1


 「阪神2軍春季キャンプ」(8日、安芸)

 阪神の平田勝男2軍監督が野手陣に“カツ”を入れた。この日のシートノックで野手の送球の乱れが目立ち、急きょ、打撃ゲージ付近に集合の号令。「(シートノックは)発表会。子供たちから、プロはすごいなぁと見られるようにならないと」と求めた。

 指揮官の厳しい声が飛ぶ。「キャッチボールから(送球に対する)真剣味が足りてない」。相手野手の構えたミットに対して逸(そ)れる送球が続いた。また、内野陣へのノックは三塁から遊撃、二塁、一塁の順で行われる。この日は乱れた送球が余りに多かったこともあり「もう一度、サードから」と、やり直しを指示する平田2軍監督の声がグラウンドに重く響いた。

 「昔は、ゲームはもちろんなんだけど、プロのシートノックを見て『カッコイイ』とか『うまいなぁ』とか、ファンの方に(喜んでもらった)。100万ドルの内野陣と言われていた吉田(義男)さんや鎌田(実)さん、三宅(秀史)さんとか。シートノックでもファンを沸かす、魅了する、うならせる、それぐらいにならないと」

 平田2軍監督が振り返ったのは、かつて鉄壁の守備を誇った猛虎の内野陣。1950年代から60年代にかけて名手がそろい、それぞれが華麗なプレーで観客を魅了した布陣だ。

 「オレも吉田さんに言われたよ。“仮想ノック”みたいなものもした。イメージでね」。平田2軍監督も現役時代、当時の吉田監督から厳しい指導を受けてきた。時には“イメージトレーニング”に近い、打球を想定しながら守備動作などを確認する“仮想ノック”で鍛錬を積んできたのだ。

 「シートノックでも魅了する、沸かせるくらいにならないと」。厳しい物言いは、プロである以上、練習からファンを魅了してほしい思いから。鍛錬の春。指揮官も若虎の頑張りに期待している。




個人的には平田さんが1軍監督で良いんじゃないかといつも思ってる。 #阪神タイガース 阪神 平田2軍監督が喝!「真剣みが足りていない」シートノックを中断  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/02/08/0014065668.shtml 



阪神 平田2軍監督が喝!「真剣みが足りていない」シートノックを中断(デイリースポーツ) こないだの休みの時にキャンプ中継観てて一軍も同じように見えた。 #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/d45b2f9858d329fd3796f23a7f62b721b4ba2606 


続きを読む