とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    アドバイザリー契約

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・伊藤将司投手(26)がローリングスジャパンとアドバイザリー契約を結んだことが27日、分かった。自身の名前を刻んで新調したグラブで、球団の生え抜き投手では初となるゴールデングラブ賞受賞に意欲。同社では同賞を獲得した選手だけが使用できる「ゴールドラベル」を狙うことを誓った。

     プロ3年目の今季から、心強いサポートとともに挑む。伊藤将がローリングスとアドバイザリー契約を締結。「すごいありがたいですね」と感謝した。

     新たなグラブも手元に届いた。昨季は指入れの仕様や重さを変更したが、今季は「去年のグラブが本当に合っていたので」と同じ型を注文。右腕を高く上げる投球フォームに適した小さめの作りがこだわりで、同社の中で最も評価の高いカナディアンキップレザー仕様のモデルを使用する。

     昨季はお笑い芸人・島田珠代のギャグ「PANTY TEXX」、21年は長州力がABCテレビ系「相席食堂」で発言した「飛ぶぞ!」と独特の刺しゅうを入れるのが恒例だったが、今回は「思い付かなかった(笑)」と言葉は入れず。代わりに、自身の名前から「将」の一文字をウェブ部分に、イニシャルを親指部分に施し「こういう契約をしてもらったので、残るというか、何か自分に当てはまるものを入れたいなと」と思いを込めた。

     “新相棒”と目指すのは、球団生え抜き投手では初となるゴールデングラブ賞だ。同社では、GG賞を受賞した選手だけにロゴ部分が金色の「ゴールドラベル」のグラブが贈られる。NPBでは21年に受賞した巨人・岡本和、オリックス・宗が昨季から日本人選手として初めて使用。左腕は「獲りたいですね」と意欲を示した。

     可能性は十分だ。昨季は136回2/3に登板して1失策のみ。フィールディングに定評があり、「投げ終わったら9人目の野手。得意としているのでアピールしたい」と自信をのぞかせる。同社担当者も「投球術もフィールディングも申し分ない。ぜひとってもらいたい」と期待を寄せた。

     そのためにも、目標である自身初の規定投球回数クリアは絶対条件だ。「自分が活躍してメーカーさんのアピールができたら」と左腕。金色に輝く“アレ”を目指し、今季もローテを守り抜く。

     ◆阪神投手のGG賞 2019年の西勇輝が球団投手初のゴールデングラブ賞だった。ダイヤモンドグラブ賞(1972~85年)だった時代を含めて球団生え抜き投手の受賞者はなし。他球団ではDeNA投手から受賞者が出ていない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/823fae4628a8ce7c3d90c9d9fc7e3eb79aeaed79


    📰阪神🐯 伊藤将司がローリングスとAS契約 「優勝へ向け心強いパートナー」 👉  https://baseballking.jp/ns/352474  📸 今シーズン使用するグラブはコチラ 🤝 #tigers #ローリングス pic.twitter.com/5uYmJcu2qM


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神中野拓夢内野手(26)が、今季から久保田運動具店とアドバイザリー契約を結んだ。。元阪神鳥谷敬氏(日刊スポーツ評論家)が現役時代にアドバイザリー契約を結んでおり、現在は商品開発アドバイザーを任されているメーカー。鳥谷氏に憧れを持つ中野もアマチュア時代から同社のブランド「スラッガー」を使用していた。今季からは正式に契約し、自身初となるゴールデングラブ賞を目指すことになった。

     すでに今季使用するグラブは2個、作製されている。いずれも同じ型で、遊撃から二塁に本格コンバートされるが、昨季から大きな変更点はない。21年シーズン途中から同僚植田のグラブを使用。そこに改良を加え、昨年は手が大きくない中野にフィットしやすいモデルになっていた。

     同社の担当者は「内野手用でも小型の部類。どんな打球でも対応しやすく応用が効く」と説明。「二塁になっても、まずは使い慣れてるもので、ということでした。支障が出てきたら相談しながら形状を変えていくかもしれません」。2種類のグラブのうち、1つは赤基調。昨季の黒から一新した。熱い思いで、「アレ(=優勝)」を目指す岡田阪神のセンターラインを固めるつもりだ。

     同担当者は「2年間レギュラーとして定着し、1年目に盗塁王を獲得するなど活躍したことが契約に至った要因として大きいです」と明かした。「二塁にも手ごわい選手がいますが、その中でゴールデングラブ賞を取れたら我々としてもうれしい」と期待。「今後中野選手モデルのグラブの発売も検討されていくと思います」と語った。

     中野も同社を通じて「いつも自分の思い通りに使えるグラブを使わせていただいて感謝しています。このグラブでゴールデングラブ賞を取れるように頑張ります!」とコメント。球界の名手たちが愛してきた同社の看板を背負って、鉄壁の二塁守備を築いてみせる。【中野椋】



     ◆久保田運動具店 創業者の久保田信一さんが1936年(昭11)5月、野球に対する思いと、当時関西在住の野球人の推薦により大阪・曽根崎に開店。自身の野球経験を生かしながら、さまざまなオーダーに取り組み「KUBOTA SLUGGER」を築き上げた。現在は楽天浅村、DeNA大和、DeNA京田、日本ハム中島とアドバイザリー契約を結ぶ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/78c5bd2e0db6d4ed7f49e1ac72001e01ca1d19b8


    【アドバイザリー契約🌅】 現在の球界では楽天浅村選手、DeNA大和選手、DeNA京田選手、日本ハム中島選手に続き5人目です🙆‍♂️ #阪神タイガース #スラッガー #中野拓夢 【阪神】中野拓夢「スラッガー」久保田運動具店とアドバイザリー契約 鳥谷敬氏も現役時代に契約  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202301080000951.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

    このページのトップヘ