とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    サンテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神戦中継でおなじみのサンテレビは13日、今季限りで引退した阪神・藤川球児投手の引退特別番組「Go straight 藤川球児物語」を12月31日午後8時から放送することを発表した。

     22年の現役生活に幕を下ろした藤川。多くのファンに愛され、幾度も甲子園を歓喜に導いてきた活躍を、同局の秘蔵映像とともに振り返る。

     番組には藤川本人、湯浅明彦アナウンサーが出演。さらに藤川ゆかりのゲスト出演も予定している。




    サンテレビが特別番組「藤川球児物語」大みそかに放送 本人も出演/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/13/0013862313.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online @tonton8083 楽しみです❤️❤️



    @Daily_Online 絶対に見ます😊✌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     サンテレビは9日、同社公式ツイッターアカウント「サンテレビボックス席」(@3tvbox)で中継試合のハイライト映像を配信することを発表した。11日の広島戦(甲子園)から実施する。

     球場に設置された9台のカメラが追った試合映像を一画面で一気に視聴できるというサービス。普段は中継車でしか見ることのできない9分割の「マルチアングルハイライト」映像を、公式ツイッターを通して堪能することができる。

     「プレーボールからゲームセットまで、開局から51年間野球中継を続けてきたサンテレビだからこそお届けすることができる特別映像を、是非お楽しみください」と同社は宣伝。




    やりますなぁー サンテレビが阪神戦の9分割ハイライト動画をツイッターで配信 11日広島戦から(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200909-00000107-dal-base 



    サンテレビが阪神戦の9分割ハイライト動画をツイッターで配信 11日広島戦から  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/09/0013679508.shtml  これフラグにならんように11日から勝ちなはれや


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     サンテレビは27日、阪神のジェリー・サンズ外野手(32)と、同社のマスコットキャラクター「おっ!サン」がコラボした「おっ!サンズフェースタオル」を数量限定で発売することを発表した。

     「おっ!サンズ」という文言と、サンズの似顔絵がプリントされている。価格は1100円(税抜き)。28日正午からサンテレビWEBショップで事前予約受付を開始し、9月中旬から販売予定。甲子園三塁側外周ショップでも試合開催時のみ販売される。




    ハッピーハンズ買った矢先に出るおっサンズタオル 阪神タイガース商魂こめすぎ笑 めっちゃ欲しいやん笑



    阪神 「おっ!サンズタオル」タオル発売へ サンテレビとのコラボ商品/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/27/0013640332.shtml  @Daily_Onlineより 由緒正しいコラボ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季2度目先発の藤浪は7回115球10三振と力投したが、味方の援護がなく、逆に守備の乱れで足を引っ張られた。阪神は連敗

    ■藤浪が全力疾走
    (0-1とリードされた阪神は3回、一死から8番植田が死球で出塁し、9番藤浪が送りバントを決めた)
     
    広澤氏「藤浪、1塁まで全力疾走したんです。最後まで走ったところに、今シーズンに懸ける、この試合に懸ける心意気を感じましたね」
     
    (続く陽川が凡退し得点ならず。藤浪は6回にもライトフライで1塁へ全力疾走した)
     
    ■ミスをカバーするスポーツ
    (4回、藤浪はヤクルト先頭の山崎を0ボール2ストライクと追い込みながら、3球目のストレートを打たれてヒットに)
     
    広澤氏 「もったいないですね。その前のフォークがあんなに落ちたのに…もったいない」
     
    (しかし次打者の初球、2塁に走った山崎をキャッチャー梅野が刺した)
     
    橋本アナ「梅野が藤浪を助けます!」
     
    広澤氏「これで、3球目のもったいないストレートが帳消しになりましたね」
     
    橋本アナ「助け合いと言いますか…」
     
    広澤氏「野球ってミスの多いスポーツなんですけど、”ミスしてはいけない“ではなくて、誰かがチームメイトのミスをカバーする、そういうスポーツだと僕は最近よく思うんです」

    ■藤浪、必死の形相
    (ヤクルトは7回、ショート北條のエラーと内野安打で二死1塁3塁。続く1番坂口は藤浪への強いゴロ。藤浪が弾き1塁へ悪送球する間に3塁ランナーが生還し2点目)
     
    広澤氏「藤浪を責められないですね」
     
    (リプレイ映像では、藤浪が体勢を崩しながら必死の形相で1塁に投げる姿が映し出された)
     
    橋本アナ「どうにかしたかった…」
     
    広澤氏「気持ちが表れてますよね」
     
    (藤浪は続く上田をフライに打ち取ったが…)
     
    橋本アナ「センター近本かショート北條か、どちらだ、あー、ボールが落ちている!」
     
    (近本と北條が激突し落球の間に2者が生還しヤクルト2点追加。記録は北條のエラー)
     
