とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    髙寺望夢

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18=上田西)が、プロ投手を相手に初めて打席に立ち、対応力の高さを見せつけた。高知・安芸2軍春季キャンプ3日目。望月、浜地、及川が打撃投手を務めたランチ特打に参加。21スイングで安打性を6本放った。「プロの選手の球は、高校野球と違って伸びや質なども全然違いました」。及川の肩口から入ってくるカーブなどに目を丸くしていたが、打撃内容は光っていた。

    「振れないのは一番ダメ」と腹を決め、望月の初球から積極的にスイング。安打性の打球も、同組で特打を行った熊谷の3本、島田の2本を上回った。「プロの選手の球を初めて見られたことは大きかった。これからはそれをイメージしながら練習して、打てるようになれればと思います」。

    見守った平田2軍監督は「初めて生きた球を見た割には、島田や熊谷に引けを取らないね。十分対応していた方だと思う。うまいことレフト前に島田が打ったなと思ったら、高寺やったわ」と笑顔で高く評価した。【奥田隼人】




    中野拓夢と高寺望夢 どっちもポジション同じで「夢」ついてるからぱっと見どっちだったか思い出せなくなる 社会人と高卒ってのは覚えてる



    阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18=上田西)が母校のセンバツ初出場を喜んだ。「甲子園は高校野球では憧れの場所。自分は行けなかったので素直にすごいと思います」と感慨深げ。 「勝つことが一番楽しいと思う。出るからには1つでも多く勝って、…  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101290000800.html  pic.twitter.com/Gxmkkc0sDo


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18=上田西)が、フリー打撃で初の柵越えを放った。

    キャンプ初日に入団後初の屋外フリー打撃を行い、この日は14スイング目で右中間へ。ただ本人は柵越えに「気付いてないです」と、苦笑い。慣れないプロの練習に必死に食らいつき「昨日よりは少し慣れました。今日もとても充実した練習できたので、とても疲れました」と笑みもこぼれた。




    阪神7位高寺「充実した練習」フリー打撃で初柵越え  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102020001098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  ええ感じ☺️🐯✨



    キャンプがキツ過ぎて逆に減るんじゃないかな?? 阪神7位高寺に2軍監督「キャンプで2キロ増やせ」(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210201-32011181-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(1日、安芸)

     阪神の2軍キャンプは小雨も降り、冷たい風も吹く中、初日を終えた。新人のドラフト5位・村上頌樹投手(22)=東洋大=と同7位・高寺望夢内野手(18)は初日を振り返り、「疲れました」と初の環境で力を使い切った様子だ。

     村上はキャンプ初日からブルペン入り。捕手を立たせたまま、直球のみを31球投じた。次回からは捕手を座らせる予定だ。

     高寺はプロ入り後、初となる屋外でのフリー打撃。バッティング投手、カーブマシン、直球マシンの3ゲージで106スイング中、安打性は18本だった。

     「打ち損じが多かった」と反省。ただ、フェンス直撃の打球も飛ばすなど、高いポテンシャルを見せつけた。「まだ完全には慣れてないですけど、徐々に慣れていけるようにしたいです」と緊張の初日を終えた。

     また、育成ドラフト1位・岩田将貴投手(22)=九産大=は大学3年時に受けたトミー・ジョン手術のため、別メニュー調整となった。




    【安芸】打ち込む、ルーキー髙寺望夢選手! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/09Mc2Xjcwm



    @TigersDreamlink 高寺は小幡みたいに二軍でみっちり鍛えて欲しい



    @TigersDreamlink 祝・上田西高センバツ出場😁


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は26日、新人合同自主トレで恒例の3000メートル走を実施し、ドラフト7位・高寺望夢内野手(18=上田西)がトップで走りきった。昨年12月の体力測定に続き、身体能力の高さをアピールした形だ。

     新人唯一の高校生が、またも潜在能力の高さを見せつけた。練習後、オンライン取材に応じた高寺は、言葉の端々に負けん気の強さをのぞかせた。

     「先頭に頑張ってついていこうという気持ちはあった。最後の1周になって体力が残っていた。ここまで来たら1位を取りたいと思ったので、最後の力を振り絞りました」

     鳴尾浜球場の内周(=1周350メートル)を8周半する3000メートル走。前半は抑え気味で、中盤から後半にかけてペースを上げ、先頭を走る村上にぴったりと付いて走った。ラスト1周に差し掛かったところで、残った体力を使い切る根性のラストスパートをかけ、1位を奪った。

