とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で球団のスペシャルアシスタント(SA)を務める藤川球児氏が14日、自身のツイッターを更新。「投手が自分からマウンドを降りる 喝だー!!! 大先輩のお言葉をお借りします 笑」とつづった。

     真意について語られてはいないが、コメント欄には「不甲斐ない後輩を叱ってやってくだされ」、「ありがとうございます ずっとモヤモヤしていました きのうの降板の仕方」、「西投手にはチームと一緒に戦う姿勢を貫いてほしかった」など、賛同するコメントが多く寄せられた。

     前日13日の巨人戦(東京ドーム)で先発し、二回途中で自らマウンドで手を挙げて、緊急降板した西勇輝投手に向けられた言葉と捉えたファンが多かったようだ。

     逆転Vに向け、負けられない戦いが続く阪神だが、先発した西勇は1死二、三塁から松原の二ゴロの間に1点を失うと、マウンド付近から西勇が右手を挙げてベンチへ引き揚げて、そのまま交代。矢野燿大監督は試合後、「異変箇所?肘かな」と説明。具体的なことについては「検査してみないと分からない」と明かしていた

     藤川氏はこれまでに何度も、ツイッター上でも古巣・阪神に愛のある金言を送ってきた。西勇が登板8試合ぶりに勝利し、通算100勝を挙げた9月10日の広島戦(マツダ)後にも「虎が来た!! 間違いない…」とツイートするなど、虎のエースには特別な思い入れがある。同戦は結果的に引き分けに終わり、首位・ヤクルトのマジックナンバーも「8」に減った。わずかながら逆転優勝の可能性がある中で、咤(しった)激励でチームにエールを送ったようだ。




    投手が自分からマウンド降りる 喝だー!!! 大先輩のお言葉をお借りします 笑 #kyuji22



    @kyuji22fujikawa 同じく 喝!!!



    @kyuji22fujikawa 球児さん… おはようございます😊 昨日の降板の仕方に 1ファンとして…思う所あり‼️でした… 球児さんの“喝”の一言で スッキリしましたー😃💦


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    ◇プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(11日)

    ドラフト1巡目で阪神が交渉権を獲得した森木大智投手(高知高)が会見に臨み、目標を語りました。

    以下、主な一問一答。

    ――今の気持ちは?

    「選んでいただいてホッとしてる気持ちです。阪神は今年、投打に波に乗っているいいチームだと思うのでそこで野球をやらせていただけるのでありがたいです」

    ――指名を待っているときの気持ちは?

    「選ばれるかどうか不安もあったんですが、選んでいただいたのでありがたい気持ちでいっぱいです」

    ――目標としていたドラフト1位指名がかなって、いまどのような気持ち?

    「ずっと小さいときから目指してきた舞台に立つ直前にいるので、決まってとてもホッとしていますし、ここからもっともっとやらなくちゃいけないなという自覚も芽生えました。これからもっといいピッチャーになれるように頑張っていきたいと思います」

    ――阪神OBで同郷(高知出身)の藤川球児さんはどのような存在?

    「小さい頃からの憧れで、野球を始めたきっかけでもある。(藤川さんは)火の玉ストレートが魅力だと思うのでそれに近づけるように努力したいと思います」

    ――同じ阪神のユニフォームを着られることについては?

    「とてもうれしい気持ちでいっぱいです」

    ――高校時代に甲子園大会に出場できなかった。プロではホームが甲子園球場になるが、それについては?

    「甲子園で投げる機会がこれからあるというのはとてもうれしく思います。あのグラウンドで野球ができるというのは光栄な事だと思うので、1軍で甲子園のグラウンドに立てるように頑張りたいと思います」

    ――自分の口で、1位指名されたことを報告したい人は?

    「今までずっと近くで支えてくれた家族、両親に伝えたいと思います。苦しいときもあったんですが、そういう時期を一緒に乗り越えてくれた。たくさん犠牲にしてきたこともあると思うんですけど、これから僕が活躍して恩返ししたいと思います」

    ――阪神・矢野燿大監督の印象は?

