とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    コメント

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神岩崎優投手が抜群の安定感で今季11ホールド目を挙げた。勝ち越した直後の7回にマウンドへ。

    中村を遊ゴロに打ち取った後、山田に四球を与えた。続く村上にファウルで粘られながらも9球目、内角高めの直球で空振り三振。オスナはスライダーで一飛に打ち取った。「今日も0点で抑えることができて良かったです」といつも通りのクールなコメント。防御率0・68、リーグ2位タイのホールド数で、勝利に貢献した。




    手抜きのコメントのようにも見えるけど、セットアッパーを任されて接戦で登板する岩崎にとって0点に抑えることが最高の仕事。 それを当たり前かのように毎試合0点で抑え、毎回同じコメントをする。 カッコ良すぎるやろ。 #阪神ファンと繋がりたい #岩崎優 #0点で抑えることができて良かったです



    岩崎優さんのインスタらしくないインスタの投稿めっちゃ好きやったんやけどな……もう1回やってくれへんかな……


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇25日 阪神7―5DeNA(甲子園)

     阪神の大山悠輔内野手(26)が1点を追う7回、1死二、三塁で中継ぎ右腕の平田から同点の中犠飛を放った。カウント1―1からのスライダーを捉えた。

     「みんなが良い形でつないでくれたので、どんな形でも点を取るという気持ちで打席に立ちました。浅いフライでしたが(近本)光司がよく走ってくれて感謝です」

     1点を勝ち越された直後の攻撃。先頭の近本が右前打、2番の糸原は四球を選んだ。そして途中出場の陽川がきっちりとバントで送ったあとの同点劇。これが今季19打点目でサンズに1差をつけたが、続くサンズが勝ち越し2ランを放ち、打点数は逆転。阪神の4番と5番は打点リーグトップを争うほど勝負強さを発揮している。







    阪神すごい。近本くんは足速いし糸原は球見れる。大山サンズで打点稼げるし陽川もバントが上手い。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     巨人の村田修一2軍野手総合コーチ(39)が、今季限りでの退団を表明している同世代の阪神・藤川へ球団を通じてメッセージを寄せた。

     「同世代の選手が引退するというのは、改めて寂しくも感じますね。本当にお疲れさまでした。強い気持ちで投げ込んでくる球児の真っすぐは脅威でした。直球を打ち返すために試行錯誤することで、対戦した打者はレベルアップにつながったと思います。今後も野球界の発展のために、マウンドでの経験を伝えていってほしいです」




    【巨人】村田2軍野手総合コーチが同世代の藤川球児へメッセージ「球児の真っすぐは脅威でした」 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20201110-OHT1T50205.html  粋な計らいだねぇ。あとは藤川矢野のバッテリーの時に打席に立ってくれれば完璧だった。



    @suzunagi_shin1 力感のないスイングにボールが吸い込まれそう

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     巨人の阿部慎之助2軍監督(41)が、今季限りでの引退を表明している阪神・藤川に球団を通じて惜別コメントを寄せた。

     「あの伸び上がるような直球をどうにか打ってやろうといつも打席で燃えるものがありました。分かってても、打つのは容易でなかった直球は今でも目に焼き付いているほどです。昨年9月24日の甲子園での最後の対戦、オール直球勝負での対戦したシーンは思い出すと、胸が熱くなります。お互いが切磋琢磨して巨人阪神戦を盛り上げられたのは自分の誇りでもあります。藤川選手、本当にお疲れさまでした」




    ■阪神藤川球児投手お疲れさまでした。■ 巨人阿部2軍監督「打席で燃えるものが」引退藤川に  http://a.msn.com/02/ja-jp/BB1aS2yy?ocid=st 



    【巨人】阿部2軍監督が藤川球児へ惜別コメント「お互いが切磋琢磨して巨人阪神戦を盛り上げられたのは自分の誇り」 #巨人 #阿部慎之助 #藤川球児  https://news.yahoo.co.jp/articles/0902ab772a3c6f122e4d18532eebf4ada3c8b514 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     (セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)左ふくらはぎを痛めて離脱していた阪神・マルテが3カ月ぶりに1軍昇格。第1打席でいきなり本塁打を放った。

     「3番・三塁」でスタメン出場し、一回1死一塁で、先発・遠藤のスライダーを左中間席へ。先制の3号2ランを放った。

     マルテは「素直にうれしい。ここに戻ってくるためにファームでも練習をしてきたし、きょう打てたことで、やっと戻ってこられたと実感することができたね」と声を弾ませた。

     7月4日の広島戦(マツダ)で左ふくらはぎを負傷し、離脱。リハビリを経て、実戦復帰した8月8日のウエスタン・広島戦(由宇)で再発。長期離脱を余儀なくされた。復帰初戦での一発は来季残留に向けてのアピール弾となった。




    阪神・マルテが復帰1打席目で残留アピール弾「素直にうれしい」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201021/tig20102118500016-n1.html  @sanspocomより これは必要戦力



    マルテの残留アピールすさまじい


    続きを読む

    このページのトップヘ