no title



 25日に大阪府内の病院で左肘のクリーニング手術を行った阪神・島本浩也投手(26)が29日、西宮市の虎風荘内でトレーニングを行い、術後の現状と来季への意気込みを口にした。

 「徐々によくなってきている。上半身がまだ使えないので、下半身のトレーニングや体幹などをやりました」

 来季、さらなる活躍が期待される左腕。首脳陣からも手術に対して背中を押されたという。「監督にもやった方がいいと。福原さん、(金村)暁さんにもやるなら早くやった方がと言ってもらった」。今季、チーム最多でキャリアハイとなる63試合に登板。酷使してきた左肘の状態を完璧にし、不安を取り除くことが先決だった。

 現在は睡眠時も患部を固定しており、寝返りを打たないようにするなど細心の注意を払っている。「来年はまた競争に勝たないといけない。あまり時間はない。万全な状態で迎えるためにこの時期が一番大事になる」。飛躍を果たす来季を目指し、慎重にリハビリを続けていく。




島本手術してたんか



因みに島本がいないのはひじのクリーニング手術で今後のためね(^^;  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1188354729048330242 


続きを読む