とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ガン克服

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     精巣がんを克服した阪神ジョン・エドワーズ投手(32)が11日、甲子園での練習後にオンライン取材に応じ、自らの経験を生かしたチャリティー活動に意欲を示した。新助っ人は2014年オフに精巣がんを患い、切除手術を経て翌年メジャーに復帰。昨年大腸がんから復活を遂げた原口と共にがん患者へ勇気を与えるつもりだ。

     新天地で戦うモチベーションが一段と高まった。エドワーズは同じがんから復活を遂げた原口のチャリティー精神に賛同。日本で成功した暁にはがん患者の力になりたい。「自分たちの経験はすごくいいことかなと思う」と語る心優しき助っ人が使命感を口にした。

     「今はあまりチャリティー活動はできていないんだけど、自分が野球をやっている姿で人々に勇気を与えられたらうれしい。ここで結果を出して、お金を稼いだ時、チャリティー活動ができる場所が見つかった時にやりたいなと思っています」

     身長196センチの“ビッグジョン”は不屈の男だ。14年オフに精巣がんを患い、切除手術を経て翌年メジャーに復帰。15年はレンジャーズとパドレスで22試合に登板。「同志じゃないですけどね。そういう思いを持って僕も野球を頑張ります」。エドワーズの入団が決まった際、原口はそう話し、バッテリー結成を心待ちにしていた。

     新助っ人も原口の人柄にほれ込み、ラブコールだ。練習、試合中から「自分のことをすごくサポートしてくれるんだ」とにっこり。「すごく明るい性格。プレーヤーとしても人としても、すごく尊敬しているんだ」と最大級の敬意を込める。

     コロナ禍が続く中、エドワーズはカーブの精度向上に取り組んでいる。ナチュラルにカットする直球、縦変化のスライダーに加え、「こっちでは緩急を付けることがすごく有効だと思った」と実感。すでに試合でも試し、効果は実証済みだ。

     昨季、阪神でプレーしたジョンソンがカーブを武器に大活躍したという成功例もある。「彼がカーブを使っていい投球をしたというのは知っている。自分も使っていきたい」。セットアッパーの期待に応え、ファンへ希望を届ける







    阪神・エドワーズ、ともにがんから復帰の原口と社会貢献バッテリー組む「選手、人として尊敬」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200512/tig20051205030003-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口文仁捕手(28)が8日、甲子園での自主練習前に取材に応じ、決意を新たにした。昨年1月に大腸がんの手術を受け、実戦復帰したのがちょうど1年前の5月8日だった。ウエスタン・リーグの中日戦(鳴尾浜)の8回に代打で出場し、右中間に大飛球を放った。

     「自分の感覚の中ではすごく昔のことのように感じる部分もありながら、そういう1年ということを聞いてみると、まだ1年しかたっていないんだなという思いですね」と振り返った。

     現在は甲子園で打撃練習、走り込みなど精力的に体を動かしている。「野球に飢えているのはファンの方も選手1人1人もそうだと思うんですけど、今は体調のことを一番に考えて、ステイホームでいて欲しい。開幕するまでに、僕たちは最高の準備をして、いいプレーをファンの皆さんに見せられるように調整している。もうしばらく待って欲しい」と呼びかけていた。

     ◆秋山も原口の復活絶賛
     阪神・秋山もオンライン取材に応じ、同学年の原口の復活ぶりを絶賛した。「ガンと聞いた時はビックリしましたけど、そんな心配する必要もないぐらい、すごく前向きに練習をしていた。ガンなんか克服して、またいつも通りプレーするんやろうという感じで見ていました」と信頼を口にした。そろい踏みでのお立ち台については「僕はその気持ちは持ち続けながらやりたい」と共演を誓った。

     ◆原口 文仁(はらぐち・ふみひと)1992年3月3日、埼玉県生まれ。28歳。帝京高では1、3年の夏の甲子園で8強。2年秋から捕手。2009年ドラフト6位で阪神に入団し、1軍出場がないまま12年オフから育成選手。16年4月、再び支配下選手に。18年12月に人間ドックで大腸がんと告げられるも、手術を乗り越え、昨季は球宴で2試合連続アーチ、1軍で43試合に出場し、打率2割7分6厘、1本塁打、11打点と復活。182センチ、93キロ。右投右打。年俸2800万円。

     ◆原口の実戦復帰VTR 19年5月8日の中日戦(鳴尾浜)の8回1死から代打で登場。1ボールから伊藤準の144キロの直球をとらえ、右中間に大飛球を放った。相手の好守に阻まれたものの、球場は大歓声。サヨナラ勝ちした試合後「野球はやっぱり楽しいですね。最高です!」と笑顔がはじけた。実戦出場は18年11月17日の韓国・LGとの練習試合以来、172日ぶりだった。




    #阪神 #原口文仁 捕手 8日 #甲子園 自主練参加前 オンライン取材
    #5月8日 この日 昨年2軍戦で実戦復帰してからちょうど1年
    #原口 選手「自分の感覚の中では昔の事の様にに感じる部分もありながら1年と聞いてみると まだ1年しか経ってないんだと…」
    直前 同期入団 同年の #秋山 がオンライン取材を受け pic.twitter.com/gxeCO7QU8s



    原口とのお立ち台への思いを話した #秋山 投手
    #原口 選手「嬉しい 同期で高校生で2人で入って 1軍も2軍も経験し いい思いも そうでない思いも沢山してきた そういう意味では2人でお立ち台に立てたら最高だなと思います」
    自宅にいる時間が長くなるが この期間も野球第一の生活を過ごしている pic.twitter.com/QNoSLzB2IX


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新外国人右腕、ジョン・エドワーズ投手(32)が19日、甲子園球場で自主練習し、練習後にオンライン取材に応じた。交流戦は中止となり、開幕は早くても6月以降となる状況に「世界中の人が新型コロナウイルス感染に対して頑張っているなか、いつ始まってもいいように準備して、いつでも動ける状態にもっていこうと思っている」と話した。

     自宅待機のときには聖書を読み、聖書のオンライン学習を受けたり、3人の息子と野球を楽しんだりしたと明かした。

     「もともと家でゆっくりするのが好きなので、ピザをつくったり、ポップコーンを食べながら映画を見たり、家族と有意義な時間を過ごせたよ。筋肉を刺激するトレーニングをしていたけど、一番のトレーニングは子供たちと野球をすることだったよ。息子はいつもタイガースのユニホームを着て過ごしているんだ(笑)」

     インディアンスから移籍した右腕。昨年リーグ2位の42ホールドポイントを記録したジョンソンに換わるセットアッパーとして期待される。メジャー通算49試合で2勝0敗、防御率3・67だった。今春オープン戦は4試合に登板して、4イニングを1失点。ソフトバンクの栗原に本塁打を浴びた1失点だけ。
     
     精巣がんを克服し、右肘のトミー・ジョン手術からも復活してきた不屈の右腕は、この苦難にも「今はオフシーズンの状態に戻していこうと思っている。そこからレベルアップを図って準備していきたい」と語った。




    【阪神】エドワーズ、息子たちと合同トレ「一番のトレーニングは子供たちと野球すること」  https://baseball.x-day.tokyo/?p=753678 



    エドワーズ神外国人で草

    続きを読む

    このページのトップヘ