とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    横田慎太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     俳優・間宮祥太朗が、13日放送のABCテレビ・テレビ朝日系ドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』(後1:55)で元阪神タイガース選手・横田慎太郎氏を演じることになり、このほど2人の“縦縞”対談が実現。この模様などが番組内で公開されることが、発表された。

     同ドラマは、将来を期待されながら脳腫瘍に侵されて24歳の若さで引退した横田氏が現役最後に披露した“奇跡のバックホーム”を描くストーリーで、間宮が虎の縦縞ユニフォームに袖を通し、横田氏役で主演を務める。横田氏の自伝的エッセイ『奇跡のバックホーム』(幻冬舎)を原作に、その半生に迫る。

     自身も野球に打ち込んだ経験がある間宮が、横田氏が暮らす鹿児島を訪れ、役作りのためにバッティングフォームなどの直接指導を受け、闘病時の心境を聞き出した。2人の熱いやり取りがドラマとともに放送される。

     病気の宣告を受けたときの気持ちや、闘病を支えた家族との交流、そして野球を辞める決意などを真っ直ぐに振り返っていく横田氏と、それを噛みしめるように耳を傾け反応していく間宮の姿が印象的。間宮は「一つひとつのお話から横田さんの勇気と感情をもらうことができました」と語る。

     また、番組では、横田氏を知る阪神OBの金本知憲氏や鳥谷敬氏、さらに今シーズンもタイガースを率いる矢野燿大監督のインタビュー映像も放送。横田氏が一軍に昇格した際の監督だった金本氏は「一言でいうとがむしゃらな選手でした。とにかく一所懸命で、彼のような選手を9人揃えてチームを作りたいと話していたほど」と明かす。

     当時、二軍監督だった矢野氏は「苦しかったと思うんです。だけど、その苦しさを出さずに頑張っていたのが印象に残っています」と振り返り、鳥谷氏は「横田のラストプレーを見たとき、野球に真剣に向き合えば、本当に神様からの贈り物ってあるんだな、と感じました」と語るなど、一軍選手が総出で駆けつけた“異例の引退試合”の舞台裏についても明かされる。




    絶対観るよ! モデルプレス - 間宮祥太朗、役作りでバッティングの練習 元阪神タイガース・横田慎太郎氏から直接指導・貴重な対談も<奇跡のバックホーム>  https://mdpr.jp/photo/detail/11029337  # @modelpressより



    対談シーンも放送されるの嬉しい😭 モデルプレス - 間宮祥太朗、役作りでバッティングの練習 元阪神タイガース・横田慎太郎氏から直接指導・貴重な対談も<奇跡のバックホーム>  https://mdpr.jp/news/detail/3034975  #奇跡のバックホーム #間宮祥太朗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     間宮祥太朗が主演を務めるドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』が、ABCテレビ・テレビ朝日系で3月13日13時55分から放送されることが決定した。

     本作は、プロ野球選手として将来を嘱望されながら病魔に襲われ、24歳という若さで引退した元阪神タイガース選手・横田慎太郎の自伝的エッセイをドラマ化したもの。ドラフト2位指名で阪神タイガースに入団した横田は、抜群の身体能力で将来を期待されながらも、2017年にボールが二重に見えるという症状から脳腫瘍が発覚。18時間に及ぶ手術の後には苦しく辛い闘病生活が待っていた。しかし、不屈の精神でリハビリの末に現役復帰。だが、体力は回復したものの野球選手にとって生命線でもある視力が回復することはなかった。白球が二重に見え、バッティングも補給もままならない中、2019年に引退を決意する。

     2019年9月26日、鳴尾浜球場で行われた2軍戦が横田の引退試合となった。1096日ぶりの試合出場、そして、プロ野球人生最後のラストプレーで見せたバックホームは美しい弧を描き……。今なおプロ野球界で語り継がれる“奇跡のバックホーム”はプロ野球ファンのみならず多くの人々に感動を与え続けている。ドキュメンタリードラマ『奇跡のバックホーム』は、この感動のラストプレーへと繋がる横田の半生を描いた真実の物語だ。

     主演として横田慎太郎を演じるのは間宮。阪神タイガースファンを公言し、中学校3年生まで野球に打ち込んでいた経験もあり、2019年に甲子園球場で開催された阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ戦のファーストピッチセレモニーに登板したときは139キロの速球を投げ込んだことでも話題になった。演じるにあたっては、横田から当時の心情を直接聞き、バッティングフォームのチェックを受けるなどして役に臨んだ。

