とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     史上初の開幕から17戦1勝と大コケした阪神。16日現在も14勝26敗1分けの借金12で最下位を独走しているが、どうやら親会社は今季限りでの退任が決まっている矢野燿大監督(53)を途中休養させるつもりはないようだ。

    大低迷の阪神に後任監督人事と並ぶ重大案件! 抑え岩崎優&エース西勇輝がFA流出危機

     13日、親会社の阪急阪神ホールディングス(HD)が2022年3月期の決算を発表。デイリースポーツによると、阪急阪神HD執行役員兼阪神電鉄専務の佐々木浩氏が矢野監督について、「今年いっぱい続けてもらうということ」と明言。「出足でつまずいたが、まだシーズンは始まったばかりで、あきらめるには早いと思っている」と力説したうえで、ゴールデンウイークの甲子園の入場券が前売り段階で完売したことを受け、「ファンからも『頑張れ』と応援していただいており、ほぼ満席の状態で営業ができている。今の成績によって収益に与える影響がマイナス方向へ向くというのが確定しているわけではない」と話したという。

    ■観客動員数は12球団トップ

     阪神の主催試合の1試合平均の観客動員は12球団トップの3万6005人。2位の巨人に約5000人もの大差をつけている。今後も負け続けて観客が減る可能性はゼロではないが、客が入っているのにわざわざ監督を途中休養させる必要もない、とタカをくくっているようなのだ。

     同役員は「ポスト矢野」についても「去就の話は出ていません」と説明したそうだが、今後のチーム状況や6月に行われる阪急阪神HDの株主総会の動向なども踏まえて人選を進めるという。

    次期監督決定のキーマンは谷本オーナー代行
    チームをボロボロにする矢野監督(C)日刊ゲンダイ

     次期監督決定のキーマンとみられるのが、今年3月まで球団副社長を務めた谷本修取締役オーナー代行(57)だ。4月からは阪神電鉄本社の取締役に昇進し、球団や甲子園球場事業などを統括する「スポーツ・エンタテインメント事業本部長」に就任。タイガースの現場実務からは離れた。

     谷本氏は18年オフ、矢野監督誕生に尽力。矢野監督が今季限りで退任するのは、「後ろ盾」である谷本氏が本社復帰したことも無関係ではない、とみる向きも少なくない。

     その一方で、球団の百北社長、粟井副社長は共に新任。藤原オーナーが谷本氏を「オーナー代行」に任命したのは、球団運営の経験が長い谷本氏を中心として監督人事を進めたいと考えているからだろう。

    「ポスト矢野」にはこれまで、球団OBで05年優勝監督である岡田彰布氏(64)の名前が取り沙汰されてきた。本人も再登板にやる気マンマンだというし、球団も05年優勝メンバーを中心とした組閣をしたい意向があるとみられている。一部では、00年代に常勝中日を率い、最近はユーチューバーとしても話題を振りまく落合博満氏(68)の待望論まで出始めているが、ここにきて有力候補と目される人物が浮上してきた。

    「元守護神として通算245セーブをマーク、球団のスペシャルアシスタント(SA)を務める藤川球児氏(41)です」とは、阪神OBだ。

    ■阪神にとって切り札的存在

    「谷本氏が次期監督選定のキーマンだというなら、同氏がOBの中で最も高く評価しているのは藤川SAだ。谷本氏は副社長時代に、鳥谷敬、能見篤史と生え抜きの大物を次々と戦力外にして引退を迫ったが、2人とも他球団へ移籍した。しかし、藤川SAは20年シーズン途中、故障もあって自ら球団に『チームに迷惑をかけられない』と引退を申し入れた。ドラフト1位で入団し、メジャーや独立リーグに在籍したことはあったとはいえ、阪神一筋を通した藤川SAに、谷本氏は選手指導や編成業務に携わるポストを用意し、功に報いた。阪神ではかつて、引退直後の選手がこうした『特別職』に就任した例はない。DeNAの三浦大輔監督が17年の引退直後にスペシャルアドバイザーとなり、その後監督に就任したように、阪神にとって藤川SAは、切り札的な存在だといえます」

