とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    榮枝裕貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    阪神2年目の栄枝裕貴捕手(24)が、虎視眈々(たんたん)と「第3の捕手」を狙っている。ウエスタン・リーグには5月15日時点で19試合に出場し、打率2割3厘。バットでのアピール不足は否めないが、プロ1年目の昨季から高い評価を受けていたリード面には磨きがかかっている。

    4月12日のこと。1軍昇格を控えた新助っ人、アーロン・ウィルカーソンと2軍戦でコンビを組み、1回無失点で送り出した。同22日には、西純矢投手(20)が2軍戦で9回1失点。この時の捕手も栄枝だ。西純はその後1軍昇格。ローテの一角を張っている。

    「みんなファームで頑張っているんですけど、結局は1軍で投げたい。必死で投げているのを、自分がどうにかして、なんとか1軍に上げられるリードできないかなと」

    1軍なら、あのバッターなら、この場面なら。視線の先に常に「1軍」を置いている。両右腕の活躍は、背番号39が無関係とは思えない。

    昨季は2度の疲労骨折で戦線離脱。最終的にはファーム日本一の中心選手として戦うことができたが、痛すぎる負傷だった。

    「またけがしたらもう、『あいつずっとけがするやつやん』ってキャラが定着してしまう」

    課題は明白。「胸郭の動きが悪くて…」。改善するために、練習前にピラティスを導入した。キャンプ前、神戸のトレーナーのもとで指導を受けたメニューを、今も練習前に自室で続けている。

    16日には24歳の誕生日を迎えた。おのずと身も引き締まる。

    「あいつに100歩くらい先を行かれている。巻き返したい思いはずっとあります」

    同学年で同じ関西学生リーグ出身の佐藤輝明内野手(23)の活躍が、何よりの刺激になっている。梅野隆太郎捕手(30)、坂本誠志郎捕手(28)、今季から捕手登録を外れた原口文人内野手(30)が1軍にいる現状だが、隙あらばと準備を続ける日々。“100歩先を行くあいつ”に追いつき、1軍捕手争いに割って入る。【阪神担当 中野椋】




    【阪神】「第3の捕手」狙う栄枝裕貴、視線は常に「1軍」西純矢ら昇格助けた好リード磨く - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ 体丈夫にして打撃上げてはよ上がってきてくれ榮枝  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202205160000019.html 



    虎視眈々 【阪神】「第3の捕手」狙う栄枝裕貴、視線は常に「1軍」西純矢ら昇格助けた好リード磨く(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ddac48f0b7146a1015095b4e19fb064d37f207b9 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    栄枝裕貴




    #HappyBirthday / 本日5月16日は、#榮枝裕貴 選手の24歳のお誕生日です。 おめでとうございます! ▼プロフィールはこちら  https://hanshintigers.jp/data/player/2022/39.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/Wo7uGIttCX






    未来のタイガースに託す!!🐯🐯🐯  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1525959210315288576 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    捕手争いは三つどもえもある!? 昨季限りで現役引退した阪神岩田稔コミュニティアンバサダー(CA、38)が23日、日刊スポーツ評論家に就任し、古巣のキャンプの見どころを語った。

    縦じま一筋16年間の左腕は梅野、坂本のハイレベルな正捕手争いに注目。昨季2軍でバッテリーを組んだ視点も生かし、ダークホースの突き上げも予想した。【取材・構成=佐井陽介】

       ◇   ◇   ◇

    まもなくキャンプイン。白熱必至の正捕手争いに注目します。現状は本命梅野、対抗坂本でしょうか。個人的にはどちらが正捕手を務めるにせよ、1年間固定できればチームはより強くなっていけると思っています。センターラインを固定できているチームはどっしり感が違いますからね。

    現代野球では投手との相性を考慮して、数人の捕手を併用するチームも多くなっています。ただ、投手によって相手をコロコロ替えるとなると、ベンチも気を使います。勝つための道のりに1つ手間が増えてしまう気がします。やはり正捕手を固定できるに越したことはないと考えます。

    僕が戦っていた頃のライバルチームを振り返れば、落合監督が率いていた頃の中日は本当に強く感じたものです。谷繁さんがほぼ全試合マスクをかぶる。谷繁さんのリードについていけるように、投手が各自レベルを上げようと必死になる。絶対的な捕手が君臨すれば、阪神でもそういう「正の連鎖」が強まるのではないかと想像します。

    梅野、坂本とは昨年まで何度もバッテリーを組ませてもらいました。配球面では2人とも甲乙つけがたい特長があります。梅野には独特のひらめきがある。その瞬間に感じたことをリードに反映させて、よく成功につながりました。一方の坂本は裏付け、根拠のある配球に安定感があります。

    梅野は昨季終盤、打てなくなって出番を失った。悔しい思いをどこまで今年にぶつけてくれるのか楽しみです。坂本は逆に最後に出続ける大変さを知って、自分が越えていかないといけない「梅野隆太郎」という壁の分厚さを今まで以上に知ったはずです。2人の対決の行方は正直、現時点ではまだ予想できません。

    もちろん、タイガースが優勝するためには、2人とも頑張ってもらわないといけません。もし梅野が再び正捕手に落ち着いたとしても、サブに坂本がいれば強いですから。その上、若手では有望株の栄枝も控えている。12球団全体を見渡しても、捕手の競争はハイレベルだと断言できます。

    昨年2軍でバッテリーを組んだ大卒2年目の栄枝も、相当に期待してもいい捕手です。とにかく肩が強い。僕の記憶では盗塁を決められたシーンを見たことがない。打撃も悪くない。そして、配球が偏らない。