     また、病魔におかされた慎太郎を支え続ける母・まなみ役で石田ひかり、阪神タイガースのスカウト・田中秀太役で丸山智己が出演。さらに、慎太郎の姉・真子役を村瀬紗英、慎太郎の父・真之役を三浦景虎がそれぞれ演じる。

    【主演・間宮祥太郎 コメント】
    ●今作のオファーを受けたときの気持ち
    最初にお話を頂いたときは、正直すごく悩みました。野球経験者ですし、阪神タイガースファンでもありますが、それだけでお受けするには責任感が重すぎるんじゃないか、と。ファンの方々やご家族、球団関係者のみなさん、そして何よりもご本人の思いを、僕が背負えるかどうか…重たく考えてしまいました。ただ、このオファーが数年遅れていたら、きっと僕ではなかった。そう考えると、今この時期に他の誰でもない、この僕に役を任せてもらえたということを大切に考えようと思ったんです。

    ●阪神タイガースの選手を演じてみて
    入団会見シーンはいちファンとして舞い上がりました。横田さんと同期選手の名前がテーブルの前に並んでいて感激しました。横田さんの隣は梅野選手だったんだな、とか(笑)。

    ●野球のプレーシーンについて
    役を演じる前に横田さんにお会いしてスイングを見ていただいたり、選手時代や闘病生活当時のことを伺ったりしました。バッティングのお話も横田さんに聞くことができましたし、役を演じる上ですごく貴重な時間を過ごせました。お話をしていて心の透明度が高くてすごくピュアな方というのが伝わってきました。ただ、横田さんが左投げ左打ちなのですが、僕は右投げ右打ちだったので、なかなか大変でしたね(笑)。

    ●印象に残っている話
    バックホームを投げたときのお気持ちを聞いた時に“嘘っぽく聞こえるかも知れないですが、あのとき本当に何かに背中を押されたんです”とおっしゃっていて。ボールが二重に見える怖さから捕球の際には後ろに下がるクセがついていたそうなのですが、あのときだけは、一歩目を前に踏み出せた。あの一歩がなければ捕殺できていなかった。“まるで自分じゃない感じ”だったそうですが、まさにファンやチームメイト、ご家族…いろんな方々の思いを乗せたプレーだったんだなと思います。

    視聴者へメッセージ

    こんなにも人生を懸けたことがあるということ、それだけ懸けたことを失うということ、
    そして、失った後に前に進んでいくということの尊さが伝わる作品だと感じています。
    横田さんのバックホームに至るまでの思いや葛藤、そしていま現在もあのバックホームの時に踏み出した一歩と同じように前に進んでいる今の姿。すべてを含めて奇跡と呼べるものだと感じています。横田さんの半生を通して、きっと熱く伝わるものがあると思いますので、ぜひご覧ください。

    【石田ひかり コメント】
    ●脚本(原作)を読んだ印象
    夫が骨の髄まで阪神ファンなので、このオファーを伝えたところ、さぞ喜ぶだろうなと思いました。
    実際、夫の口から横田選手への熱い思いや引退試合で起きたことを聞き、ご著書も読ませていただき、「これは大変なことになった!」と思いました。
    大変な思いをされた横田選手やご家族、そして野球ファンの皆さまにも喜んでいただける良い作品にしなければと思いました。

    ●演じた役の魅力
    横田選手が、特にお母さまへ感謝の言葉をおっしゃっている事が全てだと思います。
    お母さまのまなみさんは、本当に生きた心地のしない日々だったと思いますが、どんな時も明るく横田選手を励まし共に闘っている姿は、同じ母親として尊敬すべき姿だと思いました。

    ●印象に残っているシーン
    やはりキャッチボールのシーンです。きらきらと瞳を輝かせていた少年時代の息子には「どこ投げてんの」と怒られて、闘病中の息子には「ちゃんとお母さんが取れるように投げて!」と言いながらのキャッチボールは、母親のわたしにしか味わえない幸福感がありました。

    ●視聴者へメッセージ
    誰からも愛される横田選手の笑顔の裏側にあった、あまりにも残酷で過酷な時間を経て、新しい世界に歩き出した横田選手に心からのエールを送りたいと思います!

