とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤井康雄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(24日、甲子園球場)

     阪神・佐藤輝明内野手(22)が24日、秋季練習での収穫を口にした。藤井1、2軍巡回打撃コーチから伝授された「4スタンス理論」を基に、2年目の飛躍を目指す。

     「4スタンス理論は藤井さんが来て、新たに教えてもらった。感触もいいですし、この先もやっていきたい」

     最大の武器であるパワーをより発揮するためのノウハウを吸収した。この日のフリー打撃では右翼席や左翼席へ力強い打球を運び「すごい打球も飛ぶようになった」と手応えを感じている。

     藤井新コーチは「自分が手応えを感じているのであればそれを続けること」とオフの宿題を課した。26日からは佐藤輝も参加する強化練習で指導予定。さらにレベルアップするためにも、確かなものをつかむ。




    この子はやっぱりホームランと飛距離に拘っとるな。 ええと思う。🙂 .280 40発。100打点。 これが出来るなら毎年130~140三振しても全く問題ない。 阪神・佐藤輝、4スタンス理論に手応え「すごい飛ぶ」強化練習でさらにレべルアップへ(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/7c7bee629e4c9f2d9e2b158b1b77bc5fae8ab6fb 



    ガンガンかっ飛ばせ!! 阪神・佐藤輝、4スタンス理論に手応え「すごい飛ぶ」強化練習でさらにレべルアップへ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/11/25/0014866657.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神江越大賀外野手が打撃向上を誓った。今季は31試合に出場したが打席数はわずか3。「やっぱり打たないと試合にも出られない。レギュラーとして試合に出るために、まずは打撃のレベルアップを取り組んでやっています」。

    藤井康1、2軍巡回打撃コーチからは「テークバックで(体を)内側に絞りながら」と助言を受け、熱心に反復。引き出しを増やして打撃に磨きをかける。




    阪神江越大賀が打撃向上誓う「レギュラーとして試合に出るために」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111230000957.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  何年も同じ事言っとる



    阪神江越大賀が打撃向上誓う「レギュラーとして試合に出るために」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111230000957.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  藤井さんマジで頼む


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    輝は長嶋型だった! 新任の阪神藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)が23日、佐藤輝明内野手(22)が「4スタンス理論」上の分類で、「B1」タイプだったと訂正した。かかと内側でバランスを取り、後ろ軸で回転するタイプで、長嶋茂雄氏、オリックス吉田正尚らと同じだった。

    甲子園での秋季練習後、同コーチが自ら切り出し、謝罪した。「ひとつ報告です。輝ですけど、『A2』タイプじゃないです。『B1』タイプでした。すいません!」。前日22日にはつま先外側に重心があり、前でさばくタイプという診断だったが、まさかの“診断ミス”。「今朝来た時に、もう1回チェックさせてって言ったら、やっぱりB1だった」と修正に至った。

    「(昨日は)前さばきって言ってたんで、それがしっくりこなかった理由かな」と振り返り、「(A2は)前軸で回転だったけど、(B1は)後ろ軸で回転です」と解説した。左足に体重が乗りすぎて、体が捕手側に倒れる癖を指摘していたが、「いや、それでよかった」と頭を下げた。

    頭もスッキリしたのか、佐藤輝もフリー打撃で快音を連発した。同コーチも「めちゃめちゃ気持ちよかったん違うかな。スイングして。たぶん、しっくりきたと思う」と笑顔。4スタンス理論の先駆者をも惑わす規格外の打撃…、なのかもしれない。【桝井聡】




    阪神・藤井康巡回コーチ まさかのおわびと訂正「4スタンス理論」輝は王タイプではなくミスタータイプ #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d8c378ff89f351c3afe37b0a378b572401f032ee  この間違いは影響大きいね🌀 自分がA2、嫁がB1でボウリングしてて、意識のポイント全然違うからな… 診断するのって、難しいんだなぁ🤔 #4スタンス理論


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(22日、甲子園球場)

     阪神・佐藤輝明内野手(22)が22日、新任の藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)から4スタンス理論上の分類で、「A2タイプ」と判別された。同タイプに属する打者には、ソフトバンク・柳田のほか王貞治氏やバリー・ボンズ氏ら大物スラッガーがズラリ。甲子園球場室内で藤井康コーチから約1時間の密着指導を受け、理論を勉強。最強スラッガーを目指し、打撃の神髄を学ぶ。

