とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    渡邉雄大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    渡邉雄大



    #HappyBirthday / 本日9月19日は、#渡邉雄大 選手の31歳のお誕生日です。 おめでとうございます! ▼プロフィールはこちら  https://hanshintigers.jp/data/player/2022/92.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/PgKnGdH5i3



    @TigersDreamlink ㊗️🐯渡邉さん お誕生日おめでとうございます🎉🎂🍰💐🎊



    @TigersDreamlink なべじいお誕生日おめでとうございます!! 最近インスタの動画見てたら、なべじいが可愛すぎてヤバかった🥰 早く帰ってきて〜🥺 素敵な一年になりますように✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は3日、渡辺雄大投手が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。

     せきと鼻づまりの症状があり、現在は隔離療養となっている。

     今季32試合に登板し、3勝1敗、防御率2・45。中継ぎの一角として活躍しているが、この日の巨人戦(東京ドーム)はベンチ入りメンバーから外れていた。




    渡邉雄大選手が新型コロナウイルス「陽性」と判定されましたので、お知らせいたします。阪神タイガースでは、引き続き感染予防対策を徹底してまいります。 ▼詳細はこちら  https://hanshintigers.jp/news/topics/info_8195.html 



    @TigersDreamlink だから今日いなかったのか...



    @TigersDreamlink やばいって。ナベさんの離脱もいたいけど、他に感染者がいたら終戦ですよ。。。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-2広島>◇6日◇甲子園
     阪神渡辺雄大投手(30)が、好救援を見せた。7回に先発の西勇が先頭のマクブルームを空振り三振に打ち取り、交代。2番手で登板した渡辺は、2回に先制2ランを放った坂倉を二邪飛に。続く小園も空振り三振に抑え、気合のこもったガッツポーズとともにマウンドを降りた。
     「ちょっと登板間隔もあいていましたが、あの場面で左2人をしっかり抑えることができて、役割は果たせたと思いますし、よかったです!」と振り返った。




    とらほー🐯 なべじい かっこよすぎな!



    矢野監督とらほー!🐯 インタビューで、なべじいへの信頼が全面に出てて、 見てて嬉しくなりました。 なべじい、プロでの居場所、お前を認めてくれる場所を勝ち取れて良かったな😉これからも頼むで!応援してるぞ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神6ー5中日(2022年6月26日 甲子園)

     阪神の矢野監督が「チーム一のイケメン」と称える熊谷が打のヒーローなら、投では「なべじい」こと、苦労人の渡辺が輝いた。延長11回に8人目で登板。代打・鵜飼を見逃し三振、途中出場の加藤翔を左飛、2安打の岡林を中飛に打ち取った。

     決め球は全て、左横手から繰り出す鋭いスライダーだ。独立リーグから育成でソフトバンクに入るきっかけになり、阪神に育成で拾われる決め手にもなった最大の武器で、右打者2人、左打者1人を料理。“左キラー”以上の仕事を果たし、サヨナラを呼んだ。

     「右打者との対戦もあったが、1イニングを通して、しっかりと自分の球を投げられた。サヨナラ勝利につながる投球ができてよかった」

     短めのひげを蓄えたワイルドな風貌の男前は、プロ3勝目を淡々と喜んだ。

     長い下積み生活が報われつつある30歳は、試合前練習で、投手陣のキャッチボールになると決まって姿を消す。その行動に、渡辺流のプロフェッショナルが隠されている。その時間は野手の打撃練習。投手陣は飛び交う打球を警戒しながら、肩慣らしをしなければならない。左腕はそれを嫌って室内練習場で1人、ボールを投げる。

     「打球を意識するとうまく投げられない。もう1球となって球数が増える。年間に換算すれば、何百、何千球に積み重なって疲労につながる可能性がある。僕たちはキャッチボールでどれだけ投げてもお金にならない。本番に向けて準備をすることが大事」

     集中して質のいいキャッチボールをすることで、いい投球が生まれる。それをモットーに、なべじいは出番に備える。(倉世古 洋平)