    【丸山智己 コメント】
    ●脚本(原作)を読んだ印象
    こんなドラマのような奇跡が実際にあるということにびっくりしたと同時に、身が引き締まる思いで臨みました。

    ●演じた役の魅力
    私の演じる田中秀太さんは自身もプロ野球選手を引退してスカウトになられた方なので、
    誰よりも痛みのわかる選手愛の深い方。
    独自の美学を持つ野球人として、とても演じ甲斐がありました。

    ●印象に残っているシーンとその理由
    横田選手が田中スカウトに引退の意思を伝えるシーンです。
    短いやり取りの中でお互いのこれまでの想いが溢れる熱のこもったシーンでした。

    ●視聴者へメッセージ
    残酷な現実の先に待っていたのは信じられないほど美しい瞬間でした。
    神様がくれた奇跡の瞬間を、ぜひご覧いただけたら幸いです。

    【横田慎太郎 コメント】
    ドラマ化のお話をいただいた時は『まさか』と信じられなかったのですが、
    すぐに大変嬉しい、ありがたいという気持ちに変わりました。
    これまで何度も何度も苦しい事、辛い事がありました。
    これからを考えると、不安と恐怖で眠れない夜が何日もありました。
    それでも自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせて、
    自分を信じて目標を持ってやって来て、
    本当に野球人生の最後の最後に想像もしていない事が起こりました。
    一人でも多くの方に観ていただき、
    勇気と希望を持ってもらえたらと思っています。

    リアルサウンド編集部




    横田慎太郎さん物語ドラマ奇跡のバックホーム 3月13日(日)午後1時55分からABCで放送です。 pic.twitter.com/b57MUA2wag



    イケメンになった横田慎太郎さん pic.twitter.com/nhrI4Wwepq


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     脳腫瘍の闘病を経て19年に現役を引退した元阪神の横田慎太郎氏(26)が23日、本紙を通じて同じ鹿児島県日置市出身のドラフト2位・鈴木勇斗投手(21=創価大)にエールを送った。現在、チームに在籍する選手では唯一となる同郷の後輩。最速152キロ左腕の触れ込みにたがわぬポテンシャルの高さに驚き、次代のエース候補である高橋とのローテーション形成に期待を寄せた。

     鹿児島愛と、虎の新星への期待に満ちたエールだった。横田氏が同じ日置市からタテジマのユニホームに袖を通した鈴木に描いた未来図はまぶしかった。

     「サウスポーですし、直球も152キロぐらい出るみたいですね。やっぱり、僕と同じ年でもある高橋遥人と先発でチームを引っ張っていってほしいですね。鹿児島出身で親近感もわきます。僕がタイガースにいた時は福留さん、榎田さん、大和さん、金田さんとたくさんいたので鈴木君が活躍してまた鹿児島を盛り上げてほしい」

     同市出身であることはドラフト指名後に知り、動画で投球をチェックした。「体格は大きくないかもしれないですけど、変化球も同じ腕の振りをしていて打ちづらそう」と打者目線で後輩の強みを分析。自身の在籍時には福留ら鹿児島出身の先輩が多くいたものの、現在は鈴木1人だけとあって「もう一回鹿児島を元気にしてほしい」と願いを託した。

     現在、鈴木は鳴尾浜で新人合同自主トレに参加中。横田氏も自身の経験を思い返しながら、プロでの躍動を願った。「自分はグラウンドに一番に出て、人よりも早く練習することを大事にして1月からやってました。ランニングしたり、素振りをしたり。いろんな人にあいさつもしないといけないですし、大変だと思います。自分が言える立場じゃないですけど、すごく注目されると思いますけど、自分に負けないようにできることを必死にやって自分の目標に突き進んでやってほしいです」。

     「より一層、応援したくなった」という鈴木だけでなく、ドラフト1位の森木ら他のルーキーたちにも言葉を送った。「2月からキャンプに入ると思うので、最初は緊張すると思いますけど、自分を見失うことなく自分の目標、優勝に向かって頑張ってほしい」。

     自身が志半ばで去ったプロの舞台に上がる後輩たちを見つめる目は優しかった。(遠藤 礼)

     《現在は講演活動を》 横田氏は現在、地元・鹿児島を中心に自身の経験を伝えるための講演活動を行っている。「緊張でずっと足が震えながらしゃべってます。しゃべるのは苦手ですけど、何か一つでも伝われば。人を助けたい気持ちが強いので力になりたい」。一昨年の夏、脳から転移した脊髄腫瘍で2度目の闘病生活を送り目と足には今も後遺症がある。「そこを治したい気持ちが一番強い。体は元気で、すごく良い状態ですけどまだ元の体に戻ってない。一日でも早く前の自分の体を取り戻したい気持ち」。“全力疾走”は現役時代と変わらない。




