とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    サンスポMVP表彰&ファン交歓会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



     「ミキハウス・サンスポMVP表彰&ファン交歓会」が21日、大阪市北区のリーガロイヤルホテル大阪で行われ、阪神・梅野隆太郎捕手(28)が第32回MVP(賞金100万円)、原口文仁捕手(27)がミキハウス特別賞(同20万円)に輝いた。今季、打撃主要部門で自己最高をマークした梅野は来季、すべてを更新してチームの15年ぶりの優勝に貢献することを誓った。

     成長の階段をしっかりと踏みしめ、ここにたどり着いた。壇上でホッとして笑えたのは、マスクをかぶる責任を誰よりも背負ってきたから。梅野がサンスポMVPを初受賞。ファン200人に向けて、捕手として、歓喜の美酒を約束した。

     「(来季の)チーム(の目標)はやっぱり優勝。それができたときには、最高のビールかけが待っていると思う」

     拍手喝采の中、自身の入場曲で登場。笑顔で賞金100万円を受け取ったが、悔しさも残った2019年だった。リーグ戦を6連勝で締めて3位に浮上すると、2年ぶりのクライマックスシリーズに進出。ファーストステージで2位DeNAを撃破するも、首位巨人には力の差を見せられた。チーム防御率3・46は12球団最高。最強の投手陣を擁するからこそ、捕手として虎をもっと多くの勝利に導きたい。必ずその礎になるような、飛躍の1年だった。

     4月に左足薬指を骨折するも、同9日のDeNA戦(甲子園)では虎の捕手で初となるサイクル安打を達成。129試合に出場し打率・266、9本塁打、59打点、14盗塁。安打、得点も含めた6部門でキャリアハイを達成し、守備でも日本記録となる123補殺をマーク。2年連続でゴールデングラブ賞に輝くなど、立派な扇の要に成長した。それでも向上心が枯れることはなかった。

     「全ての数字を、全て上げる。今年の数字を超えるというのは、常に目標にしています」

     ヒントはすでにつかんだ。7月にオールスターにファン&選手間投票で選出され、2年ぶりに出場した。ベンチで教えを請うたのが、今季のセ・リーグMVP最有力の坂本勇(巨人)だった。

     「(ボールを)前で拾ったりするバッター。似たものがあると思って話しかけてみて。『バッティングは全部、梅ちゃんは惜しいね!』といってくれて。『なんでヒットにならないのかを、もう少し考えたら絶対、あがっていくよ』と」

     バットは同じSSK社で、坂本勇より短いタイプを使用している。“惜しい”ということは、まだ伸びしろがあるということ。「『お前はキャッチャーだから、教えねえよ』とかいいながらも教えてくれた」。残念ながらその内容までは会場では話が及ばなかったが、伝授されたヒントが形になったとき、さらなる成長が待っている。

     「(サンスポMVPに)選んでいただき、うれしく思います。(優勝を)達成できるように、ファンのみなさんも一緒にやっていきたいです」

     頂点で味わう美酒は、きっと格別。15年ぶりのリーグ優勝をかなえて、梅野がまたここに帰ってくる。






    阪神・梅野と原口、サンスポMVP表彰&ファン交歓会トークで大盛り上がり - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191122/tig19112205040004-n1.html  西勇輝さんとの熱いバッテリー愛を語る梅ちゃん。



    選手会長によって本性をバラされるキャプテン (笑) 阪神・梅野と原口、サンスポMVP表彰&ファン交歓会トークで大盛り上がり - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191122/tig19112205040004-n1.html  @sanspocomから



    おお!?遂に梅ちゃんがスタート画面に!もう、すっかり阪神の顔ですね(*´﹀`*) pic.twitter.com/O8amIAkgee


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     大阪市内で21日に開催された「ミキハウス・サンスポMVP表彰&ファン交歓会」には阪神・梅野隆太郎捕手(28)と原口文仁捕手(27)が出席。カンテレの川島壮雄、村西利恵の両アナウンサーの司会進行で大いに盛り上がった。

     (1)男性ファン 高橋遥投手、青柳投手はどんな性格ですか?

     梅野 遥人はシュンとするタイプ。投手はマウンドから降りたら仕事は終わりだけど、まだ野手は残っている、悔しいのはわかるけど、そういうのは見せないでがんばれという声かけは、シーズン中にしました。青柳は気持ちが強い。打たれてもやり返すという気持ちが強いから、ほっといても、やってくれる。

     川島 青柳投手はほんわかしてますが、芯は強い。

     梅野 そうですね。昨年まであれだけコントロール、コントロールと言われてきたヤギ(青柳)がインコースをがんがん攻められるようになったのも、気持ちで負けたら多分、今年(の活躍)はなかったんじゃないかなと思うくらい、かけていた思いが強かったんで。だから9勝できたと思うし、来年もやってくれると思います。

     (2)男の子 仲のいい選手は誰ですか?

