1


 デイリースポーツ評論家陣が独自の目線で阪神の今シーズンを占う新企画「虎Vへの夢構想」がスタートする。初回には阪神前監督の金本知憲氏(52)が登場。各球団のエース、4番打者、若手成長株の名前を挙げ、警戒ポイントを語った。

  ◇  ◇

 セ・リーグ各球団の警戒選手を挙げていくと、昨年、優勝した巨人で言えば、打者なら坂本になる。当然だが、投手は菅野だ。

 広島の投手はドラフト1位ルーキーの森下(明大)と、大瀬良を警戒したい。森下に関しては佐々岡監督も相当、評価しているようだ。阪神としても対戦経験がない投手だけに、しっかりと警戒して臨みたいところだ。

 野手では、鈴木誠也と言いたいところだが、誠也は打つものと考えておかなければならない。とすれば、前を打つ西川がポイントになる。かなり体が大きくなって、強くなって、長打も出るようになってきている。彼を抑えることができたら、流れを寸断させることができるだろう。

 続いて中日。投手はやはり大野雄を警戒したい。一方、野手では高橋周平が急成長しているように思う。若い選手というのは、勢いに乗せると怖い。ここは乗せないようにしないといけない。

 ヤクルトの投手は小川、野手は村上。理由は中日の高橋と同じで、やはり若さというのは怖い。

 最後に、DeNAは投手が今永、野手はソト。筒香がメジャー移籍でいなくなった分、チーム全体の得点力は落ちるだろう。ここでソトを封じることができれば、必然的にかなり得点力を抑え込むことができる。

 各球団、抑えるべき打者、打つべき投手の名前を挙げると当然、4番とエースがポイントになる。相手エースの攻略に加え、打者に関して言えば、最初は死球になってもいいくらいのつもりで、どんどん攻めた方がいいだろう。

 「阪神はインサイドを突いてくるんだな」というイメージを、早めに植え付けておきたい。シーズンの序盤から、嫌な印象を与えておくのが大事になる。




金本氏、虎投に提言 死球覚悟でどんどん攻めろ!序盤から嫌な印象を(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 藤浪のことがあるからあまりよろしくないと思うが  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000025-dal-base 



金本氏、虎投に提言 死球覚悟でどんどん攻めろ!序盤から嫌な印象を(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース >シーズンの序盤から、嫌な印象を与えておくのが大事になる。 昨年は確かに嫌な印象貰ったね。しかも開幕カードで。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000025-dal-base 



金本氏、虎投に提言 死球覚悟でどんどん攻めろ!序盤から嫌な印象を(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース > 打者に関して言えば、最初は死球になってもいいくらいのつもりで、どんどん攻めた方がいいだろう。 懲りないね。死球にならない内角攻め覚えさせようぜ。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000025-dal-base 


続きを読む