とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    横田慎太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     高校野球鹿児島大会は24日、準決勝を迎える。鹿児島実業OBで、元阪神タイガース選手の横田慎太郎さん(26)は8年前の夏、決勝の舞台に立った。2度の大病を乗り越えた今、「元気をもらっている」という球児たちにエールを送る。

     横田さんは、プロ野球で活躍した父親の真之さん(58)の影響もあり、プロ野球選手になるのが夢だった。「厳しい環境で成長したい」と強豪校の鹿実に進み、1年の秋から4番に抜擢(ばってき)された。甲子園には届かず、2、3年とも夏は決勝で敗れた。最後の試合はサヨナラ負け。「悔しくて寮の部屋に閉じこもり、ぼうぜんとしていた」

     球児としては届かなかった甲子園だが、ドラフトで阪神タイガースから指名を受け、夢舞台へ。走攻守そろった大型選手として期待を集めたが、2017年のキャンプで体に不調を来し、脳腫瘍(しゅよう)と診断された。

     闘病を経てグラウンドに復帰したが、球が二重に見えるなど目の状態が戻らず、19年に引退した。故郷の鹿児島に戻った横田さんをさらに試練が襲う。20年夏に脊髄(せきずい)腫瘍が判明し、再び半年の闘病に入った。

     今も足にしびれが残るが「まだ26歳。絶対に元の体に戻す」と前を向いて療養の日々を過ごす。最近、「元気をもらっている」というのが鹿児島大会を戦う球児たちの姿だ。「打つ、投げる、走るがすべて全力で、感動する」。真之さんが監督を務める鹿児島商は敗退したが、鹿実は4強に勝ち上がった。

     横田さんは5月、「奇跡のバックホーム」(幻冬舎)という本を出した。19年9月の引退試合で外野守備につき、正面に飛んで来た打球を本塁に返球。ダイレクト送球で走者を刺した「野球人生のベストプレー」をつづった。「もう一度試合に出ることを目標に必死で練習していた。それが報われた幸せな瞬間だった」

     夏、全国で一度も負けないチームはひとつだけ。多くの球児が「まだ終わりたくない」と涙をのむ。プロ野球選手という幼い頃からの夢に病気でピリオドをうった横田さん。球児へのメッセージを寄せてくれた。

     「甲子園をめざして戦う姿勢が大事。負けて得られるものも必ずある。目標から逃げずに少しでも前に進んでいけば、『幸せな瞬間』が必ず訪れると思う」(奥村智司)

    朝日新聞社




    元阪神・横田さん 闘病経た今、球児にエール「幸せな瞬間、必ず」(朝日新聞デジタル) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d86b8d8147a542a150b30a7a3bf068f6b12553b5  将来虎の四番と応援していたのが、今でも良き思い出😙✨引退の時は泣いた位ショックやったけど、病に負けないで、日々元気に過ごして欲しいね‼️応援しています🎶



    ☆よこたそ、球児にエール😆よこたその元気な顔が見れて嬉しいですね💜 元阪神・横田さん 闘病経た今、球児にエール「幸せな瞬間、必ず」(朝日新聞デジタル)  https://news.yahoo.co.jp/articles/d86b8d8147a542a150b30a7a3bf068f6b12553b5 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    高校野球鹿児島大会:鹿児島商10-0明桜館(6回コールド)>◇5日◇1回戦◇平和リース球場 【写真】1回鹿児島商2死一、三塁、左前適時打を放つ斉藤 鹿児島大会の1回戦6試合が6日に行われ、元プロの横田真之監督(58)率いる古豪・鹿児島商が95年以来14度目の全国切符へ向け快勝発進した。ロッテなどで俊足巧打の外野手として活躍した指揮官の指導で打撃が向上。明桜館を11安打10得点の6回コールドで撃破した。    ◇   ◇   ◇ 鹿児島商が古豪復活へ快勝発進だ。1回にタイムリーや押し出し死球の2得点で勢いづき、3回2死一塁で代打・四元翔(3年)が右越え適時三塁打を放つなど打撃爆発で6回コールド。投げては4投手のリレーで無失点に封じた。投打がかみ合い、横田監督は「いいスタートが切れた」と納得の表情を見せた。「投手を助けないよう伝えた。無理して難しい球を振らないよう自分のペースで力を抜いて打席に立つよう指示した」と打線に助言を送り、ナインが力を発揮した。 95年に現役を引退し、16年に学生野球資格を回復。同年4月から鹿児島商コーチに就任し、19年12月から監督を務める。夏の甲子園出場をかけた地方大会はこの試合が初采配となった。現役時代は俊足好打の外野手。先制適時打の斉藤優一朗外野手(3年)は「横田監督に代わり、打撃が得意になった」と話す。 長男で元阪神・慎太郎さん(26)の存在も励み。脳腫瘍からの復帰を目指していたが19年に引退。「息子は大きな病気をしたが最後まで諦めなかった。その気持ちを選手にも伝えたい」。「横田イズム」で鍛え上げた打線を武器に、春夏通算26度目の甲子園出場を狙う。【菊川光一】




