とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神藤浪晋太郎投手(26)と高山俊外野手(27)とが沖縄・宜野座キャンプ最終日の1日、矢野燿大監督(52)から投打の「キャンプMVP」に選ばれた。

    「投手MVP」の藤浪は実戦3試合で計8回1失点と快投を連発し、開幕ローテ入りへばく進中。「総合MVP」の高山は実戦11試合で打率4割2分8厘と打ち続け、外野レギュラー争いを先導中だ。ドラフト1位佐藤輝に注目が集まった今春、元ドラ1の2人も輝きを取り戻した。

       ◇   ◇   ◇

    藤浪は「投手MVP」の一報を聞くと、浮かれるどころか気を引き締めた。

    「ちょっとビックリしています。それだけ期待してもらっているのもあると思う。しっかり応えられるように頑張りたい。光栄ですけど、自分の納得できるところを見失わないように今後もやっていきたい」

    その裏に込められた意図を敏感に感じ取り、冷静に気合を入れ直した。

    誰の目にも充実の1カ月間に映った。再挑戦中のワインドアップ投法は「今のところはいい感じ」。実戦3試合登板で計8回1失点の数字以上に内容は濃い。

    「ゲームメークする上でピッチングになるような球の質だったり精度だったりは、ある程度はあるのかなと思っています」

    すでに最速158キロを計測した直球の強さは上々。高速フォークのキレ味も健在。何より、カットボールなどの変化球で簡単にカウントを稼ぐ姿に頼もしさを感じる。「まだ課題もたくさんある」と冷静だが、安定感は格段に増している。

    大黒柱西勇のキャンプ離脱直後には、野球評論家陣から開幕投手に推す声も出たほどの好調ぶり。「そんな立場じゃない」と恐縮する本人をよそに、球界屈指の潜在能力に対する期待値は高まるばかりだ。矢野監督は「これなら勝てるな、というモノをしっかり見せてもらえた」と評価。金村投手コーチも「(序列は)間違いなく上がってきている」と信頼を寄せる。

    キャンプから週末登板を続けており、次回は5日からの敵地ソフトバンク3連戦でステップを踏む可能性が高い。「主力級が出てくると思いますし、そういうところを抑えてこそ」。強力打線との対決も制せれば、ヤクルトとのシーズン開幕カードへの投入がさらに現実味を帯びてくる。

    「やっぱりローテーションに入りたいですし、そこに向けてアピールしていかないといけない。これだったら行ける、というモノをしっかり出していきたい」

    3年ぶりの開幕ローテ入りに当確ランプがともる日はもう近い。完全復活へ、大器が着実に階段を上っている。【佐井陽介】

    ◆藤浪の今春キャンプ ワインドアップ投法に挑戦中。2月2日ブルペンでは足を上げた際に1度三塁側に視線を移す新スタイルを披露した。21年初実戦となった7日紅白戦はドラフト1位佐藤輝から空振り三振を奪うなど、2回を無四球で3奪三振1安打無失点。対外試合初戦の21日広島戦は3回を3奪三振2安打1四球で無失点と快投し、147キロの高速フォークで驚かせた。27日中日戦でも3回1失点と試合を作り、早くも21年最速158キロをたたき出した。




    今年のキャンプMVPは、藤浪と高山ですか。 二人ともポテンシャルはピカイチだから、試合で使ってほしいですね。 今年こそ、この二人が大活躍してくれることを期待してます!



    【3月1日沖縄キャンプ】キャンプ最終日!矢野監督をはじめ、佐藤輝明・藤浪・大山・近本などいろんな選手にインタビューしてきました!阪神タイガース密...  https://youtu.be/IDsr57FLiAw  @YouTubeより 矢野監督によるキャンプMVPは俺の高山ですってよ!!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(1日、安芸)

     阪神2軍がキャンプを打ち上げ。手締めのあいさつは、平田2軍監督が「文句のつけようがない」と評価した板山祐太郎内野手(26)が務めた。

     「安芸市のみなさま、球団関係者のみなさま、阪神園芸のみなさま、ホテルタマイのスタッフのみなさま、1カ月間大変お世話になりました。おかげさまで精いっぱい、野球に打ち込むことができました。キャンプは終わりますが、ここからが本当の勝負です。宜野座組に負けないように、1軍の、日本一の1ピース(ワンピース)になれるように、1年間精いっぱい頑張っていきます。本当にありがとうございました」

