とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    前川右京

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    智弁の赤で勝負! 阪神のドラフト4位・前川右京外野手(18)=智弁学園高=が15日、鳴尾浜での新人合同自主トレに参加。エルボーガードやフットガードなどの野球道具を智弁カラーの赤でそろえたことを明かした。〝赤備え〟の若虎は燃えるような熱い気持ちでプロ1年目の戦いに挑む。


    あふれる母校愛を形に変えた。前川の勝負カラーは燃える赤! 肘も脛も赤一色でそろえた赤備えの〝甲冑〟でプロ1年目の戦場を駆け回る。

    「腕と足の両方、赤色です。智弁が赤なので、それで赤は好きです」

    赤は母校・智弁学園高のイメージカラー。赤色の道具を身につけると「(智弁学園高の)小坂(将商)監督を思い出します」と笑った。「小坂監督のおかげでここまでこれた。ちゃんとした練習や言動をとらないといけない」。プロへの道のりを支えてくれた恩師が側で見てくれている気がする。そして、日本一を目指して戦った高校3年間を思い出し、心の底から燃えるような気持ちがみなぎってくる。

    タテジマに映える赤-。日本ハム・新庄剛志監督も阪神時代に同じ赤を身にまとったスタイルで甲子園のスーパースターとなった。そんなビッグボスは前川にとってもお手本となる存在だ。「初めはビッグマウスとか言われるんですけど、新庄監督は最後は結果で示す。自分もちゃんと発言して、それを結果で示せるようにしたい」。虎の赤の系譜を引継ぎ、有言実行の男になってみせる。

    そして、赤一色にキメる若虎は新庄監督ばりに、見えない〝オシャレ〟にも気を使う。勝負パンツは「高校時代、大会のときに履いていた赤パンツです」と、ここでも赤が登場。矢野監督も勝負どころで赤パンツをはくことが有名だが「知っていました。(矢野監督から赤パンツを)もらいたいです」と愛嬌(あいきょう)たっぷりに虎将の〝御利益〟もおねだりだ。

    新人合同自主トレ第2クール最終日だったこの日は、ランメニューなどで汗を流した。次の第3クールからは屋外で打撃練習も行われる予定。赤でそろえたSSK社製のエルボーガードやフットガードなどはすでに寮に届いているといい、お披露目の日は近い。

    「体に関しては問題なくできているので、とにかく楽しく全力で一日一日、一つ一つの課題を丁寧にやっていけたらと思います」

    燃える赤備えを輝かせ、バックスクリーンに真っ赤な「H」ランプをともしていく。(原田遼太郎)

    ★スポーツ界の「赤」

    ◆アントニオ猪木(元プロレスラー)現役時代の途中から赤い闘魂タオルを使用。現在も赤いマフラーは必須アイテムだ

    ◆タイガー・ウッズ(プロゴルファー)自身のラッキーカラーとして、トーナメントの最終日は赤系のウエアを着ることで有名

    ◆赤星憲広(元プロ野球阪神外野手)名字にちなんだ赤色の手袋をトレードマークに盗塁王を5度獲得。元巨人の柴田勲も赤い手袋が有名で、盗塁王を6度獲得した

    ◆佐々木恭介(元プロ野球近鉄監督) 1995年秋のドラフト会議で赤いふんどしを締め、PL学園高・福留孝介(現中日)の交渉権を7球団競合の末、獲得(入団拒否)。また2013年秋のドラフトでは、広島・田村恵スカウトが赤い勝負パンツで九州共立大・大瀬良大地を3球団競合の末に引き当てた




    “智弁魂”を忘れずにいきます。 智弁の赤で挑む 阪神D4位・前川右京 用具を赤で統一(1/2ページ) - サンスポ  https://www.sanspo.com/article/20220116-LIQZENJTSZPJRNME4F7EZO762A/  @SANSPOCOMより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト4位前川右京外野手(18=智弁学園)が「母の味」をエネルギーに新人合同自主トレに励んでいる。