    広澤氏「近本のスタートが遅い。北條はセンター(近本)が来てないので自分で取りに行ってぶつかった。ぶつかっても落としちゃいかん」
     
    ・・・・・・・・・・・・・・
    試合が終わって広澤氏は「藤浪は言うことないんじゃないですかね。内容は素晴らしかった。今後の彼の活躍を期待したい」と讃えた。
     
    次回のサンテレビボックス席は8月1日の阪神-DeNA戦を甲子園から生中継する。
    (浮田信明)




    今日の藤浪はよかったですよ。こういう野球をしてれば近いうちに勝ちはつくでしょ(野球って書いたのは送りバントでも全力で走ってたのを広澤が誉めてたから)



    下柳みたいに藤浪もキレてええんやで・・ ほとんどワンサイドやったけどモヤモヤする負けやわ。 広澤はあれば難しいと言ってたけどあの内野安打も北條が取らないとあかんやろ。 #阪神 #藤浪


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季初登板の藤浪は5回まで無得点に抑えたが、6回、ピレラに逆転満塁弾を浴びた。阪神は広島のルーキー森下に大山の2ランのみ。阪神の貯金はゼロとなった。

    ■初回は力で抑えた藤浪
    (藤浪は初回、連続ヒットで一死1塁3塁とされたが、鈴木誠也をダブルプレーに打ち取った)

    木内アナ「力で抑え込みましたね」 

    真弓氏「抜けたボールがなかったのと、リキみ気味に投げたのが良かった。リキんだボールが抜けなかったので、彼も安心したんじないですか」

    ■大山が先制2ラン
    (阪神は初回、ニ死1塁で大山が登場)

    真弓氏「森下は真っ直ぐはいいコースに決まっているが、変化球が甘く来てる」
     
    (カウント2-2)
     
    真弓氏「真っ直ぐ2つ来ましたから、変化球くるんじゃないかなと思うんですけど…」
     
    (大山は変化球を強振し打球は左中間スタンドへ)
     
    真弓氏「わぁ~。ラッキーですよね、大山。インコース甘い所に変化球でしょ」

    ■6回に暗転
    (5回までゼロに抑え、勝ち投手の権利を得た藤浪だが、真弓氏は懸念を示した)
     
    木内アナ「藤浪は5回まで68球。尻上がりに調子を上げてるかなと…」
     
    真弓氏「いや、分からないですね。68球というのは変ですね。カープが早打ちして助かってる。打線が狙い球を絞ったらどう変わるか」
     
    (6回、藤浪は制球が乱れ、ヒットと連続四球で一死満塁。打席の松山にもボールが3球続いた。中継カメラは両手を合わせて祈る観客を映した)
     
    木内アナ「テレビの前のファンの皆さんも、こういった気持ちでしょう」
     
    (藤浪はストライク、ファールでフルカウントとし、低め一杯のストライクで松山を見逃し三振に打ち取る)
     
    真弓氏「よく(ストライク)取ってくれましたよね」
     
    (しかし続くピレラがライトスタンドに満塁ホームランを叩き込んだ)
     
    真弓氏「アウトコースのボールがシュート回転で中に入ってきた。振り遅れてライトに行った感じがするんですけど」
     
    木内アナ「外国人のパワーですか」
     
    真弓氏「そうですね」

    ■打たれた次の回が大事
    (藤浪は7回もマウンドに立った)
     
    真弓氏「藤浪にとって非常に大事なイニングになりますね」
     
    木内アナ「と言いますと」
     
    真弓氏「このイニング、立ち直って、いいピッチングすると、次もう1回、投げさせてみようかなという気持ちになる」
     
    (しかし北條のエラーと四球で無死1塁2塁となり交代を告げられた)
     
    真弓氏「こういう代わり方すると、なかなか“次に“という気持ちになれないですね。
     
    ここを抑えてくれないと、やっぱりか、立ち直ってないのか、と見てしまいますね」
     
    (試合が終わって)
     
    真弓氏「藤浪はまだまだかなという感じしますね」
     
    木内アナ「もう一度見たい気もするんですけど」
     
    真弓氏「本来のピッチングをすればすぐに勝てるピッチャーですから皆んな期待してますよ」
     
    次回のサンテレビボックス席は7月30日にヤクルト×阪神戦を神宮球場から生中継する。




    藤浪の内容は正直信頼という意味ではまだまだ。 ただ、去年と違い試合にはなりそうなので、ローテーションの谷間からお試し的な使い方がベストかな (なんせ、伸び代は証明済みやからね)



    藤浪選手… 今日の出来は今までの一軍登板と比べると試合はなんとか作れてたんじゃないかな。 まだまだ完全復活には程遠いけど、なんとかきっかけにして欲しい。 連勝も止まってしまったけど、ファンはある程度認めてたと思うよ! 頑張れ藤浪選手。 pic.twitter.com/Sp5yMMzT4K


    続きを読む

    このページのトップヘ