     「あまり自信はないんですけど、気持ちで少しは何とかなるかなと…」。好結果とは裏腹に「長距離走はあまり得意ではない」という。高校時代に特に走り込みを強化していたわけでもない。持ち前の気持ちの強さで先輩との競走を制した。

     昨年12月の体力測定では、「10メートル走1秒61」、「30メートル走3秒93」、「垂直跳び73センチ」で、いずれも新人9選手のうちでトップの記録を計測。今回の長距離走を合わせた“4冠”で、しっかり存在感を示した。

     「1位を取れているんですけど、自分的にはもっと上を目指しているので、もっと上いけるように頑張っていきたい。ケガをしないことは、いい選手の条件だと思う。まだ体力面でも技術面でも、全て足りないと思っているので、しっかり体力つけて練習できるように頑張っていきます」

     1年目の目標には改めて「ケガをしない体づくり」を掲げた。高知・安芸の2軍で迎える初めてのキャンプへ弾みをつけた。(須田 麻祐子)

     <近年の阪神長距離走アラカルト>

     ▽13年 3500メートル走でドラフト1位の藤浪が13分56秒。10秒差で2着の同2位・北條は「藤浪は大股なのでセコイ」とボヤキ。

     ▽16年 3000メートル走でドラフト2位の坂本が11分21秒でトップ。「青柳と板山の前評判が高かったそうなので、その2人には負けないようにしようと思っていました」。

     ▽17年 ドラフト8位の藤谷が、11分14秒。4年前に藤浪も1着だったと聞き「藤浪さんと一つでも同じことがあるのはうれしい」。

     ▽19年 ドラフト2位の小幡が、3000メートル走となった14年以降では最速の10分51秒。前年12月の30メートル走3秒98に次ぐ“2冠”。

     ▽20年 ドラフト4位の遠藤が11分16秒で1着。「及川が体力測定とか全部1位だったので、どれか一つ1位を取ってやろうと思って走った」。

     ▼阪神権田トレーナー(高寺は)高卒の選手ですけど、すごくスピードもあって、きゃしゃな割には力もあるというのが、ウエートを指導している中で分かってきている。体づくりをしっかりして、やっていきたいと思います。最年少になりますけど、本当に楽しみですね。




    唯一の高卒新人が「4冠」、阪神ドラ7高寺が3000メートル走などフィジカル4部門で新人トップ(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース ええぞ〜ええぞ〜  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210127-00000039-spnannex-base 



    うおおおおおおおおおお たっかってら!たっかってら! 阪神ドラ7高寺が長距離走1位「体力は残っていた」(日刊スポーツ)    https://news.yahoo.co.jp/articles/f14c197828c47d87e8633bae9bb5c676e92d7db7 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ドラフト7位の高寺望夢内野手(18)=上田西=が18日、鳴尾浜での新人合同自主トレ後にオンライン取材に対応。「早いに越したことはない。早めに1軍で活躍できるように」と“井上ロード”を歩むことを誓った。

     目指すは高卒1年目での1軍デビュー。休日だった16日、一つ年上の井上とともにティー打撃などで汗を流し、思いはより強くなった。「1年目から1軍も経験されているし、特にバッティングの面ですごいなと思います」と同じ高卒の先輩に憧れを抱く。

     高校通算31本塁打を誇り、50メートル走6秒0、遠投105メートルと身体能力は抜群。井上も「振りも強いし、柔らかい」とその打撃センスを認める。1年目から1軍で活躍するための素質は十分だ。井上から「投手のレベルが高い」など1軍の経験談を聞くこともあり「細かいことは聞けてないので、これから聞いてみようと思います」と、興味津々だ。

     この日は、初めて投内連係が実施され、高寺は一塁から三塁それぞれのベース上で捕球練習を行った。「ケガをしない範囲で自分をしっかり追い込めている」。夢の1軍デビューへ、着々と土台作りを進めている。球団最年少のルーキーが、先輩の背中に追い付き、追い越していく。




    阪神ドラ7高寺 先輩撃ちでアピる!唯一の高卒ルーキーが闘志燃やす /  http://papa.matometa-antenna.com/202101142140.23117212.html  / #ブログ #ブログ更新 #記事更新 pic.twitter.com/8YMfhBXu8Q


    続きを読む

    このページのトップヘ