1


 「阪神2軍春季キャンプ」(27日、安芸)

 高知県安芸市で行っていた阪神の2軍キャンプが事実上、打ち切りとなることが27日、決まった。球団はこの日、新たに2選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表。最終日となる28日の練習中止を決めた。チームは事態が収束するまで帰阪を見合わせる方針。キャンプ後に予定していた選手の入れ替え凍結を矢野監督が明言するなど、1軍への影響も避けられなくなってきた。

 事態はさらに深刻化してきた。阪神がこの日、新たに感染を発表したのは才木浩人投手(23)、藤田健斗捕手(20)の2人。感染者が合計7人となったことだけでなく、初めて投手陣から出たことが決め手となった。

 21日の片山を皮切りに野手から感染者が相次いだことで、25日からは投手のみ時間帯を分けて自主練習を行ってきた。26日にチームが実施するPCR検査(スクリーニング検査)で才木投手を含む2人が陽性疑いとなったことを受け、27日は投手の練習も中止して選手らは宿舎待機に。この日、高知県内の病院で2人の陽性が確定したことで、打ち上げを予定していた28日も同様の処置が取られることが決まった。

 嶌村球団本部長は、ヤクルトとのオープン戦が行われた浦添で取材に対応し、「通常期のような形の終わり方は、できなくなってしまうというのは事実です」と説明。2軍キャンプの事実上の打ち切りを認めた上で「ある一定期間の安全安心を内外に示した上で帰阪するべき」と見解を示した。チームでは引き続き毎日、検査を実施しながら感染が収束するまでは陽性判定を受けていない選手も含めて、高知県内で隔離生活を送る方針だ。

 この状況に矢野監督も戸惑いを隠せない。「選手の入れ替えをするにも『陰性』が何回かとか、ちゃんとしないと。こっちから(ファームに)行って、そういうふうになってしまったら良くないし」と表情を曇らせる。

 3月に入れば1軍のオープン戦と並行して、ファームの教育リーグが開催される。例年は1軍から投手らが調整のために出場。2軍選手をオープン戦に呼んで試す機会が与えられ、開幕1軍メンバーを絞り込んでいく。

 3月4日からの教育リーグ・オリックス戦の開催も不透明で、1軍への影響も不可避の状況。指揮官は「(2軍に)見たい選手もいっぱいいるし、オープン戦で1軍に呼びたい気持ちもあるんだけど。(状況改善を)待つ感じやけど…」と、当面は選手の入れ替えを凍結せざるを得ないことを明かした。

 矢野監督が退路を断ち、17年ぶりのVへ挑む2022年シーズン。キャンプ最終盤でチームが不測の事態に見舞われた。

 ◆トラブルに見舞われた春季キャンプ 1991年、湾岸戦争の影響で西武はハワイ、ヤクルトは米本土のユマで予定していた海外キャンプを中止し国内に切り替え。米軍基地を有する沖縄県内でキャンプを行ったオリックス、日本ハム、中日、広島、大洋の5球団は軍用機の爆音に驚きながらのキャンプインとなった。阪神・淡路大震災に見舞われた95年は近鉄がサイパンキャンプを中止し、藤井寺球場で2月1~7日まで、その後を宮崎県日向市で行った。




残念ながら感染が拡大してしまいました。 【阪神】才木浩人と藤田健斗も新型コロナ陽性 2軍の高知・安芸キャンプは7人感染で事実上の打ち切りへ : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20220227-OHT1T51115.html 


続きを読む