とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    お立ち台

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「楽天5-6阪神」(13日、楽天生命パーク宮城)

     阪神がシーソーゲームを制し、交流戦を6連勝で締めくくった。難敵ぞろいのパ・リーグ相手に18試合で11勝7敗。貯金も2008年以来となる「20」の大台に乗せ、セ・リーグ首位の座を確固たるものにした。そして2位・巨人が負けたことにより、巨人とのゲーム差が今季最大の「7」に広がった。

     5-5で迎えた九回。2死三塁だ。近本が守護神・松井の浮いたフォークを捉え、打球は一塁線を破った。五回の一時は逆転となる2ランに続く、起死回生の決勝適時三塁打。虎の切り込み隊長は満面の笑みを浮かべ、ベンチにガッツポーズした。

     試合後は文句なしのヒーローとして、お立ち台に上がった近本。「いや、もうね気持ちがちょっと出ちゃって抜けた瞬間に『よっしゃー』という声が出ちゃいました」と打った瞬間の心境を赤裸々に明かした。

     18日からは巨人との直接対決を迎える。「少し休んでジャイアンツの3連戦から始まるんですけど、本当に倒さないといけない相手ですし、勝たないといけない相手なので。しっかり休んでいい、またスタートが切れるようにがんばっていきたいと思います」。勢いそのままに巨人相手にも3連勝を狙う。長打も狙えるリードオフマンが、自らの役割に徹してG倒のキーマンとなる。




    阪神・近本、お立ち台で「『よっしゃー』という声が出ちゃいました」 巨人と最大7差/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/13/0014413214.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online よっしゃ〜🤩🙌



    @Daily_Online 阪神タイガース🐯7ゲーム差!✨ マジック(M)初めて点灯しそう☺️楽しみ🎶 近本選手の最終回!タイムリーヒット👏野球⚾️は最後まで分からない!😊良い試合でした


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    近本3


    <日本生命セ・パ交流戦:楽天5-6阪神>◇13日◇楽天生命パーク

    先発は楽天早川、阪神ガンケル。阪神は3回にマルテの適時打で先制。ガンケルは3回まで5奪三振でパーフェクトに抑える。

    楽天は4回に浅村の適時打などで2得点。阪神は5回に近本の2ランで逆転。楽天早川は5回3失点で降板。

    楽天は8回に鈴木大のソロで同点。阪神は9回に近本が決勝適時三塁打。藤浪3勝目。スアレスが21セーブ。楽天松井が2敗目。




    近本選手の逆転3塁打⚾️ シビレたーっ! #阪神タイガース



    矢野監督の継投失敗を選手が救った。 9回梅野の執念のファーボールは鳥肌もの。近本もナイスバッティング😊 #阪神タイガース  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1403973884144078852 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「日本ハム2-3阪神」(8日、札幌ドーム)

     阪神が土壇場の九回に試合を決めた。2-2の同点で迎えた2死二塁、代打原口が左越え決勝二塁打を放った。

     「チームが勝つことが一番嬉しいですね。最高の場面でゲームに出させて頂いて、緊張はあったんですが思い切っていこうと思いました」。原口はヒーローインタビューで力強く話した。

     日本ハムの守護神・杉浦との対戦。カウント3-1からの外角低めの131キロのスライダーを強振。力強い打球は前進守備の左翼・西川の頭上を越えていった。

     「少し詰まり気味だったんですけど、外野も前進守備で、“越えてくれ”って願いながら走りました」と打った瞬間を振り返った原口。二塁ベース上では二度、三度と手を叩いて、喜びを表現。「塁上でベンチ見た時、みんながすごく興奮していたので、ぼくもつられてしまいました」と笑顔を見せた。

     逃しかけた好機だった。九回は先頭のサンズがこの日チーム3本目の安打となる、右中間フェンス最上部を直撃する二塁打で出塁。矢野監督は代走に植田を、次打者・糸井に代打坂本を送りバントを指示する勝負手を打った。だが、坂本はバント失敗。続く北條は空振り三振に倒れ、2死となっていた。それだけに原口の勝負強さがひときわ光った。

