1


「阪神4-6ロッテ」(27日、甲子園球場)

 阪神は逆転負けで、交流戦最初のカード勝ち越しを逃した。これで8カードぶりとなる負け越し。両リーグ最速となる今季30勝はお預けとなった。

 2点のリードを守れなかった。六回、先発のアルカンタラは簡単に2死を取った後、中村奨に四球、レアードの中前打で一、二塁のピンチを招き、角中に同点二塁打を浴びて降板した。その後、マルテの適時失策で決勝点を献上。アルカンタラは来日初黒星。5回2/3を投げて5安打5失点(自責点4)だった。

 矢野監督はアルカンタラについて「(六回は)2アウトとってからの、もう一人頑張ってくれたらっていうところやから。先発としてはあそこまで頑張って、うん。いいとこと悪いとこっていうよりは、トータルでそこまでいってくれるっていうのは、先発としての役割かなと思うから。せっかく2アウト、いい形でとれたところからやから。そのあたりはこっちとしては頑張ってほしいなっていう。うん」と六回2死から崩れたシーンを振り返った。

 次回登板については「うーん、別に外す予定はないけど」と明かした。




アルカンタラを引っ張ったのも矢野さんの采配が、というよりは あの早い回で自信もって継投に移れるような後ろが整ってないのが問題だったのでは



矢野采配に疑問 ノーアウト1,2塁で梅野にバントさせなかった アルカンタラの交代の遅れ 全部が消極的 アルカンタラは5回からボールが浮いてた捉えられてたそこを見過ごした福原と矢野が悪い #阪神タイガース


続きを読む