     谷本氏は藤川SA就任時に「視野も広いですし、いろいろな情報を提供してほしいと思っている。いろいろな経験をしているので、経験値というのを若い選手たちに伝えてもらいたい」などと語っていた。

     当の藤川SAは阪神の仕事以外にもメディアで評論活動を精力的に行い、今年のキャンプでは日本ハムの新庄剛志監督(50)に請われ、吉田輝星らを指導している。昨年12月には、自身のユーチューブチャンネルで監督業について、「なりたくなくてもなると思います。そんな気がしてます」と話している。

     球団OBの間では、「ネックはコーチ経験がないこと。チームを再建するなら、実績と経験が豊富な岡田氏の方が適任といえるが、新しい風を取り入れるなら『藤川監督』でも異論は出ないだろう」との声もある。プロ野球では指導者経験がない人物が監督になるケースも多く、前出の中日・落合監督やソフトバンク・工藤公康監督らが結果を残している。

     藤川SAは現役時代から卓越した野球理論に定評があり、今も藤浪晋太郎(28)ら多くの選手が慕っているという。的確な解説を交えた評論活動も、ファンのウケがいい。今オフ、阪神の切り札が指揮官として登板する可能性が出てきた。




    藤川球児はまずコーチをしたほうがいいと思う🤔 阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8bafe308e73f00671e5fb9b506f2cea3d7c6d68d 



    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず(日刊ゲンダイDIGITAL) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8bafe308e73f00671e5fb9b506f2cea3d7c6d68d  ゲンダイかよ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神OBの藤川球児氏が自身のユーチューブチャンネル「藤川球児の真向勝負」で25日の開幕・阪神―ヤクルト戦(京セラドーム大阪)について展望を語った。

     阪神の開幕投手に内定していた青柳は新型コロナウイルス陽性判定を受け無念の戦線離脱。〝代役〟として藤浪がオープニングゲームのマウンドを任されることになったが、これについて藤川氏は「阪神にとっても藤浪とっても『激痛』。(藤浪は)投げ方が良くなっただけであってピッチングがうまくなったわけではない」とした上で「(カード頭の)金曜日に(藤浪が)投げるのは激痛です。今後、大野投手(中日)や大瀬良投手(広島)らとマッチアップすることになる。そうなると苦しくなる。だから開幕投手は青柳だったんですが」と昨季セ最多勝に輝いた青柳の不在を嘆いた。

     その上で藤川氏は藤浪の〝女房役〟として、チーム正捕手の梅野ではなく坂本のスタメンマスク起用を提言。「藤浪には坂本を組ませた方がいい。インサイドワーク、両サイドの使い方は坂本の方がうまい。梅野はメッセンジャーという角度のある投手に育てられたこともあり〝縦系〟の投手をリードするのが得意。メッセンジャー、藤川、ドリス、ジョンソンと縦回転の変化球、ストレートが浮き上がる投手を受けてきた。一方、青柳、西勇、藤浪は〝横〟。今の晋太郎ならば坂本と組んだ方が彼のためになる」と説明した。






    阪神OB・藤川球児氏が提言「開幕投手・藤浪の女房役には梅野ではなく坂本起用を」  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/4080683/  やっぱ藤川球児なんだよな



    ファンからみても藤浪は坂本と組ますんじゃないの? 「開幕戦だから」を理由に梅野起用は訳わからんぞ。 何のためのオープン戦等だったのか  https://twitter.com/dorapeinet/status/1506604821927071747 



