とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    佐藤輝明

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤



    2回裏、佐藤輝のファースト強襲タイムリーヒットで4点目を追加! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #イチにカケルhttps://t.co/6I7DOWSLit



    @TigersDreamlink サトテル😉ナイス


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     19日の阪神―ヤクルト戦(神宮)は一つのミスが、勝敗に大きく影響する形になった。

     ヤクルトが1点リードの7回2死。塩見泰隆が中前打で出塁すると、続く山崎晃太朗が三塁前にセーフティーバントを敢行。三塁・佐藤輝明が猛ダッシュで処理したが、一塁への送球が大きく反れてボールはファールグラウンドを転々。一塁走者の塩見が一気に本塁生還した。山崎も一気に三塁まで進む。さらに山田哲人が右中間を破る3点目の適時二塁打で勝負の大勢が決した。

    ■ポジション定まらず

     スポーツ紙記者はこう振り返る。

    「佐藤は慌てましたね。ただ同情すべき点もあります。今季は三塁を守ったり右翼を守ったり起用法が固まらない。別の選手も漏らしていましたが、内外野を守ると送球の距離や強度が違うので修正が難しい。もちろん、プロなので対応しなければいけないですが、佐藤は4番を打つ主軸なので打撃に集中させた方がいい。守備位置を三塁に固定した方がいいと思うのですが...」

     アマチュア時代は三塁が本職だった佐藤は、阪神入団後に右翼へコンバートされた。ただ、正三塁手の大山悠輔が離脱した際に俊敏なフットワーク、球際の強さ、安定した送球を披露し、「三塁を守らせないのはもったいない」という声が上がっていた。2年目の今年は三塁へのコンバート案が上がり、2月の春季キャンプ中も三塁の練習を行っていたが、シーズンに入るとチーム事情もあり守備位置が固まらない。スタメン出場の内訳をみると、三塁が19試合、右翼が25試合。試合中に三塁から右翼、右翼から三塁に回ることも少なくない。

     3月のオープン戦で二塁のスタメンに入ったことも。延長12回制で緊急事態に備えてのことだが、人生で守ったことがないポジションに抜擢された佐藤自身が驚いていた。

    「開幕まで2週間足らずの時期に守ったことのないポジションをテストするなんて考えられない。矢野監督は守備を軽視しすぎですよ。守備位置を固定しないとチーム全体が落ち着かない。強さを維持できない要因だと思います」(スポーツ紙デスク)

     阪神は昨季86失策で4年連続12球団最多失策を記録。今年はリーグ4位の21失策だが、失策という記録がついていない拙守が依然として目立つ。選手個々の能力だけでなく、首脳陣は守備位置を固定しない起用法を見直すべきかもしれない。(中町顕吾)




    阪神・佐藤輝明の守乱、同情の余地も 「内外野を守ると...」起用法に疑問の声(J-CASTニュース) >佐藤は4番を打つ主軸なので打撃に集中させた方がいい。守備位置を三塁に固定した方がいいと思うのですが 誰だってそう思うわな  https://news.yahoo.co.jp/articles/6724e582cfa28027e74cefdc443a783882e992e0 



    ただただ、佐藤がかわいそう 阪神・佐藤輝明の守乱、同情の余地も 「内外野を守ると...」起用法に疑問の声(J-CASTニュース)  https://news.yahoo.co.jp/articles/6724e582cfa28027e74cefdc443a783882e992e0 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤



    【一軍】阪神7-0ヤクルト 6回表 テルの第10号はライナー性のバックスクリーン弾や!今夜4発目の花火でっせ! 投手:木澤 打者:佐藤輝 結果:センター右へ第10号ソロホームラン! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #イチにカケル



    @hanshintigersjp 【朗報】神宮花火大会、終わってなかった



    @hanshintigersjp 新人から2年連続二桁って誰以来なんだ?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    最下位に沈む阪神の4番・佐藤輝明内野手(23)が15日のDeNA戦(横浜)で8、9号ソロと今季初の2本塁打をブチかまし、チーム4カードぶりの勝ち越しに貢献した。

    1試合2発は昨年8月17日の同じDeNA戦以来、自身3度目。5月初アーチに佐藤輝は「早く打ちたいと思っていたので2本出てよかった。しっかり狙いを絞って一発で仕留めた。昨日2本打った人(中野)がいましたし、負けられないなと。ホームラン数で迫られていたんで離せてよかった(笑)」とユーモアたっぷりに振り返った。

    チームが開幕からズッコケている中、この男だけは頼もしい。元々が昨年「場外弾」を決めるなど相性のいい敵地でのDeNA戦であるが、前回対戦では3タテを食らい、その時の借金はワーストの16…。今回の対戦前に佐藤輝は「しっかり準備して〝リベンジマッチ〟にしたい」と宣言し、チームが左腕に2勝12敗と赤っ恥をかかされている現状にも「(自分が)一発で仕留めるのが理想」と豪語。東からの一発で、見事その〝公約〟を実行してみせた。

    今の佐藤輝には強い「後押し」もある。今季は開幕4番を任されるも、チームの不振で2、3番、守備も三塁、右翼と動かされ続けてきたが、川藤幸三OB会長(75)ら複数の大物OBが我慢の限界とばかり「打順は固定すべき。佐藤輝は4番サードで動かさない方がいい」「元々、佐藤輝はオープン戦で結果を出して4番を勝ち取った。これを大事にしてほしい」など矢野燿大監督(53)の起用法に注文。ようやくその「4番問題」も結果を出し続けることでケリがついた。

    そんな佐藤輝に矢野監督は「去年後半から苦しんだところからすると本当に成長した」と最敬礼。これで勝利数は5位のDeNAと並んで14勝。今度こそ巻き返すと信じたい。(岩崎正範)




    阪神「4番問題」解決 佐藤輝明が今季初2本塁打 複数の大物OBから「打順は固定すべき」…矢野監督の起用法に注文(夕刊フジ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/dcdb0a4e7b293297acd9351050aa05a8a88b7f0a  打順はもとより守備位置を固定して。何故サードと外野とコロコロ矢野は変えるのか。4番サード固定すれば安心して打撃に集中出来るだろうに。



    ですよね! 誰がどう考えても。 『お気に入り』采配でなければ… 阪神「4番問題」解決 佐藤輝明が今季初2本塁打 複数の大物OBから「打順は固定すべき」…矢野監督の起用法に注文 #SmartNews  https://www.zakzak.co.jp/article/20220516-MVYRV2UEZ5N43BVSTV4U4MZDWY/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐藤



    【一軍】阪神7-1DeNA 6回表 再びテル!今度はバックスクリーン右へ叩き込んだで! 投手:田中健 打者:佐藤輝 結果:センター第9号ソロホームラン!!! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #イチにカケル



    @hanshintigersjp 横浜スタジアム大好き!



    @hanshintigersjp エグすぎる


    続きを読む

    このページのトップヘ