    僕もそうでしたが、球種が多い投手というのは、試合中に1つ2つ球種を消してしまいがちです。でも、栄枝はバランス良く球種を使い分けて、緩い球も大胆に使ったり、的を絞らせないように工夫してくれる。2軍キャンプスタートではありますが、今年楽しみな選手の1人です。

    阪神にはどの球団でもレギュラーを張れる捕手が複数います。配球面以外でも、梅野にはブロッキングと強打、坂本にはフレーミング、栄枝にも強肩がある。もちろん総合力ではゴールデングラブ賞3度の梅野に分がありますが、坂本と栄枝の頑張り次第ではマッチレースどころか、いつか三つどもえになる可能性すら想像してしまいます。

    その中から誰が抜け出せるか。絶対的捕手の誕生を楽しみにしたいと思います。(日刊スポーツ評論家)

    ◆岩田稔(いわた・みのる)1983年(昭58)10月31日生まれ、大阪府出身。大阪桐蔭-関大を経て05年大学生・社会人ドラフト希望枠で阪神入団。3年目の08年に10勝を挙げ、左のエース格に成長。09年の第1回WBCの世界一メンバー。11年防御率2・29はセ・リーグ5位、14年2・54は同2位。CSを突破して進出した14年ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦に先発。昨季限りで引退。通算200試合、60勝82敗、防御率3・38。現役時代は179センチ、97キロ。左投げ左打ち。1型糖尿病と戦いながら、オフには啓発活動にも務める姿はファンの大きな共感を得た。

    ○…岩田稔氏は母校の関大で「引退記念ファンミーティング」を開催した。1席ずつ距離を取るなど、新型コロナウイルス感染対策を十分に講じ、ラジオDJのU.K.らと現役生活を振り返った。終盤には米アリゾナ自主トレも共にした阪神ジェフ・ウィリアムス駐米スカウト、自身と同じ1型糖尿病患者の子供たちからのサプライズメッセージに感激。自身が社長を務める会社「Family Design M」の立ち上げを発表し、「今後も1型糖尿病患者を支える活動を続けられるように頑張りたい」と抱負を語った。




    【岩田稔】ハイレベル阪神捕手争いで注目する大卒2年目「三つどもえある」(日刊スポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/a088a0c2146cb7e386754dd8bb3f20a8de1c7cca  岩田は栄枝絶賛✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    森木よ、俺についてこい! 阪神・栄枝裕貴捕手(23)が17日、西宮市の西宮浜義務教育学校を「ゲストティーチャー」として訪問し、約250人の子供たちと交流した。年末年始に地元・高知で高知中、高校の5学年下の後輩であるドラフト1位・森木大智投手(18)と自主トレをする予定で、先輩として全面サポートすることを約束した。


    黒潮香る土佐で若虎の2022年が始まるぜよ! 栄枝は年末年始に高知中、高の後輩であるD1位・森木とトレーニングすることを明かした。

    「高知で一緒に練習しようという話になっています。キャッチボールとか。彼が投げたいなら、受けてやりたいと思う」

    高知高から立命大を経て21年D4位で入団した栄枝にとって、森木は5学年下にあたる。以前から面識があり、合同で自主トレをすることに。「先輩の捕手として『こうしたらいいよ』とか、自分が引っ張っていけるようにしたい」。もちろん、全力でリードする構えだ。

    栄枝自身、1年目の今季は分からないことだらけだった。2月の沖縄・宜野座での春季キャンプでは同じポジションの梅野らからアドバイスをもらうなど、勉強の日々を過ごした。「右も左も分からない状態でいろんなことを教えてもらった」と振り返り、来年は先輩として「そういう新人の負担を減らしていけたら」という思いがある。

    この日はゲストティーチャーとして小学校で野球などを通じて子供たちと交流。「楽しかったし、元気をもらえた」と振り返ったが、一つ気になることもあった。「子供たちに名前を覚えてもらえなかった。もっと活躍しないといけない」。今季は10月に1軍初昇格も出場機会はなし。2度の骨折も響いた。ファームでは47試合に出場し、丁寧かつ大胆なリードと勝負強い打撃で、平田2軍監督から高く評価された逸材。原口が野手登録となる来季は、1軍での出番を増やしたい。

    「1軍にいないと覚えてもらえない。そこを目標にやっていきたい」

    現在はけが再発防止のため、柔軟性を高めるトレーニングをしながら鳴尾浜でリハビリを続けている。〝いごっそう(高知の言葉で『快男児』の意味)魂〟で、森木とともに虎の看板選手へと成長する。(織原祥平)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神伊藤将司投手はご褒美も力に変え「2年目のジンクス」に立ち向かう。今季は10勝、防御率2・44とフル稼働。

    オフに同期入団の栄枝と高級車を購入し「1年目だけの結果では意味がない。2年目、3年目が一番重要になってくる。そこを意識して責任を持ってやっていきたい。エダもいい選手なので、組んだ時に一緒に勝てるようにしていきたい」と自覚をにじませた。




    昨日阪神タイガースの榮枝裕貴選手、伊藤将司選手へGLC43とヴェラールご納車させて頂きました✨この度は弊社ご利用くださいまして有難う御座います!来シーズン、GLCとヴェラールで颯爽と駆け抜けちゃって下さい!ご活躍楽しみにしております♪ #阪神タイガース #伊藤将司 選手 #榮枝裕貴 選手 pic.twitter.com/S9AZAL4Iu6



    @upohstsuzuki ベンツなんて買うなよ❗伊藤くんよー



    @upohstsuzuki 左から二番目の人は宮○博之にしか見えない… YouTubeの絡みかと思ってしまった💦


    続きを読む

    このページのトップヘ