    今まで「何となくそうかな?」と思ってたけど、藤川の話ですとんと理解できた。藤川ってすげー。 阪神OB・藤川球児氏が提言「開幕投手・藤浪の女房役には梅野ではなく坂本起用を」(東スポWeb) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/02025535d1f84057e7b37861d6405fa0d52c1d6f 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神電鉄は1日、3日に拡張&リニューアルオープンする「甲子園歴史館」と新規オープンするシミュレーション野球施設「BEーSTADIUM KOSHIEN」のメディア向けの内覧会を開催。現役時代は守護神として活躍した藤川球児スペシャルアシスタント(41)=SA=がゲストとして招かれた。

    今回、新設される自身のユニホームやグラブなどが展示されたコーナーを見学した藤川氏は「必死に現役生活をやっていれば、必ず終わった後に周りの方がみてくれている。選手たちには『今じゃないんだぞ。あと10年、20年したときに評価がもらえるから必死に頑張りなさい』と言いたい」とメッセージを残した。

    昨季限りで現役を引退した岩田稔氏(38)=コミュニティ・アンバサダー(CA)=はCGで再現された甲子園球場が映し出されたスクリーンの中でのマシン打撃を体験。「甲子園がリアルに再現されています」と驚いた。

    同歴史館は2010年3月、甲子園球場外野エリアで開業。今回、球場南側に開業する商業施設「甲子園プラス」に展示エリアを一部移転し、展示面積は1・25倍となる。施設内には野球用品店や飲食店なども入居する。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/24(木) 07:14:12.04 ID:Jfy05gMiM
    これからという存在には興味が湧く。高知・安芸で行われている阪神二軍キャンプではドラフト1位右腕が躍動した。森木大智投手(18=高知高)が23日に初のフリー打撃に臨み、打者2人に41球を投げて安打性の当たりはゼロ。能力の高さを見せつけた。

     対戦相手は同期入団の前川右京外野手(18=智弁学園)と高知高の5歳先輩でプロ2年目の栄枝裕貴捕手(23)。森木は「高めのストレートでは押せていて捉えられなかった」と手応えを口にした。

     着実に階段を上がっている。自主トレ期間から首脳陣の評価は上々。キャンプイン後も順調にギアを上げてきた。21日には今キャンプ最多の60球を投げた。直球にツーシーム、カーブ、スライダー、カット、スプリットと多彩な変化球を織り交ぜた。

     周囲の評判もうなぎ上りだ。同郷の高知出身でもある藤川球児スペシャルアドバイザー(SA)は、ブルペンでの投球をその目で確認。「自分の芯を持って戦っていけば世界に行くでしょう」と称賛した。

     一方で、取材を進めると逆の意見もあった。同じ高知出身のプロ野球OBはこう言った。

    「高校時代は甲子園がかかった大事な試合で負けてきた。すなわち『持っていない』わけですよ。ここという場面で実力以上の力を発揮するのがプロで成功する選手。私は森木がプロで大成するとは思わない」

     森木は甲子園に憧れ、高校3年間で5度出場するという目標を持っていたが、夢はかなわなかった。それでもプロ入りに際し、聖地を本拠地とする阪神から1位指名された。その点では「持っている」と言えるのだが。

     藤川SAの見方はちょっと違っていて「高校ではステージが一段上だったから」と独特の解説をする。対戦相手が森木のボールを見極めたわけではなく、対応できなかったことで四球やバッテリーミスにつながるなどの現象が起こりうる。だからこそ「プロで活躍するタイプ」というのが、藤川SAの見立てだ。

     森木は25日のシート打撃登板を経て、3月初旬の教育リーグでの実戦デビューとステップアップしていく予定だ。平田二軍監督は「初めて打者に投げたわりには制球もまずまず。前にゲージがあると投げにくいんだけど、それを差し引いてもいいボール。スケジュール通り。順調」と近未来のエース候補に期待する。

     森木はラストイヤーの矢野阪神で、どんな存在となっていくのか。温かく見守っていきたい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e184ba81fa8b38618aa14568c8cacc39ed45735

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/02/24(木) 07:15:11.06 ID:Jfy05gMiM
    すごいらしい

