とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    中野拓夢

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神矢野燿大監督(53)が中野拓夢内野手(25)、チェン・ウェイン投手(36)、高橋遥人投手(26)の3選手についてキャンプ2軍スタートの方針を明かした。

    中野は昨年11月の秋季練習で走塁練習中に負傷していたことが判明。球団は「下肢のコンディション不良」と説明していた。指揮官は「無理させるつもりは現状ないと思ってる。タクムがいけなかったとしても、他(の選手)にチャンスが増える」とチーム内競争を期待した。

    また、昨季左肩を痛めた影響から登板2試合にとどまったチェンについては「トレーナーの報告でもまだもうちょっとかかりそうな感じ」と完調まで時間が必要であると説明。昨年11月に左肘のクリーニング手術を受けた高橋についても「もちろん」と高知・安芸キャンプメンバーに組み込む。両左腕はこの日、鳴尾浜で練習。高橋は室内で約10球のネットスローを行った。




    阪神 中野拓夢、チェン・ウェイン、高橋遥人2軍スタート 矢野監督明かす(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f29a35077fd82fc3cf8ddfadf7497f4fb5374bf6  中野と遥人は開幕に合わせてくれたらいいよ



    阪神 中野拓夢、チェン・ウェイン、高橋遥人2軍スタート 矢野監督明かす  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202201190000783.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  それぞれに現状を見ての二軍スタートとなるみたいですね 特に中野君の二軍スタートは 激しい競争がその裏で繰り広げられるでしょう。 注目ですね🤔🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神中野拓夢内野手(25)が、陸上男子200メートル障害の元アジア最高記録保持者・秋本真吾氏(39)から「エコ走法」を伝授された。

    鳴尾浜球場で同氏の特別講義が行われ、新人や2年目の選手に向けて行われた約1時間30分のスプリントトレーニングの後、おかわりで約30分、指導を受けた。

    「今までは力んで蹴りが強く、負担がかかっていた。足を真下に置く感覚で走る方がスピードに乗るのが速いと感じたので実践したい」。追求するのは脱力し、足に負担の少ない効率のいい走り。「1年間プロで戦うには、けがしない『エコ走法』(が必要)と言われた。正しいフォームで走っていきたい」とその後も1人、ダッシュに励んだ。

    16年秋から阪神で特別講師を務め、2年ぶりの現場指導となった秋本氏は「今まで見てきた中でも(理解力は)トップクラス。コーチングしてもらったことをできるようになる速度が速い」と目を丸くさせ、「走り方を見ているとまだ速くなる」と伸びしろにも期待した。

    中野は下肢のコンディショニング不良で2軍キャンプスタートが濃厚となっているが、「自分の中では怖さは徐々に消えて、ほぼ全力の状態で走れている」とうなずいた。目標の50盗塁へ向けて「シーズンでも継続してやっていきたい」と「秋本メソッド」を染みこませていく。【中野椋】

    ▼1リーグ時代を含めて、シーズン50盗塁以上を記録した選手はのべ80人。福本豊(阪急)は72年の106盗塁を筆頭に通算14度もマークした。阪神では54、56年の吉田義男、03~05年の赤星憲広が記録。昨季はセが中野の30、パは荻野(ロッテ)ら4選手の24が最多だった。セでは05年の赤星(60盗塁)以後、50盗塁をクリアした選手は出ていない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2年連続盗塁王を狙う阪神中野拓夢内野手(25)の2軍キャンプスタートが濃厚となっていることが16日、分かった。

    1月に入って、昨年11月の秋季練習で走塁練習中に負傷していたことが判明。球団は「下肢のコンディション不良」と説明していた。当初は重傷ではないとみられていたが、長丁場のシーズン完走をみすえ、首脳陣が完治を最優先させる可能性は高そうだ。

    2年目選手による鳴尾浜合同自主トレでは別メニュー調整を継続。10日には「全力で動きたい気持ちもあるけど、そこは焦らず。ここでもう1回ケガをしてしまうと、シーズンに間に合わない可能性もある。キャンプに向けて徐々に上げていけたら」と説明していた。前日15日はキャッチボールや軽めのダッシュ、ウエートトレなどで調整。キャンプインまで2週間に迫る時期でも、ダッシュの強度をセーブしている状況だ。

    プロ1年目の昨季は遊撃レギュラーに定着し、30盗塁でセ・リーグ盗塁王に輝いた。早くも悲願のV奪回へ欠かせない存在となりつつあるだけに、温暖な沖縄で無理をしての重傷化だけは避けなければならない。今月下旬のスタッフ会議までに劇的な回復を見せれば、1軍キャンプスタートとなる可能性もわずかに残る。ただ、現状は厳しいと言わざるを得ない。

    「2月1日に100%に持っていくというよりは、開幕に100%までもっていけるように」と見通していた中野。開幕から「2年目のジンクス」と吹き飛ばすためにも、長いスパンで慎重に状態を整えていくことになりそうだ。




    阪神中野拓夢「強い気持ち」不変 下肢コンディション不良でセーブ調整続く(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1b43b25c3d4a97f4724925e307986ebef7f58da9  キャンプ間に合わんらしいな...開幕には間に合って欲しい...! おらんと困るよ!