    鹿商の監督って横田くんのお父さんか



    鹿商おめでとう🎉 pic.twitter.com/5bkburgzeR


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て2019年に現役引退した元阪神の横田慎太郎氏(26)が14日、児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校・大阪市立弘済小中学校分校のキャリア教育推進プログラム「夢授業」の講師役をオンラインで務めた。昨年に脊髄腫瘍を患い、2度目の闘病生活も不屈の精神で乗り越えた同氏。目標を持つ大切さを説き、最後は子供たちからのサプライズ演出に涙した。

     横田氏は「目標を持って、その目標から逃げずに前に進み続ければ幸せな瞬間は必ずきます」と熱く語り掛けた。カーテンの隙間から西日が差し込む午後の講堂。全校生徒37人に加え、教職員30人も画面に映る同氏を食い入るように見つめた。

     約1時間30分の夢授業。横田氏は自身の半生を振り返り、脳腫瘍を患った後の壮絶な闘病生活も明かした。「家族をはじめ、多くの方々が支えてくれたおかげで乗り越えられました」。質問コーナーで男子生徒から現在の目標を問われると、迷うことなく即答した。

     「今は苦しんでいる方々の力になりたいです。世の中のお役に立ちたいです。そう思いながら生きています」

     児童自立支援施設「阿武山学園」の併設校には家庭や学校にうまく適応できず、何らかの困難等を抱える児童・生徒が在籍している。柴田好生教諭(30)は言った。「子供たちの目が輝いていました。本当に感謝です」。

     最後に生徒たちはサプライズでゆずの「栄光の架橋」を合唱。それは横田氏が闘病生活を送っていた当時、よく聞いていた思い出の曲だった。「僕の方が逆に勇気づけられました。感動しました」。夢先生は思わず涙した。鳴りやまない拍手に心を震わせ、かけがえのない時間をかみしめた。



    ▼Amazonで発売中



    あたたかいサプライズに、思わず涙・・・。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml  @Daily_Onlineより



    なんだか又、泣かされちゃった。 でも良かったね。いい事したね。 傷ついた子供達の心にも きっと横田君の言葉は響いたと思うよ。 お疲れが出ません様に。 阪神OB・横田氏 サプライズに涙 「夢授業」生徒たちが「栄光の架け橋」合唱  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/15/0014416453.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2度目の大病を越え、「人々に希望を与えたい」という思いは、より強くなった。元プロ野球・阪神の横田慎太郎さん(25)=鹿児島実高卒=は、現役時代の脳腫瘍に続き、昨年9月、脊髄の腫瘍に見舞われた。半年に及ぶ闘病を終え、「2度も命をいただいた。経験を伝え、悩み苦しむ人の力になりたい」。12日には、自身の半生をつづった本が出版される。

     現役を引退して鹿児島へ戻り、脳腫瘍を乗り越えた経験を動画配信サイト「ユーチューブ」やコラムで伝える活動を本格化させた直後、再び病魔に襲われた。「腰や足に強い電気が走るような、異常なほどの痛み」が約1カ月続いた。受診した結果、脊髄に腫瘍が見つかった。「もう二度と病気はしたくないと思っていた。初めは受け入れられなかった」

