1


阪神は20日、今年から始動する女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガース Women(ウィメン)」の入団会見を行った。

選手は最年少20歳から31歳までの17人で、レジェンド選手や現役大学生など経歴はさまざま。監督はOBの野原祐也氏(36)が務め、ホームユニホームはもちろん、伝統あるタテジマを着用する。

女子プロ野球時代に「美人すぎる外野手」として活躍した高塚南海(みなみ)外野手(24)は、背番号28に決定。「子どもの頃から画面の向こう側で阪神タイガースの試合を見ていたりしていて、女子野球選手がこのユニホームを着ることを夢に見ることもできなかった。こうして自分が着ていることが本当に現実に起こって、すごいなと思います」と、タテジマに袖を通した喜びを語った。

以下選手のコメント一覧。

浅野 すごくワクワクしています。守備だけでなく、走攻守で女子野球界のトップであり続けるような選手になりたいです。

山本 小さい頃からプロ野球選手になりたいという夢を持っていた。より充実した野球生活と学業生活を送れるように頑張りたい。

石村 技術面でも人間性でも、学ばせていただくことばかりですが、一生懸命プレーすることは負けないように頑張っていきたい。

田中 (大山は)1スイングで球場を沸かせるところや、毎年成長する姿がすごく目標。ファンを増やせるように頑張りたいです。

田口 (小幡は)同じポジションの選手。とてもガッツのあるプレーで、チームを何度も救っていたところが目標となっています。

生尾 新たなチーム作りとはなりますが、チームメートとともに、ファンと方々とともに、新たな歴史をつくっていきたいです。

板東 繊細さ、しなやかな動き、野球が大好きという気持ちを前面に出した表情が女子野球の魅力。そこに注目していただけたら。

半田 私がプレーすることで、特に関西の野球の発展だったり、子どもたちが野球を始めるきっかけになればと思っています。

蜜浦 キャッチャーにも挑戦することになりました。初めての経験で少し不安もありますが、早く力になれるように頑張ります。

中江 今はコロナ禍という大変な時期ではありますが、その中で女子野球を盛り上げていけるように、一生懸命、頑張ります。

植村 気持ちを前面に出すのがプレースタイル。バッターに向かってほえたり、ガッツポーズしたりする姿を見ていただけたら。

横井 伝統あるチームのタテジマのユニホームを着ることができて、とてもうれしい。女子野球の普及発展に向けて頑張ります。









続きを読む