とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    カイル・ケラー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カイル・ケラー



    #HappyBirthday / 本日4月28日は、#カイル・ケラー 選手の29歳のお誕生日です。 おめでとうございます! ▼プロフィールはこちら  https://hanshintigers.jp/data/player/2022/42.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/Wtbt4ZqEsg



    @TigersDreamlink happy birthday🎉 しっかりと調整して活躍してくれ🙏



    @TigersDreamlink ハッピーバースデー! 復活することを願ってます


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、広島5-2阪神」(10日、エブリイ福山市民球場)

     阪神の新助っ投、カイル・ケラー投手(28)が2軍降格後2度目のマウンドに上がり、1回を3者連続空振り三振に抑える好投を見せた。開幕から抑えを託されながら、強みの変化球を打ち込まれて2度のセーブ機会で救援失敗。3月6日に来日し、1カ月足らずの急ピッチ調整を強いられた中で結果を残すことができなかったが「最近はようやくちょっとまとまってきた」と状態は右肩上がりだ。

     右腕から放たれた白球は、空気を切り裂くように鋭角に曲がった。七回から登板し、先頭・羽月の初球に高めカーブを投じて目線を上げさせた。次の球からは一転、低めに直球を散らして空振り三振。続く右打者の二俣をストライクからボールになる外角スライダーで料理すると、最後は木下に鋭く低めに落ちるカーブを2球投じた後、高めの直球で誘い出して空振り三振に仕留めた。

     ストライクゾーンの高低を目いっぱいに使い、「高めと低めに投げ分けるのが本来の投球スタイル」と納得。平田2軍監督も「調子を上げてくれれば、また上で戦力になってくれる」と期待を寄せた。

     「いつでも(1軍に)呼ばれるような状態にしたい」と雪辱に燃えるケラー。新助っ人の本領発揮はこれからだ。




    二軍ではケラーさんが 着々と本来の力を取り戻し始めてるそうな... 二軍の試合と一軍の試合は またレベル違うので現時点ではなんとも言えんけど 徐々にカーブの切れ味も戻って来たのかな? 現在守護神は湯浅君か岩崎君 ケラーさんが復活しても 守護神よりも7回8回を投げるのが得策かな🙄🐯 pic.twitter.com/gE3vZz5JcX


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタン・リーグ 阪神―広島(2022年4月10日 福山)

     阪神の新外国人、カイル・ケラー投手(28)が7回から3番手で登板し、1イニングを3者連続三振に仕留めた。

     先頭の羽月を直球、続く二俣をスライダーで空振り三振に。最後は4番・木下を再び直球でバットに空を切らせた。

     8日のウエスタン・広島戦で降格後初登板し、1回1安打無失点。1軍戦力となるべく、調整登板を繰り返す。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:広島-阪神>◇8日◇マツダスタジアム

    阪神新外国人カイル・ケラー投手(28)が2軍降格後初登板し、1回を1安打無失点に抑えた。

    7回に3番手でマウンドへ。先頭矢野に内野安打を許したが、続く代打高木を併殺打に打ち取り、最後は中村奨を左飛に仕留めた。

    新守護神として期待された右腕は1軍で2試合に登板し計5失点。いずれも敗戦投手になり、3月31日に出場選手登録抹消をされた。




    ケラーさん 2軍調整中だけど、相変わらず球速は上がらず 160キロ近いって前評判はなんだったんだろう… #阪神タイガース



    ケラー(4月8日対広島2軍戦) 1回 12球 被安打1 奪三振0 与四球0 無失点 8番矢野雅哉 ショートへの内野安打 代打髙木翔斗 キャッチャーゴロ併殺打(犠打失敗) 1番中村奨成 レフトフライ(高めのストレートでバット折る)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     31日に出場選手登録を抹消された阪神のカイル・ケラー投手が1日、2軍に合流した。新守護神として期待された中、開幕から2試合で2度のセーブ失敗。リリースポイントの修正をテーマに掲げ、状態を上げていくことに意気込んだ。

     鳴尾浜での2軍戦前、新助っ人は若手にまじってダッシュやキャッチボール、守備練習などで汗を流した。前向きな表情で「落ち込むタイプではないのですが、チームには申し訳ないという気持ちがある。また新しいスタートだという気持ちではいるので、しっかり取り組んで(1軍に)戻っていけたら」と力を込めた。

     デビュー戦となった3月25日のヤクルトとの開幕戦(京セラ)では、1点リードの九回から登板し2被弾3失点。同29日・広島戦(マツダ)でも1点リードの九回にマウンドへ上がり、1死満塁のピンチを招いたところで降板。その後、チームは逆転サヨナラ負けを食らった。

     高めに浮いた変化球をことごとく捉えられていたケラー。「今はリリースポイントの場所だったりを修正ポイントにしているので、その辺りを明日からしっかり直せたら」。再び勝利の方程式に入るために、鳴尾浜で己と向き合っていく。




    ケラー投手がこの日から鳴尾浜の2軍練習に合流。再スタートです。 pic.twitter.com/AZNRFId163



    @SponichiHinata ケラーさん頑張って!!待ってますよ


    続きを読む

    このページのトップヘ