     無観客で迎えた異例のキャンプ。高卒ルーキーの高寺(上田西)が実戦全6試合安打をマークするなど存在感を示した。




    糸原の独壇場に割って入る板山。 期待したい。 阪神・板山に「大化け」の気配 志願の二塁で2安打3打点「ある程度の手応えがある」 (スポーツニッポン) - LINE NEWS  https://news.line.me/articles/oa-sponichi/36b8fd5f61a6?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none 



    廣岡田口はビックリした。阪神もやるべきやけどな。長打が打てる二遊間は阪神も欲しかった。個人的には板山がのし上がって来てほしいけどなー。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【目撃】阪神の春季キャンプ打ち上げとなった1日のこと。すべての練習メニューを終えて出発寸前のバスからドラフト1位新人・佐藤輝明内野手(21=近大)が慌てて飛び出して来た。どうやらアップ用のシューズを球場に忘れていたらしく、急いで取りに戻ったようです。

     キャンプ序盤から新人離れした快音を連発するなど大物ぶりばかりに目が行きがちでしたが、最後の最後に新人らしさを見せてくれました。(3月1日、沖縄・かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

    東京スポーツ




    バス越しの佐藤輝選手、マスクでも分かるいい表情ですね✨ルーキーの皆さんもおつかれさまでした! #hanshin #tigers #阪神タイガース #沖縄 #宜野座 #春季キャンプ #佐藤輝明 pic.twitter.com/3LFS6cPKNj



    @NikkanNaruohama サトテル開幕1軍待ってますよ~私は😊


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ブルペンでは投手陣だけの手締めを行い、投手主将の岩貞祐太があいさつした。

    「これから帰ってからが本当に勝負になってくると思いますし、気温が下がるので、皆さん準備を怠らないようにやっていきましょう!」。この日が誕生日だったスアレスを全員で祝い、最後は斎藤が一発ギャグを披露。和やかなムードでキャンプを締めた。




    阪神岩貞キャンプ手締め「帰ってからが本当に勝負」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/458d8aa3cde96ae42bc8cf74a5638d3c9e2e9299  そう帰ってからが本当の勝負なのです🤭🐯 全てはこれから ですね🤔🐯



    今日のワンデーキャプテンは大山選手と岩貞投手!!最終日はキャプテンと投手キャプテンが締めます!(磯) #hanshin #tigers #阪神タイガース #沖縄 #宜野座 #春季キャンプ #大山悠輔 #岩貞祐太 pic.twitter.com/VADJc2aPjD


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は1日、沖縄・宜野座で行われていた1軍キャンプを打ち上げた。矢野燿大監督の主な一問一答は以下の通り。

    -キャンプを終えて全体の感想は

    矢野監督 3年目ですけどね、去年も手応えは十分に感じていたんですけど、もっともっと良いキャンプをやれたなと、すごい充実したキャンプでした。

    -初めて無観客でのキャンプだった

    矢野監督 やっぱりファンの方に見てもらってね、佐藤(輝)の飛距離であったり、苦しい練習をしているときの頑張りであったり、やっぱりそういうところが全然違うので。やっぱりいてもらえないという寂しさはありましたね。

    -良かった点、課題は

    矢野監督 守備というところはもうずっとチームとして課題。そういう部分では川相さんに来ていただいて、改めてもう1回、基本からしっかりやっていこうという意識でキャンプをやれました。良かったところで言うと、チームのムードとか、みんながそれぞれ引っ張っていくという意識も高かったです。コーチ陣もアイデアを出してくれて本当に挑戦的なキャンプになった。

    -キャプテン大山、岩貞のリーダーシップは

    矢野監督 大山には大山のやり方があるし、岩貞には岩貞のやり方がある。そこはそれぞれ持ち味を出しながら、グイグイ引っ張るというよりは背中で引っ張るタイプだと思うんですけど。その中でも声を出すとかね、年下の選手に声をかけていくとか、そういう姿はキャプテン2人で見えた。しっかりやってくれたと思います。




    去年も手応えを感じていたのに大差をつけられての2位だった、てのが気になる。  https://twitter.com/onikkansports/status/1366374961221263361 



    矢野監督「去年も手応えは十分感じていた」一問一答(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f2271f3969ae74bf26f4dfefcfc3f4a1f35f341f  しっかりとした手応えを感じたキャンプだったようです☺️🐯


    続きを読む

    このページのトップヘ