     梅野 今は糸原。ロッカーが隣です。高山も隣で、よく「ご飯行きましょうよ」と言ってくるんで。仲いいですね。

     川島 ご飯にいくと野球の話が多いですか?

     梅野 野球の話はタクシーの中でして。食事のときはプライベートの話が多いですかね。

     川島 糸原選手の意外な素顔は?

     梅野 みんなすましていると思っていると思うんですが、全然。(打ったときなど)本当はめちゃくちゃ喜んでいるらしいんですが、テレビに抜かれる(映される)んで、テレビ用の顔をしているんです。めちゃくちゃ明るいです。

     川島 原口選手は?

     原口 仲がいいというか、秋山は結構長い年月一緒にいるんで、かわいいなと思います(笑)。みんなにちょっかい出されて応えているところとか見ると、ああ、かわいいなと(笑)。

     川島 秋山さんはいじられキャラ?

     原口 後輩にもいじられていますね。いいキャラだと思います。

     (3)男の子 好きなおやつはなんですか?

     原口 体質的に太っちゃうタイプで、甘いものは本当はすごく好きなんですけど、我慢しているんです。いくら食べてもいいよと言われたら…ミスタードーナッツ。

     村西 CM来ますよ! 中でも?

     原口 ポンデリングが(好き)。選びきれないですね。

     梅野 僕はあまりお菓子食べないんです。今は食べてもチョコ。甘いもの、ほしくなるじゃないですか、疲れていると。

     川島 原口さんはシーズン中に食べる甘いものは?

     原口 アーモンドチョコとか。チョコは小腹が空いたとき、ちょこっと(笑)。

     村西 え、こっそりお酒飲みました?(笑)。




    “預言者”阪神・原口、8月くらいから逆転進出見えていた!「CS行ける」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191122/tig19112205030006-n1.html  @sanspocomより 沈みがちな時「根拠の無い自信」て大事よね。長友さんお久しぶり☺



    【阪神】 原口 好きなおやつ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000020-sanspo-base  「体質的に太っちゃうタイプで、甘いものは本当はすごく好きなんですけど、我慢しているんです。いくら食べてもいいよと言われたら…ミスタードーナッツ。ポンデリングが。選びきれないですね」 (サンスポ)



    @HT__no1 グッチ、可愛い💕


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     大阪市内で21日に開催された「ミキハウス・サンスポMVP表彰&ファン交歓会」には阪神・梅野隆太郎捕手(28)と原口文仁捕手(27)が出席。カンテレの川島壮雄、村西利恵の両アナウンサーの司会進行で大いに盛り上がった。2人のヤル気とユーモアにあふれるトークを、たっぷりとどうぞ。

     川島 梅野選手は今季はすべてにおいてキャリアハイ。振り返っていかがですか?

     梅野 苦しいこともよかったこともたくさんあった、中身の濃い1年でした。

     川島 矢野監督1年目。チームの雰囲気は?

     梅野 矢野ガッツからスタートして、みんなでガッツポーズして喜怒哀楽を見せながら戦っていこうという中で、自分たちが先頭に立って今までとはちょっと違ったシーズンで、ファンのみなさんも違った感じで喜んでもらえたのかなというシーズンでした。

     川島 梅野選手はそういうのはどんどんできるタイプですか?

     梅野 僕は出すタイプというか、自然とそういう気持ちが出る方だと思う。ヒットも今まで以上に打てて、たくさんガッツポーズできてよかったなと思います。

     川島 原口選手は?

     原口 シーズン序盤はテレビ観戦が主で、できるかなと少し心配だったんですが、チームの雰囲気がすごく良くて、自然といいところで打ったりしたら出ましたね。

     川島 梅野選手は球団で史上初の捕手のサイクルヒットを記録(4月9日、DeNA戦=甲子園)。

     村西 しかも骨折していた。痛くないんですか?

     梅野 痛いですよ(笑)。左足の薬指と中指を一緒にテーピングで巻いて。アドレナリンが後押ししたじゃないですけど、打席に立つとか、プレーがかかったら(大丈夫だった)。

     村西 終わってから痛い?

     梅野 終わってから痛かったですね。だから球団に特別に「スリッパでいいですか?」と許してもらって。移動中は左足だけスリッパで。

     川島 骨折されてから、打撃の調子が上がっていった。

     梅野 (スタメンに)戻るという決断をしたときに、ここで足引っ張ったら出ている意味がないというか、チームに申し訳ないという気持ちがあったから、開幕よりそれ(骨折)以降の方が、めちゃくちゃ集中できた。やらないと…と。

     村西 体と言えば原口選手も。(大腸がんの発覚は昨年の)サンスポMVPの後ですか?

     原口 後です。

     村西 どうやってモチベーションを保てたんですか?

     原口 絶対に戻れると思ってたんで。暗くはならなかったですね。

     川島 原口さんを待っていた選手のみなさんは、どうでしたか?