    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1645654452/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神2軍春季キャンプ(21日、安芸)まるで〝アメ車〟や!! 阪神のドラフト1位・森木大智投手(18)=高知高=が21日、藤川球児スペシャルアシスタント(SA、41)にブルペン投球を初披露。今キャンプ最多の60球を投げた。迫力ある投球を目の当たりにした同じ高知出身の大先輩は、森木を「アメ車」と表現。「馬力がすごい」とポテンシャルの高さにうなりっぱなしだ。

    鋭く重い直球が音を立ててキャッチャーミットに収まった。まるでアメ車のような馬力だ。最高気温9度。風が強く吹く寒い安芸で、森木のド迫力ピッチングに同郷の大先輩・藤川SAがうなった。

    「馬力がすごいもん! マウンドの音もすごいし。ミットに着地した音もすごい。のびやかさとか。ミット音も土を蹴る音が荒々しい。荒々しすぎていいのかっていうところと、おとなしすぎていいのかっていうのでいうと、アメ車とハイブリッド車」

    第5クール最終日。森木が投内連係後にブルペンに向かった。緊張の面持ちでマウンドに立つ。2月1日にキャンプインしてから何度も投げてきたブルペンだが、この日はいつも以上に気合が入っていた。後方には藤川SA。20日に安芸入りしたレジェンドに初めて投球練習を披露した。

    184センチ、90キロ。恵まれた体格から投げ込む姿に、藤川SAは「肉体はすごいものがあるので、あとは柔軟性が出てくれば。近未来に力を発揮できる能力があるなと感じました。ビックリする成績をおさめる思いますよ。間違いなく。自分っていう本物の芯の持って戦っていけば、世界に行くでしょうね」と大活躍を予言した。森木の夢はメジャー。アメ車のような排気量があれば、世界でも戦える。

    熱い視線が背番号20の背中に注がれる中、最速154キロの直球と持ち球のカーブ、スライダー、カットボール、スプリット、ツーシームの変化球全てを投じ、捕手を座らせて今キャンプ最多の60球。43球目からはクイックで投げ、力だけではなく、技も披露した。

    「今日のブルペンはそれなりによかったです。腕も振れていました」

    最後の10球、自らお願いして江草2軍投手コーチを左右の打席に立ってもらい、投球の感覚を確かめた。キャンプは22日が休日で残すはあと1クール。まだ打者と対峙していないが、順調にいけば、最終クールの23日にフリー打撃、25日にシート打撃登板と段階を踏んでいく。そして、実戦はキャンプ終了後、鳴尾浜に戻ってから2軍戦を予定している。

    「(藤川SAから)いっぱい食べて太れって言われました。糖質をしっかり摂って、けがしにくい、いい体にしていきたい。長く野球を続けるためにもしっかりやっていきたい」

    持っているモノは一級品。じっくり基礎を作り、藤川SAから太鼓判をもらった期待のドライチが羽ばたく。

    ■森木 大智(もりき・だいち) 2003(平成15)年4月17日生まれ、18歳。高知県出身。蓮池小3で高岡第二イーグルスで軟式野球を始める。高知中では3年春夏に全国V。中3夏の四国大会決勝で150キロを計測。高知高では1年春からベンチ入り。1年夏からエースも甲子園出場はなし。22年D1位で阪神入団。最速154キロ、高校通算13発。184センチ、90キロ。右投げ右打ち。年俸1200万円。背番号「20」




    早熟との評価もあるが、高校時代は使い減りもなく余力たっぷり。 インタビューでの思考力を聴いていると一流になれる資質を感じる。怪我をしないカラダでタイガースを背負ってほしい。 阪神・森木ド迫力ブルペン まるでアメ車 藤川SA驚愕「馬力すごい」 #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ecfee202c51fa63ff393f04ea9ce2fd4d01d352e 


    続きを読む

    このページのトップヘ