とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    イトマサ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <2軍プロアマ交流戦:阪神4-2マツゲン箕島>◇10日◇鳴尾浜

    阪神伊藤将司投手マツゲン箕島戦で3回2安打無失点の投球を見せた。

    4回から登板し、先頭野口を変化球で見逃し三振。青木は投ゴロ、小林には中前打を許したが、最後は高橋直を見逃し三振に仕留めた。5回は3者凡退。6回は1死満塁のピンチを背負ったが、無失点に抑えた。「ゴロを打たしたりとか、真っすぐで三振も取れていたので、強い球を投げられた」と手応えをつかんだ。新型コロナ陽性から復帰3度目の登板だった。




    1軍復帰は近い! 【阪神】伊藤将司が練習試合で3回0封 4月に陽性 1軍復帰へ着実に調整  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205100000510.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    @torakichiclub 6回.満塁のピンチよく抑えたね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇オープン戦 ソフトバンクー阪神(2022年3月16日 ペイペイD)

      阪神の先発・伊藤将にとってはまさかの暗転だった。3回までソフトバンクの打者9人を完璧に抑えていた左腕は、4回に6連打を浴びるなど打者一巡の猛攻で、一挙6点を献上した。

     1死から佐藤直を詰まらせながらも、中堅の手前に弾む不運な二塁打。初の走者を許すと、続く柳田に左中間への適時二塁打、グラシアルに右中間への適時二塁打を浴びて2失点。3回までとは別人のように球が浮き出した左腕は栗原に右翼への2ラン、松田にソロと2者連続被弾を浴びた。

     その後も悪い流れを止められず。2死満塁から佐藤直に投手強襲の適時内野安打を許し、この回6失点。8点リードが一気に2点差にまで詰められた。




    ってか、伊藤将の4回6失点は心配過ぎる…



    は⁉️ 伊藤将、6失点ってなに? #阪神タイガース #プロ野球オープン戦


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・伊藤将司投手が12日の練習試合・楽天戦(宜野座)に先発登板し、3回を2安打無四球無失点。終始安定感のある投球内容で相手打線を抑え込み「課題とした左右の内(角)への投球はできた。最初の(対外)試合としては良かったんじゃないかなと思う」と振り返った。

     自主トレをともにしたオリックス・能見から伝授されたというフォークボールも実戦投入。「まだ打者に見極められる場面があった。修正をしながら公式戦で使えるようにしたい」と課題を口にした。昨季ルーキーながら10勝を挙げた左腕は、ゴロアウト率が47パーセント。典型的な「打たせて取る」投手だけに、空振りを奪いやすいフォークをものにできれば投球の幅はグッと広がる。

     貴重な先発左腕の順調な仕上がりぶりはチームにとっても好材料。矢野監督も「今の時期であれぐらい投げてくれれば安心。(習得中の)フォークも完成というわけにはいかないだろうが、どんどん投げていけばいい」と目を細めた。

    東京スポーツ




    伊藤将司、安打は許したけどフォークとか自分のやりたいこと試してたしその中で3回無失点は上々ですよ〜😮‍💨



    伊藤将司は昨年は出どころが見にくいフォームからのストレート、ツーシーム、カットの投げ分けと抜いたチェンジアップで抑えてたけどそこにフォークが入ってくるのはデカすぎる。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神は開幕投手を争う2年目左腕伊藤将司が12日楽天戦(宜野座)で先発する。

    3回の予定で「右と左の内角をしっかり投げきれるように意識したい」と強気の投球を誓った。前回5日紅白戦では2回1安打無失点。前回に続き自主トレでオリックス能見兼任コーチから学んだフォークも試す。「順調なので、しっかりアピールしたい」。結果で開幕争いを1歩リードする。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神春季キャンプ」(3日、宜野座)

     阪神・伊藤将司投手(25)が充実のキャンプ第1クールを終えた。この日はブルペン入りし、計104球の投げ込み。昨季10勝の2年目左腕について、阪神OBでデイリースポーツ評論家の中田良弘氏(63)は「15勝くらい期待できるのではないか」と大絶賛した。

      ◇  ◇

     伊藤将が非常にいいブルペンを続けている。ルーキーイヤーの昨年は140回1/3と相当な数を投げており、肩肘への負担が気になるところだが、全く感じさせない。ボールの走りもよく、今年は15勝くらい期待できるのではないか。

     彼の良さは下半身の安定感。土台(下半身)がしっかりしているので上体がぶれず、リリースポイントが安定している。2度目のキャンプで要領が分かっているからか、自分のペースで投げ込みができており、この日もかなりの球数を投げた。よく2年目のジンクスと言われるが、いくら相手が研究してきても打てないものは打てない。伊藤将自身も去年の経験があるから十分活躍できるだろう。

     変化球の種類も多く、打者有利のカウントからでも勝負できる。打者の立場からすれば狙い球を絞り切れない。面白いのは右打者に対して内角へのスライダーやストレートなど内を使えること。だから外角への抜いたチェンジアップが有効になる。右打者に強いというのは大きな強みだ。




    伊藤将司がフォークって鬼に金棒やん



    伊藤将司のフォークはスラ回転なんいいな。ツーシーム チェンジアップ カーブ カットもあるし、習得できたら更にレベル上がりそう


    続きを読む

    このページのトップヘ