     「しっかり準備ができた中で打席に迎えることが、いい結果につながったと思うので、これからも続けていきたいと思います」とその勝負強さを解説。「今は出たところでチームのために活躍する、貢献する、それが一番ですね」と誓った。




    20210608 今日のヒーロー原口くん!4時間超えた試合だったけど勝ったのでオールチャラにします! #原口文仁 #阪神タイガース pic.twitter.com/GZxUBtk1HS



    【ヒーローインタビュー】6/8 阪神(@TigersDreamlink)・原口選手ヒーローインタビュー #tigers https://t.co/PoAlDEYBO3


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/28(金) 22:35:28.84 ID:CAP_USER9
     阪神・佐藤輝明内野手(22)が28日の西武戦(メットライフ)の9回に、この日3発目となる決勝の13号3ランをマークした。 

     守りの乱れもあり、5―7とリードを奪い返される最悪の状況で迎えた最終回、剣が峰から奮起した猛虎打線はマルテ、大山の連続適時打でゲームを振り出しに戻すことに成功。なおも二死一、三塁とし打席に入ったのはこの日ここまで11、12号とソロ2発をマークしている背番号8。これ以上ない場面で、これ以上ない伝説を所沢の虎党、レオ党たちに見せつけた。

     カウント1―2から、ギャレットの投じた高めへの154キロ直球を佐藤輝は一閃。高々と舞い上がった白球は悲鳴と歓声が交錯する中、一周で右中間席最上段へ。10―7と戦局を最終的に決定づける13号3ラン。この日だけで3発5打点の、まさに規格外な働きだった。

     お立ち台に上がった佐藤輝は「(3本塁打よりも)チームが勝ったことがうれしいです。決勝の13号は自分のスイングをすることだけを意識して打席に入った結果です」と落ち着いた表情で振り返った。

     セ・新人が1試合で3本塁打をマークしたのはミスタープロ野球・長嶋茂雄以来2人目の快挙。大レジェンドに並ぶ金字塔を打ち立てた佐藤輝は「毎日一本でも多く打ちたいと思いながら練習に臨んできた結果。すごくうれしいです」と笑顔をこぼした。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df78fd332845dc0d5d827f97fbcda43a5b3958b0

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/28(金) 22:37:25.39 ID:5oG76KMf0
    レベルが違うな

    17: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/28(金) 22:42:26.78 ID:cjvsWd/i0
    バット投げめちゃ格好良かった



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1622208928/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇交流戦 阪神3-2ロッテ(2021年5月26日 甲子園)

     8回3安打1失点でチームの5月勝ち越しに貢献した阪神・秋山がお立ち台で、近本との「お約束」を明かした。

     「ボクはフライ投手なんで、いつも近本にはいっぱい走ってね、と伝えている。きょうも走ってくれました」と初回にも2つの中飛を処理し、3回には先制の左中間二塁打を放ったリードオフマンへ高い信頼を寄せた。

     ともにお立ち台に登場した近本も「秋山さんがバントを決めてくれたし、助けになれて良かった」と息はぴったり。第3戦は佐々木朗が予告先発。「1勝1敗で3つ目が大事。最初のカードを勝ち越して、いい流れで入っていきたい」と近本はファンに向けて、朗希攻略を宣言した。




    5/26 対ロッテ 3-2 ヒーロー秋山近本 近本くん適時打👍中野くん1安打2打点👍サトテル2安打👍小幡くん1安打1四球👍秋山くん8回1失点👍スアレス14S目👍 セ・リーグ!って感じの秋山くんらしい好投で勝つの嬉しい! 下位から上位で繋げて点とったのもすごく嬉しい!  https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021052605.html  pic.twitter.com/4JcuITmIr0



    近本打った、走った。 秋山8回まで投げた。 テンポ良い試合でした。 #阪神タイガース


    続きを読む

    このページのトップヘ