした直球に、走者を出してからの粘り強さも併せ持ってセーブを量産。来日4年目で初タイトルを手にした。

     圧倒的な活躍にはシーズン中から日米複数球団が注目。スアレス自身も11月12日の帰国時に「もちろん、阪神に残りたい気持ちはすごくあるが、自分だけの問題ではなくなるので」と残留に含みを残し、12月2日に公示された保留者名簿からは一旦、外れていた。

     条件面では阪神以上の球団もあった中、来季も絶対的な守護神候補だけに粘り強く交渉。矢野監督も帰国時に「来季は(一緒に)優勝しよう」と熱い言葉を投げかけており、ラブコールが実った形となった。




    今日のログボはスアレスだったか。来年も守護神として宜しくお願いします。 阪神・スアレス「来年こそ優勝 」3倍強の推定年俸2億5900万円で残留 (スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/91834a523d589cac0d3c66608ee9f7d783c3c997 



    阪神 年俸ランキング 1、ロハス 2億6000万円(未定・予想年俸) 2、スアレス 2億5900万円 3、アルカンタラ 2億710万円 4、チェン 2億600万円 5、西 2億円(+出来高) 6、糸井 1億8500万円 7、サンズ 1億5500万円 8、梅野 1億1000万円 9、大山 1億円 10、岩崎 9500万円


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は24日、ロベルト・スアレス投手(29)と来季の契約で合意したと発表した。

     「またタイガースの一員として戦えることをうれしく思います。来季こそは、このチームメートたちとファンの皆さんと一緒に優勝することができるように、チームの勝利に多く貢献できるように頑張ります」

     ベネズエラ出身のスアレスはメキシコリーグを経て16年にソフトバンクと契約。今季は移籍1年目の阪神でクローザーとして活躍。最速161キロの直球を武器に51試合、3勝1敗25セーブ、防御率2・24でセ・リーグの最多セーブを記録した。

     今季は1年契約だったこともあり、いったんは阪神の契約保留者名簿から名前が外れていた。メジャー球団が調査するなど、去就が注目されていた。




    ロベルト・スアレス選手と来季の選手契約を締結することで合意しましたのでお知らせします。 スアレス選手コメント「またタイガースの一員として戦えることを嬉しく思います。来季こそは、このチームメイトとファンの皆さんと一緒に優勝できるように、チームの勝利に多く貢献できるように頑張ります」 pic.twitter.com/zuIdHV15Wx



    @TigersDreamlink クリスマスプレゼントきたああああ



    @TigersDreamlink スアレスありがとう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2020 supported by リポビタンD」が17日に、東京都内で開かれた。セ・リーグの最多セーブ投手賞に輝いた阪神のロベルト・スアレス投手(29)は現在、保留者名簿から外れて自由契約の身だが「皆さんがタイガースを応援してくれるように精いっぱい頑張ります」と“残留宣言”した。

     来日5年目、阪神移籍1年目で25セーブを挙げて最多セーブ投手賞を獲得。あらかじめ収録した映像での受賞の喜び。「充実した一年を送れた」。日本でのセーブ王はベネズエラ人としては初めての快挙だった。

     「優勝できなかったことは残念でしたが、皆さんの100%の応援が、私たちも目標に向かって戦う力になりました。その姿で皆さんがタイガースを応援してくれるように精いっぱい頑張ります」

     “残留宣言”だ。今季はシーズン途中から守護神を務め、当然ながら来季も必要戦力として期待されていたが、12月2日に保留者名簿から外れて自由契約選手として公示された。国内他球団とメジャー球団による争奪戦がボッ発し、阪神からの流出危機が続いていた。

     「来季は優勝しよう」

     帰国前に矢野監督が直接送ったラブコールに応える形で今月13日に残留の意向を固めた。現時点では正式な契約には至っていないが、すでに大筋で合意に達しており年内にも発表される模様だ。

     「(今季を振り返り)しっかり準備をした状態でいることと、良いシーズンが送れるようにすることが大切だと思っていました」

     来季16年ぶりとなるリーグ優勝には欠かせない戦力だ。9回を任せられる男が確定するのは戦力編成上大きく、しかも王者・巨人に今季1点も取られていない防御率0・00の事実が頼もしい。仮に来季も2年連続のセーブ王となれば阪神では14、15年の呉昇桓(オスンファン)以来だが、その呉昇桓ですら巨人戦は2年続けて防御率は3点台だった。

     今季、スアレスは巨人戦に4試合登板して3セーブ、1ホールド。計4回1/3を無安打に抑え、1四球のみの完璧に近い救援ぶりだった。8勝16敗と大きく負け越した巨人を直接対決でやっつけなければリーグVはありえない。守護神の残留決断は、まちがいなく今オフの最大の補強。スアレスが21年のチームスローガン「挑・超・頂 ―挑む 超える 頂へ―」を体現する。(山本 浩之)




    阪神・スアレス セーブ王表彰式で“残留宣言”「皆さんがタイガースを応援してくれるように頑張ります」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/18/kiji/20201218s00001173063000c.html  残留宣言ありがとうございます♪ 最強の守護神の残留は 優勝フラグやで😁🐯



    @Taka87395102 これで決まりやな。✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2020 supported by リポビタンD」が17日に都内で開かれ、阪神のロベルト・スアレス投手(29)は初となる最多セーブ投手賞を受賞した。

     「素直にうれしいですね。自分のプロフェッショナルとして初めてのタイトルになるのでそこもうれしいですし、今年充実した一年を送れたなと思います」

     今季は7月なかばから抑え役を任され、セーブを積み重ねた。51試合に登板し、3勝1敗、リーグ最多となる25セーブを挙げ、防御率2.24の好成績を残すなどチームに大きく貢献した。

     来季の残留が濃厚となった助っ人右腕に今後も期待が掛かる。




    最多セーブのスアレスおめでとう!



    スアレス投手、最多セーブおめでとうございます!! スアレス投手に何度助けられた事か...笑 #NPBアワーズ2020


    続きを読む

    このページのトップヘ