    阪神「なべじい」渡辺が渋い3人斬り 劇勝呼ぶ救援に「しっかりと自分の球を投げられた」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/0754c183d45d407fa586e0659016b172661afb09  #渡邉雄大 #BCリーグ #新潟アルビレックスBC 出身



    なべじいの3勝目もとっても嬉しい! チーム全員でもぎ取った勝利だね!おめでとう!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 本人も「まさか」

     チームも、応援するファンも、ずっと暗たんたる空気に包まれていたからこそ、余計に言葉のひとつひとつが胸に響いた。

     敵地でのヒーローインタビューに立ったタイガースの渡邉雄大は「遠回りして」「無理だと言われた時もあったけど…」と、たどってきた道のりを振り返っていた。


     4月30日のジィアンツ戦。同点の6回から2番手で登板した左腕は、1イニングを無失点に封じた。

     直後に打線が6得点のビッグイニングを作って勝ち越しに成功。

     チームにとっての5連勝を決めた1勝は、渡邉の記念すべきプロ初勝利になった。


     「まさか自分が初勝利というか、(ウイニング)ボールを手にするとは思っていなかったので。うれしかったです」

     9回を締めたソフトバンク時代からの同僚・加治屋蓮から受け取った少し汚れたボールを手にしても、まだ実感が湧いていない様子だった。


    ◆ 指揮官も信頼「1イニングを任せられると思っている」

     本人の言葉通り「遠回り」したからこそ、噛みしめるのに時間はかかった。

     青山学院大からBCリーグ・新潟を経て、2017年の育成ドラフト6位でソフトバンクに入団。2020年に支配下登録を勝ち取ったものの、昨年10月に戦力外通告を受けた。

     同年の12月にタイガースに拾われ、今季の開幕前に支配下登録に返り咲き。球界一の巨大戦力の中でもまれ、厳しさを味わった男は今、セ・リーグ随一の人気球団で必死にチャンスをつかもうとしている。


     どんな過酷な現実、どの球団でプレーしようとも変わらなかったのは「諦めなかった」こと。「遠回り」もあとになって分かることで、立ちはだかる壁をひとつずつ着実に乗り越えてきた。

     「たくさんの人に無理だと言われた時もあったけど、それでも応援してくれる人もたくさんいて、そういう応援と声が自分を諦めずに野球をやる原動力になったと思います」

     ソフトバンク時代に投手コーチだった倉野信次氏からは、戦力外通告を受けた後に「どこかで必要としてくれるチームは出てくる」と励まされた。恩師、家族、ファン……かけられた言葉や信じてくれる存在に、いつも心を突き動かされてきた。


     30歳で初めて味わった白星の味。ようやく日の当たる場所に姿を見せた渡邉のプロ野球人生はこれからだ。

     この日で開幕から10試合連続無失点。矢野燿大監督も「左打者には自信を持って送り出しているし、最近は右も良い形で抑えている。1イニングを任せられると思っている」と信頼を置く。

     左のワンポイントからポジションを上げており、今後は勝ちパターンでの起用も増えてくるだろう。


     「僕が30歳で初勝利したように、阪神タイガースもここから巻き返して優勝も決して無理ではないと思うので、一戦、一戦、頑張っていきたいと思います」

     下を向いていたファンも“なべじい”の言葉に視線を上げたはずだ。


    文=チャリコ遠藤(スポーツニッポン・タイガース担当)




    (´_`。)ヨカッタノー #sbhawks #hanshin #hanshintigers #渡邉雄大 30歳の春に開花の兆し 阪神・渡邉雄大が掴んだ5年目の初勝利(ベースボールキング) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7cc1be8a05efd1f3cbeaa332e662bac4363ea0b2 



    30歳の春に開花の兆し 阪神・渡邉雄大が掴んだ5年目の初勝利(ベースボールキング) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7cc1be8a05efd1f3cbeaa332e662bac4363ea0b2  おめでとうございます。素晴らしい。


    続きを読む

    このページのトップヘ