とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    森木大智

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/20(木) 16:52:33.63 ID:izNFyPLf0
    スポーツ報知評論家・藤川球児氏(41)が19日、新人合同自主トレ2度目のブルペン入りをした阪神のドラフト1位・森木大智投手(18)=高知高=の投球フォームを連続写真で解析した。新人離れしたバランスの取れた投球フォームを絶賛した上で、プロ特有の硬いマウンドへの適応を大成のカギに挙げた。

    まだ2度目の捕手を立たせた投球の段階ですべてを語ることはできないが、森木の投げ方は非常にいい。上半身はさわるところが一切ない。最近の新人の中でもトップクラスにバランスがとれた投球フォームだ。

    まず、〈1〉~〈4〉はきれいな立ち姿で軸となる右足が伸びている。特筆すべきは〈11〉、〈12〉でわかるように左足の踏み込みの強さと左膝が割れがないこと。これが、150キロ超の直球の源であり、精度の高いボールが投げられる投手の証しといえる。

    その上で、よりよくなるためのポイントが〈5〉~〈12〉にある。それは彼が悪いわけではなく、まだアマの軟らかいマウンド用の投球フォームだからだ。近年、プロ野球の各球場のマウンドは硬く、極端に比較すれば土とアスファルトぐらい違う。森木は〈5〉、〈6〉、〈7〉にかけて右膝が二塁方向に倒れていき、〈8〉で重心が沈む。それが硬いマウンドだと〈9〉以降の頭の位置が示すように反発力を下半身で吸収しきれず、上半身が浮き、上下動が起きやすい。地面を蹴りきれないことで〈11〉〈12〉は“立ち投げ”の点を差し引いても、投げ上げているように映る。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/20(木) 16:52:45.90 ID:izNFyPLf0
    森木のタイプ的にはオリックスの山本が近い。ただ、山本は重心を落とさないから、リリースポイントの位置が高く、角度のついたボールを捕手に一直線に投げられる。制球も乱れない。以前は重心が沈まない“腰高”は良くないとされていたが、現在の硬いマウンドでは、その方がいい。奥川(ヤクルト)も順応している。直近でプロアマ両方のマウンドを経験して成功している投手を参考にするのも手ではないか。私は現役時代の終盤に、対策としてステップ幅を7足分から6・75足分ほどに狭めていた。

    メジャーのような硬いマウンドで体に負担がかかり、日本でも肩肘の故障が増えて、トミー・ジョン手術を受ける選手が増加している。森木は報道を見る限り、その適応の重要性を理解している。重ねるが、18歳にしてこの投球フォームは申し分ない。無理に矯正することなく、時間をかけて慣れればいい。それができれば押しも押されもしない投手になる。(藤川球児=スポーツ報知評論家)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e2111a993cabaa597dfb3a3153ec64372d7a352

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1642665153/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト1位・森木大智投手(18)=高知=が19日、鳴尾浜でキャッチボールの際に、パドレス・ダルビッシュやエンゼルス・大谷が実践するドライブラインのプライオボール投げを披露した。阪神入団後から同調整法を開始し「投げる動作の中でインナーが締まる」とケガ予防への効果を実感。米メジャーで活躍する“先輩流”で、一流投手への階段を駆け上がる。

     ベースランニング終了後、キャッチボールに向かう森木の右手には“新兵器”があった。米国のトレーニング施設「ドライブライン」が考案したプライオボールだ。赤色の225グラムのボールを最初に数球投じ、その後、通常の硬球に握り替える姿が見られた。

     高校時代には実践してこなかった調整法で「入寮する時に自分でボールを買いました」と明かす。なぜ、練習に取り入れようと思ったのか-。きっかけは、米メジャーで躍動する日本人投手に影響を受けたからだ。

     「ダルビッシュ選手が使っているのは知っていたんですけど、大谷翔平選手も使い始めて去年、いい結果が出たことも知っています。試してみたいなという興味本位です」

     森木は約100グラム~約2キロと重さの異なる6種類のプライオボールを持っており、これらのボールを投げることで肩肘の強化やメンテナンスを主な目的としている。この日は3番目に軽い225グラムを使用したが、確かな効果を実感する。

     「リリースのタイミングも分かるし、投げていくことでインナー(遅筋)が締まる感じがする。インナーを締めることはケガ予防にもつながる。ケガをしないことが一番です」

     春季キャンプにも「たぶん持っていくと思います」と持参する予定だ。キャッチボールの後は、2度目のブルペン入り。捕手を立たせたまま18球投じ、うち8球はカーブを披露した。「カーブが僕の中では特効薬。状態を良くするための一番いい球だと思う」と“森木流”を明かした。

     動画でもブルペンでの投球映像を確認し、軸足の位置や右膝の折れ方など細かく確認した。一つ一つの行動から、野球への高い向上心が垣間見える森木。“ダル&大谷流トレ”で己をさらに高めていく。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト1位の森木大智投手(18=高知)は「秋本塾」を投球につなげる。

    無駄なく走ることやケガを避ける重要性を学び「ピッチングの面にも生きてくると思いますし、日々のトレーニングでピッチャーはランニングが増えてくるので、そこでケガしていたら野球選手として元も子もない。そこを大事にしていこうと思います」とうなずいた。19日もブルペン入りし、立ち投げで投球練習を行う予定だ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/18(火) 05:24:29.96 ID:l8s1Ott70
    阪神D1位・森木が初ブルペン まるでピストルや!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bacf768ba29206ea5f113dd79e4e7bc087fe7fc8

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/01/18(火) 05:24:39.82 ID:l8s1Ott70
    こりゃ凄いで

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1642451069/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ドラフト1位の森木大智投手(18)=高知=が6日、鳴尾浜で初めてブルペン入りした。新人合同自主トレの第3クール初日。平田2軍監督が視察する中、最速154キロを誇る怪物右腕がついにベールを脱いだ。

     また同2位・鈴木勇斗投手(21)=創価大=、同3位・桐敷拓馬投手(22)=新潟医療大=も初の投球練習を行った。大卒の両左腕は1軍・宜野座キャンプスタートが濃厚だ。




    いよいよ始動です。 阪神 ドラ1森木が初のブルペン入り 怪物右腕がベール脱ぐ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/01/17/0014991243.shtml  @Daily_Onlineより



    ワクワクするなあ😁 #阪神タイガース 阪神D1位・森木大智ら新人3人が初のブルペン入り(サンケイスポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/18d73bbf72813b0dc091926142e4f9b4e7e8d040 


    続きを読む

    このページのトップヘ