とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    オセロ地獄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    torakki-


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/01(火) 22:33:06.32 ID:+DDgU3qe0
    てことは今日勝つね

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/01(火) 22:33:16.91 ID:YN2DpEfKa
    オセロかな

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/06/01(火) 22:34:13.88 ID:+DDgU3qe0
    綺麗な貯金16の壁が超えられない



    引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1622554386/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2-5オリックス」(1日、甲子園球場)

     ここが“壁”なのか。今季最多貯金17への6度目の挑戦も失敗に終わった。阪神は交流戦に入って●○●○●○●。ここまでの快進撃が沈滞ムードを迎えてしまっている。

     同点の八回に守備のミスが出て突き放された。1死一塁で杉本の当たりは三遊間へ。遊撃・中野が併殺を焦ったのか、二塁へ中途半端なワンバウンドで送球。これを小幡が捕球しきれずにオールセーフとなり、一、二塁にピンチが広がった。

     岩崎が踏ん張れず、安達に中前へ落ちる決勝適時打を食らう。さらに満塁からは馬場が紅林に右前へのポテンヒットを打たれて2失点を喫してしまった。

     「初回のバント(失敗)と八回のエラー。今日はどっちも拓夢(中野)になっちゃったけど、あっこは流れを変えたかなというのはある」と矢野監督。「痛い一敗にはなったけど、ここからどうするかっていうのを見ていきたい」とルーキーの今後に期待した。

     交流戦に入ってリリーフ陣の失点が続く。それでも「今日のも打たれたって感じのものじゃないから、引きずることもない」と指揮官は前を向く。

     阪神は4月27、28日の中日戦を最後に1カ月以上も連敗をしていない。ここが踏ん張りどころ。2日も今季負けなしのオリックス先発・宮城を打ち崩して連敗阻止といく。




    山岡攻略のポイントは初回だったのは間違いない せっかく貰ったチャンスをバントで潰すのは勿体ない 中野を普通に打たせれば良かった  阪神貯金17の壁 6度目も失敗、矢野監督「初回のバントと八回のエラー」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b324a313c5ef0df7b02477f4db5be1fccb3d6629 



    阪神は貯金17の壁が超えられないw 貯金16の状態で5回目の負け😭 2位巨人が追い上げて来ないからいいけど早く壁を超えて欲しい🐯 #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神2-5オリックス>◇1日◇甲子園

    首位阪神が自慢のリリーフ陣が痛打され、関西ダービー第1ラウンドを落とした。「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス戦で2点ビハインドを追いついたが、8回に岩崎と馬場が3失点。岩貞が登板過多を考慮されてベンチを外れた試合で、不安を残す敗戦になった。引き分けた2位巨人との差は4ゲーム。第2戦は無傷5勝の難敵宮城が先発してくるが、先発秋山が踏ん張り救援陣を助けたい。

    虎がオセロ地獄から抜け出せない。セ・リーグ首位を走る阪神が、また白星を並べられなかった。2-2で迎えた8回。この回からマウンドに上がったセットアッパー岩崎がつかまった。1死一塁から杉本のゴロで二塁封殺を狙った遊撃中野がショートバウンドの悪送球。2死一塁、二塁と傷口を広げると、負の連鎖を断ち切ることができなかった。7番安達に初球スライダーを中前にポトリと落とされ、勝ち越しを許した。その後岩崎を救援した馬場も打たれ、この回3失点で勝敗は決してしまった。

    ミスが勝敗を左右した。初回には先頭近本の二塁打から試合が始まったが、2番中野が送りバントを失敗して最後は空振り三振。絶好の先制機を潰してしまった。矢野監督は「初回のバントと8回のエラー。今日はどっちも拓夢(中野)になっちゃったけど、あっこは流れを変えたかなというのはある。痛い1敗になったけど、こっからどうするかっていうのを見ていきたい」と振り返った。

    連敗はしないが、連勝もできない。阪神は5月14日の巨人戦(甲子園)で引き分けを挟んで4連勝としたが、それ以降は白星と黒星がオセロのように並ぶ。交流戦に突入してからも、その流れは変わらず。これで○●が並んですでに12試合目。貯金15を積み上げる首位チームにとっては珍現象とも言える。

    開幕から必死の戦いを続ける虎に、疲れが見え始めたことは事実だ。特に心配なのはフル回転を続ける「勝利の方程式」だ。疲労を考慮して岩貞が初めてベンチを入りを外れた試合。ヤクルト清水に並ぶ17ホールドをマークするセットアッパー岩崎は結局、1イニングを投げきることができず、今季最多の3失点。5月25日ロッテ戦(甲子園)に続き、今季2敗目を喫した。それでも矢野監督は「引きずらず切り替えてやってくれたら」と変わらぬ信頼を口にした。【桝井聡】




    阪神珍現象…首位なのに連勝ないオセロ地獄 自慢の救援陣打たれ巨人と4差(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e4b60369c41ad342e4668ad6ede6208385fd1ec1  交流戦が鬼門?



    で、阪神負けてるし交流戦オセロは継続


    続きを読む

    このページのトップヘ