    ✲「もう治療やめたい」

     すぐに大阪での入院生活が始まった。1軍復帰を目標に病へ立ち向かった現役時代と違い、何を支えにすればいいのか…。放射線や抗がん剤治療は前回よりも増え、体は悲鳴を上げた。「もう治療をやめたい」。前回は決して吐かなかった弱音を、つい母に出した。

     「乗った船は途中で降りられないよ。最後の港まで一緒に行こう」。その一言で前を向けた。仕事を辞め、泊まり込みで世話してくれた母と、毎日電話で励ましてくれた父。「ずいぶん心強かった」

     何より、つらそうに下を向いて過ごす他の入院患者たちの姿に、自らを奮い立たせた。「自分が病気に打ち勝って、悩み苦しんでいる人の励みになる」。その目標を胸に病と闘い、そして打ち勝った。鹿児島へ戻って1人暮らしを再開し、「次の目標は元の自分の体に戻すこと」と笑顔を見せる。

    ✲『奇跡のバックホーム』

     12日に発売される自身初の書籍「奇跡のバックホーム」(幻冬舎、定価1540円)には、視力の異常など脳腫瘍の後遺症を抱えながらも鮮烈な印象を残した引退試合や、小学生からプロになるまでの思い出を記した。

    奇跡のバックホーム
    横田 慎太郎
    幻冬舎
    2021-05-12


     「野球をしていない人、苦しい思いをしている人、目標がない人、たくさんの人に読んでもらって、希望を持ってほしい」と力を込める。「小さな目標でもいい。目標があれば、最後には必ず幸せな日が来る」。自らの経験を伝える動画配信などの活動は、体調と相談しながら再開する予定だ。




    よこたそには尊敬の念しかない(;ω;)  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1391611846793129991 



    元阪神・横田慎太郎さん(鹿児島実卒) 「最後の港まで一緒に」母の一言で前向いた 大病2度越え、本に込めた「苦しむ人の力に」(南日本新聞) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/347af6bd39487fa9d9d6a663048fdb541da272d9  横田くん痩せたね…でも治療がうまくいって何より。

    奇跡のバックホーム 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て19年に現役を引退した元阪神タイガースの横田慎太郎氏(25)が26日、本紙の取材に応じ、脳から転移した脊髄腫瘍で昨夏から2度目の闘病生活を送っていたことを明かした。抗がん剤投与の副作用が激しく、一時は治療断念も頭をよぎった。母・まなみさんの支えもあり再び大病を乗り越えた今、困難に立ち向かう人へ勇気を与える新たな「夢」についても口にした。

     体の異変を感じたのは昨年7月だった。足と腰の激しい痛みが日を追うごとに増大。「足の感覚がない感じがして」と鹿児島の病院を受診すると、驚きの診断を通達された。

     「脊髄に腫瘍ができています、と。え…まさかって。1回目は頭に腫瘍ができて、治療もきつくてもう二度と病気もしないと思ってやってきたので」

     すぐに鹿児島から関西の病院へ移動し精密検査を受け、即座に入院が決定した。「6月に頭の定期検査をしたばっかりで普通に過ごしていたので。“またか”という感じ。これから長い治療が始まるのかと思うと…選手の時と違って目標もなかった。厳しかったですね…」。選手時代のプレー復帰のように目指すべきものがなく、目の前は暗転した。

     追い打ちをかけたのは、脳腫瘍の時よりもつらい副作用を伴ったという抗がん剤治療。「前回より回数も多くて。治療中は本当に体が悲鳴をあげていた」と振り返る。体重は8キロ減り、弱った体には注射器も入らず、何度も打ち直し。1度目の闘病では一度も弱音を吐かなかった男が、母・まなみさんに言った。

     「もう治療をやめてほしい。耐えられそうにない…」。それを聞いたまなみさんから「慎太郎、乗った船は途中で降りられないよ。最後の港で一緒に降りよう」と励まされ、少しだけ前を向けた。何より、大きな転機となったのは、周囲にいた多くの患者の存在だった。

