1


◇プロ野球セ・リーグ 阪神―ヤクルト(4日、甲子園球場)

阪神は6回、サード糸原健斗選手のエラーからピンチを迎えます。

この回の先頭バッターは先制タイムリーを打っている塩見泰隆選手。三遊間へのゴロを、糸原選手がグラブに当てるものの取りきれず、エラーで出塁されます。

そして青木宣親選手にレフト前ヒットを打たれ、ノーアウト1、2塁で3番の山田哲人選手。ここで内野陣が一度、秋山拓巳投手の元へ。

少し息をついた秋山投手。1ボール2ストライクで、5球目を坂本誠志郎選手がミットを構えたところに放り込むと、これには山田選手は反応できず、見逃し三振。

しかし、4番の村上宗隆選手にレフトフェンスを直撃する2塁打を打たれ、1点を失いました。

ここで秋山投手は降板。しかし、交代した浜地真澄投手が踏ん張りきれず、オスナ選手にタイムリーを打たれ、阪神はこの回に合計2点を失っています。




阪神無事糸原のエラーから失点してて草 また叩かれるでこれは



まーた糸原のエラーからかい


続きを読む