    横田慎太郎氏の鹿児島愛、日置市の後輩への期待に満ちたエールです。是非、読んでください! 【聞きました】阪神・鈴木へ、同郷の横田慎太郎氏がエール「先発でチームを引っ張って」 動画でチェック「打ちづらそう」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/24/kiji/20220124s00001173078000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【かお】講演で各地を回る元プロ野球阪神・横田慎太郎(よこた・しんたろう)さん

     「目標に向かい、逃げずに少しずつ前に進んできた。神様は見ているんだなと思った」。2019年の引退試合。センターを守り、打球が見えないまま捕球してノーバウンドでホームに送球。走者を見事に刺した“奇跡のバックホーム”は、今もファンの間で語り継がれる。

     鹿児島実業高校を卒業した14年、プロ野球阪神にドラフト2位で入団。4年目の17年2月、一軍キャンプの最中に脳腫瘍が見つかった。母・まなみさんをはじめ家族や球団に支えられ、半年に及ぶ治療の末に寛解。同年11月に阪神と育成契約を結び一軍復帰を目指したが、視覚に障害が残った。24歳の若さで大好きなグラウンドを去った。

     育成選手としての引退試合は異例。その場に一軍の仲間たちや監督も駆け付けた。純粋でひたむき、とことん愛される人柄がしのばれる。

     「苦しんでいる人の力に」と講演活動を始めた直後の20年9月、今度は脊髄に腫瘍が見つかった。再び半年の闘病生活を余儀なくされた。ようやく21年11月、出水市を皮切りに県内外で念願の講演活動を再開した。

     父・真之さんが野球部監督を務める鹿児島商業高校も来訪。「生徒たちが元気よく質問してくれた。目標を持ち、がんばってほしい」と温かく見守る。

     今も食事制限は続き、野菜中心の食生活だ。目と脚のリハビリに励む中、真之さんの運転でドライブしながらの家族団らんが息抜き。1月から南日本新聞でコラムを連載する。日置市在住、26歳。




    皆さんこんにちは🙇🏻‍♂️ あっという間に年末ですね‼️ 今年も沢山の方々に支えて頂きました。 本当に皆さんありがとうございました‼️ 先日南日本新聞さんに取材をして頂きました‼️ 是非お時間ある時に読んでみて下さい📰 #横田慎太郎 #南日本新聞  https://373news.com/_news/storyid/148500/ 



    @_yokotashintaro 食事制限続いているんですね。横田さんの前向きな姿にこちらが励まされています。 よいお年をお迎え下さいね🌟🤗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/20(月) 11:07:03.53 ID:G66NIy4B0
     2019年限りでユニホームを脱いだ横田さんは、講演活動、YouTube出演などを通し、自身の貴重な経験を伝える活動に取り組んでいた。ところが昨年7月頃、左足と左腰に強い痛みを覚えた。
    地元・鹿児島の整形外科で診察を受けたが、理由は分からない。9月になって、2017年に脳腫瘍の開頭除去手術を受けた大阪府の病院で受診。脊髄に腫瘍が転移していたことが分かり、入院した。

     悪夢再び。今回は手術の必要はなかった。その代わり、前回は3週間のインターバルを置きながら5日間連続の抗がん剤投与を3クール行ったが、今回は5クールに増えた。副作用で激しいだるさ、吐き気に襲われたのは前回と同じ。そして再び、頭髪をはじめ体中の毛が抜け落ちた。

     今回の入院生活には、新型コロナウイルスの感染拡大という新たな敵も立ちはだかった。前回は母のまなみさんが病院のそばにアパートを借りて付き添ったが、今回は今年2月に退院するまで足掛け半年間、病院から一歩も外へ出ないことが看病の条件。外部からの見舞いも禁じられた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/590a6ffec290d6edbf5a635cb65519a132571dd9

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/20(月) 11:09:35.60 ID:sEvpyt7E0
    まだ若いのに大変やなあ

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/12/20(月) 11:10:53.41 ID:oRdrrMwK0
    お母さんもすごいわ



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1639966023/

    続きを読む

    このページのトップヘ