とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    ゴリラポーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    陽川


     「ウエスタン、阪神-中日」(27日、鳴尾浜球場)

     阪神・陽川がファーム4号の先制3ランを放った。

     0-0の初回2死一、三塁で、2ボールから育成左腕・松田の真ん中直球を完璧に捉えた。中日の外野手はほとんど動けず、打球はバックスクリーン左へ。ダイヤモンドを一周すると、三走だったロハスに「ゴリラポーズ」で迎えられた。




    ⚾️ウエスタン・リーグ⚾️ 阪神 #陽川尚将 選手 センターへの先制3ランホームラン‼️‼️ 🆚阪神 vs 中日  https://elevensports.jp/video/78516  #ファーム #イレブン・阪神 https://t.co/NGCoPCCoN7



    やはりニグンノテイオーは彼だったんだな。はよ上がってこい  https://twitter.com/elevensportsjp/status/1409002376862650374 



    🦍帰ってこいほんま‼️‼️‼️  https://twitter.com/elevensportsjp/status/1409002376862650374 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     プロ野球の話題を深掘りする「ウラ見せ探見隊」-。佐藤輝のZポーズやマルテのラパンパラなどホームラン後のパフォーマンスで注目を集める阪神の舞台裏に迫った。井上一樹ヘッドコーチ(49)が経緯を明かしつつ、時代が変わったことでファンや選手たちに受け入れられたのではと分析した。

      ◇  ◇

     矢野阪神を象徴する一幕と言っても過言ではないだろう。本塁打を打った選手がベンチに戻った時に見せる独自パフォーマンス。「推奨派」と話す井上ヘッドコーチは一体感を生み出す上で必要だと感じ、“強制”していることを明かした。

     代表的な一つがマルテの「ラパンパラポーズ」だ。3月27日・ヤクルト戦、試合前の円陣で助っ人砲が自ら「俺がホームランを打ったらみんなもやってくれ。約束するなら打ってやるぜ」と提案したという。翌日の同戦で1号を放ち、ベンチは大盛り上がりで試合も勝利。それからチーム内の決め事になった。

     「北川(打撃コーチ)がやってなくて。あいつ最初『恥ずかしい』って言ってやってなくて。『誰もお前のこと見てねえよ』って言って」と井上ヘッド。マルテが弓を引くような動作をすれば、選手のみならず矢野監督やコーチ陣、スコアラーやマネジャー、通訳までも同じポーズを決めて喜びを共有する。

     「『やれ!』と言ってからみんなやるようになった。みんなやらないといけないの。一体感を出すためにも」

     他球団でもソフトバンク・松田の「熱男」や、西武・山川の「どすこい」など広くファンにも親しまれている独自ポーズ。一昔前までは「カメラに向けておちゃらけたことをするのはタブーとされていた」と同ヘッドは現役時代を回顧する。試合中に白い歯を見せるな-。どこを見て野球をやっとるんや-。阪神もそうだった。しかし、時代は変わった。

     コロナ禍で球場への入場制限がかかる今、ファンサービスの一環としても必要性が高まっている。佐藤輝の「Zポーズ」、サンズの「ハッピーハンズ」、梅野の「U2ポーズ」、陽川の「ゴリラポーズ」…。ホームラン後に笑顔で個性を表現することに対し、批判の声は聞こえてこない。

     チームに一体感や結束力を生み、またファンとの懸け橋にもなっている本塁打後のパフォーマンス。矢野野球を体現しているとも言える選手たちの個性は、現代のプロ野球を映し出している。




    阪神本塁打パフォーマンスで“弾然”一体感 好調の象徴は井上ヘッドの“強制”だった(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1102e47e86308a3a3b1119ae1c2f2c91bd686879  ピンキーさんがここまでやってくれたのは本当に嬉しい誤算だわ。



    井上ってイメージだいぶ違うな。もっと堅物かと思ってた//阪神本塁打パフォーマンスで“弾然”一体感 好調の象徴は井上ヘッドの“強制”だった(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1102e47e86308a3a3b1119ae1c2f2c91bd686879 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    陽川
     

    1

     ◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2021年3月27日 神宮)

     阪神の陽川尚将内野手(29)が6回守備から途中出場。9回先頭での今季初打席では左腕・長谷川の146キロ直球をバックスクリーン右へ運ぶソロ本塁打を放った。

     ベンチ前では恒例の「ゴリラポーズ」でナインと喜んだ。この日はドラフト1位・佐藤輝もプロ初本塁打を放ち、「ゴリラポーズ」を先に披露されていたが、「ゴリラポーズ」は渡さないと言わんばかりに、先輩の威厳を示した。




    【一軍】阪神8-3ヤクルト 9回表 ゴリラパンチをお見舞いしたで!今季初打席で本塁打! 投手:長谷川 打者:陽川 結果:右中間第1号ソロホームラン! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp 今シーズンもGP健在!



    @hanshintigersjp 今年は二桁いってくれ!! 新旧ゴリラがたまらん



    @hanshintigersjp アベックゴリラホームランきたーーー!!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    2試合連続本塁打を放った #佐藤輝明 選手。ベンチの最後尾で出迎えた #陽川尚将 選手とゴリラポーズで見つめ合います pic.twitter.com/3PsiOgLuZD






    陽川さんが真顔っぽいところも面白さ倍増する…😂  https://twitter.com/sponichi_tfoto/status/1370274606326542336 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    “ゴリラ先輩”の意地――。阪神・陽川尚将内野手が20日の練習試合・中日戦(北谷)に「5番・一塁」として先発出場。1本塁打を含む3打数2安打3打点をマークし、矢野監督選定の「今日のカッコいい大賞」にも選出された。

     昨季はプロ7年目にしてキャリアハイの8本塁打をマークした虎のゴリラーマン。本塁打を打った後のドラミングポーズも随分と板についてきた。29歳で迎える今季は一層の飛躍が期待されるところだが、ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手(21=近大)の入団によって、苦しい立場に立たされることになった。

     内外野の複数ポジションをこなせる長距離砲という点で、陽川と佐藤輝はチーム内における役割が大きく重複する。ちなみに佐藤輝の近大時代の愛称も「ゴリ」。こんなところまでキャラが被らなくてもいいのに…。

     黄金ルーキーが連日目覚ましい結果を残しているだけに「焦りってのも全然ある。どんどんアピールしなければならない立場なので。今日はしっかりと自分のポイントで捉えることができた」と充実感を漂わせた心優しい虎のゴリラ男。キャンプ中の唯一の息抜きは「自室での長風呂」とのことだ。

    東京スポーツ




    佐藤君には負けん! 本家本元のゴリラポーズは譲らーん‼️🦍‼️ という訳で 初回の2点適時打と 6回の今季1号本塁打は見事‼️ プロ8年目を迎える陽川君 もう鳴尾浜のゴジラなんて呼ばせない‼️ パワーなら輝明君に負けないぜ‼️ 競争だこらー‼️😁🐯 pic.twitter.com/n94QVippfw



    【2月20日沖縄キャンプ】陽川2安打3打点と大暴れ!元祖ゴリラポーズは俺のものだ弾炸裂!シン・ゴリラ佐藤輝も実戦6試合連続安打と絶好調!阪神タイ...  https://youtu.be/iTw3UjFLFYs  @YouTubeより


    続きを読む

    このページのトップヘ