とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    キャンプ打ち上げ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神春季キャンプ(1日、沖縄・宜野座)阪神・矢野燿大監督(52)が就任3年目のキャンプを打ち上げ、各ポジションで巻き起こる高いレベルでの競争に、過去最高の手応えを口にした。巨人を強く意識したというオレンジ色のフレームのサングラスを初日、そして最終日に装着。自分たちの力を高め続けた先にある、宿敵撃破を目指す。

     突き刺さる日差しだけじゃなく、使命も受けとめていた。頂点へ踏み出すための、南国でのひと月。その終わりと始まりに、矢野監督は宿敵色のツルをしたサングラスを選んだ。巨人に挑み、超えるため、自分たちにできることを突き詰めたキャンプだった。

     「3年目ですけどね、去年も手応えは十分に感じていたんですが、もっともっと良いキャンプをやれたなと、すごい充実したキャンプでした」

     帽子のつばにかけたオレンジ色のサングラスは力強く陽光をはね返していた。この逸品にこそ、思いが詰まっていた。

     「最初と最後はこれ(オレンジサングラス)でいっとこうかなと思って。そりゃ巨人は意識しているよ。でも、毎回言うように、巨人にだけ勝っても優勝できひんからね。巨人を意識して戦うというのは俺らにとっても必要なことだから」

     顔を合わせるのは143試合のうち25試合。当然、そこに全勝したからといってVが確約されるわけではない。だが、リーグ2連覇を許し、特に昨季、8勝16敗と大きく負け越して独走を許した悔しさは忘れられるものではない。球団としても9年連続で負け越し中。オレンジを常に“頭の片隅”に置いておかなくては、虎将ではない。

     最終日のこの日も朝9時から大山、木浪ら早出組に23分間のノックを浴びせ、その数は計231本にも上った。3年連続で両リーグワースト失策数という課題にも真正面から向き合った。「楽しむ」というこれまでのモットーは「カッコ良く行こうぜ」に変えた。選手それぞれの思うカッコ良さで、物事に挑み、超えて行ってほしいと再三訴えかけてきた。

     「去年もかなり良いと思ったけど、さらに良くなって。今の手応えとしては『100(点)』に近いような手応えは感じている」

     勝負の3年契約3年目。目元のオレンジの奥から、歓喜に沸く甲子園の黄色が、もう見えている。(長友孝輔)




    あえてのオレンジ色です。 阪神・矢野監督、オレンジ色サングラスでG倒決意締め!「100点に近い手応え」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20210302/tig21030205030002-n1.html  @sanspocomより



    阪神・矢野監督  充実キャンプに「100点に近い」 チーム内競争激化に手応え (デイリースポーツ) 👏👏🤨⤴︎ 期待しかない‼️  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210302-00000026-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神大山悠輔内野手(26)は初めて主将としてキャンプを乗り切り、充実感を漂わせた。

    沖縄では積極的に若手とコミュニケーションを取るなど、新主将の役割もまっとう。「本当に勉強することが多かった1カ月間だなと思います。(今後も)常に目配りというか、視野を広く持ってやっていきたい」。2月中旬から腰背部の張りで別メニュー調整を続けたが、2月28日のヤクルト戦で16日ぶりに実戦復帰。「やってきたことは無駄ではない。生かすも生かさないも自分次第だと思っている」と力を込めた。




    まあ矢野は大山をどっしりとポジション固定してその後に佐藤どうするか考えたらええがなとは思う。 野手陣では阪神は大山のチームにせんとあかんのやろだからキャプテンに指名したはずやのに



    阪神大山「目配り、視野広く持って」初主将に充実感(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/77f2fe4bfe8a52b0f72b2bd046d2f11e15f2c917  新主将としてのキャンプは終えました 充実感があったようですね😌🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍キャンプ」(1日、安芸)

     阪神2軍は1日、高知県安芸市で行われていた春季キャンプを打ち上げた。平田勝男2軍監督(61)は、キャンプを完走した高卒ルーキーのドラフト7位・高寺望夢内野手(18)=上田西=について、「使ってみたくなる。ワクワクさせてくれる」と評価した。

     一問一答は以下の通り。

     -キャンプの総括を。

     「コロナ禍で世の中大変なときにね、こうやって野球に集中できて、こういう素晴らしい環境でできたことは非常に安芸市をはじめ皆さんに感謝だな。やっぱり選手たちが野球に集中できる環境があるということはありがたいことだよね」

     -無観客でのキャンプになった。

     「そういった意味ではファンの皆さんは寂しい思いをされたと思うけど、キャンプの成果を楽しみにしていただいて、甲子園、鳴尾浜で選手が発表会。発表するときを楽しみにしてほしいね」