    阪神中野拓夢が2軍キャンプスタート濃厚「下肢負傷」完治を最優先か(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/60047945a3ea43b604afc7fac4a538b470d71b7f  中野そんなに回復しないんか股関節系の故障なんかなあ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/11(火) 06:11:56.43 ID:JZZiZWFhd
     阪神・中野が鳴尾浜球場で自主トレし、2月1日のキャンプインよりも「3・25」に照準を合わせた。昨秋練習中に下肢のコンディション不良を発症。現在は慎重に調整中で、開幕にベストの状態で入ることを最優先する考えを示した。

     「2月1日に100%を持っていくというより、8、9割ぐらいで行って、キャンプでしっかりと仕上げて、シーズンに100%で持っていけるように」

     昨季は1年目から135試合に出場し30盗塁でタイトルも獲得。フル回転の反動もあって、「ダッシュで出力を上げた時にはまだ怖い部分がある」とも話した。9日には井上ヘッドコーチから佐藤輝とともに「地獄キャンプ」を予告されたが、「輝と二人で乗り越えていきながら、シーズンを迎えられたら」と地に足を着けて練習に励む。



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1641849116/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    2022年の幕が開けた。昨年のプロ野球セ・リーグで終盤までヤクルトと優勝争いを繰り広げた阪神。遊撃手のレギュラーの座をつかみ、盗塁王のタイトルを獲得した中野拓夢内野手(25)が、今季に向けた決意を新たにした。

    古くは「牛若丸」と呼ばれた吉田義男。近年ではプロ野球歴代2位の1939試合連続出場を果たした鳥谷敬。阪神では代々、名手といわれた男たちが甲子園の遊撃のポジションを守ってきた。その後継者に中野が新たに名乗りを上げた。

    昨季は新人ながら開幕1軍の座をつかむと、主に「2番・遊撃」で先発起用され、俊足を武器に30盗塁を記録して球団新人では2001年の赤星憲広以来となる盗塁王のタイトルを獲得。上々のルーキーイヤーとなった。「昨季につけた自信を無駄にせず、自信を確信に変えられるようにしたい」。今季は2年連続の盗塁王を目標に掲げ、自らを奮い立たせる。

    「30盗塁は自分の中では少ないと思っている。今年は50盗塁が目標」。長い球団史の中でも、50盗塁をクリアしたのは赤星、吉田の2人のみ。偉大な先輩たちの足跡を追いかけていくつもりだ。

    遊撃手にはこだわりもある。「小さな頃からあこがれていた鳥谷さんが守っていた一番華のあるポジション。誰にも譲りたくないという気持ちがある」。プロで1年戦っただけの25歳にとってライバルは多い。2月の春季キャンプで再び待ち受けるレギュラー争いに向け、気を引き締めた。

    1年目から主力として戦えた経験は精神面で大きな糧となった。とくに強く意識したのが、新型コロナウイルス禍で制限があった中、声援を送ってくれたファンへの感謝だ。「スタンドが満員になれば、もっとすごい声援を感じられる。優勝するのがファンへの一番の恩返しになるし、走る姿をもっと見せたい」。コロナが収束すれば超満員の甲子園でプレーし、リーグ優勝に貢献する自身の姿を思い描く。

    「スタンドのファンから『しっかり守れよ』『打てや』という声が聞こえてくるのもアマチュア時代にはなかったこと。いい刺激にして結果で応えたい」。厳しいやじが飛ぶのも、人気球団に所属する選手の宿命。度胸もつけて一回りたくましくなった25歳が、2年目の大きな飛躍を目指す。(上阪正人)



    ■中野拓夢(なかの・たくむ)1996年6月28日生まれ、山形県出身。日大山形高から東北福祉大に進学し、三菱自動車岡崎を経て2021年にドラフト6位で阪神に入団。1年目の昨季は遊撃の定位置を奪取し、135試合に出場。打率2割7分3厘、1本塁打、36打点。30盗塁を記録して盗塁王に輝いた。背番号51。171センチ、69キロ。右投げ左打ち。



    続きを読む

    このページのトップヘ