    「試合に対してすごく熱い思い、熱心というか闘志を持ってやられている方だと思う。そういうところは僕もとてもやりやすいのかなと思います」

    ◇森木大智投手(高知高)2003年4月17日生身長184cm/体重90kg右投げ/右打ち

    阪神・山本スカウトの評価
    「最速154kmのストレートを投げ込む右の豪腕。変化球の質・精度も高く、日本球界を背負って立つ投手になる可能性を持った、総合力の高い本格派右腕」




    藤川球児以来の 高知高出身獲得ほー\(^-^)/‼️  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1447480615935242242 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神OBで野球解説者の藤川球児氏がNHK BS1のプロ野球中継「中日-ヤクルト」で解説を務めた。

     昨年に現役を引退し、解説者に転身。その的確な解説が話題となっているが、この日もネットでは注目ワードで「藤川球児」が入った。「ズバズバ当たりまくる、すごいな」、「結果にフォーカスしないのがいい」、「石川の心理完全に分かってる」、「予言者?」などの声が寄せられた。

     主に、投手目線で解説する藤川氏。この試合では二回表の2死一、二塁。中日先発・小笠原の真ん中直球を打者塩見が空振りして0-2と追い込むと、「真ん中で空振りしたら、あと4球ボール投げたら必ず振ります。基本的には投手の100%勝ちです」と言い切り、結果は低めボール球の変化球で三ゴロとなった。

     また、三回裏の1死一、三塁。ヤクルト・石川が打者ビシエドを迎えた場面では、「ストライクを取るのが怖いんです。2ボールから京田選手に打たれてますから。でも満塁になってもいい。次は堂上選手ですから。満塁になっても一緒なんです。内野ゴロでゲッツーを取る。やる作業は一緒なんです」と語った通り、四球で満塁となった。

     この後、堂上との対戦ではカウント1-1から、「(打者が)低めを捨てたとき、石川選手のいいときは低めから伸びてくるストレートでストライクが取れるんですよ」と予告。すると、低めストレートでストライク。さらにもう一球内角低めへのストレートで見逃し三振に仕留めた。

     この後、2死満塁から高橋が1-1から甘い変化球をファウルすると、「2ストライク目を甘いゾーンでカウント取られると、バッターはめちゃくちゃ不利になる。投手が一気に有利になる」と語った直後、低めのボール球で空振り三振となった。藤川氏は「ベテランですね」と石川の投球術を称えていたが、ネットでは「言った通りになってる」と驚きの声が上がっていた。







    藤川球児の解説が素晴らしすぎるので日本人初の「解説者で年収1億」目指して全試合解説して欲しい。 それくらいイイ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島1-4阪神」(10日、マツダスタジアム)

     阪神はカード初戦で快勝した。前回対戦で3タテを食らった広島相手に、先発の西勇が粘りの投球。自身の連敗も6で止め、プロ通算100勝を飾った。

     試合のなかったヤクルトが2位で、ゲーム差は2・5。5連敗の巨人は3位転落となり、ゲーム差は3となった。

     試合後、阪神OBの藤川球児氏はツイッターを更新し、「虎が来た!!間違いない…」とつぶやき、フォロワーに応じる形で「西がキーやったんよ」と説明した。先発の柱が待望の1勝を挙げ、勢いが再加速するか。16年ぶりのリーグ制覇へ、残りは35試合だ。




    虎が来た!! 間違いない… #kyuji22



    @kyuji22fujikawa 西おめでと〜!!!



    @kyuji22fujikawa 球児さんも虎でした!



    @kyuji22fujikawa 僕もそう思います!! いよいよです!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神のクローザーとして活躍した藤川球児さん(41)が7日、自身のツイッターを更新。中日・木下雄介投手の死去に関して苦しい胸の内を吐露した。

     「辛すぎて言葉が出なかった昨日 今日も気持ちは変わらない…今は自分に出来る事を頑張る」

     木下雄投手の150キロを超える直球はスピンが効いた浮き上がるような軌道。藤川さんが今春の北谷キャンプを訪問した際に「火の玉ストレート」を彷彿とされるその速球に活躍を予言していた。

     そんな背景を知ってかフォロワーからも「藤川さんが日本一の中継ぎになれると仰って下さって木下選手ももちろん嬉しかったでしょうし、僕達ファンもとても嬉しかったです」「今年のキャンプでは球児さんから太鼓判をいただき、ファンの1人としてはそれもあって期待していた選手でした」など多くのコメントが寄せられた。




    辛すぎて言葉が出なかった昨日 今日も気持ちは変わらない… 今は自分に出来る事を頑張る #kyuji22


    続きを読む

    このページのトップヘ