     「時間がある時に部屋からベンチに座って、ふと周りを見たら、たくさんの患者さんが下を向いてつらそうな顔をしていた。病気に打ち勝って、元気になって苦しんでいる人の力になりたいと思った。その瞬間がなかったら、自分もどうなっていたか分からない」

     まなみさんは、コロナ下で鹿児島と関西を行き来しての看病が困難と知ると、病院側に「病室から一切出ないので。息子が退院するまで一緒にいたい」と直訴。仕事も辞め、同じ病室で寝泊まりしサポートしてくれた。「一日でも早く一緒に鹿児島に帰りたいという思いで治療しました」と献身を力に変えた。

     約5カ月の入院生活を終え、現在は故郷・鹿児島に戻り1人暮らしを再開。腫瘍は「すべて取れました」と大きな“敵”に打ち勝ったことを明言した。

     「2回も大きい病気を乗り越えたのも、たくさんの方に支えられたから。しゃべるのは下手ですけど、何か伝えて、同じように苦しんでいる人が一歩踏み出せる発言をできる人間になりたい」

     強く、優しく、生きていく。 (遠藤 礼)

     <記者フリートーク 阪神担当・遠藤 礼>

      どれだけ、試練を与えれば気がすむんだ…横田氏を知る人たちの総意だろう。僕だってそうだ。神様を恨みたくもなる。脳腫瘍に続く2度目の大病。選手時代から弱音を吐く姿を見たことのない男が、今回ばかりは「耐えられそうにない。限界です」と発したというのだから…闘病生活の過酷さは想像を絶する。

     それでも本人は、高く厚い壁に絶望せず先にある「景色」を見ようと懸命に前を向いた。前進さえすれば何か起きるかもしれない。いや、起こせる。それを知っているから。

     引退試合での“奇跡のバックホーム”。その裏には、視力が低下しながら、ぼやける白球を一球一球追いかけた苦心の日々がある。99%の努力があったからこそ、1%の奇跡が生まれたことを忘れたくない。今回の試練も、強くなる経験に変えた。まだ25歳。苦しんだ分、「幸せ」や「喜び」は、これからたくさん巡ってくる。

     ○…横田氏の初の書籍「奇跡のバックホーム」(幻冬舎、定価1540円=写真上)が5月12日に発売される。脳腫瘍の闘病から現役引退決断、感動を呼んだ“ラストプレー”に至るまでの知られざる苦悩やエピソードが盛り込まれた自伝的エッセー。ソフトボール選手だった小学生時代など、プロ入りまでの道のりも本人の言葉でつづられている。横田氏は「たくさんの方に読んでもらって、希望を持ってもらいたい」と呼びかけた。

     <横田氏の経過>

     プロ4年目、17年春季キャンプ中に頭痛の症状が治まらず2月11日に緊急帰阪。検査で「脳腫瘍」と診断されたが、公表は控えられていた。入院生活と治療を経て8月下旬には症状が消えて安定した状態となる「寛解」となり、9月3日に報道陣へ公表した。

     18年からは育成選手として順調に回復を続けたが、公式戦出場はなかった。19年9月22日に引退会見を開き、2度の手術を経た視力低下を決断の大きな理由に挙げた。26日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦を引退試合として臨み、1096日ぶりの公式戦出場。8回2死二塁から中堅の守備に就くと、直後の打者の中前打を処理しノーバウンドの本塁送球で補殺を記録した。



    奇跡のバックホーム
    横田 慎太郎
    幻冬舎
    2021-05-12



    横田にはどんなスター選手より色んなことを教えてもらったわ。これからの人生、本当に幸せになってほしい。 元阪神・横田氏は生きて、伝え続ける 2度目の闘病生活を告白「苦しんでいる人が一歩踏み出せる発言を」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/80c93b30221842f0d93695b5505d4b6672d5fc5b 



    よくぞ帰って来てくれました 2度も病魔に勝ったんです ここから先、素晴らしい人生が待っているはず #横田慎太郎 #阪神タイガース 元阪神・横田氏は生きて、伝え続ける 2度目の闘病生活を告白「苦しんでいる人が一歩踏み出せる発言を」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/80c93b30221842f0d93695b5505d4b6672d5fc5b 




    続きを読む

    このページのトップヘ