     -1番成長を感じた選手は。

     「シーズン終わったときに安芸で1カ月やったことが生きたなというシーズンにしようやという話と、安芸でスタートすることをプラスに考えようということでスタートしたけど、選手たちの意気込みを感じたし、板山や熊谷というところは結果出してくれているし、他の選手たちも3月開幕に向けての月になるので、それに向けて。上に呼ばれたときに江越とか植田海にしてもいい結果出せるようにやっているところだしな。ピッチャーも小林よかったよ。昨日の浜地もこの前より力強くなってるし、モッチー(望月)も心配していたけど良くなった」

     -高寺も最後まで頑張った。

     「高寺も完走だ、キャンプね。高校生1人だけで不安や緊張もあっただろうけど、素晴らしいわね。結果も残してくれて」

     -どこが成長した?

     「自主トレから体力も含めてしっかりやっていたんで、リタイアすることなく大したもんだよ。振れるもん。振る力を持ってるよ。体重が心配したけどな。1キロ減くらいで済んだし。75~76キロを維持してくれたのでね」

     -ドラフト5位の村上も徐々に状態を上げてきた。

     「(実戦は)3月下旬になるんじゃないかな。素晴らしい変化球も持ってるし、実戦向きだと思う。そういったところでは連係プレーもそつなくこなせるし、今月の下旬くらいかな。楽しみだな」

     -朝の挨拶でも競争と。

     「いよいよこれからだよ。仕込みが終わった。これから熟成というか、大吟醸になるか2級酒に終わるか。仕込みが終わったところでこれからどんどん発表会だよ。どういう発表会をしてくれるか楽しみだね」

     -今後の高寺の起用法は。

     「(実戦を)積ませたくなる選手だな。結果出してるし、使ってみたくなる。こっちをワクワクさせてくれるし、どういうものを出してくれるかなとかね」

     -今後1軍に昇格する選手などは。

     「そこはまだ帰ってから。まだ1軍との…。それは言えない」

     -高寺への今後の宿題は。

     「経験していろいろ失敗すればええねん。この前も1つエラーして、見逃し三振したり、いろんな失敗をすると思うけど経験だ。そういう経験をして大きくなってくれたらいい」




    がんばれ!!!!!!!!!! 阪神ドラ7高寺 最年少18歳ケガなくキャンプ完走 - プロ野球 : 日刊スポーツ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103010000372.html 



    初のキャンプを最後まで駆け抜けました。 阪神ドラ7高寺 最年少18歳ケガなくキャンプ完走  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103010000372.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2軍春季キャンプ」(1日、安芸)

     阪神2軍がキャンプを打ち上げ。手締めのあいさつは、平田2軍監督が「文句のつけようがない」と評価した板山祐太郎内野手(26)が務めた。

     「安芸市のみなさま、球団関係者のみなさま、阪神園芸のみなさま、ホテルタマイのスタッフのみなさま、1カ月間大変お世話になりました。おかげさまで精いっぱい、野球に打ち込むことができました。キャンプは終わりますが、ここからが本当の勝負です。宜野座組に負けないように、1軍の、日本一の1ピース(ワンピース)になれるように、1年間精いっぱい頑張っていきます。本当にありがとうございました」

     無観客で迎えた異例のキャンプ。高卒ルーキーの高寺(上田西)が実戦全6試合安打をマークするなど存在感を示した。




    糸原の独壇場に割って入る板山。 期待したい。 阪神・板山に「大化け」の気配 志願の二塁で2安打3打点「ある程度の手応えがある」 (スポーツニッポン) - LINE NEWS  https://news.line.me/articles/oa-sponichi/36b8fd5f61a6?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none 



    廣岡田口はビックリした。阪神もやるべきやけどな。長打が打てる二遊間は阪神も欲しかった。個人的には板山がのし上がって来てほしいけどなー。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ブルペンでは投手陣だけの手締めを行い、投手主将の岩貞祐太があいさつした。

    「これから帰ってからが本当に勝負になってくると思いますし、気温が下がるので、皆さん準備を怠らないようにやっていきましょう!」。この日が誕生日だったスアレスを全員で祝い、最後は斎藤が一発ギャグを披露。和やかなムードでキャンプを締めた。




    阪神岩貞キャンプ手締め「帰ってからが本当に勝負」(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/458d8aa3cde96ae42bc8cf74a5638d3c9e2e9299  そう帰ってからが本当の勝負なのです🤭🐯 全てはこれから ですね🤔🐯



    今日のワンデーキャプテンは大山選手と岩貞投手!!最終日はキャプテンと投手キャプテンが締めます!(磯) #hanshin #tigers #阪神タイガース #沖縄 #宜野座 #春季キャンプ #大山悠輔 #岩貞祐太 pic.twitter.com/VADJc2aPjD


    続きを読む

    このページのトップヘ