1


 阪神OB会長・川藤幸三氏が、大山悠輔内野手と佐藤輝明内野手に〝ガチンコ4番争奪戦〟指令を下した。

 川藤会長は21日に阪神春季一軍キャンプ地の沖縄・宜野座で報道陣の取材に応対。話題が大山&佐藤輝の左右の主砲に及ぶと、浪速の春団治の口調は徐々に熱を帯び始めた。

「野手は大山と佐藤輝が『ワシが4番とったるんや』という、ガチンコの本当の勝負をせなあかん。それがやっぱりチームを一番強くする方法だと思う。大山が打ったら、佐藤が『よし、ワシも負けずにやるんじゃ。大山がヒットやったらワシはホームラン』って。その反対もそう。『佐藤がホームラン打ったら、ワシはもう一つ。2ランや、3ランや』って。レベルの高い相手以上のものを残していこうという意欲がなかったら意味ないわな」

 長く待望されてきた虎の生え抜き長距離砲の2人だけに、川藤会長の期待も大きい。互いに切磋琢磨した上でのさらなる成長に期待を寄せながら、さらにこう続ける。

「タイガースはこれからのチームなんやから。ましてや柱のないチーム。『ワシが柱になったろう』っていう意識を持たないと。いやが応でも柱さえできれば枝葉は次から次へと出てくる。柱のないところには枝葉もあまりチラッとしか出てこない。そんなんでは組織にならない。まずは大きな柱にワシがなるという強い信念を見たいわな」

 世代交代に成功した今だからこそ〝ホンマモン〟の大黒柱誕生の必要性を川藤会長は熱弁した。

 2022年の虎打線を背負うのは背番号3か? それとも背番号8か?

東京スポーツ

続きを読む