no title


 阪神秋季キャンプ(2日、安芸)さっそく、投げた! 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が2日、志願して3日連続のブルペン入り。前日1日に山本昌臨時コーチ(54)から教わったチェンジアップを62球中、42球も投じた。「グッチェ(グッドチェンジアップ)!」と好感触を口にする場面も。体に染み込ませる。

 誰もいないブルペンで黙々と投げた。メニュー表にあるわけではない。自然と体が動いていた。力強いミットの音が響く。そして腕をしならせる度に藤浪がつぶやく。

 「グッチェ!」

 「グッチェ!」

 グッドチェンジアップのこと。相手役に球種を伝え、手応えのよさにうなずくことがあっても、ここまではっきりと自画自賛するのは珍しい。受けた鈴衛ブルペン捕手も「品がある。(軌道が)きれい」と漏らした。

 前日1日に山本昌臨時コーチから腕を縦振りにするためのヒントとして教わったチェンジアップを練習した。捕手を座らせて投じた62球のうち、42球も「グッチェ」に費やした。この日は山本昌臨時コーチが所用のため不在。投手陣はもともとブルペン投球が免除されていたが、午後3時前、藤浪は志願して入った。

 「特に変わりはないですけど。一緒です」

 多くを語ることはない。今季は制球難に苦しみ、プロ7年目にして初めて未勝利に終わった。これで3日連続のブルペン投球。近年、藤浪はキャンプで投げ込むことが多いが、山本昌直伝のチェンジアップが完全復活へ向けて1本の糸を垂らしたことは間違いない。

 チェンジアップを体に染み込ませ、さらに緩急を使うことで、本来の直球の威力も増すはず。そういう青写真を藤浪自身が描いたこそ、すぐに行動に移した。

 見守った金村投手コーチは「いい感覚を昨日聞けたと思うし、忘れないうちにやることは大事」とし「昨日の時点でいい感覚があったみたいだし、続けてやるからこそものになる」と話した。

 4日には再び山本昌臨時コーチが安芸に戻ってくる。「この練習を続けるか?」と問われた藤浪は「もちろん」と力強くうなずいた。

 レジェンドからの教えを粗末にしたくない。生かすも殺すも自分次第。「グッチェ」の数だけ、復活が近づくはずだ。




阪神・藤浪投手が志願のブルペン入り。山本昌臨時コーチから教わったチェンジアップを42球も投じました。本日の大阪サンスポに掲載されています。よろしくお願いします。 #藤浪晋太郎 #志願のブルペン #阪神 #サンスポ大阪整理部 阪神情報はサンスポ  https://www.sanspo.com/baseball/pro/tokushu/tigers.html  pic.twitter.com/T5ctrZp0f8



阪神・藤浪に“マサの教え”チェンジアップ復習42球 金村コーチ「いい感覚」 基本動くストレートの藤浪が復活してなおかつチェンジアップまで自在にコントロールできたら現球界最強投手になるやろ  https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20191103_1572734172432277 



昌さんの助言で藤浪くんが復調したら阪神コーチ陣の恥になんかならないでしょ そこまでの長い積み重ねがあるんだから なんて短絡的な考えなんでしょ


続きを読む