    第2クール初日が始まり、「全然バッチリです!」と元気いっぱい。その秘訣(ひけつ)は、母特製のハンバーグだった。入寮前に実家で食べて、プロの世界に飛び込んだ。「おいしいです。しっかりパワーをためて、こっちに来られました。また落ち着いたら、送ってもらいたい」。高校時代にも寮に送ってもらったほどの好物だ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神ドラフト4位・前川右京外野手(18)=智弁学園=が11日、時間を見つけては打撃練習にいそしんでいることを明かした。第1クールの全体練習では基礎をじっくり学んだため、バットを持ったのはペッパーの時のみ。1軍キャンプ帯同の可能性も残されているだけに、新人合同自主トレでの一日も早い打撃練習を心待ちにした。

     うずうずした気持ちが抑えられない。前川がアピールへ向けて、“特訓”を行っていることを明かした。

     「食事前に時間があればやっています。確率を上げないとだめですし、自分の魅力はスイングスピード。しっかり振って捉えていくところを求めていきたい」

     夕食前に、室内でマシン打撃や置きティーを約1時間半。納得がいかなければ、食後も1時間ほど一人で黙々とバットを振っているという。置きティーでは外角低めと内角高めにポイントを設定し、「下半身の使い方が下手くそなので、そこの確認と、打球の角度をつけた状態で振るように」と時間を見つけては打ち込んでいる。

     それもそのはず。自主トレの内容次第では1軍キャンプ参加の可能性も残されており、燃えに燃えている。8日には鳴尾浜練習2日目にして異例のロングティーを志願。9日から始まった新人合同自主トレ第1クールを終えた感想については「全体練習の中でバッティング練習をやる機会がないので早くやりたいです」とアピール機会を待ち望んでいる。

     高校時代から練習の虫。「バットを振るのが好きなので。一日にやり残したことがないようにしている」と、夜の11時半頃までバットを振り続けた日もあった。その姿勢はプロでも変わらない。さらにパワーを落とさないためにも、夜食を含めて一日に4食を食べるなど肉体維持に努めている。

     この日は雨天のために甲子園室内で汗を流したが、最後のストレッチポールを使った体幹トレーニングに苦戦。「高校時代にやっていなかったので、人よりできていない。しっかり丁寧にやっていけたら」とうなずいた。まず目指すは宜野座。未来の大砲候補は打って、打って、打ちまくる。




    将来の4番候補? は?開幕スタメン候補だよ! 井上広大もろともまる1年1軍スタメンにいてもらわんと!外人不要! 阪神・ドラ4前川 1軍キャンプ目指して猛特訓 打撃練習へウキウキ「早くやりたい」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/01/12/0014978607.shtml  @Daily_Onlineより



    これからは、24時間野球のことだけを考えられますよ。 阪神・ドラ4前川 1軍キャンプ目指して猛特訓 打撃練習へウキウキ「早くやりたい」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/01/12/0014978607.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のドラフト4位・前川右京外野手(18=智弁学園)に、一軍キャンプ抜てきの可能性が出てきた。

     9日が初日となった合同新人自主トレ。さっそく視察に訪れた矢野燿大監督(53)は、高校通算37発の前川について「ごくわずかというか、連れて行く可能性はゼロにはしたくない」と、一軍キャンプメンバー帯同の選択肢があることを明言した。

     ただ、大砲候補はこの期待の言葉に「いきなり成長することはないので」と現状を冷静に分析。トレーニングを行った鳴尾浜の傍らでは、昨年、24本塁打の佐藤輝やリーグ最多勝の青柳が自主トレを行っていたこともあり「先輩の練習する姿を見てレベルが高い世界と感じた」という。

    「もっともっと自分を磨いていかないといけないなという気持ちが強くなりました」と決意を語った前川。プロへの第一歩を踏んだことで、むしろ地道に実力をつけていく必要性を感じ取っていたようだ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    前川
    阪神ドラフト4位、前川右京の豪快スイング!スライドショー、日刊スポーツより





    【日刊スポーツ #西日本写真映像チーム のとっておき #映像プレイバック】8日、鳴尾浜で自主練習を行った阪神ドラフト4位の前川右京。高校通算37本塁打のスラッガーの豪快なスイングを連続でどうぞ。 #hanshintigers #阪神タイガース #NPB https://t.co/0OG04Vg0Ih


    続きを読む

    このページのトップヘ