     雨が降りしきる甲子園に隣接する室内練習場で、2年目の進化を目指す佐藤輝に藤井康コーチが密着指導を開始した。4スタンス理論に基づく指導は新鮮かつ斬新で、「一つの引き出しとして試したい」と“藤井塾入門編”に背番号8は納得顔だった。

     4スタンス理論上のタイプ診断では、藤井康コーチから「A2タイプ」と判別された佐藤輝。同コーチの教え子でもあるソフトバンク・柳田や、世界記録の868本塁打を記録した王氏(元巨人、現ソフトバンク球団会長兼特別チームアドバイザー)、メジャー歴代1位の762本塁打を記録したボンズ氏らと同タイプに位置している。

     A2タイプの特徴はつま先外側(小指側)に重心があることから、藤井康コーチは佐藤輝を「前でボールをさばくタイプ」と説明する。しかし実際の佐藤輝はA2タイプとは反し、打撃練習では重心が軸足の左足に残りすぎていた。またバットを引く際に顔も本塁側に自然と流され、視線も安定していなかった。

     そこで左足に重心が残りすぎないための矯正として、顔の位置を固定しながらバットを前後に振るような動作を繰り返し、バットの出し方を確認した。前でさばくための体の回転のコツを同コーチから伝授されると、佐藤輝の理解も深まった。

     「捕手側に(バットを)引くんじゃなくて、自分の後ろ側に引いてと教わりました。捕手側に(体が)倒れていくのはあまり良くないと言われ、確かにそうなっているなと思いました」

     理論を実践するうちに20本塁打を放つなど好調だった前半戦の打撃の形を思い出し、「春先とかはそうやって(打つポイントが前で)打てていたと思う」という。柳田らA2タイプの打者の映像を研究することも検討中で「良い所を盗むというか…。藤井さんに聞きながらやっていきたい」と積極的に打撃技術の向上を図る。

     今オフは「自分に合っているスイング」を見つけることも一つのテーマ。藤井康コーチからも「打球が先生」と指摘を受けただけに、質の良い打球を打つための答えを練習から導き出したい。身体の特性を理解しながら成長し、世界の王やメジャー屈指のスラッガーだったボンズら名だたる強打者の域に一歩ずつ近づいていく。




    阪神・佐藤輝は王貞治氏型と判明!前でさばき体の回転で飛ばす、藤井コーチ初密着指導で理想形見えた - サンスポ  https://www.sanspo.com/article/20211123-IJL6HYYZWBLI5LIMOPQM2W24HU/  判明してしまったかー!!!



    #阪神  #4スタンス理論  藤井コーチが伝える事は今や普通の事でスポーツにおいて4スタンス理論が理解出来ないコーチは不要 あと五感を鍛える事は重要 習得で飛躍的に生まれ変わる 阪神・佐藤輝 本塁打王の資質あり (スポーツニッポン)  https://news.line.me/articles/oa-sponichi/be15486a3d12?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  #linenews @news_line_meより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の秋季練習は22日、雨のため、投手、野手ともに甲子園室内で行われ、新任の藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)が、2年目の飛躍に向け、佐藤輝に密着指導を展開した。

     持って生まれた体の重心により、体の使い方を分類する「4スタンス理論」を実践する藤井コーチは、室内で腕を振って歩く姿勢から、体をひねってスイングする動きなど、タイミングを取るところからスイングに入るまでの動作を約30分確認し、佐藤輝の特長をチェックした。

     その上でティー打撃でアドバイスを送りながら、全部で約1時間の密着指導を展開。矢野監督、新井コーチも見守った。

     現役通算282本塁打の実績と、指導者としてオリックスのT―岡田、ソフトバンク・柳田を育てた手腕で知られる藤井コーチは「佐藤はすごい選手。柳田タイプだし、飛距離も大谷翔平クラス。その力を来年、年間通して出せるようにしていきたい。こうしたらいいというのも持っている。能力はあるんだから、それを戻してあげるだけ」と就任会見で語っており、その指導に注目が集まる。




    丸裸にして、欠点を浮き彫りに。 秋季練習で阪神・藤井康雄新コーチが佐藤輝に初の密着指導 動作を30分確認、特長をチェック― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/11/22/kiji/20211122s00001173383000c.html 



    頑張れテル!! 秋季練習で阪神・藤井康雄新コーチが佐藤輝に初の密着指導 動作を30分確認、特長をチェック(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/836e550d8f2cbb4ba603821dcb2d98fa19c1b243 


    続きを読む

    このページのトップヘ