     梅野 復帰戦(6月4日、ロッテ戦)で打って、ビジターのお立ち台で2人でヒーローインタビューを受けて。本当に感動したというか、自分もそのとき見ていたんですが、ベンチで涙が出て。グッチ(原口)のガッツポーズを見たときには、すごく感動して。

     川島 ZOZOマリンは敵地でしたが、敵味方関係なく、おかえりという雰囲気。

     原口 ネクスト(バッターズサークル)に出たときから歓声がすごくて。高山の打席だったんですけど、邪魔になってしまうんじゃないかというくらいでした。

     川島 そこで結果を出すのが、原口選手。

     原口 まさか打てるとは思ってなかったんで。1、2球目のストライクで“ノー感じ”だったんで。バットに当たって一生懸命走りました(適時二塁打)。

     村西 矢野監督も泣いてましたね。

     原口 (ベンチに)帰ったとき、すごくみんなに祝福されて、監督からまさかボールをもらえると思ってなくて。

     川島 監督も映画のワンシーンみたいだったといってましたね。

     川島 球宴ではそろってホームラン(7月13日、甲子園=第2戦)。

     梅野 グッチが自分の前の打者(で本塁打)。その前(の日)も東京ドームでホームランを打って、近本もホームランを打って。これ、打たないとやばいなと(笑)。めちゃくちゃ集中して打席に入りました。

     川島 そうだったんですか! 甲子園でホームランというのは?

     梅野 全然違いましたね。タイガースファンだけじゃなく他のファンも一緒になって応援歌を歌ってくれたり、お祭りだなという雰囲気で打席に立たせてもらって。普段、球場を見渡しながらまわることはないんですが、いろいろなファンがいるなかで、球場を見渡しながら一周しました。

     川島 原口さんは2試合連続本塁打。

     原口 楽しかったですね。久しぶりに『野球、楽しい』って思えた2試合でした。本当に小学校の頃のように、純粋に野球を楽しめました。

     川島 東京ドームでは山本由伸投手(オリックス)から九回に代打でホームラン。

     原口 2死で(打席の)中日の高橋選手に祈ってました。(手を合わせて)出てくれ~って(笑)。身内が来ていたんで、1打席なんとか回ってくれ…と。本当に(打って出塁してくれた)高橋選手に感謝です。

     (会場爆笑)

     川島 球宴で他球団の選手と話をして参考になったことは?

     原口 選手じゃないんですが、東京ドームの一塁側のダッグアウトに入れることって、ないですよね。なんでジャイアンツは強いのかなって(秘密を)盗んでこようかなって(笑)。小さい頃、好きだったというのもあるんですが、ブルペンとか、隅から隅まで見て、ロッカールームも入って、チェックしたり。

     村西 どうでした? 阪神との違いは?

     原口 阪神、よかったです(笑)。面積とか、広さとか。

     川島 甲子園のクラブハウスは素晴らしいということですね。

     梅野 はい。風呂は温泉みたいですし。がんばらないといけないと(改めて)思いました。

     川島 今季は最後に6連勝。あのときのチームの雰囲気は?

     梅野 終わってみたらめちゃくちゃうれしかったですけど、複雑な気持ちでした。負けられないというのがついてきて。自分もサイン出したりするんで、ここでこうしたらいけない、じゃあどうしよう。ちょっと考えていかないとということで、決断は難しかったです。

     川島 トーナメントのような難しさはありましたもんね。ちなみに今年、西投手が入ってきて、一緒にゴールデングラブ賞をとりました。

     梅野 西さんみたいな性格の人って、今までタイガースの投手にはいなかった。捕手がサイン出して(投手が)首を振ったら「俺が投げるんだから、お前は打たれても何も思うな」と。世の中では“捕手がサインを出して打たれた”みたいな感じですが「やっているのは俺らだし、配球でどうっていうのを他の人から言われたからこうしようっていうのは、俺とお前のバッテリーではやめてくれ。お前の思ったもの(サイン)を出してくれ。それを投げるから」と。まだ一回も組んでないときの沖縄キャンプで食事に行ったときに、そういう熱い話をされました。




    うめちゃん、文句なしのMVPおめでとう! ぐっち、フェニックス賞おめでとう! MVP梅野の他にもだれか来るとは思ってたけど、まさか原口とは(画像4枚目w #梅野隆太郎 #原口文仁 #サンスポMVP #ミキハウス #ファン交歓会 pic.twitter.com/0qfsu1hQdG



    やっぱり梅野と原口の2ショットは泣いてしまう。二人とも本当に頼もしい。



    阪神・梅野と原口、サンスポMVP表彰&ファン交歓会トークで大盛り上がり - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191122/tig19112205040004-n1.html  西勇輝さんとの熱いバッテリー愛を語る梅ちゃん。


    続きを読む

    このページのトップヘ